【まねしたかった】

梢「突然ですが皆さん!2回戦はオーダーチェンジしましょう」

澄子「えっ」

美幸「もー部長、いきなり何言い出すのー」

梢「色々考えたのですが、この試合は違う順番で挑むのがよろしいのかと」

友香「そんなのできるんでー?」

梢「普通は無理ですが、知り合いのツテを使って裏で取引すれば可能だと思います」

梢「『変更通してくれたらプロになります』と持ちかけて強引にねじ込んでいただきましょう」

澄子「知り合いのツテって…?」

莉子「いるんですか? そんな人…」

梢「…………えっ?」

美幸「えっ」

澄子「えっ」

莉子「えっ」

梢「……いないでございますよね……そんな知り合い……」




【ゆみちんのおかげ】

実況「団体戦決着ー!県大会優勝は清澄高校です!」

佳織「ねえ智美ちゃん、最後の加治木先輩って…」

智美「ああ、惜しかったなー」

佳織「えっ? ぜんぜん揃ってなかったよ…?」

智美「あー、佳織は知らないかー。麻雀ってみっつずつだけじゃないんだぞー」

佳織「そうなの!?」

智美「ふたつずつってのもあるし、ゆみちんがやろうとしてたアレはな…」

…………

個人戦予選

実況「決まったー!鶴賀学園妹尾、龍門渕透華から国士無双の和了です!」

ゆみ「妹尾のやつ… いつの間に国士まで覚えたんだ…?」

桃子「覚えたら和了れるってもんじゃないっすよ」

智美「ワハハ」




【いつもの】

恒子「オイーッス! 今日も来たよー」

健夜「いらっしゃい、じゃあ部屋に入る前にこれね」スッ

恒子「なにこれ?」

健夜「金属探知機だよ、はやりちゃんが余ってたのをくれたの」

恒子「やだなーすこやん、私のこと疑ってるのー?」

健夜「たっぷり前科あるからね」

恒子「そんなことないってー、心配しすぎだよー」

ピピーッ ピピーッ

恒子「あっ」



【案の定】

健夜「小型カメラ…こんなところに隠して…」

恒子「あー、さっき仕事で使ってたやつかなー」(棒読み)

