有野「……全っ然知らんわー」

有野「サキサキ言うんちゃうの?サキって2回書いてあるけど」

井上「サキです」

有野「サキデスですか?」

井上「サキ、です」

有野「サキデス Portable 全国版」

井上「…サキ、ポータブル、です」



ナレーション「『咲-Saki- Portable 全国版』!」

ナレ「財界の重鎮、龍門渕グループのブランド『リューモン』が製作を手がけた、人気麻雀ゲームシリーズ第三弾!」

ナレ「前二作から製作会社を一新し、大幅なグレードアップを果たした話題作!」

ナレ「今作の目玉は、実在の全国高校生麻雀選手権を再現した、オリジナルシナリオモード!」

ナレ「今回は特別編として、レトロゲームではなくPSPのゲームに挑戦。このソフトのエンディングを目指す!」



井上「今回、初の麻雀ゲームに挑戦ということなんですが…」

有野「はい」

井上「有野さん、麻雀はなさいますか?」

有野「麻雀は…なさいませんねー」

井上「はあ」

有野「芸人仲間から誘われたりはするんですけどねー」

有野「点数計算でけへんからええわー言うてたら、もう最近誘われるのも無いなー」



井上「麻雀ゲームとか、今はネットで対戦なんかもできますけど」

有野「全然やね」

井上「ゲームセンターとか、ロケ行くじゃないですか?そこでは?」

有野「ホンマたまーに、やなー」

有野「この前も一回やってんけどなー、物凄いしょっぱい結果やったから、しばらくええわってなってん」

有野「いつもスタッフはやってますけどね、脱衣のやつ」

\ハハハッ/

有野「それをずーっと横で見てるだけっすわ」



井上「このゲームはですね、実在の全国高校生麻雀選手権を再現したゲームになってまして」

有野「ほう」

井上「実際にインターハイに出場した高校なんかが登場するんですよ」

有野「へーえ、そうなんや」

井上「高校麻雀、毎年テレビでやりますけどご覧になったりは?」

有野「うーん、夏とか仕事いそがしいしなー」

井上「…………」

有野「来週また無人島行かなあかんねん」

井上「…………」

有野「…………」

井上「……ぶっちゃけ、麻雀ご興味は…?」

有野「ないです!」

\ハッハッハッハッ/



井上「じゃあ、ほぼ初心者ということで」ヤレヤレ

有野「あ、点数計算がでけへんだけやで?役とかはわかるよ」

井上「そっすか」

有野「ゲームやとコンピュータが点数やってくれるから、そこは大丈夫やと思うねん」

井上「…ま、それじゃお願いします」

有野「はい、お願いします」


有野「で、ひとつ聞いてええかな?」

井上「はい」

有野「君、誰?」

純「AD井上っスけど」



有野「い、井上さん!?井上さんなんや!?」

純「はい」

有野「井上言うたらイノコMAXちゃうの!?」

純「誰すか?」

有野「イノコMAXは!?いつものスタッフどこ行ってん!?」

純「今回はCXじゃなくて、龍門渕グループの製作ですから」

有野「…そうなんや?えっらいイノコMAX男前なったなー」

純「いやあの、オレ、女ですから」

有野「えっ、そうなん?女子!?」

純「透華の…うちの上司の命令で今日ゲームのサポートします、ADの井上純です」

有野「あ、はい、よろしくお願いします」



純「じゃあよろしくっス」ドサッ

有野「えっ、君そこ座るの?ずっと隣おんの?」

純「いますよ」

有野「いつもGCCXのスタッフ、そない付きっきりやないねんけど」

純「結構説明要ると思いますし、まあ特別編っスから」

有野「そうなん?」

純「いちいち下がるの面倒なんでずっと横にいますよ、オレも出番ほしいですし」

有野「そういう理由なんや?」

純「じゃ、お願いしまふ」ボリボリ

有野「あの、課長より先にうまい棒食べ始めるのはやめてくれへんかな?」

純「ああ、ふひまへんっふ。食いたかったっふか?」モシャモシャ

有野「いや、そうやなくて…。まあええけどさ…」



有野「…じゃあやるけど、これPSPやで?撮影どうすんの?」

純「はい、撮影用のモニターつないで映し出しますから大丈夫っすよ」

有野「あ、そこは機材セッティングしてくれんねや」

純「じゃあハギさん、お願いします」

ハギヨシ「かしこまりました」スッ

有野「あれ、執事さん? 執事さん出てきたよ!?」

シュッ スタタタタッ テキパキテキパキ

有野「早っ!めっちゃ手際ええやんこの執事さん!」



ハギヨシ「完了いたしました」

有野「あ、ありがとうございます」

純「どもっすー」

ハギヨシ「…それと有野様、こちらを」スッ

有野「?」

ハギヨシ「うまい棒のおかわりでございます」

\オーッ/

\やさしいー/

\さすがハギヨシですわっ!/

有野「いや、ええよ!?別に気にしてへんよ!そんなん課長かわいそうな子みたいやん!!」



有野「……ほな、始めるよ?」

純「はい」

有野「ゲームセンター…CX!」

純「あ、ちょっと待ってください」

有野「?」

純「今回は特別編なんで、『ゲームセンターRMB!』って言ってください」

有野「RMB?語呂悪ない?」

純「ゲームセンターRyuMonBuchiなんで、RMBでお願いします」

有野「…なんやめんどくさいなー」

有野「ゲームセンター…あーるえむびー!」

有野「課長、オン!」ポチッ

純「おおーDVDで見たことあるー」パチパチ

有野「…緊張感無いなー」



ゲーム『咲-Saki- Portable 全国版!』

OP『~♪』

有野「オープニングムービーやん、さすがPSPやね」

純「この曲、はやりんの新曲なんすけど」

有野「はやりん?」

純「瑞原はやりさんです」

有野「あーハイハイ、何度か仕事したことあるよ」

有野「そっか、あの子麻雀の子やったね」

純「はい」



ナレ「今回有野が挑戦するのは、全国のインターハイ出場校から一校を選んで優勝を目指すシナリオモード」

ゲーム画面【学校を選んでください】

ナレ「まずはプレイする高校を選択、有野はどこを選ぶのか」

純「これ、今年のインターハイ出場校です」

有野「へーそうなんや、選べる数多すぎひん?」

純「それぞれ違ったシナリオがあってエンディングも違うんで」

有野「ええー、それ全部やらなあかんってこと!?めんどくさ!」

純「今回はどれかひとつでいいですから、エンディングを見ましょう」

有野「あ、ひとつでええの」



純「クリアしやすいのはまあ、西東京の白糸台、東東京の臨海、奈良の阿知賀…」

有野「もうーいっぱい言われても分からんて」

純「あと長野からは特別に2校、清澄と龍門渕が選べるんで、おすすめはその…」

有野「地元でええわ、大阪」テロリン

純「あっ」

ナレ「話を最後まで聞かず、地元大阪を選んだ有野。果たしてこの判断、吉と出るか凶と出るか」

ゲーム『南大阪代表、姫松高校ー!優勝待ったなし!!Vやねん!!』

有野「なんか女の子が5人出てきたよ?この子たちが大阪代表?」

純「はい、南大阪ですね」



有野「えーっと…、そしたらどうなんの?」

ナレ「まずは先鋒ステージがスタート」

漫『姫松高校、先鋒の上重漫です!がんばります!』

有野「あら、かわいいやん」

ナレ「すると」


WORLD 1-1

SUZU ×3


有野「ん?」



有野「あれ?」

---------------------------------------------------------------------------------
SUZU                 _                WORLD     TIME
OOOOOO              l_ilXOO             1-1       386
                   _ノ~^ヽ_
                  く    __>
                   `-ヘ-′
                           ___
                           | ? |
                           ――
          _
         l_il
         ___          __________         ____________
        |    |         .|エエエ| ? |エエエ| ? |エエエ|        |____________
         ――            ――――――――――           .|    i|
           _____                                     |    i|
              /-=-_=                                    |    i|
      _-,,   ( ハ-ヽ      _____                          |    i|
 _-~^~ν  L  |_/ヽ)    /  〃\                       |    i|
_ノ 〟     |_  (´∀` )  /   〃  \             ///     .|    i|
           (__(_____)/          \            / ///    .|    i|
田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田




有野「ていうか、マリオやん」

ナレ「なんと始まったのは、どこかで見たヒゲの配管工が出てきそうな画面」

ナレ「とりあえず、操作を確認する有野」

ピッ ポヨーン

有野「×がジャンプで…□が…」

ポイッ

有野「何か黒いの出た?黒い球を投げたよ!?」

ジジジ… ボガン!!

有野「爆弾か!爆弾が武器のマリオ始まったで?」



純「いいから進めましょう、こういうのよくやってますよね?」

有野「いや、やってるけどもやな…」

ナレ「腑に落ちない様子だが、プレイスタート!」

テレッテッテレッテッ ポヨーン

ボガン!! ボガン!! ピロリロリン!

……

有野「…そない難しくはないな…」

ナレ「順調に進めてステージ1-4、エリア終盤に差し掛かった有野。すると」

??『じぇ~じぇ~じぇ~~~!』

有野「お、ボス?」

ナレ「ステージ1のボス、タコス魔人が登場!」



有野「ホンマにボスなん?なんかマントつけた普通の女子高生?中学生?やで?」

タコス魔人『じぇ~~~!』

ヒュッ ドカン!! ヒュッ ドカン!!

有野「何あれ?あわび?黄色いあわび飛ばしてきたの!?」

純「あわびじゃありません、タコスです。見た目似てなくもないですけど」

有野「じぇじぇじぇー言うたら海女さんやろ、あわびちゃうの?流行に乗っかったアレやんな?」

純「流行に乗ったとか言わないでください、ぶっ飛ばしますよ。こっちの方が先です」

有野「怖いな!ぶっ飛ばすて!?」



純「さあやっつけてください、ボスですよ」

有野「う、うん」

タコス魔人『じぇ~~~!』

有野「よっ、はっ!」

ヒュッ ドカン!!

ナレ「繰り出すタコスをかわし、爆弾をヒットさせていく有野!」

ドン! ドドドン!

ボガン!! ボガガン!!



有野「くっ、このっ!」

ドン! ドカン!

ボガン!! ボガン!!

……ボッガーン!!

