――「あっ、いたいた! ねえキミっ☆」



  ――「…はい?」



――「さっきの試合、見てたよっ☆ 凄かったねっ☆」



  ――「はあ…それはサンクスです」



――「毎局毎局、全然違う…いろんな人がキミに降りてきてるみたいだった! ……それにその数珠……」



  ――「?」



――「キミはまるで、イタコさんだねっ☆」



  ――「ええ、まあ」



――「もしかして、亡くなった人の霊とか呼べちゃったりするのかなっ? なんてねっ☆」



  ――「はい」



――「えっ」



  ――「えっ」



――「…………」



  ――「…………」



――「…………えっ?」



  ――「?」



――「本当に…できるの…?」



  ――「…そのことを、お話しに来たのでは?」



――「ううん、ただキミの打ち方がいいなって…… 思っただけで……」



  ――「?」



――「………まさか………そんなこと………」



  ――「…………」



――「…………でも…………」



  ――「……えっと、何か……?」



――「………………………………」



  ――「?」



――「あ、あの! ちょっとお話、いいかなっ!?」