健夜「録画状態になってるけど?」

恒子「ところでさー、見てよこのおみやげ! 銀座で買ってきたシュークリームだよ!」

健夜「話そらさないでね」

恒子「……しょーがないなー、すこやんには負けたよ。はいカメラ」スッ

健夜「スマホのアプリもダメだからね」ポチッ

恒子「あっ、電源オフは勘弁してよー!」



【常識的に考えて】

健夜「とにかく、ビデオカメラもICレコーダーも禁止! 玄関に置いて入ってきてね」

恒子「そんなに警戒しなくていいのにー」

健夜「今までだって何に使われたかわかんないもの」

恒子「仮にもマスコミの人間なんだから、公開していいものといけないものの区別くらいついてるよ!」

健夜「ごく当たり前の事なんだけど、恒子ちゃんが言うと凄くできた人に見えるよね」

恒子「いやー、それほどでも!」フッフッフ

健夜「褒めてないよ」

恒子「ちなみに、今までの中にいけないものなんて無いよね?」

健夜「はいダウト」



【マイホーム】

恒子「やっと部屋に着いたよ…。ただいまー」

健夜「私の部屋だよ」

恒子「もう我が家みたいなもんだしー」ゴロン

健夜「しょうがないな…。麦茶でいいよね?」

恒子「あ、冷蔵庫なら下の段にビール入ってたと思うー」

健夜「なんで把握してるの!?」



【結局】

恒子「くぅ~、やっぱりすこやんの部屋で飲むビールはサイコー!」

健夜「……それでさ、一体どこにばら撒いてるの?」

恒子「?」

健夜「いっぱい写真とかビデオとか撮って、冷蔵庫の中まで調べてさ! 何に使ってるのって聞いてるの!」

恒子「知らなくていいんじゃないかなー」

健夜「誰もあそこで見つけたよーとか言ってきてくれないから不安なの!」

恒子「あれ、すこやん友達いないっていう話?」

健夜「怒るよ」

恒子「大丈夫だって! 本当にアレなのは私の心の中にしかばら撒いてないから!」

健夜「……信用できないなー」

恒子「そりゃそうだよ! 私以外の人になんて誰が見せるもんですか!!」

健夜「えっ?」




【ゆうのど】

世界史教師「ということでー、これを宥和政策という」

玄「……zzz」

世界史教師「ここ試験に出るからなー、ちゃんと覚えておけよー」

玄「……zzz」

世界史教師「…………松実」

玄「……zzz」

世界史教師「…………松実! 松実玄!!」

玄「……はいっ!」ガバッ

世界史教師「今話したこれ何だって? 説明してみろ」

玄「おもちです!」

世界史教師「…………そうか」


期末試験後

世界史教師「92点…だと… なぜアレで理解できてるのだ…」

玄「おもちパワーは偉大です!」




【ビスケット談義】

優希「ぽーけっとーのーなーかーにーはー、びすけっとーがーひっとっつー」

和「あらゆーき、歌ですか?」

優希「不思議だと思わぬか、のどちゃん」

和「何がですか」

優希「こんなに有名な歌なのに… 本当にビスケットが増えたとこなんて見たことないじぇ」

和「そんなオカルトありえません」

優希「何か秘密があるに違いないじょ! 一緒にその謎を解き明かそうではないか!!」

和「フィクションの話です」

優希「冷たいじょー! もしもの話くらい付き合ってくれだじょー!」

和「ありえません」

久「あら、ビスケットは増えるわよ」

優希「えっ」



【ひさ説】

久「そう…本物のビスケットならね…」(遠い目)

優希「?」

久「残念ながら、本物のビスケットはもう絶滅してしまったの…」

優希「えっ」

久「昔はポケットに入れて増えるものをビスケット、増えないものをクッキーと呼んでいたのよ」

優希「な、なんだってー!?」

久「勿論、そんなビスケットは貴重だったから…。増えないクッキーをビスケットと偽って売る業者が多発したわ」

優希「そ…そうだったのか…」

久「そしてクッキーばかりが粗製乱造され、ビスケットを作れる人はいなくなった……」

優希「なんてこったじぇ…」

久「だから優希の持ってるそれもクッキーね、ビスケットじゃないわ」

まこ(またいい加減なことを……)



【まこ説】

優希「染谷先輩はどう思うじぇ?」

まこ「ほうじゃのう…。歌の続きを歌うてみりゃわかるじゃろ」

優希「歌の続き?」

まこ「そんな不思議なポケットがほしい、言うじゃろ」

優希「うんうん」

まこ「じゃけえ、ポケットの方が特別でなけりゃ無理っちゅーこっちゃ」

優希「そうか! それじゃ、その不思議なポケットはどこにあるのだ!?」

まこ「…………」

優希「…………」

まこ「……絶滅したんかのう……」(遠い目)

優希「それじゃ部長と一緒だじぇ……」



【京太郎説】

京太郎「叩いて割れたら、ふたつにはなるだろ。量は増えねーけどな」

優希「…ふんっ、何の面白みもない犬だじぇ…」

京太郎「ふっふっふ、オレにそんな口の利き方をしていいのかー優希?」

優希「なにィ?」

京太郎「今日作ってきてやったこのタコス……」フッフッフ

優希「じょ?」

京太郎「はいっ!トルティーヤが二枚重ねになってまーす!!」ペラッ

優希「おお!」

京太郎「どや! これでタコスが二つに増えたぜ!」

優希「やった!すごいじぇー!! …………で、具は?」

京太郎「えっ」

優希「…………中の具は?」

京太郎「……絶滅したのかな……」(遠い目)

