サイコマン「あの……閻魔さん、今なんと?」

ザ・マン「見よ、サイコマン」

サイコマン「世界を映す泉ですか? いったい何をご覧になって?」


咲「ツモ! 嶺上開花です!」


ザ・マン「麻雀だ」

サイコマン「?」



サイコマン「下等な人間どもの遊びですよね……」

ザ・マン「……そうだな。不完全極まりない」

サイコマン「私もよく知らないのですが、そうなんですか」

ザ・マン「どんなに研鑽を積もうと、策略を練ろうと……。最後の生死を分けるのは運否天賦」

サイコマン「なんと」

ザ・マン「そんなものに勝敗のすべてを委ねるなど……完璧超人には考えられん。我々の理念とは対極だ」

サイコマン「ニャガガッ! さっすが下等な人間どもの考えそうなことですね!」ニャガニャガ

ザ・マン「…………だが」

サイコマン「ニャガ?」



ザ・マン「私は……ゴールドマンとシルバーマンの姿を思い返している」

サイコマン「!」

ザ・マン「あの二人が、ここ超人墓場を出て行ってから幾星霜……。奴らがここを去った理由が、まさにそれであった」

サイコマン「あんな裏切り者の言うことなど!」

ザ・マン「下等で不完全な者どもの中にこそ、我々を超える力があるかもしれぬという……。奴らの言葉と」

サイコマン「世迷言です!」

ザ・マン「不安定な運否天賦に己の命運を託す、この麻雀……。どこか似たものがあるように思えてな」

サイコマン「下等な者どもの下等な発想ですよ!」



ザ・マン「勿論だ。奴らの言葉に理などありようはずがない」

サイコマン「そうですよ」ニャガニャガ

ザ・マン「……だが、だからこそ。その有様を実際にこの目で確かめるいい機会ではないかと思うのだ」

サイコマン「まさか、貴方までが下等に堕ちようと言うんですか!?」

ザ・マン「勘違いするでない。『種に交われば種にあらず』といつも言っておろう」

サイコマン「はい。完璧超人の格言、よく心得ております」

ザ・マン「……そこで、人間どもだ」

サイコマン「?」



ザ・マン「超人よりさらに下等な人間ならば、我らとそもそも住む世界が違う」

サイコマン「はい」

ザ・マン「ならば種に交わらずして下等な者どもの様子を窺い知るのに、人間を利用すれば好都合ではないだろうか」

サイコマン「なるほど、仰る通りです」

ザ・マン「それに」

サイコマン「?」

ザ・マン「人間の世界で女子高生と呼ばれる小娘どもと卓を囲むというのも、それはそれで趣あるものかもしれん」グロロロロ

サイコマン(閻魔さん……それはただのエロオヤジでは……)



ザ・マン「そういうわけだ。私は女子高生と麻雀を打ちたいと思う」

サイコマン「正気ですか」

ザ・マン「案ずるな。ちゃんと変装して行けば何も問題は無い」サッ

サイコマン「……その服は……」

ザ・マン「私はこの姿を諸星ウルミと名付けようと思う」グロロロロ

サイコマン(隙あらば称号やら異名やらを命名したがる癖は相変わらずですね……。って、それどころじゃなく)

ザ・マン「…………」グロロロロ

サイコマン(それ、ストロング・ザ・武道の格好で上からセーラー服を着ただけ……。変装のへの字も無いですよ)





――正義超人界の頭脳、知恵を絞りて曰く



    「ウルミはグロロなのでは?」――





ザ・マン「では行ってくる」

サイコマン「ちょ、ちょっと待ってください閻魔さん!」

ザ・マン「どうした」

サイコマン「畏れながら、いくらなんでも人間界でその姿は変質者……いえ、下等な人間どもには神々しすぎませんかね?」

ザ・マン「そうだろうか」

サイコマン「ここはもう少し、下等な人間に近い外見で世を忍ぶ方が……。そう、オーバーボディですよ」ニャガガッ

ザ・マン「…………ふむ」

サイコマン「如何でしょう? もう少し体格なども小さめに変えてみましては」

ザ・マン「いいだろう。私の手にかかればその程度容易い」

サイコマン「流石は閻魔さん」

ザ・マン「超人ならまだしも、人間については私も不勉強な点はあるからな。参考になったぞ、大儀であった」

サイコマン「ハハーッ」



ザ・マン「ではこれでどうか」

カッ

(大星淡の外見)

サイコマン「小さくなりましたね!」

ザ・マン「ちょうど下界を眺めていたときに見かけた娘の姿だ。しばしこの娘と入れ替わってみることにしよう」

サイコマン「なるほど」

ザ・マン「では諸星ウルミ改め、この姿は大星淡と名乗ろう」

サイコマン「……もうなんでもいいですよ」

ザ・マン「何だ?」

サイコマン「い、いえ! いってらっしゃいませ!!」



白糸台高校

ザ・マン「確か……麻雀部はこちらであったか……」ウロウロ

誠子「おーい、どうしたんだ大星」

ザ・マン「?」

誠子「そっちは虎姫の部屋じゃないぞ。私たちはこっちだろ」

ザ・マン「む、そうであったか。ご苦労」

誠子「?」



菫「遅かったな。どうしたんだ」

尭深「…………」お茶ズズッ

照「…………」お菓子ポリポリ

誠子「いやー、なんか大星が迷子になってたみたいで」

菫「迷子?」

ザ・マン「人聞きの悪い言い方をするでない。部室の場所がわからなかっただけだ」

誠子「迷子じゃないか」

菫「まったく……小学生じゃないんだから。何年生だお前は」

ザ・マン(ふむ……何年生か……)

