テレビ「最後は400・800の和了! 長野代表清澄高校、1位で2回戦を突破です!」

ワァァァァーーー

佳織「ふわぁ…… 凄いなあ……」

佳織「清澄のみんな、がんばってるなあ……」

佳織「…………」

佳織「私も……もっとがんばらなきゃ!」

佳織「がんばって……、来年みんなの役に立てるように……!」

??「力が欲しいか、少女よ」

佳織「?」



佳織「あれ……?」キョロキョロ

佳織「…………」

佳織「今、どこかから声がした気がしたけど……」

佳織「…………?」キョロキョロ

佳織「気のせいかな…?」

佳織「…………」

佳織「みんなまだ…… 帰ってきてないよね……?」

??「ここだ」

佳織「?」



    ________
    |              |
    |  / ̄ ̄ ヽ,  |
    | /        ', |
    | {0}  /¨`ヽ {0}, !
    |.l   ヽ._.ノ   ', |
    リ   `ー'′   ',|
    |              |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




        //
       / /
      /  /    パカ
    /    /
   / . / ̄ ̄ ヽ
  / ./^)  ,     、',___
 / 〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},〉   /
/  ヽヽ   ヽ._.ノ  ヽ /
" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"∪



        //
       / /
      /  /
    /    /
   / . / ̄ ̄ ヽ
  / ./^)       、',___
 / 〈 〈  {0}/¨`ヽ{0} ,〉   /
/  ヽヽ  ヽ._.ノ   ヽ /
" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"∪




\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /   _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ  /     \          /
     \ / く  l   ヽ._.ノ   ', ゝ \     <  ウェイ!   >
     / /⌒  リ   `ー'′   ' ⌒\ \   /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)




ジュウシマツ住職「やあ、あちゅいですね」

佳織「……どちらさまですか……?」キョトン

住職「どうもはじめまして、私は住職です」ペッコリン

佳織「あ、こ、これはご丁寧に! 私は佳織です!」ペッコリン

住職「迷える心に誘われて、やってきたきた門前中町」

佳織「?」

住職「君は麻雀が強くなりたいんだね」

佳織「!」



佳織「どうしてわかったんですか…?」

住職「全部聞いてたからね、今の独り言だね」

佳織「あ……」

住職「ははっ うっかりさんだね」

佳織(……恥ずかしい……)

住職「君さえよければ、私が特訓してあげよう」

佳織「特訓?」

住職「麻雀が強くなる秘密の特訓だ」

佳織「ほんとですか!?」

住職「嘘はつかない、私は住職です」



佳織「あ、でも……。見知らぬ人にそんなこと……」

住職「フッフフ、私の強さを疑っているね」

佳織「い、いえ! そんな失礼なことは!」

住職「気にしなくていい、私は住職です」

佳織「?」

住職「ではそこに卓があるね、一局打ってみようか」

佳織「えっ、でもふたりしか……」

住職「そうか、それなら二人打ちを教えてあげようね」

佳織「二人打ち……?」

住職「そういう打ち方もあるんだね、またひとつかしこくなったね」

佳織「へぇー、そうなんだー」

住職(4人打ちよりイカサマもしやすいね)



佳織住職対局中

……

住職「とうっ! 索子の清一色!!」(あからさまな積み込み)

佳織「わぁー」

……

住職「おぅりゃっ! 一索地獄単騎で四暗刻!!」(あからさまなすり替え)

佳織「すごーい!」パチパチパチパチ

……

住職(…………簡単すぎる)

佳織(この住職さんは……凄い人だ……!)キラキラ

住職(人じゃないんだね、住職だからね)



住職「……どうだい、私の強さが分かったかな?」

佳織「はい! すごいです!!」(尊敬のまなざし)