優希「…………やっぱ犬は犬だじぇ」



【SOAの国の天使のどっちの話の質量の】

優希「さあ! 各種出揃いましたじぇ!」

和「?」

優希「のどちゃんが納得するのは! どっちの話!?」

和「全部絶滅してるじゃないですか」

優希「ぬぅ…そう言われると身も蓋もないじぇ…」

和「ビスケットの質量が増加するなんて、何であれオカルトです」

優希「ばっさりかー……」

和「ファンタジーやメルヘンです。ありえません」

優希「なんだとぅ、こっちの質量はますます増加してるくせにー! とりゃっ!」スッ

和「おっと」ヒョイッ

スカッ

優希「私の攻撃をかわすとは……やるな、のどちゃん」ニヤリ

和「そう何度も同じ手は食いませんよ、ゆーき」



【咲さんかわいい】

優希「もう咲ちゃんしか頼れないじぇ! のどちゃんになんとか言ってやってくれだじょ!」

咲「えっ…えっと…」

優希「何かないのか!? じゃあなんでこの歌はビスケットが増えたんだじょ!?」

咲「そうやってポケットを叩いてたってことは… いっぱいビスケットが欲しかったんだから…」

咲「それに気づいたお母さんが、新しく作ってあげたんじゃないかな」

和「咲さん…」キュン

まこ「……なんじゃそのまとめは」

和「そうですね!さすがやさしい咲さんです最高です私もそう思います」

久「さ、部活するわよ」

優希「はーい」

京太郎「やれやれだぜ」




【売り言葉に買い言葉】

恒子「もー、だったら流出させちゃいけないものって何なのよー」

健夜「全部だよ!!」

恒子「キス写真とか入ってるわけじゃないんだしー」

健夜「……じゃあ、キス写真が入ってたら流出させないっていうの?」

恒子「そりゃそーだよー」

健夜「…………撮ろうか?」

恒子「えっ?」

健夜「……だったら撮ろうか? キス写真」



【いるわけが】

恒子「ちょっとすこやん、何を錯乱して」

健夜「キス写真があれば流出させないんでしょ!それなら撮るよって言ってるの!」

恒子「撮るって……誰と?」

健夜「誰とって…………えっ」

恒子「えっ」

健夜「…………」

恒子「…………」

健夜「…………」

恒子「…………ごめん、データ消すね」ポチッ




【ドメスティックなんちゃら】

莉子「ねえ、友香ちゃんの趣味ってどんなのかな?」

友香「んー、最近のマイブームはDVD」

莉子「えっ」

友香「ん?」

莉子「D……V……?」

友香「うん、でーぶいでー」

莉子「……それってその……家庭内での……?」

友香「? そりゃそうでー?」

莉子「そんなの…趣味にしてるの…?」

友香「うん、わりと楽しいでー」

莉子「そ…んな…」



【ディジタルヴァーサタイルディスク】

莉子「ち、ちなみに… やっぱり、する方…なのかな? まさかされる方…?」

友香「する? するっていうかまあ、見るだけでー」

莉子「!? ……見るって……ひとのやってるところを……?」

友香「もちろんでー。自分で撮影まではできないでー」

莉子「だっ、ダメ! ダメだよ撮影なんて!!」

友香「?」

莉子「見てないで止めようよ! そんなのよくないよ!」

友香「んー? 別に悪いことじゃないでー?」

莉子「……罪の意識……ないの……?」

友香「なんなら、今度莉子ちゃんも一緒にどうでー?」

莉子「!!!」


莉子「うわぁぁぁん!!先輩!! 友香ちゃんが!!友香ちゃんが!!」

美幸「どうしたのもー!?」

梢「お、落ち着くでございますよ!」




【音量】

テレビ「『犯人はお前だ、ヤス!』『なんやて工藤!?』」

恒子「うーん、もうちょっとテレビの音量下げてー眠れないー」

健夜「ひとんちのベッドに押しかけてきて言う台詞じゃないよね?」

恒子「でもさー、すこやんならそろそろ音量ミュートでも内容わかるんじゃない?」

健夜「どういうこと?」

恒子「どくしんじゅつ」

健夜「おっ、今日こそいよいよ大乱闘?」ガタッ

恒子「冗談だってー」




【心残り】

穏乃「はぁ……」

憧「どうしたのよ? 全国終わってから元気ないわね?」

穏乃「うん…ちょっとこの夏を思い出してさ…」

憧(この夏を、って……。やっぱり決勝で勝てなかったのが…?)