タコス魔人『じぇ~…』

…ドド…ドドドドド…(消滅)

有野「お、倒した!?」

\オーッ/

ナレ「有野、ステージ1をクリア!」

有野「やりましたー」シャキーン



ナレ「と、ここで有野」

有野「井上さん」

純「はい」

有野「麻雀ゲームって聞いてたんですけど」

純「そっすよ」

有野「……麻雀してへんやん」

純「麻雀は後半やります」

有野「後半?」

純「今のは準備パートみたいなもんで、ここでの成果しだいで麻雀パートが有利になったりするんですけど」

有野「あー、そういうこと?」



純「道中のコインをたくさん集めていくと、すずちゃんボムっていうのが手に入るんで」

有野「何それ?」

純「取った数だけ、麻雀パートで漫ちゃんが爆発します」

有野「ああー、アイテム的なのを取らんとアカンってこと?」

純「はい」

純「そのアイテム的なのですけど…、今のプレイ、全然取ってなかったですよね」

有野「……はい」



純「このままだと麻雀パートまず勝てないんで」

有野「そうやね」

純「コンティニュー…ていうか、やり直しされますか?」

有野「されます!」

純「じゃあ」キュポッ

有野「えっ、何それ?油性マジック!?」

純「この面は1回コンティニューしたら、デコに油性です」

有野「えっ、そんなんあんの!?ゲーム関係ないやんけ!」

純「ルールなんで」



純「おーい、衣」

衣「わあーい!」

有野「何や?何かこども出てきたよ?」

衣「こどもではない!ころもだ!」

純「この子が字を書きます」

有野「そ、そうなんや!?」

純「ハイ、動かないでー」ガシッ

衣「~♪」カキカキ

(デコに難しい漢字)



ナレ「気を取り直し、1-1から再スタートする有野(漢字入り)」

有野「…………」(仏頂面)

ナレ「今度は順調にステージ2へ突入、しかし」

有野「あれ、なんか看板出た」

【どちらへ行きますか 上の道/下の道】

有野「なんや、ルート分岐?とりあえず上や」ピッ

…………

……

有野「…あれ、ここさっき通った感じするな…」

ナレ「ステージ2、マヨヒガの森。謎を解かなければ脱出できない、果たして有野は気付くのか」



【どちらへ行きますか 左の道/右の道/真ん中の道】

…………

……

【どちらへ行きますか 土の道/砂利道/北海道】

有野「分岐多いな…」ピッ

…………

……

有野「なんや同じようなとこばっかり… 間違えてんのかどうかもわからへん…」

ナレ「森をさまようこと十数分が経過。すると」

??『……zzz』

有野「あれ、ボス? コタツに入った女の子やん?」

ナレ「ステージ2のボス、マヨヒガ様が登場!」

マヨヒガ様『こんにちは』



マヨヒガ様『ここまでの道のりはどうだった…?』

有野「いや、もうしんどいけど」

マヨヒガ様『今の気持ちを選んで…』

【まだ平気/だるい】

有野「お、ここも選ぶの」

有野「もう疲れたしなー、『だるい』」ピッ



マヨヒガ様『そう、それじゃがんばって』スウッ

有野「あれ、消えたよ?先に進んでええの?」

タッタッタッ

テッテレーン


STAGE2 CLEAR!


\オーッ/

ナレ「なんとステージ2をクリア!」

有野「バトルなしなんやー、よかったー」

純「まあ戦うのもダルかったんでしょうね」

有野「なんやろ、ようわからんかったけどさすがの課長やね」

純「いえ、あそこの選択肢で『だるい』を選ぶだけです。『まだ平気』だと最初に戻されるんで」

有野「なんやそれ!極端やな!」



ナレ「操作にも慣れてきたのか、ここからは順調にステージを進めていく。そして」

ステージ3 ボス:九面様

九面様『…………』zzz

有野「また寝てる子やん…。なにこれ、巫女さん?」

九面様『…………』zzz

有野「寝とんねやったらこの隙に…攻撃!」バシッ

九面様『滅べ』ズガァン

漫『うわー!』

デッデレーン

有野「強っ!カミナリ強っ!避けられへんやん!」

純「あれが寝てるときに攻撃仕掛けたら自殺行為ですよ」



ステージ4 ボス:極道メガネ&ナルちゃん

極道メガネ『ふんっ!はぁっ!』ブンッ

有野「うわっ、刀の敵? あれヤクザのやつやん」

純「はい」

ナルちゃん『ステキー ステキデスー』フワフワ

有野「あれ、二人がかり?なんかちっちゃいのもふわふわ飛んでるやん」

純「そうですね、あれもボスですよ」

有野「もう大体掴めてきたし…ここや!」バシッ

漫『えいっ!』ヒュッ

極道メガネ『ふんっ!』スパッ

有野「何あれ!?こっちの爆弾切られてるー!!」



漫『えいっ!たあっ!』ヒュッ ヒュッ

極道メガネ『無駄無駄っ!ふんっ!』スパッ スパッ

有野「えぇー…そういうヤツか…」

ナレ「なんとこちらの攻撃が当たらない!どうする有野」

有野「なんかパターンとかないんかな…」

ナレ「しばらく様子を伺う有野、すると」

極道メガネ『ふんっ!』ズシャッ

ナルちゃん『キャッ』

極道メガネ『おらっ!』ズシャッ

ナルちゃん『キャイン』

有野「えっ、ちっちゃい子が斬られてるよ?仲間割れ?」

純「たまに刀をあの子が食らってくれるんで、その隙がチャンスです」

有野「なんやかわいそやな!そんなんでええねや!?」



ナレ「ステージ3、ステージ4は順調に突破!そしてラストステージ5…」

ギュルルン!! ドラドラァ!!

ナレ「ついにラスボス、コークスクリュードラゴンが登場!」

ギュルルン!! ドララァ!!

有野「また二人…って、なにあれ!?竜巻とドラゴンが飛んでくるよ!?」

ナレ「なんとここで、有野の天敵でおなじみドラゴンも登場!」

ギュルルン!! ギュルルン!! ドラドラドラァァ!!

有野「めっちゃ多いやん!逃げ場無いて!」

ナレ「なんとラスボスの攻撃は、画面が埋まるほどの大火力!」

オカシ! オモチ! ギュルルドラドラァァ!!

漫『うわー!』

デッデレーン

有野「ちょっ、いや、多すぎやって!弾幕シューティングになってるやん!!」

純「なんとかがんばってください、決勝はこれに勝たないといけないんですよ!」



ナレ「根気よく避けるしかない有野、コークスクリュードラゴンに挑むこと23戦目」

有野「ちょっとパターン見えてきたかな…?」

ギュルルン!! ドラァ!!

ドン! ドカン!

ナレ「なんとか攻撃がヒットするようになってきた、果たして」

有野「もうちょい…。よっ!たっ!!」

ドガン!! ボガン!! …ドガガガーーン!!

有野「…いったか!?」



『サキチャー…』 『オネエチャー…』

…ドドン…ズドドドドン…(消滅)

\オーッ/

ナレ「ついにコークスクリュードラゴンを撃破!」

有野「やったー、できましたー」シャキーン

ナレ「ゲーム開始から2時間、ようやく先鋒ステージをクリア!」

有野「あー、しんどかったー」

ナレ「一筋縄ではいかないゲームシステムに、早くも困惑気味の有野。果たして攻略することができるのか!?」

デンデデンデレデデ デンデデンデレデデ デン




【たまに行くならこんなボウリング場】

♪~(『異国のしらべ』)

有野「おハガキいただきました!」

有野「『有野課長、こんにちは!』こんにちはー!」

ハガキ「今回有野さんに紹介したいのは、鷺森レーンです!
    地元で人気のボウリング場なんですが、ゲームもできます!
    たまにかわいい女子高生が店番をしています!
    運がよければ課長も会えるかもしれませんね!(笑)!なんちて!☆!」

有野「奈良県のペンネーム・レジェンドハルさんからいただきました。ということで、やってきました『鷺森レーン』」

有野「いやー、たまゲーで奈良まで来るとはなー」

ナレ「今回は奈良まで出張した有野さん。さて、どんなゲームが待っているのでしょうか?」



ナレ「奈良県阿知賀にあるボウリング場、鷺森レーン。」

ナレ「場内にあるゲームコーナーには、昔懐かしいゲームが多数。地元の子供達の憩いの場です。」

ナレ「経営者の鷺森さんのお嬢さんは、なんと麻雀インターハイ出場者。」

ナレ「それ以来、店内には麻雀卓も設置。地元の麻雀ファンの方々も、多数訪れるようになったという事です。」


灼「いらっしゃいませ」

有野「あ、おじゃましまーす」

`○ω○´「かちょーだーー!!!」

未来「わー」

ひな「本物ー」べしべし

有野「痛っ!叩くのはやめて!」

ナレ「おやおや、地元の子供達に大人気ですね」



ひな「カチョーサン、ヒトバンイクラー?」

有野「どこで覚えたんそういうの?あんま言わん方がええで?」

綾「いくらー?」

春菜「うにー?」

`○ω○´「大トロー?」

\ハッハッハッ/

灼「はい毎度、イクラにウニに大トロね」

ひな「シハライハー、カチョーサンデー」

凛「ゴチになりますー」

有野「奢らへんよ!?ていうか、この店寿司もあるん!?」

灼「知り合いの旅館に出前して作ってもらえますけど」

有野「いらん!いらんて!」



有野「…ほな、おすすめゲームとか教えてくれる?」

未来「これ、最近できたんですー」

よし子「UFOキャッチャーです!」

有野「おー、ええね」

ナレ「まず目を付けたのは、UFOキャッチャー。有名な絵本『エトピリカになりたかったペンギン』のぬいぐるみです」

有野「なんや、黒い球がいっぱい…?なにこれ、ペンギン?」

春菜「エトペンですよー」



有野「おっきいのからちっちゃいのまで…、いろいろあるなー」

ナレ「さあ、どれを狙うのでしょうか」

有野「やっぱでかいやつやろ!」

ナレ「狙いを定めていざ挑戦。有野さんの腕前は」

ピロリロリロリン ウィーン……

有野「よーし…ここや!」ポチッ

ウィーン…

カツン!

有野「あれっ?何か弾かれた感じ?」



ナレ「残念、一回目は失敗です」

有野「何あれ?何か硬かったよ?」

綾「あー、それボウリングの球ですねー」

有野「え!?」

綾「たまに混ざってるんですよ、エトペン型のボウリング球カバーです」

有野「なにそれー!?区別つかへんやん!!」

凛「いくつも景品あったほうが楽しいじゃないですかー」

有野「わざわざ球に被せとかんでええやん!ボウリング球なんて掴まれへんよ!」

よし子「他にもボウリングピン、灯籠、弓と矢なんかも入ってますよー」

有野「明らかにキャッチャーの握力足らんよね!?」



有野「あんなん取れる子おらんのんちゃう?重すぎるやん」

`○ω○´「ぬいぐるみを取ったら、フロントで交換してもらえるよ!」

有野「あ、そういうシステム?」

春菜「ちっちゃいのふたつで、大きいぬいぐるみにもしてもらえるんですー」

有野「へー、小さいのなら取りやすそうやし良心的やね、っていやいや!そんなら一緒に入れとかんでええやん!!」

ひな「細かいこと気にしてるとハゲるかもー」

`○ω○´「かもー」

有野「君らわりと厳しいな!」



ナレ「子供達の前でなんとか、いいところを見せたい有野さんでしたが…」

よし子「がんばってー」

凛「ひとつ取りましょー」

ウィーン…

カツン!

