――閑無ちゃんと、ケンカした。








はやり「ひどい!! そんな人だと思わなかった!!」


閑無「こっちこそだ! ありえねえよお前!!」





――きっかけは些細なこと。

でも、絶対に譲れなかった大切なこと。

決してわかりあえることのない、相反するこだわり。


閑無「もういいよ! お前なんか最初っから大っ嫌いなんだよ!」

はやり「!」

閑無「帰る! じゃあな!」

ダダダッ

杏果「あっ、閑無!」



はやり「…………」

慕「…………」

杏果「…………」

はやり「私も……帰るね……」

タッタッタッ

慕「…………」

杏果「…………」

慕「二人とも……帰っちゃった……」

杏果「やれやれ、だね」



慕「どうしよう……」

杏果「……まあ、毎度のことっちゃ毎度のことなんだけど……」

慕「……うん……」

杏果「……これだけ正面切ってぶつかったのは初めてか」ボソッ

慕「?」

杏果「……大丈夫」

慕「……えっ?」

杏果「…………あいつは、ひとりで謝れる子だよ」



慕「……でも……何か心配……」

杏果「慕……」

慕「閑無ちゃんがああいう感じになっちゃうのは、よくある事だけど……」

杏果「…………うん」

慕「あの二人があんなに言い合ったのって……初めて見たと思う……」

杏果(……ふむ)