穏乃「やっぱり…ちょっと心残りが残っちゃった」

憧「……シズはがんばったってば。もうそれでいいじゃない」

穏乃「そう…? でも…もう手に入らないと思うと…」

憧「シズ……そんなに優勝のことを……」じわっ

穏乃「やっぱり…買っておけばよかった…」

憧(えっ、勝っておけば? シズにしては珍しい上から目線ね)

穏乃「食べたかったなぁ……いちごカレーパンとラー油エクレア」

憧「そっちかい!!」




【称号】

恒子「野球には沢村賞、囲碁では本因坊、女流将棋は倉敷藤花」

健夜「うん?」

恒子「他の競技だとさ、昔すごく強かった人の名前がタイトル名になってるじゃない」

健夜「うーん…、うん」

恒子「そのうちすこやんの名前もタイトルになったりしてね!」

健夜「倉敷藤花って人の名前じゃないよ」

恒子「うそっ!?」



【健夜こと健夜】

恒子「じゃ、ちょっと練習してみようかな」

健夜「何を?」

恒子「『決まったー!第54代小鍛治健夜の勝利です!これで五期防衛、第七代永世健夜の称号を手にしました!』」

健夜「やめて」

恒子「福与健夜の方がよかった?」

健夜「もっとやめて」

恒子「えっ」

健夜「えっ」



【おばあちゃんの】

健夜「どっちにしても、タイトルにするような語感じゃないよ」

恒子「そっかなー」

健夜「そうだよ」

恒子「じゃあさ、グランドマスターならどう? すこやんの麻雀カードのやつ!」

健夜「うーん……まだマシかな……」

恒子「略してグランマだね!」

健夜「私まだアラサーだよ?」

恒子「年齢の話じゃないよ」




【ふるさとのやま】

エイスリン「タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ」

胡桃「エイちゃん?」

エイスリン「タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ」

塞「どうしちゃったの急に…」

エイスリン「ミンナニ、ニュージーランドノコト、オボエテホシイデス!」

豊音「えっとね、ニュージーランドにある山の名前なんだってー」

胡桃「そうなの?」

エイスリン「ハイ、リピートアフタミー! タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ」

胡桃「いや、そう言われても……」

豊音「えっと…えっと…わかんないよー」

塞「ねえシロ…どうしようこれ…?」

白望「タウマタファカタンギハンガコアウアウオタマテアトゥリプカカピキマウンガホロヌクポカイフェヌアキタナタフ」

エイスリン「パーフェクトゥ!」ビシッ

塞胡桃豊音「なんでできるのー!?」ガビーン




【ニラレバ的な】

恒子「真嘉比高校の銘苅ちゃんって謎だよね」

健夜「あれ、たまには真面目に選手取材?」

恒子「たぶん中華の炒め物だと思うんだけどさ、どんな料理か全然わかんないじゃない」

健夜「うん?」

恒子「ニラとイカが入ってると思わせて結局無いっていうんだもん、意味わかんないわ」

健夜「ニライカナイってそういう意味じゃないよ」

恒子「そうなの!?」



【魚沼産】

恒子「じゃあニライカナイってどういう意味なのさー」

健夜「それは…えっと…」

恒子「なーんだ知らないのー? 不勉強だなー」

健夜「……恒子ちゃんだってしらないくせに」

恒子「私は実況! すこやん解説!」

健夜「…解説担当しない子はどうしても後回しになるよ」

恒子「じゃあ私が真嘉比高校のメンバー教えてあげるよ。写真あるからさー」

健夜「むー、恒子ちゃんに教えてもらうなんて…」

恒子「これがナンバー2の宇水さん」スッ

健夜「なんで目隠ししてティンペーローチン持ってるの!?」



【心眼】

恒子「いいじゃん、琉球古武術でしょ? 沖縄って感じじゃーん」

健夜「全然女子高生っぽく見えないよ! 違う人でしょこれ!!」

恒子「いや、この子だよ宇水さん。本当に」

健夜「なん…だと…」

恒子「すこやんも失礼だなー」

健夜「でも…目が見えないのに麻雀できるの…?」

恒子「ああ、この目隠しダテだよ。麻雀するときは取るって」

健夜「ますます意味わかんないよ! なんで目隠しするの!?」

恒子「盲牌がちょー得意なんだって。県予選のエキシビジョンでぶっちぎり優勝したらしいよ」

健夜「目隠ししなくてもできるじゃない…」

恒子「でも肝心の麻雀はそこそこだったって」

健夜「ナンバー2だよね?」



【装備品】

健夜「でも麻雀にティンペーローチンは無いよ」

恒子「ボゼだの画板だのぬいぐるみだの持ってくる子がいるのに?」

健夜「……だって対局に関係ないし……」

恒子「すこやんはティンペーローチンを麻雀に使うと思ってるの?」

健夜「違うの?」

恒子「アクセサリーに決まってるじゃんそんなの」

健夜「恒子ちゃんの決まってるって基準が全然わかんないよ」

恒子「麻雀に使うのは鎖とかでかい鍵とか釣竿とかボウリング球とか弓とか日本刀とか仕込み刀とか爆弾とか神様とか政治とか怜ちゃんとかアサルトライフルとかそういうのだよ」