住職「私は住職です」ゲッゲッゲッ

佳織「どうしたらそんなに強くなるんですか!?」

住職「うむ、では私の力を教えてあげようね」

佳織「はい! お願いします!」



住職「ここに鳥の牌があるじゃろ?」

佳織「鳥さん……? 一索ですか?」

住職「我が力の本質とは、この鳥と心を通わせることにあるんだね」

佳織「?」

住職「私のように鳥と一体化することで一索と友達になり、牌を手の中に呼び込めるようになるのだね」

佳織「鳥と友達に……?」

住職「さっきの和了には全部一索が入っていたね。そういうことなんだね」

佳織「あっ、そういえば……」

住職「十数年前は島根のあたりで教えていたね。そのときの子は小学生から全国大会に出たんだね」

佳織「すごーい!」



住職「…………というわけだ。鳥を愛する者には鳥の牌が集まってくる」

佳織「はい! まったくもってその通りです!!」

住職「この愛を君にも授けよう」

佳織「ありがとうございます!」

住職「修行は厳しいぞ!」

佳織「はい! がんばります師匠!!」



住職「ではまず準備運動だ」

佳織「準備運動?」

住職「過酷な特訓の前にやっておかねば体を壊すぞ」

佳織「な、なるほど!」

住職「じゃあ体操服に着替えよう」

佳織「はい!」



佳織「よーし、がんばるぞ!」ヌギヌギ

住職「…………」ジーッ

佳織「……あれ?」

住職「…………」ジーッ

佳織「…………」

住職「…………」ジーッ

佳織「…………」



佳織「…………」

住職「…………」ジーッ

佳織「……あの…着替えにくいんですけど……」

住職「問題ない、続けたまえ」

佳織「いえ、でも……師匠が見てるから……」

住職「気にするな、私は住職です」

佳織「…………」

住職「…………」ジーッ

佳織「…………気になります…………」

住職「ゲッゲッゲッ」



住職(……結局部屋の外に出された)

佳織着替え中…

住職(まあ、最初から焦ることもあるまい)ゲッゲッゲッ

佳織「あ、もう大丈夫ですー」

住職「うむ」

ガラッ

佳織「よろしくお願いします!」

住職(…………オウフッ、体操服の女子高生)フヒッ

佳織「?」

住職「よし始めるぞ! まず屈伸からー」

佳織「はい!」

…………

……



住職「はい、いち、にっ! いち、にっ!」

佳織「いち、にっ! いち、にっ!」

住職(汗ばむ体操服……)

佳織「はっ! ほっ!」

住職(Tシャツが……透けとる……)フヒヒ

佳織「おいっちにっ! えいっ!」

住職(……すけぶらすけぶら)フヒヒヒヒ

佳織「?」

住職「なかなか調子いいぞ!」

佳織「は、はいっ!」



住職「はい、一緒にジャンプ!」

佳織「はいっ!」

住職「ほいっ!」ピョン

佳織「はいっ!」ぽよん

住職「ほいっ!」ピョン

佳織「はいっ!」ぷるん

住職(…………揺れる)

佳織「?」

住職(…………ウヒヒヒヒ)