有野「あー、またや…。もう諦めやな…」

未来「えぇー」

ナレ「結局、2000円つぎ込んで成果ゼロでした」

有野「すまん!子供達!」



ナレ「その後、適当にゲームやボウリングを楽しんでいる有野さん。すると」

照「お待たせしました!」

有野「ん?誰?」

照「ご注文のイクラとウニと大トロ入り特上寿司、お届けにあがりました!」ニコッ(営業スマイル)

有野「えーっ!?注文してもーたの!?」

AD「せっかくなんでお願いしました」

有野「余計なことすんなよー!!」

灼「宮永さん…」



照「こんにちは」

灼「…どうしてあなたが」

照「…今、菫と一緒に松実館に来てるんだけど」

灼「はあ」

照「菫があったかいおもちを食べに行くって言うからついてきたのに…」

照「何も食べないでずっと松実さんにつきっきりになっちゃって、暇なの。おなかすいた」

灼(多分、あったかいおもちの意味が違…)

照「そしたら出前の注文が来たから、よかったらお手伝いしますよ、って」

灼「そうですか…。でも、よくここまで来れましたね?」

照「旅館の人が車で送ってくれた」

灼「ああ…」



D「えっ、マジ!?宮永照!?」ヒソヒソ

AD「はい」ヒソヒソ

D「すげーじゃん!これはどうにか出てもらお!プロデビュー前のお宝映像ゲットだぜ!」ヒソヒソ

照「?」

D「あの、有野さん!」

有野「ん?」

D「実はですね、このボウリング場、麻雀卓も置いてありまして」

有野「あー、何か言うてたね」

D「せっかくですから、この出前の彼女と一緒に麻雀して、負けた人が寿司代を払うというのはどうでしょう」

有野「ええー?そんなんええの?」



照「えっと…?」

D「キミが負けても後でお金払うから!ひとつ頼むよ!」

照「うーん…」

D「普通に!いつも通りに麻雀してくれたらいいからさ!」

照「でも…」

D「さっきそこの景品ゲームで出たアメちゃんあげるから!」

照「やります」キリッ



ナレ「なんと偶然!現れたのは麻雀インターハイで有名な宮永照さん」

ナレ「お寿司代をかけて、麻雀対決をすることになりました」

有野「それではなんと、急遽麻雀対決です」

AD「はい」

有野「よーし、負っけねえぞー!」(セリフ口調)

照「よろしくお願いします」ニコッ

東家:有野 25000
南家:AD  25000
西家:照  25000
北家:D   25000




東一局

照(鏡は使うまでもない…)

照「ロン 1000点です」

東二局

照「ツモ 500・1000です」

東三局

照「ツモ 1300オールです」

有野「おおっ、やるなー!」



照「ロン 7700の一本場は8000です」ズドン

照「ツモ 4200オールです」ズガァン

照「ツモ 6300オールです」ドゴォン

有野「…………」

D「…………」

AD「…………」

有野「…なあ、D」

D「…はい」

有野「……ここ、カットでええかな?」

D「…………はい」



―放送部分―

有野「よーし、負っけねえぞー!」(セリフ口調)

照「よろしくお願いします」ニコッ



ボウリング場の全景



ナレ「ゲームにボウリングに麻雀、地元の子供達といっぱい楽しんだ有野さんでした」

ナレ「麻雀の結果? うふふ、お察しです」

照(音声)「ツモ 8400オールです」

有野(音声)「うわぁー!」

AD(音声)「ヒャァー!!」


【たまに行くならこんなボウリング場】 カン




デーンデーデデーンデーレー デーンデーデデーレー デン

【有野の挑戦】

ナレ「『咲-Saki- Portable 全国版』に挑戦中の有野、続いては次鋒ステージ。すると」

由子『姫松高校の次鋒、真瀬由子なのよー』

有野「あらかわいいやん、オモロイ髪型やけど」

由子『のよー』


5……4……3……2……


有野「え、何、何!?何か始まってる!?」


START!!


有野「ちょ待ってって!説明無いわーこのゲーム!」



有野「井上さん!なにこれは!?」

純「最初に見た髪型と同じ絵をこの16分割から探してください」

有野「無茶言うなて!覚えてへんよそんなん!」

59……58……57……56……

有野「何かカウントダウン始まってるよ!何あの数字!?」

純「早くしないと、どんどん残り時間なくなっていきますよ」

有野「時間て何のよ!?」

純「次鋒戦です」

有野「!?」



純「説明は後です、早く選びましょう」

有野「あー、もう適当に…、これ!」ピッ

ブブー

有野「ええー、ちゃうの!?」

純「ここの結び目が左右逆ですよ、よく見てください」

有野「そんなんわからんて!じゃあこれ!」ピッ

ブブー

有野「なんでや!一緒やん!?」

純「頭のリボン結びが折り紙になってるっス」

有野「知らんがな!」

純「間違えたらペナで時間マイナスになりますよ、早く早く!」



ブブブー

TIME OVER

有野「ああ…」

純「あーもう、全然センスないっすねー」

純「もっと女の子の髪型とか勉強した方がいいんじゃないっすかー?」

純「そんなんじゃモテないっすよ」

有野「失礼な!嫁も娘もおるっちゅうねん!」

純「…それよりほら、アレっすよ」

有野「?」

純「…………」

有野「…………?」

純「…あれ、チメオベラって言わないんすか? TIME OVERっすよ?」

有野「言うたことないで!ガメオベラだけやて!」

純「そうでしたっけ」



有野「ていうか、違うやん」

純「?」

有野「さっきまで横スクロールアクションやったやん!」

純「ゲームは一人ひとり違いますよ、当然」

有野「えぇー、そんなんめっちゃ大変やん」

純「次鋒の彼女はああいうミニゲーム集になってます」

有野「…これどうなんの?0秒て何?」

純「次鋒戦は描写なしっスね」

有野「……これリセットせんとあかんやつ?」

純「いえ、今のは一回戦の分なんでとりあえず次いきましょう」



二回戦ステージ

ゲーム『対戦相手を探し出せ!ワクワク神経衰弱~!』

有野「えっ?」

純「神経衰弱です。カードに選手の絵が書いてあるんで、時間内になるべく多くペアを作ってください」

有野「また違うゲームやん…」

純「対戦相手になる次鋒の人を当てたらボーナスっすから」

有野「知らんよそんなん」

ナレ「次に始まったのは神経衰弱。果たして課長の記憶力は」

有野「まあでも、神経衰弱ならわかるからええか…」

ゲーム『READY…GO!』



ペラッ

カード『エイスリン』

有野「あっ、この子さっき見た……、これや!」

ペラッ

カード『美穂子』

ブブー

有野「ええー、ちゃうのー」

……

ペラッ

カード『怜』

有野「えーと、この子もこの辺で……、これか!」

ペラッ

カード『灼』

ブブー

有野「なんでや!一緒ちゃうのん!?」



ナレ「多彩なカードに苦戦気味の有野、さらに」

ペラッ

カード『わかめ』

有野「あれっ…何や」

ペラッ

カード『こんぶ』

ブブー

有野「雲行き怪しなってきたで?」

ペラッ

カード『キーウィ(鳥)』

ペラッ

カード『キーウィ(フルーツ)』

ブブー

有野「せめて人間出てきてくれへんかな!?」



ゲーム『終了ー!』

デッデレデーン


【RESULT 2ペア獲得】


\あぁ~/

有野「あー…」

純「ゼロじゃないだけマシ、って程度ですね」



準決勝ステージ

ゲーム『ドキドキ役当てクイーズ!』

有野「…今度は何?」

純「麻雀牌が出てきますから、何の役か役名を答えてください」

有野「あ、やっと麻雀ゲームっぽいやん!こういうんなら分かるよ!」

ゲーム『第一問!』

ゲーム『次の手牌に含まれている役の名前を選んで下さい!READY…GO!』


一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国五筒:麻雀王国 五筒:麻雀王国

A.三色三歩高
B.全中
C.双同刻
D.三色双竜会


有野「ん?」



有野「えっと…? あの井上さん、こんな役あったっけ?」

純「あ、勿論ですけど中国麻将の役ですよ」

有野「何で!?」

純「準決勝では香港の留学生が相手なんで」

有野「知らんがな!」

純「一応中国麻将の本ありますけど、見ます?見てたら当然時間ないっすけど」

有野「あー、もう適当にいくよ!!」



…………

……

ゲーム『終了ー!!』テッテレテレーン


【RESULT 9/20問正解】


純「おー、でも結構当たったじゃないですか」

有野「四択やったからまだ助かったわ…」



決勝ステージ

-------------------------------------------------------------------------------------------
          SCORE             HIGH  SCORE           LEFT
   __________0______________20000_________  2
   |   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||(└)086
   |   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||   ||  P : 7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
    / ヽ,.ヽ       ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄| ̄|;; ̄ | ̄ ̄ ̄         /ヽ,.、
    i     ヽ       _,|;;;  |、...|_|______|_|、...|;;   |_          /    ヽ,
  f ̄{___,.   'ー-、     |_;;;   ;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;   ;__|       <´`′     ヽ,
  f        /      |_;;;   ;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;   __|         >         ヽ
  'ー       `ー-、      |   |       ・==  ・==  |   |        _/         ヽ、
   \        /'''       |   |      ・=・==   ・==....|         、          /
   _ノ       ヽ___      |   |  O=O             |・=・==      ヽf__        ヽ、
  /          _/      |   |       ,... 、        |・=・==       {__         /
  f {_,,,      γ'      |   |     '´{ 00|        | ・==    ・==  {__ {__,      ヽ、
  f__{_,,. __  /       |   |     ・== i_)      | ・==         {__ {__, ___   /
    {__,|:::  L_,,/        |   |   ・== i x..}        |   |             {__,|:::  |___ノ
     |:::  |             |   |      { }.{ }.       |   |・==     ・==     |:::  |
     |:::  |             |   |...  ┌┬''’‐'`┬┐    |   |.  ・=='       |:::  |
     |:::  |             |  ├┬‐┴―┬―┬┴‐┬‐┤   |       ・=・== |:::  |
     |:::  |        ┌‐┴―┴―┴.┴―.┴―┴‐.‐‐‐┴‐‐┴‐┐ ・==         |:::  |
八八八八八八八八八八八..|  X__,X__,X__,X__,X__,X__,X__,X__,X__,X__,X,...X|八八八八八八八八八八八
                      |_ノ _ノ _ノ _,ノ __ノ _,ノ_,ノr==、_ノ __ノ__ノ__ノ |
                └―――――――――l()() 〉〉 ‐――――┘
                              , ー--'f-、
                        ・==    ヒ|‐‐‐ |コ
                               .>_ハ_<




有野「……あの井上さん、これも見たことあんねんけど」

純「鳥居の中の人が青い球と矢を投げてくるんで、矢を避けて青い球をたくさん集めてください」

有野「なにそのハットリ君のボーナスステージみたいなの!?なんでこんなんせなあかんの!?」

純「決勝じゃ萬子ばっかり抱える人と索子ばっかり染めたがる人と矢が相手なんで!」

有野「矢が相手って何!?麻雀関係あんの!?」

純「矢を避けて筒子が取れなきゃ勝てないですよ!」

有野「なんやそれ!?」



有野「よっ、たっ!」

ピロリロリン! ピロリロリン!