健夜「それ無いと麻雀できないものってひとつも無いよね」

恒子「ほっほー、さすがグランドマスター様は違いますなぁ。武器なんぞいらんってか」

健夜「武器を持つ前提の方がびっくりだよ」



【言わせねえよ】

恒子「あっそうか!お好み焼きか!」

健夜「?」

恒子「じゃ、すこやんが姫松の上重さん役ね!私が銘苅ちゃんやるから!」

健夜「えっ?」

恒子「カンペ出すから、セリフ読んで! はいこれ!」

健夜「…………『ウチのお好み焼き屋へようこそいらっしゃれました、ご注文は』」

恒子「ニライk『はい、豚玉いっちょー』

恒子「ちーがーうー!言わせてよー!!」




【×体 ○休】

漫「遅くなりましたー」ガチャッ

恭子「ああ、おつかれー」

絹恵「おつかれさまー、から揚げパーティー中やでー」

漫「うわー凄い! こんなにたくさんどないしたんですか?」

恭子「食堂の改装が終わってな。お体みあけ記念やからって麻雀部にくれたんや」

由子「お先にいただいてるのよー」

絹恵「漫ちゃんもどうぞー」

漫「うん!ありがと!」



【失態】

漫「じゃあレモンかけちゃいますね!」ブシュゥゥゥ

由子「あっ」

絹恵「あっ」

漫「?」

絹恵「……そのお皿……半分お姉ちゃんの分……」

漫「えっ」

由子「洋榎、レモンかけない派なのよー……」

恭子「全部にかけてもーたな……」

漫「えっ」

ガチャッ

洋榎「おーす…って、あっ…」

漫「あっ」

洋榎「あーーー!! ウチのから揚げーーーー!!!」



【いともたやすく行われるえげつない油性】

漫「す、すんません! すんませんでした!」

洋榎「ふーんだ!漫なんか嫌いや!おでこ!おもち!お好み焼き屋!!」

絹恵「お姉ちゃん、それ罵声とちゃうで?」

洋榎「今度デコ油性する時、たこ焼き屋って書いたるからな!」

漫「なんですかその地味に嫌な罰!?」

由子「わけわからんのよー」

恭子「……アリやな」




【おにづも】

恒子「じゃじゃーん!こーこちゃんのマジックショー!」

健夜「突然だね」

恒子「すこやんが引いたトランプの柄を当てます!さあ一枚引いて!」

健夜「…………」スッ

恒子「私の方に見せないで!すこやんだけ見て!」

健夜「はいはい」

恒子「じゃあいくよ!デンデケデケデケ……じゃん!」

健夜「効果音が古いよ」

恒子「出ました!ジョーカーだね!」

健夜「クラブの3だよ」

恒子「あれー?」



【本気】

健夜「なんでジョーカーだと思ったの?」

恒子「すこやんの鬼ヅモなら、だいたいジョーカー引くのかと思って!」

健夜「鬼ヅモって…麻雀じゃないんだから…」

恒子「なーんだ、元八冠王も大したことないなー」

健夜「…………」ムカッ

恒子「あ、怒った? 冗談だってー」

健夜「……じゃあポーカーしようよ、あと4枚ちょうだい」スッスッスッスッ

恒子「?」

健夜「はい、3のファイブカード」パサッ

恒子「なん……だと……」




【ぶきはいめーじです】

宇水「使うぞ」

銘苅「ん?」

宇水「麻雀に使うぞ、ティンペーローチンは」

銘苅「どうしたの急に? 知ってるよ?」

宇水「……いや、なんとなく言いたくなって」

銘苅「?」

宇水「披露する前に……負けてしまったがな……」

銘苅「うん……」



【敗因】

宇水「一体何が悪かったのか…」

銘苅「私もまさか完封されるとは思わなかったけど、宇水さん目閉じて打ってたよね?」

宇水「……だってその方がかっこいいから……」

銘苅「それでまともに打てるわけないでしょ? 目隠しは盲牌のときだけって約束したよね?」

宇水「だから目隠しだけは取って出た。だが目を開けたら負けだと思っている」

銘苅「……ときどき薄目は開けてたでしょう」

宇水「それは内緒の話。ばらされるのは屈辱」

銘苅「そんなんだから敵の捨て牌よく見えなかったり、ティンペーローチン使うタイミング逃したりしたんだよ」

宇水「目は開けたくないでござる。絶対に開けたくないでござる」

銘苅「そのこだわりさえ無ければもっと強いのに…。おかしな人」

宇水「何が可笑しい!!」

銘苅「全部だよ」




【All we like sheep have gone astray】

準決勝中堅戦終了後 控え室前の廊下

揺杏「うーん…」ウロウロ

揺杏「さすがに、帰りづらい…」ウロウロ

揺杏「うーん…」ウロウロ

揺杏「うーん…」ウロウロ

揺杏「ちょっとトイレにでも寄って……って」ウロウロ

揺杏「もう3往復目だし……」ウロウロ

揺杏「うーん…」ウロウロ

揺杏「あーっ、もう! ジュースでも買ってこよう!」

タッタッタッ

ジュース屋前

揺杏「あっ」

仁美「あっ」



【Worthy is the Lamb that was slain】

揺杏(この人確か新道寺の……昨日やられてた羊の人か……)

仁美(有珠山の中堅……たった今ひっどくやられとったとね……)

揺杏「…………」

仁美「……どげんしたね? もう副将戦始まっとろー?」

揺杏「……関係ないだろ別に」グジュッ

仁美「…………」

揺杏「……なに見てんだよ」グシグシ

仁美(……必死に涙拭いて……)