慕「…………いつもと違う気がした」

杏果「……そうだね。ちょっと話題が話題だったかな」



杏果「どっちがいいとか悪いって話じゃなかったけどね……。それだけに、お互い譲れなかったのかな」

慕「……うん……」

杏果「ま、思い入れが強いからこそのこだわりだね。よく言えば」

慕「私は……よくわからなかった……」

杏果「私もわかんないけどね、そのこだわりは」

慕「…………」

杏果「……あとは、売り言葉に買い言葉で熱くなっただけだよ。頭を冷やせば大丈夫さ」

慕「そう……だといいけど……」



慕「それでも何か……できることないかな……」

杏果「ん?」

慕「私たちにできることがあれば……助けてあげたい……」

杏果「慕……」

慕「…………」

杏果「…………わかったよ。ちょっと話してみるね」

慕「……私も、おじさんに相談してみる……」

杏果「うん、ありがと」



周藤質店

周藤「は? 喧嘩した友達と仲直りしたい?」

耕介「慕の友達がな」

周藤「それをなぜ、お前が俺に相談するのだ」

耕介「いやー、かわいい姪に頼られるおじさんとしては期待に応えてあげたいじゃん?」

周藤「ちょっと何言ってるかわからねーが」

耕介「要するに、なんか仲直りできる道具ねーかな」

周藤「お前はうちの店を何だと思ってんだ?」

耕介「そう言わずに頼むわ、すどえもん」

周藤「誰がすどえもんだ」



周藤「じゃあこれなんかどうよ」スッ

耕介「ファービー?」

周藤「フッフフ、ただのファービーじゃねえぞ……」

耕介「?」

周藤「通常のおしゃべり機能の他に、なんと!」

ファービー「……ナントォ」

耕介「ん?」

周藤「自分で喋った言葉を録音すると、ファービーの声で喋ってくれるという画期的な一品だ」

耕介「意味あんのかそれ……」

周藤「面と向かって話せねーなら、メッセージを渡したらいいだろうよ」

耕介「なるほど、賢いなお前」

周藤「お前こそもっと賢くなってくれよ」



白築家

耕介「……ってことでもらってきた」

慕「ファービー……さん……?」

耕介「メッセージが録音できるっていうからさ、プレゼントに使ったらどうかな」

慕「メッセージか……」

耕介「おう、いいと思うぞ」

慕「……あれっ、でも……」

耕介「ん?」



慕「これ……。頭のあたりに毛がないよ……?」

耕介「ハゲちゃってんのか? まあ質草だからなー」

ファービー「……チガウ……」

耕介「ん?」

ファービー「ハゲチガウ……ハゲチガウ……」

耕介「なんだこりゃ」

ファービー「ハゲチガウ……マルボーズ……ハゲチガウ……」

慕「なんか変な喋り方……?」



ファービー「ファー……ブルスコ……ファー……ブルスコ……」

耕介「な、何だ……?」

ファービー「ブルスコォ……アッズーリ……バロンドォ……」

慕「何かおかしくない……?」

ファービー「ブッフォーン……テュラーム……カテナーチョ……」

耕介「壊れかけって感じだなー」

慕「大丈夫かな?」

耕介「まあ、仲直りするときさえ動けば十分だろ? たぶん大丈夫さ」

慕「……そうだね、ありがとうおじさん!」



夕方 近所の公園

はやり「…………」

はやり「……はあ……」

はやり「…………」

はやり「…………」

杏果「……あ、いたいた」

はやり「!」ドキッ

杏果「探しちゃったよ。まだ帰ってないっていうから」

はやり「杏果ちゃん……」

杏果「隣、座っていい?」



はやり「……ごめんね」

杏果「ん?」

はやり「……みんなにイヤなところ見せちゃって……。アイドル失格だね」

杏果「気にしてないよ、私達は」

はやり「……私達……」

杏果「……当のあいつの他はね」

はやり「う……」

杏果「まあ、あいつ昔からだからねー。そのことに対しては」

はやり「…………」



杏果「……でもね」

はやり「?」

杏果「閑無が今回、あんなにムキになったのは……」

はやり「…………」

杏果「……たぶん、あなたが相手だったから」

はやり「!」

杏果「だから、絶対に譲りたくなかったんだ」

はやり「……そうなの?」

杏果「うん」

はやり「……どうして……?」

杏果「うーんと、ね」



杏果「閑無との初対面って、覚えてる?」

はやり「えっと……、小学生のこども麻雀大会だよね?」

杏果「……そう」

はやり「決勝で四人で打ったのが六年生の時だったから……、五年生の時かな?」

杏果「ううん、もう一年前」

はやり「えっ」

杏果「四年生のときだよ、はやりが閑無と初めて打ったのは」



杏果「…………って、わけでさ」

はやり「そんなことが……あったんだ……」

杏果「あのときはやりに負けてからだよ。閑無が何か変わっていったの」

はやり「変わってって……そんな……」

杏果「いい意味でだよ。私はそれで、閑無に良かったと思ってる」

はやり「……そうなの……?」



杏果「初めての出会いから、きっと特別な人で……」

杏果「どうしても、意識しちゃう相手なんだと思うんだ」

はやり「意識……しちゃう……」

杏果「そうだね。いい意味でさ」

はやり「…………」

杏果「…………」

はやり「…………」

杏果「…………」ジーッ

はやり「?」

杏果「まあそりゃ、私も意識はしちゃうけどねー。主にそのおもちとか」ニヤニヤ

はやり「はやっ!?」

杏果「冗談だよ」



杏果「知ってる? 閑無の音楽プレイヤー」

はやり「?」

杏果「HAYARIフォルダっていうのがあって、はやりの歌ばっかり入ってるの」

はやり「はややっ!?」

杏果「小学校の頃からさ、はやりを見たら一番ぶーぶー言うくせに……」

はやり「……ぶーぶー……」

杏果「一番はやりのこと詳しかったの、閑無なんだよ」

はやり「……そうなの……?」

杏果(……わりと呆れることに)



杏果「閑無にとって、はやりはさ」

はやり「…………」

杏果「『初めて自分を変えてくれた人』、なんだよ」

はやり「…………」

杏果「…………」

はやり「…………」

杏果(……若干腹立つことに)