純「おーうまいうまい」

有野「あんま気持ちこもってへん感じちゃう!?応援してくれんのは嬉しいけどさ!」

純「そうっすか?」

有野「頼むわほんま!課長がんばってるから!!」

…………

……



ゲーム『終了ー!!』テッテレテレーン


【RESULT 獲得球 73個  被弾 4発】


有野「よっしゃ、後半結構がんばったよ?」

純「ええ、まあ準決勝以上行ったらそこそこいいですね、そこそこ」

有野「引っかかる言い方やわー」

由子『次鋒ステージ、終了なのよー』

ナレ「有野、苦戦しつつもなんとか次鋒ステージをクリア!」

有野「まあええわ、クリアしましたー」シャキーン



有野「よし、どんどん行こ!」

ナレ「続いて中堅ステージに挑む有野、まずはムービーがスタート」

洋榎『オカーン、今日の夕飯なにー?』

雅枝『から揚げやで』

洋榎『おー、ウチの大好物やん!楽しみやなー』

雅枝『何言うてんの、お肉はアンタが狩ってくるんや』

洋榎『えーまたかいなー』

雅枝『ええから、早よ行ってき。お肉が無けりゃ夕飯抜きやで』

有野「買ってくる?おつかいゲーム?」

純「いえ、狩ってくる、です」

ゲーム『使用武器を選んでください』

有野「「片手剣」「双剣」「大剣」「ランス」「ハンマー」「ボウガン」……て、モンハンやん!」



純「彼女はから揚げ大好きなんで、から揚げの食材を狩りに行ってください」

有野「から揚げの食材て何よ!?そんなモンスターおった!?」

純「鶏ですよ」

有野「ああ、鶏でええんや?なら楽そうやね?」

純「あ、でも気をつけてくださいね」

有野「?」

純「そこの鶏、ゼルダに出てくるやつですから」

有野「えっ」


グガァゴゴ!

ギャッギャッギャ!

ブイヤネン!



有野「ゼルダに出てくるやつってさ…」

純「はい、強いですよ」

有野「強いとかいうレベルのアレとちゃうヤツやなかった?」

純「さあてね」

グガァゴゴ! ブイヤネン! ブイヤネン!

洋榎『出よったな!いくでー!』

バキッ ドカッ グガァゴゴ!

洋榎『おりゃっ!とりゃっ!なんやねん!こんにゃろ!』

バシッ ドスッ ドガドガガッ!!

洋榎『うわーー!!』

デッデレデーン

有野「一撃も当てられへんかった…」



ナレ「中堅ステージが始まって2時間、いまだ一匹も鶏を倒せない有野」

グガァゴゴ! バシッ ゴスッ

洋榎『痛っ!痛いて!ギブギブ!!』

ドスッ バキッ ドガガガガッ!!

洋榎『うわーー!!』

デッデレデーン

有野「あーまたダメやー」

ナレ「鶏を倒すどころか糸口さえつかめない有野、停滞地獄!」

有野「…もうちょっと飽きてきたなー…」

ナレ「するとここで」

一「有野さん、お疲れ様です」

有野「あ、ハイ?」



一「コーヒーとケーキの差し入れです」

有野「え?メイドさん?メイドさん出てきたよ?」

一「純くんも、お疲れ」

純「おう」

有野「あ、知り合い?」

純「はい、オレの嫁です」

有野「!?」

純「冗談ですよ、反応でかすぎです」

一「ボクは透華の嫁ですよ」

有野「!!??」

一「冗談ですってば」



有野「もう…何やねん君ら…」

純「軽い龍門渕ジョークですよ」

一「あと、ヒントの差し入れなんですが」

有野「?」

一「鶏はアイテムショップで攻略アイテムを買わないと倒せません」

有野「直球やな!ていうかもっと早よ教えてそういうの!」

純「いつも基本ヒントなしでやってるじゃないですか」

有野「もうー今までの2時間何やってんー」



有野「じゃあ何、そのアイテムショップ?」

純「そっすね、行きましょう」

店員『いらっさーい』


黒糖   1700z
イクラ  2000z
おやき  2200z
ぶどう  2400z
ジャージ 3000z
……
鶏の罠   334z



有野「なんか色々売ってる…、食べ物多いな?」

純「ええ、大体どれも敵に食べさせて使うアイテムですが…、とりあえず、この鶏の罠ですね」

有野「334z?なんや半端やね?」

純「これを買えればクリアなんで、お金をためましょう」



有野「ほな、お金はどうやって貯めたらええのん?」

純「まあ他のヤツを狩ってきて換金したり、依頼を受けて報酬もらったりですね」

有野「結局いろいろやらなあかんのか…」

ナレ「お金を貯める地道な作業に挑む有野。そして1時間後」

有野「よっしゃ!貯まったで!334z!」

店員『まいどー』

ナレ「ようやく攻略アイテムを購入! 有野、鶏狩りに再挑戦!」

洋榎『今度こそいくでー!』

【鶏の罠を使いますか?はい/いいえ】

有野「はい、使う」ピッ



洋榎『よーし、ロッチのビックリチョコをこの辺りに撒いて…』パラパラッ

有野「撒き餌と投げ網?なんや随分単純な罠やね?」

グガァゴゴ! オウ、ナンヤ! ウマソウヤン!

洋榎『とーうっ』パサッ

グガァゴゴ! ナンヤネン! ジタバタジタバタ

洋榎『よっしゃー!から揚げのお肉ゲットやでー!』

ナンデヤ! ナンデヤネン!

有野「早っ!それでええの!?」

ナレ「なんとあっさり鶏肉ゲット!苦戦した中堅ステージをようやくクリアー!」

有野「もうーめっちゃカンタンやったやんー」



ナレ「続いて副将ステージ、すると」

ゲーム『目指せ、全国優勝!姫松中女子サッカー部!!』

有野「え、サッカー?サッカー言うた今?」

絹恵『女子サッカー部のキャプテン、絹恵です!今は弱小やけど、全国大会に出て優勝するのが夢やねん!』

有野「もう競技ちゃうやん!サッカーゲーム!?」

純「彼女は中学時代サッカー部だったんで」

有野「知らんてだから!」

純「結構奥深いですよ?同じ選手でも初期パラ振りから個体値、努力値、感情値…」

有野「もうこれだけで一本ゲームにせえや!」



監督『よし みんなきけ。 まず初戦は隣町中学との練習試合だ』

有野「うわ…、マジのサッカーゲームやん」

純「そうっすよ」

有野「せめて何か、とっかかりが欲しいなー」

純「オレは細かいデータとかは苦手なんで…。おーい、ともきー」

有野「?」

智紀「お疲れ様です、有野さん」

有野「あれ、別のメイドさん出てきたよ?」

純「ここは彼女が解説入れます」



智紀「ではこちらの資料を」

バサッ

有野「ちょ、何ページあるのこれ!?ものっすごい分厚いやん!」

智紀「まずは3ページの表1をご覧ください」

有野「え、会議!?プレゼン始まったの!?」

智紀「ちょっとゲームの画面、パワポに切り替えていいですか?」

有野「そ、それは別モニターでやってくれへんかな…」



智紀「基本攻略としては、練習パートで経験値を溜めていただいて」

智紀「育成をしっかりしておけば、それほど難しくはありません」

智紀「試合での経験値は出場者にしか入りませんから、メンバーはよく考えてください」

智紀「パラメータの振り方は平均的にするより一芸を伸ばしたほうが有効です」

智紀「あとは各チームの特徴とかフォーメーションがありますからそれに対応して…」

智紀「巻末に選手データも全チーム分ありますからご活用ください」

智紀「それから進行フローチャートの右下12番ですが…」

有野(……あかん、これボケで逃げられんやつや……)



智紀「……で、ここでマネージャーに3回話しかけると『裏鬼門封じ』っていうお守りがもらえます」

智紀「これ、最重要アイテムですから忘れずに取ってください」

有野「そこはサッカーやないんや?最重要アイテムは話しかけて取るん?」

智紀「隠しアイテムですので」

有野「わ、わかりました」

………

……

智紀「……大体こんなところでしょうか」

有野(…………ホッ)

智紀「フレーム単位で乱数制御とかもありますけど覚えます?」

有野「でけへんてそんなん!」



智紀「……ではがんばってください」

有野「はい!ありがとうございます!」

ナレ「30分におよぶレクチャーを終えた有野、プレイを再開」

有野「まあそれじゃー、レベル上げ作業かなー」

ナレ「地道に練習パートを積み重ね、パラメータをアップさせていく有野。地味な男の地味な作業が始まった」

有野「こういうのは得意やからね」

……

ナレ「カメラがある事も忘れ、黙ってレベル上げに没頭すること1時間」

有野「あー、カスカスになるまでやりたいわーこれ」

……

ナレ「と、何かに気がついた有野」

有野「!」

純「……zzz」



有野「…………」

純「……zzz」

有野「ええ顔して寝とるなあ、課長仕事中やっちゅうに」

純「……zzz」

有野「今は地味作業中やから、わからんでもないけどさ…」

純「……zzz」

有野「…この子、ほんまに女子なんかな?」

純「……zzz」

有野「……ちょっとおっぱい触ってみたろか?」

ソーッ



ヒュッ

カツーン!!

有野「痛っ!」

有野「な、何!?手にトランプ刺さった!?」

一「…収録中ですよ、有野さん」ギロッ

有野「あ、すみません、取り乱しました」

一「一応ゲームやる手ですから手加減しましたけど…。本当に触ってたらもっと固いやつですからね」

有野「……はい……」

有野(怖っ!何やあのメイドさん!?)