揺杏「?」

仁美「…………」

揺杏「…………」

クルッ

仁美「おっちゃん、いつものふたつ」

ジュース屋「あいよー」



【Behold the Lamb of God, that taketh away the sin of the world】

ジュース屋「まいどー」

仁美「…………」チラッ

揺杏「な、何だよ…」

仁美「ん」スッ

揺杏「? …私に?」

仁美「ん」

揺杏「……いらないっスよ」

仁美「…………」

揺杏「…………」

仁美「……じゃ、ここ置いとくけん」コトッ

揺杏「…………」



【Come unto Him, and He will give you rest】

仁美「…………」

揺杏「…………」

仁美「……戻れんなら」

揺杏「!」ドキッ

仁美「戻れるまで、座ってったらよか」

揺杏「…………」

仁美「…………」

揺杏「…………」

仁美「…………」

揺杏「…………」スッ

チュー

揺杏「…………あまい」



【Anyone who has never sinned should throw the first stone】

揺杏「……もしもの話さ」

仁美「ん?」

揺杏「私とは全然関係ない、もしもの話だけどさ……」

仁美「……ん」

揺杏「戻れない人っていうのは……どんなこと考えたら戻れたのかな……?」

仁美「…………」

揺杏「…………」

仁美「……麻雀なんち、そげなもんぞ」

揺杏「?」

仁美「全力を尽くして、絶対に負けたくなくて…。そいでも、結果が付いて来ん時もある」

揺杏「…………」



【The Lord gave the word】

仁美「…………だったらもう、政治が悪い」

揺杏「は?」

仁美「なんもかんも政治が悪い。そう思っとけばよか」

揺杏「…………」

仁美「…………」

揺杏「……あの、うち一応ミッション系なんで変な勧誘とかは……」

仁美「……アホか」

揺杏「…………どっちがアホか」



【Comfort ye, comfort ye my people】

仁美「後ろの二人は強い」

揺杏「?」

仁美「……そいでよかね、中堅やったら」

揺杏「なんだよそれー、結局丸投げじゃんかよー」

仁美「……信じるって言葉は、ミッション系じゃ習わんかったと?」

揺杏「…………」

仁美「…………」

揺杏「…………う、後ろが強いとかそんなの作戦次第だし」

仁美「……準決勝8校のオーダーくらい、把握して言ったつもりとよ?」チュー

揺杏「…………」

仁美「…………」

揺杏「…………」

仁美「……まだ終わっとらんよ、準決勝」

揺杏「…………そっか」



【For a just man falleth seven times, and riseth up again】

揺杏「じゃあ行く」

仁美「ん」

タッタッタッ

揺杏「なんか楽になった! ありがとねっ、福岡のひっつじさんっ!」

仁美「羊呼ばわりすんじゃなかね」

揺杏「今度北海道に遊びに来なよ! おいっしージンギスカンご馳走してあげる!」

仁美「ケンカ売っとーね?」

揺杏「アハハッ! バイバイ!!」

タッタッタッタッ

仁美「…フン」

仁美「……迷える子羊めが……」




【出張】

恒子「大阪だー! 大阪来たよー!」

健夜「仕事でね」

恒子「ふっふっふ、ただの仕事と思ったら大間違いだよ!」

健夜「?」

恒子「終わったらこれ行こう! 今夜夏祭りやってるんだ!」パサッ

健夜「夏祭りのポスター…。この近くで?」

恒子「そうだよ! これが目当てでここのホテルに決めたんだからね!」

健夜「道理で率先して準備してると思った…」



【このために】

健夜「そんなに有名なお祭りなの?」

恒子「ううん、普通の地域の夏祭り」

健夜「なんでそんなのを」

恒子「ふふふ、深謀遠慮の果てにさ!」

健夜「?」

恒子「じゃじゃーん!!すこやんの浴衣だよ!これ着て行こう!」

健夜「わざわざ持ってきたんだ」

恒子「もちろん、撮影会してからね!」

健夜「そっちが本命か……」



【八冠王です】

ワイワイガヤガヤ

恒子「わー、いろんなお店あるねー」

健夜「……うん」

テキヤ「はいいらっしゃーい、くじ引きですよー」

恒子「くじ引きか…よくあるヤツね」

テキヤ「そこのきれいなお嬢さん! ひとつツモっていきませんか!」

恒子「!」

健夜「は、はい! 喜んで!!」

恒子「ダメダメ! すこやんなんかが引いちゃダメ!!」

健夜「えぇーなんでよー」

恒子「あんなの大体当たりは抜いてあるんだよ! 入れるにしても閉店間際に決まってるじゃん!」

健夜「せっかくきれいなお嬢さんって呼ばれたのに…」

恒子(こんなとこですこやんの鬼ヅモ出されたら大騒ぎだって……)