住職「はい次はブリッジしてみようね」

佳織「ブリッジですか?」

住職「柔軟には最適だね」

佳織「そうなんですか……?」

住職「そう、だからはい! ぐぐーっと体を反らしてー」

佳織「は、はい……」

住職「さ、ぐーっと! ぐぐーっと!! さあさあ!!」

佳織「ぐ、ぐぐーっ」プルプル

住職(…………好機)キラン

住職「おぉーっと足が滑って手が偶然おもちの方にー」(棒読み)スッ

ガラッ

ゆみ「こらぁーー!! 変質者ーーー!!!」



佳織「加治木先輩……みんな……」

智美「よーしよし佳織、怖かったなー。もう大丈夫だぞー」

佳織「?」

桃子「おとなしくするっす変質者!」

住職「ま、待て! 誤解だ!!」

ゆみ「何をどう誤解するというのだ」

睦月「妹尾さんに襲い掛かろうとしていただろう!」

住職「落ち着きたまえ、私は住職です」

佳織「??」

住職「あの子にはまだ指一本触ってない、未遂だからセーフだ」

桃子「誰がそんな理屈で納得するっすか」



ゆみ「……おとなしく罪を認めてもらおうか変質者」

住職「私はただ麻雀の指導をしていただけだ」

ゆみ「体操服で体を動かす麻雀の指導がどこにある」

住職「フッ、指導経験の無い者はこれだから困る。準備運動がどれほど大事か」

ゆみ「変質者のお前に指導経験などあるわけないだろう」

住職「フッフフ、私の麻雀力を甘く見ないことだ」

桃子「あんたみたいなのが強いわけないっす」

住職「本当だ、私は住職です」

ゆみ「…………」



ゆみ「ふむ、それならひとつ打ってみようか」

桃子「!?」

ゆみ「怪しい者でないと言うのなら、それを証明するチャンスをやろう」

住職「君……」

ゆみ「本当に怪しくなくて妹尾のためになるなら、指導を受けるのは悪いことではないしな」

桃子「先輩……」

智美「ワハハ、ゆみちんやさしいなー」

ゆみ「いいな?」

住職「だが断る」

桃子「先輩、こいつ殴っていいっすか?」

睦月「ぶ、ブレイクだよモモ」



ゆみ「……この期に及んでいい度胸だが、理由を聞こうか」

住職「私にメリットが何も無い」

桃子「ただの変質者が麻雀のできる変質者になるだけで十分じゃないっすか」

睦月「うむ、断れる身分でも無いと思うけど」

住職「1位取ったら何かご褒美でももらわないとな」

智美「ワハハ、でかい態度だなー」

桃子「あつかましいにもほどがあるっす」

ゆみ「…………そうだな」

桃子「先輩?」



ゆみ「確かに、お前への見返りがあってもいい」

睦月「加治木先輩……」

桃子「いいんすか?」

ゆみ「ああ」

住職「む、君は話がわかる」

ゆみ「1位取ったら蒲原とドライブしていいぞ」

住職「えっ」

智美「ワハ?」

ゆみ「助手席でな」

住職「それはご褒美なんでしょうか」



住職「そんなご褒美で私が受けるとでも?」

ゆみ「受けないなら、車の外側に縛りつけて蒲原とドライブになるが」

住職「……やらせていただきます」

ゆみ「よろしい」

住職「ちなみに負けたら……」

ゆみ「後部座席で正座して蒲原とドライブだ」

住職(あ、死んだな)

ゆみ「シートベルトだけはさせてやるぞ、運転手の責任になるからな」

住職「…………お気遣い感謝します」

桃子(先輩、わりと鬼っすね……)

智美「ワハハ」



佳織「えっと……どういうことなの……?」

智美「佳織は普通にしてればいいぞー」

睦月「うむ、心配しないで」

佳織「……そう?……」

桃子「大丈夫っすよ」

佳織「…………うん」

住職(ふむ……。なにやら既に詰んでいる気もしないではないが……)

住職(勝てばこの子らの見る目も変わる。そしてあわよくば全員おさわり…ゲフンゲフン、私を信用してくれたらそれでいい)

住職(師匠と呼んでくれたあの子の手前……、負けるわけにはいかん……!)

住職(お見せしよう……住職の打ち筋を……!)

……

「「「「よろしくお願いします」」」」

東家:桃子
南家:佳織
西家:ゆみ
北家:住職



…………

……

オーラス 親:住職

佳織「あっ、ツモです! えっと、トイトイ純チャンです!」ぺちん

ゆみ「……清老頭な」

住職「…………」

桃子「……やられたっすね」

佳織「見てください師匠! 鳥さんの牌が最後にみっつ揃ったんです!!」

住職「…………はい、おめでとうございます」

佳織「師匠の教えてくれた通りですね!」エヘヘッ

住職「…………はい」


1位:佳織 +46400
2位:ゆみ +31100
3位:桃子 +27800
4位:住職  -5300




ゆみ「…………」

住職「…………」

ゆみ「なにか言い訳は?」

住職「…………ありません」

ゆみ「妹尾を触ろうとしてたのも認めるな?」

住職「…………はい」

ゆみ「よろしい」

ブロロン

バタン

智美「おーい、車持ってきたぞー」



グイグイッ ギュッ

桃子「はい、シートベルトしたっす」

睦月「荒縄でぐるぐる巻きにしてあるんですが……これはシートベルトと言うのでしょうか……」

ゆみ「これだけ固定されていれば逃げられないだろう」

佳織「あの……師匠……」

住職「……いいんだよ、負けは負けだ」

佳織「でも……」

住職「君が私の力を……鳥を感じて打ってくれただけで、私は嬉しかった」

佳織「師匠……」

住職「後のことは君に託そう……。君には鳥の才能がある、がんばるんだよ」

佳織「はいっ! 短い間でしたがありがとうございました師匠!!」

住職「ゲッゲッゲッ」

桃子「何をいい話にしようとしてるっすか」



住職「もしもこの先、鳥の力で迷うことがあったなら……」

佳織「?」

住職「島根の白築さんという人を訪ねなさい。きっと力になってくれる」

佳織「……しらつきさん……?」

住職「詳しいことは牌のおねえさんに頼むといい。鳥さんの友達が会いたいと言えばすぐわかるよ」

佳織「はやりん……ですか……?」

ゆみ「行き先は島根がいいそうだ」

智美「おkー」

住職「すみませんせめて都内で勘弁していただけないでしょうか」

ゆみ「だめだ」

住職「……イエスユアハイネス」



智美「じゃあ行くぞー」

住職「……さらばだ少女よ。私は、先に、おしとします」

佳織「いってらっしゃい……」

智美「ワハハ、何言ってるんだ佳織ー。一緒に行くんだぞー」

佳織「えっ……? いや、私はいいよ……」

智美「なんだー、さっきの約束覚えてないのかー?」

佳織「?」

智美「1位は助手席でドライブだろー。さあ乗った乗ったー」

佳織「えっ……ええええええーーーー!!!!????」


ブロロロロ……


カン




2015/07/19 SS深夜VIP
ジュウシマツ「私は住職です」妹尾「私は佳織です」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1437308697/