ナレ「お仕置きに怯えた有野、ここからは一層集中して無言のプレイ」

有野「…………」

ナレ「そして更に1時間後」

姫松中選手『いくよ!山甲くん!』

姫松中選手『うん!羽田共くん!』

二人『嵐のラストファイナルリベンジツインシュート!!』バッシュゥゥーーン

ズバーン

ピピーッ

実況『やりました!姫松中学、全国大会優勝です!』

\オーッ/

有野「よーし、やったー」シャキーン

ナレ「なんと副将ステージ一発クリア!果たして、この好調を維持することができるのか?」

デンデデンデレデデ デンデデンデレデデ デン




【対決!プロ麻雀せんべいカード!】(ミニコーナー)

構成作家「プロ麻雀せんべいカードで遊ぼうのコーナー!」

パチパチパチパチ

有野「…………」

作家「さあ有野さん」

有野「はい」

作家「今回、特別編として麻雀インターハイのゲームに挑戦していただいてますが」

有野「はい」

作家「実はですね、今回その発売にあわせて龍門渕グループからついに」

作家「あのプロ麻雀せんべいカードの高校生バージョンが発売されるんです!凄い!」パチパチパチパチ

有野「…………」

作家「おっ、興味津津のご様子で」

有野「全然やわ」



有野「聞いた事ないもん、何やの、そのなんたらカードて?」

作家「あれ、ご存じないですか?こういうおせんべいについてるカードですよ」サッ

有野「ふーん」

作家「おおっ、ますます興味津津のご様子で」

有野「知らんって」

作家「まあ実物を見ていただきましょう、こんな感じなんですが」スッ

有野「へーえ、この子らがインターハイ出たの?」

作家「はい、出場者から周囲の関係者から…、まあ色々です」

有野「んで?これをどうするの?」

作家「今回発売を記念してですね、有野さんにもひとつカードバトルをしてもらおうかと」



作家「本当はカード対戦も色々ルールなどがあるんですが、有野さんにはよくわからないと思いますので」

有野「なんかトゲがある言い方やわー」

作家「今回は一番単純な、このカードのここに数値が書いてありますから、これで勝負しましょう」

有野「あー、昔からようあったなー。ちょっとはレトロゲーム番組っぽいやん」

作家「はい、それでは対戦相手を紹介しますね」

有野「相手?」

作家「このカードの熱心なコレクターで今回の企画のアドバイザー、風越女子高校の文堂さんです」パチパチパチパチ

星夏「よろしくお願いします」

有野「この子と対戦すんの?課長なんも知らんで?」

作家「はい、ですので課長側にもアドバイザーがいらっしゃいます」

作家「同じく、鶴賀学園高校の津山さんです」パチパチパチパチ

睦月「よろしくお願いします」



睦月「わからないところがありましたら、なんでもご相談ください」

有野「あ、はい、よろしくお願いします」

作家「では始めていきますよ?」

有野「はい」

作家「今から、こちらの山から5枚カードを引いていただきまして」

有野「うん」

作家「せーので1枚ずつ出していって、数値の大きいほうが勝ちです」

有野「あー、そういうやつね」

作家「はい」



作家「では有野さん、5枚カードを引いてください」

有野「はい」スッ


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でカード引き判定
有野のカード→ 南浦数絵 805
有野のカード→ 石戸霞 712
有野のカード→ 天江衣 733
有野のカード→ 新子憧 899
有野のカード→ 船久保浩子 409
------------------------------------------------------------------------------------


有野「はい、引きました」

睦月「うむ、まずは平滝高校一年の南浦さんですね。長野県個人5位の実力者です」

睦月「次に永水女子の大将石戸さん。説明不要のおもちオバケです。数値もおもちも強いカードですね」

睦月「そして龍門渕の天江衣さん。数値が高い海底ツモバージョンです!これはプレミアムものですよ!」

睦月「そして阿知賀女子の一年生、新子憧さんです。私も会ったことありますがかわいいですよね」

睦月「最後は千里山女子の頭脳、二年生の船久保さんです。強豪千里山の次期部長との噂です」

有野「よう説明そんだけ出てくるなー」

睦月「いいカードだと思いますよ、さすが課長です」

有野「いや、知らんって」



作家「ではルールを説明します」

有野「はい」

作家「1枚ずつカードを出していって、数値が多い方が勝ちの対戦を5回戦行います」

作家「数値の差分だけ負けた方にダメージが入ります」

作家「最初のHPは2500。先に無くなるか、大将までやって少なかった方の負けです」

作家「更に、今年のインターハイで対戦した人同士の場合、ダメージが2倍になります」

作家「これは各都道府県予選も含めますが、個人戦は不明な部分が多いので無しです」

有野「そんなん課長知らんよ?」

作家「ご心配なく、判定はボクがしますから」



先鋒戦 有野:HP2500 文堂:HP2500

作家「さあ有野さん、最初のカードを選んでください」

有野「選べ言うてもよう知らんし…。引いた順でええよ」スッ

有野の先鋒 : 南浦数絵 805

作家「では文堂さんも」

星夏「はい!これで!」スッ

作家「では…、カード、オープン!」


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でカード引き判定
文堂の先鋒→ 清水谷竜華 864
864-805=59 → 有野に59のダメージ
------------------------------------------------------------------------------------


睦月「いきますよ!『きたれ南風!南場は私の支配下よ!!』たぁっ!」

星夏「はい!『ここに怜を感じる!いつでも一緒やで!!』キリッ」

有野「えっ」

作家「どうしました、有野さん?」

有野「いや、そんなテンションでやんねや、って」

作家「はい、カードのキャラみたいに喋りながらやるのがポイントです。似てますよねー」

有野「いやだから知らんて」



作家「さあ両者のポイントは!」

バッ

バッ

作家「864対805!有野さんに59ポイントのダメージです!」

睦月「くっ…800以上あって勝てないとは…」

星夏「高い数値のいいカードでした!さすがお二人の絆です!」

ナレ「いきなり高い数値同士の激突!まずは有野、先制ダメージを食らう!」

有野「あらー」


有野:HP2500→HP2441



次鋒戦 HP2441 文堂:HP2500

作家「では次鋒戦です、有野さん、カードを選んでください」

有野「ほな、これ」スッ

有野の次鋒 : 石戸霞 712

作家「では文堂さん」

星夏「いきます!」スッ

作家「カード、オープン!」


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でカード引き判定
文堂の次鋒→ 赤土晴絵 853
853-712=141 → 有野に141のダメージ
------------------------------------------------------------------------------------


睦月「では課長、一緒にやりましょう」

有野「えっ、何を?」

睦月「私の後について言ってください!『苦手分野…いかせてもらうわ!絶一門!』」

有野「えぇー、やんのー?」

睦月「ほら、いきますよ!『絶一門!』」

有野「ぜついちもーん」(棒読み)

星夏「『フッ…お前らの敗因はただ一つ!阿知賀のレジェンドがいなかったことだ!』」

バッ

作家「853対712!有野さんに141ポイントのダメージ!」

星夏「いい感じです!」

有野「えぇーまたあかんのー」


有野:HP2441→HP2300



中堅戦 有野:HP2300 文堂:HP2500

作家「中堅戦です!有野さん、カードを選んでください」

有野「はい」スッ

有野の中堅 : 天江衣 733

作家「では文堂さんも」

星夏「いきます!」スッ

作家「カード、オープン!」


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でカード引き判定
文堂の中堅→ 瑞原はやり 307
733-307=426 → 文堂に426のダメージ
------------------------------------------------------------------------------------


睦月「いきますよ課長、『ククク…昏鐘鳴の音が聞こえるか?烏有に帰せ!』」

有野「にきせー」

星夏「…………」

睦月「うむ、どうしたの文堂さん?」

星夏「や、やりますよ!『はっやや~!みらくるはやりん☆ぼんばー!!』」

バッ

作家「733対307!文堂さんに426ポイントのダメージです!」

有野「おぉー、やっといっこ勝ったー」

睦月「いい感じですよ!」

星夏「……さすがに恥ずかしい……」


文堂:HP2500→HP2074



副将戦 有野:HP2300 文堂:HP2074

作家「副将戦です!有野さん、カードを選んでください」

有野「じゃあこれ」スッ

有野の副将 : 新子憧 899

作家「では文堂さん」

星夏「これで!」スッ

作家「カード、オープン!」


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でカード引き判定
文堂の副将→ 鶴田姫子 571
899-571=328 → 文堂に328のダメージ
------------------------------------------------------------------------------------


睦月「『まずここに!一人いる!!』」

有野「えっ」

睦月「セリフですよ、セリフ」

有野「麻雀選手のカードやんな?」

星夏「……こうなったら開き直って…!『ぶちょー!大きいの入ったとです!!』」ビビクン!

有野「だ、大丈夫?」

星夏「素で心配しないでください!」

バッ

作家「899対571!文堂さんに328ポイントのダメージです!」

星夏「うう……せめて勝ってれば恥ずかしくてもいいのに……」


文堂:HP2074→HP1746



大将戦 有野:HP2300 文堂:HP1746

作家「さあ有野さん、これが最後のゲームになります」

有野「最後かー。最後って大体嫌な予感すんねんけど…」

作家「はい、ラストのお約束、今回はどんな組み合わせでもダメージ2倍になりまーす!」

有野「やっぱりなー!あると思ったわそういうの!」

作家「盛り上がってまいりましたねー」

有野「ほいでも500以上差あるで? 2倍くらいじゃ全然なんちゃうの?」

作家「あ、それじゃ3倍にしましょうか?」サラッ

有野「えっ、ちょっとなにそれー!?言わへんかったら良かったー!!」



作家「どうしますか?有野さんが決めていいですよ」

有野「そうなん?そしたら…」


------------------------------------------------------------------------------------
投稿時、先着一名の選んだ方で進行。
A 2倍
B 3倍

→B 3倍
------------------------------------------------------------------------------------


有野「ほな3倍でええよ」

作家「わかりました!では有野さん、最後のカードを出してください」

有野「はい」スッ

有野の大将 : 船久保浩子 409

作家「では文堂さん」

星夏「はい!」スッ

作家「カード、オープン!」


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でカード引き判定
文堂の大将→ 花田煌 920
(920-409)*3=1533 → 有野に1533のダメージ
------------------------------------------------------------------------------------