はやり「…………」

杏果「……本人が実際どう思ってるのかは、知らないけど」



杏果「ああいう性格だからさ」

はやり「?」

杏果「面と向かってそういうことは……、ずっと言えないんだろうけど」

はやり「…………」

杏果「そんなはやりと意見が違ったから、意地張っちゃったんだ」

はやり「…………」

杏果「……それだけだよ」

はやり「……よく知ってるんだね、閑無ちゃんのこと」

杏果「……まあ、そろそろ付き合いも長いしね」

はやり「……うらやましいな……」

杏果「もう10年も過ぎたらさ、小学生からの付き合いって言えば大差ないよ」



杏果「……今回の話。どっちが悪かったかとかいうのは、私にはわからない」

はやり「…………」

杏果「お互い、言い分もあると思うよ」

はやり「…………」

杏果「……だから、許してやってとも謝ってとも言えないけどさ」

はやり「…………」

杏果「閑無のそういうとこだけは、わかってほしいと思って」

はやり「…………」

杏果「……いいかな?」

はやり「…………うん、わかった」



杏果「じゃあ、そういうことで?」

はやり「うん……、でも、顔合わせづらいな……」

杏果「ふむ……。じゃ、これはどうかな」スッ

はやり「? ……ファービーさん……?」

杏果「慕が見つけてきてくれたんだ。メッセージが送れるんだって」

はやり「メッセージ……」

杏果「慕も、二人に仲良くしてほしいって」

はやり「……ごめんね……色々気を遣わせちゃって……」

杏果「……私らは、二人が仲直りすればいいさ」



閑無の自宅

閑無「…………」

閑無「また……やっちまった……」

閑無「勝手に意地張って暴走して……ひどいこと言って……」

閑無「くそっ、あのときと一緒じゃねーか……」

閑無「…………」

閑無「…………」

閑無「……いや、いやいやいや!」

閑無「あのときの私とは違う! そんなの乗り越えたんだ!!」



閑無「あのときだってできたんだ! また謝ればいいだけだ!」

閑無「やれる! やれる! できる! できる!」

閑無「…………」

閑無「…………」

閑無「でも……。こればっかりは……」

閑無「……認めたくない……」

閑無「…………うう…………」

ピンポーン

閑無「!」ドキッ



杏果「かーんなっ」

閑無「!」

杏果「いい? おじゃまして」

閑無「脅かすなよ……何?」

杏果「ちょっと、渡したいものがありまして」

閑無「…………悪いけど、一人にして」

杏果「いいのかな? ひとりで?」

閑無「……今夜だけでいいからさ」

杏果「ふーん、わかった」



閑無「…………」

杏果「…………」

閑無「……何も言わねえのかよ」

杏果「ん?」

閑無「怒りに来たんだろ、今日のこと」

杏果「おや? 一人になりたいんじゃないの?」

閑無「…………」



閑無「…………」

杏果「…………」

閑無「……い……」

杏果「い?」

閑無「……言いたい事があるなら聞いてやるって言ってんだよ」

杏果「…………」

閑無「…………」

杏果「じゃあ、ひとつだけ」

閑無「!」



杏果「……『お前なんか最初っから大っ嫌いなんだよ』」

閑無「!」ドキッ

杏果「…………これ、嘘言ったよね」

閑無「…………」

杏果「…………」

閑無「…………」

杏果「…………ん?」

閑無「…………はい」

杏果「うむ」



杏果「それわかってるなら、私が言うことはもう無いね」

閑無「…………」

杏果「それじゃ、これだけ置いていきますので」スッ

閑無「? 人形?」

杏果「今夜の話し相手にでもしてくださいな」

閑無「はあ?」

杏果「それじゃ」

閑無「…………」

ファービー「…………」

閑無「なんだよ、こんなもん……」



ファービー「……ゴゴ……グゴゴ……」

閑無「ん?」

ファービー「……ガピー……ガーガー……」

閑無「音出てる……?」

ファービー「……コニチハ……ウェーイ……」

閑無「あー、喋るやつか…… くだらねえ……」



ファービー「……ピー……ヒョロロロ……」

閑無「なんだよ、随分ポンコツだな……」

ファービー「ピポパペピポ……フィィィィィ……」

閑無「…………フン」

ファービー「……エット……アノ……」

閑無「?」

ファービー「カンナチャン…… ハヤリ……デス……」

閑無「!」



閑無「録音、か……?」

ファービー「……アノ……キョウハ……」

閑無「…………」

ファービー「……ゴボォ……ドゥルフォオ……」

閑無「…………」

ファービー「…………ゴメンナサイ…………」

閑無「!」



ファービー「ワタシ……ブルスコォ……カンナチャン……コポォ……」

閑無「…………」