【そしてすこやんだけが石を投げ続けた】

テキヤ「はいいらっしゃーい、的当てですよー」

恒子「的当てだって! これならいいよ!」

健夜「体力使うのはちょっと…」

テキヤ「石を投げて真ん中に的中させたら豪華景品ですよー」

恒子「ほら、すこやんやってみる?」

健夜「わ、私はいいよ…」

テキヤ「お姉さん達には大人の女性向け景品! 10歳若返る化粧品セットもあるよー」

健夜「!!」

…………

……

恒子「ねーすこやん、もう諦めようよー」

健夜「もう一回!もう一回!」



【X-10=】

健夜「結局取れず終い…」

恒子「必死になり過ぎだってー」

健夜「……ふんだ」

恒子「大体、10歳も若返ったら私と同じ20代になっちゃうじゃない」

健夜「恒子ちゃんが悪かったのは算数の成績?それとも性格?」

恒子「ご存知の通りです」

健夜「両方だよね」

恒子「最近すこやんきついよねー」

健夜「はやりちゃんと一緒にしないで」

恒子「そっちのきついじゃないよ」



【遭遇】

洋榎「はいいらっしゃーい、たこ焼きやでー」

健夜「あっ、あの屋台…」

恒子「あら、姫松の子たちじゃない」

恭子「……あっ」

洋榎「これはこれは、小鍛治プロとやかましいアナやないですか」

恒子「すこやんときれいなお姉さんの間違いよ、やかましい主将さん」

健夜「恥ずかしいから張り合わないで」

恭子「お二人こそ、どないしました? ここはウチらの地元ですけど…」

恒子「ふっふっふ、見つかっちゃしょうがないね、この秘密の逢引きを…」

健夜「ちょっと仕事でね」

洋榎「なーんや仕事かー」

恒子「えぇーもう少しかまってよー」



【タコ部】

漫「いらっしゃいませ…」

健夜「あ、上重さん……どうしたのそのおでこ」

恒子「プーッ!! おでこに油性でタコって書いてある!!」

洋榎「ほんまはタコ焼き屋って書こう思うてんけどな、字が多すぎたんでタコだけや」

恒子「オサレじゃない! かわいいかわいい!」

健夜「何があったの…?」

漫「聞かんといてください…」

絹恵「ドンマイやで、漫ちゃん」

健夜「あ、愛宕さんの帽子にもタコ…」

絹恵「あ、これですか? そこのお店に売ってたんですー」

恒子「姫松の校章だっけ?タコって」

絹恵「違います」



【即応】

洋榎「ほな、買ってってくださいよー」

恭子「今ならいっこサービスしますよー」

恒子「うーん、買ってもいいけど、普通のたこ焼きしかないのかな?」

恭子「どういうことですか?」

恒子「ニライk「ひとつください」「まいど!300円でーす!!」

恒子「反応早いよー!」



【ふたりで見上げた夏の夜の】

恒子「ほら!花火の時間だよ!」

健夜「花火?」

恒子「ここのお祭り、花火が凄いんだ!」

……