睦月「『しゃぶり尽くしたるわ…グヒヒヒヒ』」

有野「えっ、何か黒い」

睦月「おや、わかりますかこの黒さ」

有野「…なんとなくやけど」

星夏「この一枚にすべてを賭ける…!『すばら!すばらっ!!すばらぁっ!!!』」

作家「さあ最後の対決は……」

バッ

作家「920対409!さらに3倍になって有野さんに1533ポイントのダメージです!」

有野「ええー!なにそれー!!」


有野:HP2300→HP767



作家「ゲーム終了でーす!」

有野「あー、終わったー」

作家「さあ、最終結果のほうは……、ダラララララ、ダン!」

有野「いや、見えてるで?そんな口でドラムロールせんでも」

作家「有野さんHP767、文堂さんHP1746! 文堂さんの勝利でーす!」

星夏「やりました!」

有野「ちぇー、全然接待プレイしてくれへんやんー」



作家「勝ちました文堂さんには賞品としてこちらを」スッ

有野「お、封筒やん?なんや、現の金?」

作家「龍門渕グループのカレーハウス『輝いてCoCo一番』のお食事券でーす!」

有野「なーんや、しょぼいなー」

作家「おめでとうございまーす」

星夏「ありがとうございます!」

作家「お二人とも、どうもありがとうございました」

星夏「ありがとうございました!」

睦月「うむ、ありがとうございました!」

作家「以上、ミニコーナーでしたー」




デーンデーデデーンデーレー デーンデーデデーレー デン

【有野の挑戦】

ナレ「PSP『咲-Saki- Portable 全国版』に挑戦中の有野、いよいよ前半パート最終ステージ」

純「さあ大将、最後ですよ」

有野「この子は何…?」

純「恋愛シミュレーションです」

有野「もう何でもありやな…」

純「苦手分野っスか?」

有野「いや、やるよ?課長『ときメモ』も攻略したことあるし」

純「ああ、そうでしたね」



恭子『私、末原恭子、高校一年生。憧れの姫松高校に入学して、今日から高校生活の始まりです!』

有野「…あの、井上さん」

純「はい?」

有野「恋愛シミュレーションって伺ったんですけど」

純「はい、誰でもいいんで女の子を攻略してください」

有野「この主人公の子、女子なんちゃうの?」

純「そうすよ、姫松の大将ですから」

有野「女子が、女子を攻略しにいくの?」

純「その辺は気にしなくていいです」



洋榎『おう、お前も一年かい』

由子『よろしくなのよー』

有野「あれ、人少なない?爆弾の子とかサッカーの子とかおらんやん」

純「今は一年生なんで、後輩はいないっス」

有野「あ、そういうこと?」

純「後輩キャラは、校外へ出たり出会いイベントがないと最初は会えないです」

有野「なんやめんどくさそやなー。やっぱバストある子は難易度高いんや?」

純「そういうことではないです」



純「まずは誰を攻略するか決めましょう」

有野「うーん、急に言われてもなー」

有野「じゃあ……」


------------------------------------------------------------------------------------
投稿時、先着一名の選んだ方で進行。
A 洋榎
B 絹恵
C 由子
D 漫

→A 洋榎
-----------------------------------------------------

有野「そやな、じゃあから揚げの子で」

純「ほう、なぜ彼女を」

有野「いや適当やけど」

\ハッハッハッハッ/

純「……じゃあ、彼女に積極的に話していきながら、知力・体力なんかの数値を上げていくって方向ですね」

有野「はい」

ナレ「攻略対象を見定め、いよいよ大将ステージスタート!」



有野「同じ部なんやし、まずは部活やろなー」ピッ

恭子『麻雀部に入部した私。そこに待っていたのは…』

洋榎『ツモ!2000オールや!』

恭子『くっ…、はい』

洋榎『また一位いただきやな~』

由子『洋榎は強いのよー』

恭子『愛宕洋榎…。インターミドルでもバリバリいわせてた全国区の実力者や』

恭子『うちの学年どころか、部全体でも間違いなくトップクラス…。でも負けへんで!』

有野「おー、ライバル的な感じ?」

純「まあそうですね」



恭子『しかし…。あらためて近くで見ると、こいつ……』

……

洋榎『よっしゃ!理科室行くで!教室移動や!』

恭子『えっ?次お昼休みやで?』

洋榎『えっ』

……

洋榎『中間試験どうやー?ここんとこの公式難しいよなー!』

恭子『…そこ、試験範囲とちゃうで…』

洋榎『えっ』

……

洋榎『ロン! どや、この必殺の後ひっかけ!』

恭子『……それ、偶然やんな?』

洋榎『あ、ハイ…』

……

有野「なんか強いけど抜けてる子やなー…」



恭子『そんなある日の部活のこと』

洋榎『うーん、どこやー』

恭子『どうかしたん?』

洋榎『ちょっとなー、この卓の牌がいっこ足りひんねん』

恭子『探し物か…』

【助ける/ほっとく】

有野「お、選択肢出た」

有野「まあ、助けるでいこか」ピッ



恭子『もう…しゃーないなー。一緒に探したるわ』

洋榎『お、助かるわ!』

……

恭子『うーん、見つからんなー』

洋榎『こういう時は、なんか唱えながら探せばええねんて!探し物の呪文!』

恭子『呪文って…?』

洋榎『えーと… スエハラー』

恭子『?』

洋榎『スエハラー スエハラー』

恭子『…なんでやねん』



恭子『…あのな、スエハラー言うのやめてくれへん?』

洋榎『ん、なんでや?』

恭子『いや、私の名前やから』

洋榎『そうやったっけ? どっかで聞いたことある言葉や思うててん!』

恭子『もう……』

有野「あら、あんま興味持たれてへん感じ?」

純「最初はそんなもんです」

洋榎『ほな、今日から恭子て呼ぶわ!ウチも洋榎でええし!な!』

有野「お、お近づきになる?」

洋榎『きょーからきょーこ!言うてな!』

有野「あー、大阪人のアカンとこやこれ。あと島根のオバハンとか」

恭子『……まあええけど』



恭子『下の名前で呼ぶようになって、少し洋榎と打ち解けてきた気がする。そんなまたある日』

洋榎『おう、ちょっと今度の日曜付き合えや』

有野「ん、どした?」

恭子『何?』

洋榎『うちの妹がな、部活でサッカー大会出んねん』

恭子『はあ』

有野「あ、お姉ちゃんなん?サッカーの子の?」

純「そうっすよ」

洋榎『その…なんや、一緒に観に行かへんか?』

有野「おー、サッカー観戦デートや」

純「いいですね」

有野「これは『行く』やな」ピッ



恭子『そして日曜日。私は洋榎と一緒にサッカー場へ出かけた』

洋榎『よっしゃ!ええ席とったで!』

恭子『……ところで妹さん、名前は?』

洋榎『絹恵や』

有野「絹恵ちゃん言うんや、サッカーの子」

純「覚えててくださいよ」

有野「さっきはレベル上げ作業ばっかりやったしなー」

洋榎『さ、試合始まるで!』

恭子『うん』

洋榎『いーまこっそ、とーもにゆこーおー、オーレたっちの姫ー松ー!ヘイヘイヘイ』

有野「ノリノリやん」

【一緒に歌う/歌わない】

有野「まあええんちゃう、歌ったら」ピッ



恭子『(恥ずかしいけど…、一緒に楽しめるならええか…)』

洋榎『ほれ、お前も!』

恭子『今こそともに戦ーおー、オレたちの姫松ー!』

洋榎『ええな!まだまだいくで!!』

洋榎『うぉっおー!愛宕絹恵ー!姫松ーの誇りー!!』

恭子『親バカならぬ姉バカやね、ほんま…』

洋榎『行けー!ぶっとばせー!!10点とれ絹ー!!』

恭子『絹恵ちゃんキーパーやんか…』



恭子『一緒に歌ったおかげで、観客席は大盛り上がり』

恭子『試合も勝って、洋榎は終始上機嫌やった』

有野「おー、成功したんちゃう?」

洋榎『おう、今日はおおきにな』

恭子『うん、私も楽しかった』

洋榎『また頼むで!』

【好感度:結構アップ】

有野「うん、ええ感じやね」



恭子『そして迎えた一年生の夏。私はひとつの決心をした』

恭子『洋榎は強い。悔しいけど今の私のままじゃ、洋榎の後ろをついていく事しかできん』

恭子『このままで三年間過ごしたくはない。私自身が変わっていかな…!』

恭子『せやから、私は…』


A.「真っ向勝負であいつに勝つ!」実力で洋榎を超えるべく、より一層麻雀に打ち込んだ
B.「あいつとは違う強さを身につける!」データや戦術を勉強し始めた
C.「スポンサーになるんや!お金で釣ったらええ!世の中金や!」バイトを始めた
D.「麻雀は…諦めやな…」退部した


純「あ、ここ大事な分岐ですよ」

有野「うーん、Dかなー」

ヒュッ カツン!

