参考併記:慕(1巻),閑無(2巻),はやり(3巻),悠彗(4巻)

「シノハユ」単行本裏表紙より引用




白築慕は小さな胸に大きな夢を抱いた。

大好きな母に自分を見つけてもらうため、大好きな麻雀で注目される選手になると…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



石飛閑無は負けず嫌いの自分に誓った。

暇つぶしで始めた麻雀で敗北した汚名を、本気で挑んだ麻雀で返上してみせると…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



瑞原はやりは理想の将来を思い描いた。

嫌いだった大人の生き方に憧れ、自分も皆を元気にしてあげられる大人になろうと…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



本藤悠彗は憧れた夢を見つめ直した。

一途に麻雀と向き合う同世代に魅せられ、同じ道をひたむきに歩んでみようと…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



稲村杏果は守りたいものがあった。

放っておけない仲間達への想いを胸に、今日も保護者は独り呟く。やれやれだぜと…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



赤土晴絵は未だ出会っていなかった。

幼心に深めた自信と、知らなかった挫折。彼女の人生を揺るがす、嵐の前の静けさ…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



春日井真深は次世代の光を眺めていた。

私が消えても、代わりがいるもの。そんな言葉を笑って言える日が来るなんて…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



鈴木兒生は旧友に会いたかった。

気の小さかった自分が大会に出て激戦区を勝ち抜けたのは、あいつの姿があったから…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



与那嶺若菜は慢心を悔いた。

麻雀なんてちょろいはずだった彼女の動揺。全国で体験した未知との遭遇…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



小禄心はがーんだよ。

とぼけた道化は心の闇の裏返し。慕との出会いが彼女の闇に与えるものとは…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



丹羽菜緒子は真剣に麻雀と向き合いたかった。

土下座もできないつまらぬ相手とは違う、本物との対峙。そして手にしたつぶつぶドリアン…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



宗像芽依は道に迷っていた。

田舎のばっちゃが言っていた。方向音痴は恥ずかしかねえ、麻雀強い奴ぁ皆そうだと…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



高橋知代子は夢を見ていた。

これは夢なんだ。目が覚めたときそこはまだ準決勝前で、私は華麗に決勝進出を果たすんだ…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



三尋木咏はわっかんねー。

大体そんな感じでいいんじゃねー? 詳しいこととか知らんけど…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちの軌跡――。



白築耕介は狼狽えていた。

「ホモなんだろ?」 突きつけられた、最愛の姪の友からの一撃。愛と信頼を取り戻せ…。

これは麻雀で全国の頂点を目指した少女たちと、その周囲の軌跡――。



メロスは激怒した。

必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。よろしい、ならば麻雀だ。

これは麻雀で友との友情を貫いた勇者の軌跡――。






どれか当たるといいな!

2015/07/31