ヒュルルルル… ドーン… ドドーン…

……

健夜「わぁ…」

恒子「どう?いいでしょ?すごいでしょ?」

健夜「うん…ありがとう」

恒子「すこやんのためにさ…結構無理してセッティングしたんだよ…」

健夜「浴衣を?」

恒子「花火大会! 仕事の日程を!!」



【夏の終わりはさみしくて】

ドーン… ドドーン…

健夜「でも、どうして急にそんな…」

恒子「インターハイ終わったらさー… すこやんと仕事するのも終わっちゃうのかな、って思ってさ…」

健夜「今日も一緒に仕事したじゃない」

恒子「そうだけどさー、やっぱインターハイは特別だよ」

健夜「……そっか」

恒子「…………」

健夜「…………」

恒子「……10年後も……一緒に仕事できるかな……」

健夜「…………どうだろう」

恒子「…アラフィフになっても仲良くしてね…」

健夜「オチつけないと気がすまない病なの恒子ちゃんって?」



【たこ焼きの】

健夜「そんな感傷的になるなんて、恒子ちゃんらしくないなあ」

恒子「…………そうかな」

健夜「……もしかして、異動の予定とか?」

恒子「ないよ全く」

健夜「……なら大丈夫だよ」

恒子「…………そっか」

健夜「うん」

恒子「……えへへっ、これからもよろしくお願いしやすっ!」ニコッ

健夜「歯に青のりついてるよ」

恒子「もー!なんでそういうこと言うのー! いまキメ台詞だったのにー!!」グシグシ



【しませんから】

恒子「じゃあ、ふたりの写真撮ろうか! 今日の記念写真!」

健夜「そう?…じゃあ誰かに頼んで…」

恒子「自撮りでいいよ、ほらくっついて!」スッ


ちゅっ

パシャッ


健夜「あ…」

恒子「えっへっへー、撮っちゃったーすこやんのキス写真」

健夜「……恒子ちゃんが私のほっぺにしただけじゃない」

恒子「これは流出させるわけにはいかなくなったね!」

健夜「……全部しないでってば」


カン




出典(意訳)
【我らはみな羊の如く迷い彷徨いて】 イザヤ書 53:6 / PART2_26.合唱
【その屠られた子羊こそ尊きもの】 ヨハネ黙示録 5:12 / PART3_53.合唱
【見よ、世の罪を拭い去る神の子羊先輩を】 ヨハネ伝 1:29 / PART2_22.合唱
【集え彼の元へ、安らぎをくださる先輩の元へ】 マタイ伝 11:28 / PART1_18.アリア(アルト&ソプラノ)
【一度もラス引いたことのない者がまず石を投げよ】 ヨハネ伝 8:7
【主は御言葉をくだされた】 詩編 68:11 / PART2_37.合唱
【がんばれ、がんばれ】 イザヤ書 40:1 / PART1_1.アリオーソ(テノール)
【正しき人は七度倒れてもまた起き上がる】 箴言 24:16



短編日和
短編日和2
短編日和3
2014/12/06