純「お?トランプ飛んできた」

有野「…び、Bです。冗談やって」ピッ



恭子『そう、後ろやない…あいつの隣におって…。一緒にがんばって、笑っていたい!』

恭子『私にできる、あいつと違うことを考えるんや!』

【「参謀ルート」を選びました】

有野「うん、ええんちゃうかな」

恭子『それに…』

有野「お?」

恭子『正直、あのアホの子ほったらかしにはでけへん』

恭子『そばで紐引っ張っててやる奴がおらな…!』

有野「えらい言われようやな…」



恭子『こうして私は、自主的に戦術研究をし始めた』

恭子『時には居残りで…。皆が帰ってから、ひとり部室で過ごすことも増えた』

由子『恭子ー、一緒に帰るのよー』

恭子『あ…、ごめんな、私まだちょっとやってくことが…』

由子『ふーん、ほな先に帰るけど、無理はしないのよー』

恭子『うん、また明日』

洋榎『…………』



恭子『自主勉強を始めてから数週間後。いつものように一人残っていると』

洋榎『おう、まだおったんかい?何しとるん?』

恭子『洋榎…。アンタこそ、帰ってなかったんや?』

洋榎『ウチのことはええわ。んで、何しとるん?』

恭子『ちょっと、今年のインハイの牌譜をな』

洋榎『マメなやっちゃなー。ウチそんなんようせんわ』

恭子『…まあ、チームのためにもなるしな』

洋榎『監督にやれ言われたんか?』

恭子『そんなんやないよ…。自分のため、自分でやろうって決めてん』

洋榎『……さよか。ま、せいぜい体壊さんとけよ』

有野「こっちのこと気にしてくれとんのかな…?」



恭子『そしてまた数日後』

由子『恭子ー、今日はー?』

【残って勉強/一緒に帰る】

有野「うーん、今は勉強しとこかなー」ピッ

ナレ「誘いを断り自主勉強を続ける有野、すると」

ガラッ

洋榎『おうおう、今日も一人でやっとんなー』

由子『のよー』

恭子『洋榎……由子……』

洋榎『ぼっちで勉強ばっかりとか飽きるやろ!ちょっと打とうや!』

恭子『三人しかおらんけど…』

洋榎『三麻でええやん!できるやろ!?』

恭子『なんやの急に…』



由子『まあまあ、たまにはええんやないの』

恭子『由子まで…』

由子『こういうのも、いつか戦略に活きるかもしれないのよー』

恭子『……そうやろか』

由子『それにな。こんな言い方してるけど、洋榎がどうしてもって言うのよー』

洋榎『……フン』

由子『洋榎、寂しかってんて。恭子が最近付き合い悪くて』ウフッ

洋榎『そ、そんなん言うとらんやろ!そんなんとちゃうわ!!』

恭子『…………』フフッ

恭子『……ありがとな、二人とも』



恭子『こうして、自主勉強はときどき三麻大会へと変わっていった』

恭子『二人が来た日は勉強どころやなかった、ていうのが正しい気もするけど…。三人の絆は深くなった気がする』

有野「ええんちゃう、仲良うなってきてるやん」

恭子『そして時は過ぎ…、二年生の夏が終わる。いよいよ私達が最上級生になった』

前主将『えー、これにて三年生は引退や』

前主将『来年のお前達には今年以上の成果を残せるよう、頑張っていってほしい』

前主将『新主将は…愛宕洋榎や!頼んだで!』

洋榎『はい!』

有野「あーそうなんやー」



恭子『引き継ぎ会終了後。私は前主将に呼び止められた』

前主将『末原…』

恭子『はい?』

前主将『お前にはもうひとつ、言うときたい事ある』

恭子『なんでしょう』

前主将『新主将が愛宕なんは……実力から言うて当然やけど』

恭子『……はい』

前主将『私はお前らの代は、正直お前にかかってると思うてる。お前がこの一年してきた努力、知ってるで』

恭子『!』

前主将『新主将を支えたってな。期待してるで』

恭子『はい!』

有野「ええやん、こっちのルートで正解やったんちゃう?」

純「誰でしたっけ、退部の選択しようとしてたの」



恭子『洋榎が強さでチームを引っ張り、私が戦術で皆を支える』

恭子『秋大会から現レギュラーも集結し、チームとしていい形ができつつあった』

恭子『…でも、そこで挑んだ春の大会は…決勝にいけず5位で終了』

恭子『私もまだまだや、と思っていた、数日後のこと』

洋榎『おう、新聞見たか?』

恭子『春季大会の結果?』

新聞『姫松高校、まさかの準決勝で敗退!』

新聞『副将・愛宕(絹)が大ブレーキ!夏のシード権は厳しくなる!』

洋榎『フン、好き勝手書きよるわ』

恭子『絹ちゃんだけの責任やないのに…』



洋榎『……絶対勝つで、インターハイ』

恭子『ん?』

洋榎『じゅんけつ負けで、あんなん書かれて…。絹が責任感じたらどうすんねん』

洋榎『せやから、絶対勝たなあかん。シードなんか無くたって同じや、ってな』

恭子『主将…』

洋榎『あんなもん1回余分にやるやらへんだけのことや。どうせ優勝すんねんから関係無いわ』



洋榎『……絹には、余計な事言わんでええからな。ここだけの話にしとけよ』

恭子『…妹想いやね』

洋榎『フン、絶対勝つんはいつだって当たり前や…。別に絹がどうこうやあらへん』

恭子『自分から絹ちゃんのこと言うたくせに…。でも、主将のそういうとこ、好きですよ』

洋榎『…………』

恭子『…………』

洋榎『…フン、まあええわ。…頼むで、大将』

恭子『こちらこそ。頼りにしてます、主将』

有野「ええやん、青春やん」



洋榎『あ、あともうひとつや』

恭子『?』

洋榎『ウチが主将やからってな、部活やない時まで敬語にすんなや。うっとーしーわ』

恭子『…それは、誰が聞いてるか分かりませんし。世間体がありますから』

洋榎『……メンドクサイやっちゃ』

恭子『リスペクトしとる証拠ですよ?』ウフフッ

洋榎『……フン』

有野「ええ感じやん、心の距離近づいてるんちゃうこれ?」



恭子『そして、その日はやってきた。南大阪予選大会前日、私は洋榎を呼び出した』

純「さあ、ラストですよ」

有野「あ、そう?」

洋榎『なんや、話って?』

恭子『大会始まる前にな、どうしても言っておきたかったことがあって…』

洋榎『おう?』

恭子『主将…、いや、洋榎!大好きです!チームメイトやなく恋人として、一緒に全国目指そ!!』

有野「おおー言うたなー」


------------------------------------------------------------------------------------
ダイス創作物語板でトランプカード判定
赤札→成功エンド
黒札→失敗エンド
JOKER→??『ちょっと待ったー!!』恭子『!?』

告白→ クラブ3
→失敗エンド
-----------------------------------------------------

洋榎『…………』

恭子『…………』

洋榎『恭子……。いえ、末原ちゃん……』

恭子『……えっ?』

郁乃『はい残念私でした~』ベリベリベリッ

恭子『!?』

有野「えっ?この人監督さんちゃうん!?」

純「監督代行ですね」

有野「なんやのいきなり出てきて!?」



恭子『あ……え……?』

郁乃『嬉しいわ~末原ちゃん~。私のこと、そない好きや言うてくれるなんて~』

恭子『な…そんな…』

郁乃『これから、ずっと一緒やで~』

恭子『い…、いやぁーーー!!』

―2人は幸せなキスをして終了―


有野「…………」

純「…………」

有野「あ、終わり?」

純「はい」

有野「……なんや知らんけど、クリアしましたー」シャキーン

パチパチパチパチ

【獲得アイテム:なし】



純「もしよかったら、これも二周目プレイできるんですが」

有野「ええよもう… どうせまたやり直したらデコに油性やろ?」

純「いえ、デコに油性はさっきのだけです」

有野「あーホンマ?」

純「今回は着替えしてもらいます、ミニスカ制服と真っ赤なリボンに」

有野「え!?」

純「ちなみに一番ボーナスが高いのは、二周目だけ出てくる「さっちゃん」ていう謎のお花屋さんなんすけど」

有野「そんなんわからんわ!ええよ!先いくよ!」

ナレ「大将ステージをなんとかクリア!いよいよ後半戦へ挑む!」

デンデデンデレデデ デンデデンデレデデ デン




【19XX年!】(懐かしゲーム紹介コーナー)

♪ルルルルールー

ナレ「10月21日発売、『大沼プロの麻雀入門 めざせ八冠王』」

ナレ「麻雀プロ・大沼秋一郎監修の、初心者向け麻雀入門ソフト。
   大沼秋一郎、熊倉トシ、こか(ピーーー)など往年の名選手達の指導を受け、
   楽しみながら麻雀が上達するベストセラー。
   タイトル戦モードでは、実在する当時のタイトルホルダーと対局することができた。
   初心者のみならず、上級者でも楽しめる完成度の高さは、各方面から幅広い支持を集めた。」

\ツモ! テンホー!! テッテレッテレーン/



♪ルルルルールー

ナレ「7月16日発売、『ゴーストバスター霞』」

ナレ「新しいゲームは新しい動詞から生まれる。
   そんな某氏の哲学と、当時実在したらしい幻の麻雀プロがコラボした異色作。
   本作の動詞は、「にぎる」。
   巫女姿のプレイヤー霞を操り、ゾンビやゴーストを素手で握りつぶしていく横スクロールアクションゲーム。
   握りつぶすアクションの多彩さと敵のリアクションに当時の子供達が熱狂した、爽快感溢れる作品。
   その効果音に実際の音声を録音したことも、話題となった。
   昨年、十数年ぶりに続編が発売された『クラッシュキッカー絹恵』の前作としても有名。」

\セイヤッ! グチャッ ギョゥアァァ!!/



♪ルルルルールー

ナレ「9月25日発売、『ストリートアイドルファイターZ~炸裂まふー波~』」

ナレ「当時の人気アイドル、まふふこと春日井真深がモデルとなった、対戦格闘アクション。
   まふふの必殺「まふー波」を繰り出し、悪のピコピコ大魔王を討ち倒せ!
   ピコピコ大魔王を討ち倒すシナリオモードとフリー対戦モードがあり、二人での対戦プレイも可能。
   友人との対戦は全国の少年たちを燃え上がらせ、まふふがMCを務める全国大会も開催された。」

\ドスコイ! ヨーガッ! ソニッブー!!/


字幕テロップ「先ほど放送中に音声が乱れましたことをお詫び申し上げます」




デーンデーデデーンデーレー デーンデーデデーレー デン

【有野の挑戦】

ナレ「『咲-Saki- Portable 全国版』、いよいよ後半戦麻雀パートに挑む有野」

有野「やっと麻雀や…」

実況『さあ、全国大会一回戦の開始です!』

有野「もう結構おなかいっぱいやけどなー」

純「じゃ、麻雀の打ち方はアドバイスとか無しでお願いします」

有野「あ、そう?」

純「さすがにそこまで口出すわけにはいかないんで」



一回戦先鋒戦

鹿老渡先鋒『ツモ!2000・4000!』

鹿老渡先鋒『ロン!11600!』

有野「うわっ…、一回戦なのに物凄う強ない?」

純「まー実際のインハイでも、鹿老渡は中堅前まで5万点差つけてトップでしたからねー」

有野「これやっぱアイテムか!アイテム要るのか!」

東三局

【「すずちゃんボム」を使いますか? 残り5つ はい/いいえ】

有野「『はい』やな」ピッ



ジジジ…

有野「おー、爆弾のアニメーションや」

ドカァン!!

漫『ツモ! 3000・6000です!』

\オーッ/

有野「おー、やったやん」

東四局

【「すずちゃんボム」を使いますか? 残り4つ はい/いいえ】

有野「よっしゃもうどんどん使お!『はい』」ピッ



ジジジ…ドカァン!!

漫『ツモ! 2000・4000です!』

\オーッ/

…………

……

実況『先鋒戦、終了です!』


1位:姫松高校  +135900
2位:鹿老渡高校 +129700
3位:斐太商業   +79600
4位:鞍月高校   +54800



ナレ「有野、前半で溜めたアイテムをつぎ込み、なんと先鋒戦で1位を奪取!」

有野「あーでも僅差やなー」

純「いやいや凄い方ですよこれ」



一回戦次鋒戦



一回戦中堅戦

実況『さあ、いよいよ中堅戦に入ります!』

有野「えっ、いっこ飛んだよ!?点数どうなんの!?」

純「その辺は前半パートに応じて適当に増減されます」

有野「そんなん絶対不利になるやん!?」

純「前半パートの結果ですから。自業自得です」



純「嘆いてもしょうがないです、中堅戦ですよ」

有野「う、うん…」

【アイテム選択】

有野「お、今回は対局前にか」

【「ゼルダのから揚げ」を使いますか? はい/いいえ】

有野「まあ、『はい』やな」ピッ

ナレ「満を持してアイテムを使う有野。すると」



洋榎『結構痛いんちゃうか…?清老頭や!』

いちご『そんなん考慮しとらんよ…』

有野「あれ、ムービーで進行してるよ?麻雀打たへんの?」

純「から揚げを使ったんで、ここはイベント進行です」

有野「そうなんや?麻雀打つでもよかったで?」

純「ちなみに使わないと麻雀になりますが、その場合鹿老渡の中堅はラスボス以上の強さです」

有野「どういうゲームバランスなん、それ?」



実況『姫松高校・愛宕選手、なんと役満の和了です!』

\オーッ/

有野「いや、達成感ないで」

実況『姫松高校、二回戦進出を決めましたー!』

洋榎『よっしゃー、一回戦突破やでー!どやった!?』


有野「え、終わり?」

純「ここでから揚げ使えば、一回戦は勝ち確定で後スキップになります」

有野「そうかー。から揚げ頑張っといてよかったなー」

純「大体一回戦はこれ使って省略するのが定石ですね」

有野「…あれ?そしたら先鋒で爆弾使い切ってもうたけど?使わなくてよかったんちゃう?」

純「ええ、勿体無いですね。二回戦からもう無いっスよ」

有野「そういうのは先言うて!」



二回戦先鋒戦

【すずちゃんボム 残り0個】

有野「…自力でいくしかないんか…」

ナレ「アイテムを使い切った有野、ここは実力の見せ所」

…………

……

ナレ「しかし、特にいいところの無いままオーラスへ。そして」

小蒔(九面)『ロン 三倍満です』ズガァン

実況『先鋒戦、終了です!』

恭子『やっぱ不発やった…!』チッ

\あぁ~/



スタッフ「…………」(冷たい視線)