ファービー「……ダ・イ・ス・キ・ダ・ヨ……」

閑無「!」

ファービー「…………」

閑無「…………」

ファービー「…………」

閑無「…………」

ファービー「…………フォカヌポォ」

閑無「…………バーロー」

閑無「……全部先に言いやがって……」



次の日 学校

オハヨー オース

閑無「よし!」

ガラッ

杏果「お、来たね」

慕「おはよう、閑無ちゃん、はやりちゃん」

閑無「おう」

はやり「…………」

閑無「…………よう」



はやり「……おはよう……」

閑無「…………」

はやり「…………」

閑無「えっと、まあなんだ」

はやり「…………」

閑無「ケンカになって、空気悪くしたことは謝る。悪かった」

はやり「!」

閑無「…………あと、嫌いとか言ったのも」ボソッ

はやり「……うん、気にしてないよ」

閑無「…………でも」

はやり「?」



閑無「原因の方は謝らないからな。どっちが悪いって話じゃねえ」

はやり「!」

閑無「……いいだろ?」

はやり「…………うん、私もそう思う」

閑無「……おう」

はやり「私も改めて、怒鳴ったりしてごめんなさい」

閑無「……じゃあ、この話はこれっきり。お互い様だ」

はやり「うん。お互い様だね」

閑無「ああ」



閑無「ん」スッ

はやり「? ファービーさん……」

閑無「……これは返す。お前が持っとけ」

はやり「えっ、でも……」

閑無「……中身は聴いたから」

はやり「持っててくれていいのに……」

閑無「……趣味じゃねえよ、こんなハゲ」

はやり「…………」

ファービー「……ハゲジャネェ……」

閑無「!?」

ファービー「……マルボーズ……グゴゴッ……マルボーズ……」

はやり「はや……?」

閑無「と、とにかく渡しとくから! な!」

はやり「…………うん」



杏果「はい、じゃあ仲直りってことで?」

閑無「……ああ」

はやり「うん」

慕「…………よかった」

杏果「じゃあ行きますか、教室」

閑無「あー、今日も授業だりーなー」

杏果「最近毎日言ってるよ、それ」

アハハウフフ



その夜

ファービー「グゴッ……ゴガゴッ……」

はやり「……うーん、この子もうダメなのかな……」

ファービー「…………」

はやり「…………」

ファービー「…………」

はやり「…………ありがとう、ファービーさん」



ファービー「…………」

はやり「…………」

ファービー「…… ワタシモ …… スキダヨ ……」

はやり「ん? なんて?」

ファービー「…………」

はやり「…………」

ファービー「…………」

はやり「……気のせいか」

ファービー「…………モルスァ」


――それっきり、ファービーさんが喋ることはありませんでした。



杏果「……っていう事が、あったわけさ」

悠彗「ふーん、初めて聞いたー」

閑無「…………フン、昔の話だ」

杏果「たかだか三年前の中学の話だよ、高校生君」

閑無「あーあー、聞こえねー」

はやり「はや~……」

慕「…………」ウフフッ



悠彗「それで、何だったのさ? そんなになるケンカの原因って?」

閑無「!」

はやり「!」

悠彗「?」

閑無「…………」

はやり「…………」

悠彗(…………あれ? 仲直りしたんじゃないの?)



閑無「…………」

はやり「…………」

悠彗「…………」

閑無「…………」

はやり「…………」

悠彗「…………ね、ねえ…………」

閑無「…………きのこ」

悠彗「?」



閑無「…………こいつはきのこで、私はたけのこ。それだけの話だ」

悠彗「えっ」

はやり「……それ以上いけないよ、悠彗ちゃん……」

悠彗(…………これは…………)

閑無「…………」

はやり「…………」

悠彗(……まずい……空気が重く……)

閑無「…………」

はやり「…………」

悠彗(なんとか、場を和まさないと……)



悠彗「そ、そっかー! お菓子って色々あるもんね!」

閑無「…………」

はやり「…………」

悠彗「その点トッポって凄いよね、最後までチョコたっぷりだもん! みんな大好きだよね!」

閑無「!」

はやり「!」

悠彗「?」

杏果「…………」アチャー

慕「?」



閑無「……おい、聞いたか?」

はやり「……うん」

悠彗「な……、何……?」

閑無「…………悠彗」

はやり「悠彗ちゃん」

悠彗「……はい……?」

閑無「お前は敵だ」はやり「敵だよ」

悠彗「えぇーー!?」


カン




2015/11/13 SS深夜VIP
はやり「ファービーを!」閑無「バーロー」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1447418379/