有野「…しゃーないやん、爆弾使ってもーてんから…」

純「ま、持ってても二回戦は我慢して温存するとこですけどね」

有野「ああそうなん?そう言うてくれたらちょっと助かるけど」

純「追加で油性いっときます?冷えピタの上から」

有野「それはええて!」



二回戦次鋒戦

有野「よっしゃ、ここは頑張ろ!」

実況『次鋒戦、スタート!』

まこ『…………』スッ

有野「あれ?なんかセーラー服の子がメガネ外したで?」

実況『次鋒戦、終了です!』

有野「早っ!メガネ外しただけやん!!」

純「あれで稼いだ時間終了っスね」



二回戦中堅戦

有野「ちょっと負けてるやん…。この子もアイテムもう無いで…?」

純「罠しか買ってなかったですからね。もっとお金稼いでたら他のアイテムも買えたんですけど」

有野「世知辛いなー、なにやるにしてもアイテムアイテムや」

純「まあそういうゲームですから」

純「なんなら、アイテム稼ぎからまたやりますか?」

有野「いや…これ以上やり直すんはキツイて…」



有野「……ちなみに、どんだけアイテムあればよかったん?」

純「そっすね、おやき2つにイクラとぶどうくらいあればまず安泰コースですね」

有野「罠と全部あわせて…9000zくらい?さすがにそこまではなー」

純「ちなみにジャージは決勝の相手が活性化する罠アイテムです」

有野「なにそれ!なんでそんなん売ってるん!?」

純「ハードモードってやつですよ」



パシュッ

ヒュルルルル…

ズガン!

久『ツモ!4100オールよ!』

有野「うわ、なんや強そうやん…」

洋榎『これはこれは…痛い目見せたらなあかんな…』ゴゴゴ

有野「お、反撃いけそう?」

純「いえ、アイテム買ってないんで無理っす」

有野「えぇー」

純「ま、中堅の彼女は素で強いんで大丈夫ですよ」

有野「そうなん?」



ナレ「アイテムは無いものの、この中堅戦では順調に和了を重ねていく有野」

有野「…ほんでも、結構いけるな…」

洋榎『ロン!5200や!』

洋榎『ツモ!2000・4000!』

有野「おー、やっぱ和了れると気持ちええね」

洋榎『格が違うわー!』

有野「おー…。やっぱこのお姉ちゃんが一番頼りになる感じやなー…」

純「まあ先鋒次鋒が目立ってないのは有野さんの前半パートのせいですけどね」

有野「言わんといてそれは!ゴメンて!」



二回戦副将戦

実況『さあ、副将の選手が対局室に揃いました!』

ポロッ コロコロ…

和『あ、エトペン…』

有野「?」

ナレ「なんとここで、対戦相手のぬいぐるみが有野の足元へ。これはどういうことなのか」

\蹴って!蹴って!/

有野「?」

\キック!キック!!/

有野「えっ?えっ?蹴るって何?何を?」

\お蹴りなさい!!いいから早く!!時間ないですわっ!!/

\トーカ!落ち着いて!/

有野「なんか凄いエキサイトしてるけど!?何やの!?」



絹恵『はい、ペンギンさん。気をつけてな』

和『ありがとうございます!すみません!』

\あぁ~/

有野「? 何や?普通に拾って渡しただけやで?」

純「今のは転がってきたペンギンを思いっきり蹴るところです」

有野「蹴るって!?どうやってよ!?」

純「蹴る操作、サッカーのパートでありましたよね?」

有野「なにそれ!?もう麻雀だけなんちゃうの!?油断してたわー」

ナレ「せっかくのボーナスを逃した有野、大失態!」

有野「……どんなボーナスやったか聞いてええ?」

純「蹴った飛距離によって、何局か彼女が油断してくれたんですけど…まあしょうがないっすね」



純「さ、もう気持ち切り替えていきましょう、副将戦」

【「裏鬼門封じ」を使いますか? はい/いいえ】

有野「アイテム…ボーナス取れんかったし、使わなしゃーないか『はい』」ピッ

塞『さァ、かかってくるがいいよ…悪石の巫女…!』ゴゴゴゴ

有野「あ、またムービーや」

(はっちゃんが石に縛られている例のアレのムービー)

ガッシ! ボカッ!

初美『うっ…ぐぬぅ~……』

和『ツモ 1000・2000です』(無視)

ナレ「しかし対局は、特に何も起こらず進行」

有野「あれ、別に何もないで?」

純「アイテム使ったんで、何も起こらなくなったんです」

有野「ふーん、まあええわ」



二回戦大将戦

【所持アイテム なし】

有野「あーそうか…。なんか変なエンディングやったしな…」

純「まあ仕方ないですね」

有野「厳しいわー」

ナレ「アイテム無しで大将戦に挑む有野、果たして乗り切れるのか」



豊音『"先負"追っかけリーチ!』

有野「うわーまたやー、こっちがリーチしてんのにー」

……

霞『いくわよ、絶一門…!』

有野「あれ、索子がぜんぜん来えへん」

霞『ウフフ…ツモ! 索子の清一色です!』

……

有野「色々してくんなー、さすが大将やね」

ナレ「ここへ来てますますバラエティに富む敵の攻撃、中でも有野の目を引いたのは」

咲『カン! カン!』

有野「なんやこの子、カンばっかすんなー」

咲『ツモ!嶺上開花です!』シャラン

有野「なにそれ!?初めて見たでそんな役!!」



ナレ「翻弄される有野だったが、さすがに慣れてきたのか、後半戦南三局」

有野「でもそんなカンしたら…こっちかていけるで…?」

咲『カン』

パタッ

有野「ほら!ドラ6!」

\オーッ/

有野「これ!いけるやん!」

ナレ「なんと有野、対戦相手のカンから大チャンス!」

有野「よっしゃ…!これで!」

恭子『ツモ! 4000・8000!!』

\オオーッ/

ナレ「有野、ここで奇跡の倍満ツモ!なんとオーラス前にトップに立つ!」



オーラス

有野「ここや…!ここ最後逃げ切って…!」

ナレ「勝利まであと一局!さあ、どうなる有野!!」

霞『…………』タンッ

豊音『…………』タンッ

恭子『…………』タンッ

有野「頑張れ…がんばって…!」

咲『ツモ 300・500です』パタッ

有野「あれ?」

\オオッ/

実況『大将戦、決着です!! 1位は南大阪代表、姫松高校!』

ナレ「なんと最後はあっけない幕切れ!有野、二回戦を1位で通過!」



郁乃『お疲れさんや~、良かったで~』

洋榎『よっしゃ!1位通過や!』

漫『やりましたね、先輩!』

由子『おつかれさまなのよー』

洋榎『姫松高校の戦いはこれからも続くでー!!』

ワーッショイ ワーッショイ


THE END


有野「お?」

\オオーッ/

有野「…………」

純「…………」

有野「……やったー!クリアしましたー!!」シャキーン



有野「やったで!エンディングやん! はー、やっと帰れるわー」

ナレ「と、ここでAD井上が」

純「有野さん」

有野「はい?クリアしましたよ?」

純「これBADENDですね」

有野「ええ!?」

純「これはもう、誰でも出せるどうしようもないENDなんで」

有野「何でよ!?1位で勝ったやん!?」

純「2位の清澄の点数見てください」



有野「116500点?普通やん?」

純「違います、大将のこの子の収支です」

有野「?」

純「ここで△ボタン押すと個人収支が…」ピッ

有野「+4800点?これが?」

純「はい、25000持ちの30000返しだとプラマイゼロっス」

有野「うん、知ってる」

純「彼女、これが得意技なんで」

有野「得意技!?プラマイゼロが得意技て何!?」

純「これを回避しないと準決勝以降、真のエンディングには進めません」

有野「ええー!?そんなんあんの!?」

純「これが咲-Saki-の恐ろしいところなんですよ」



純「普通にやってたらまずやられるんで、なんとかして回避してください」

有野「なんとかして、て…。攻略法とか無いのん?」

純「前半パートでさっちゃんを攻略するしか…」

有野「もうやり直しイヤやって!他に何かないの!?」

純「無いっス」

有野「裏技とか!」

純「無いっス」

有野「じゃあどうせえ言うの?」

純「ここだけは自力でなんとかしてください」

有野「うそー!!」



純「あ、あと」

有野「……まだ何かあんの?」

純「ちゃんと点数狙っていかないと清澄は決勝進出する仕様なんで、回避は3回必要です」

有野「…………」

純「…………」

有野「…………」

純「…………」

有野「…………」

純「…どうなさいますか?」

有野「はい!ギブアップで!」

ドォーン

『咲-Saki- Portable 全国版』挑戦失敗(挑戦時間13時間30分)




プロデューサー「有野さん」

有野「はい」

P「えーと今回ですね、まあ非常に不甲斐ない結果となってしまいまして」

有野「そうですね」

P「どうでしょう、ここはひとつ提案なんですけども、」

有野「?」

P「今からゲームでなく、本物の麻雀を打ってもらってですね」

有野「ほう」

P「そこで有野さんが勝ったら、今回の挑戦はこれ成功、というのはいかがでしょうか」

有野「成功…それでゲームクリアって言うてもうてええのかなー」

P「いやならやめますが」

有野「アッハイやります」



P「実はですね、今日ゲストをお呼びしてまして」

有野「はい?」

P「このゲームのモデルになった選手たちです、どうぞ」

咲「あ…どうもこんにちは…」ペッコリン

有野「おー!カンの子や!CGとそっくりやん!」

照「よろしくお願いします」ニコッ(営業スマイル)

有野「あれ、たまゲーのときの子やん」

照「姉の照です」

有野「お姉さん?」

衣「衣も打つぞー!今宵は満月だ!!」

有野「…えっ?この3人と打つの?」


カン



牌画像引用 (c)izumick supported by 麻雀王国


2014/08/27-08/30 SS深夜VIP
有野「今回挑戦するのはこちら、咲-Saki- Portable 全国版」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1409143401/