ザ・マン(永遠の時を生きる私に向かってなんたる愚問。まったく下等な人間は仕方のないものだ)グロロロロ



ザ・マン(下等な人間どもは震えあがってしまうやも知れんが……)

ザ・マン(ここはひとつ、格の違いというものをはっきりさせておくのも悪くない)

ザ・マン(いつから数えたものかと思うが、神の座を辞してからとするならおよそ……)

ザ・マン「そうだな……私はもうかれこれ……」

菫「?」

ザ・マン「高校五十億年生だな」ドヤッ

誠子(うわぁ)

菫(またこいつは……)

尭深(…………悪化している)

照「?」

ザ・マン(グロロ……。あまりのことに声も出まいか)



菫「まあいい、始めるぞ。卓につけ」

ザ・マン「うむ、よかろう」グロロロロ

菫(何を偉そうに……)

対局中

…………

ザ・マン(ふむ、これが麻雀というものか)タンッ

誠子(…………)タンッ

尭深(…………)タンッ

照(…………)タンッ

ザ・マン(そして私を取り巻く女子高生ども……。悪くはない)タンッ

…………

タンッ

照「……ツモ。300・500です」

ザ・マン「…………うむ」



…………

……

ザ・マン(…………この牌でどうか)タンッ

照「……ロン。5800の一本場は6100」

ザ・マン「…………うむ」

誠子(なんか……大星の打ち筋が普通……)

尭深(……ダブリーも山越しカンもしてこない……)

菫(何を考えてんだ……?)



…………

……

照(……これで四連続……)

キュピーン

ガシッ ギュルルン

ザ・マン「!」グロッ

タンッ

照「ツモ。4200オールです」

尭深「…………はい」

誠子「さすがです」

ザ・マン(ミラージュマン……。貴様がなぜここに……)



ザ・マン(今の腕のギュルルンは確かに奴の……間違いない)

照「……はい、おつり」チャラッ

ザ・マン「……どういうつもりだ、ミラージュマン」グロロロロ

照「?」

ザ・マン「"完璧・参式"ともあろう者が私に断りもなく。門番の職はどうしたというのだ」

尭深「淡ちゃん?」

誠子「何言ってんだ?」

菫「対局中だぞ」

照「??」

ザ・マン(……ふむ、喋るつもりはないか)

照「…………続けるね」

ザ・マン(よかろう。勝負の最中だというなら、この場の法に則り麻雀で決着をつけようではないか)グロロロロ



対局再開

…………

……

照「ツモ 6300オール」ギュルルン

誠子「……はい」

ザ・マン(グロロ……。やるではないかミラージュマンよ)

照「?」

ザ・マン(だが私も負けてはおれん。専門外の事なれど、そう簡単に師匠が弟子に負けるわけにはいかぬ)

ザ・マン(ここは私もひとつ、かっこいい必殺技を決めておくべきだろう。人間界を眺めていたあのとき見たような……)



―回想―

久(地獄単騎……、きた!)

パシュッ

ヒュルルルル

ズガン!!

久「ツモ! 4000・8000よ!」

―回想終―

ザ・マン(うむ。ああいうのが女子高生どもには流行りなのだろうな)



ザ・マン(確か……まずツモした瞬間に牌を判別する……)ドキドキ

スッ

ザ・マン(私ほどの者ともなれば、盲牌くらいお手のもの。できるできる)ドキドキ

キュッ

ザ・マン(グロロ……。ここだ!)クワッ

菫「?」

ザ・マン(それから……こんな感じで……)

パシュッ

ヒュルルルル

ザ・マン「冥府頭壊手ーー!!」

ズガン!!


ドンガラガッシャン



誠子「あー! 大星が卓こわしたー!!」

ザ・マン「グ、グロッ!?」

菫「何やってんだお前!!」

照「…………」

尭深「……お茶がこぼれた」

誠子「もーぐっちゃぐちゃのバラバラだよー。どうするんだこれ」

ザ・マン「グロロ……しまった……」



ザ・マン(つい超人の基準で力を込めてしまった……。人間どもが使う道具は脆いものだな)

菫「淡……。そこに座れ」ゴゴゴゴゴ

尭深「お茶がこぼれた」ゴゴゴゴゴ

ザ・マン「グロッ?」

菫「座れ」ゴゴゴゴゴ

尭深「お茶がこぼれた」ゴゴゴゴゴ

ザ・マン「……ここは地べただが……?」

菫「正座だ」ギロッ

尭深「お茶が。こぼれた。」ゴゴゴゴゴゴ

ザ・マン「はい」

ガミガミガミガミ



超人墓場

ザ・マン「戻ったぞ」

サイコマン「おお、おかえりなさい! どうでしたか!?」

ザ・マン「思っていたより難しいものだな」

サイコマン「ニャガッ? 閻魔さんともあろうお方が」

ザ・マン「なかなかに人間の世界は勝手が違うものだ」

サイコマン「ニャガガッ……。やはり、下等な人間どもの遊びなど我々には合わなかったのでは?」

ザ・マン「……確かにな。だがいみじくも下等な存在なればこそ、完璧な我々の方から合わせてやる配慮が必要だろう」

サイコマン「なんと心が広いお方」

ザ・マン(グロロ……。私に比べれば塵芥ほどの歳の娘に正座で説教されたとはさすがに言えん……)



ザ・マン「それよりも、だ」

サイコマン「はい」

ザ・マン「ミラージュマンがいたのだが」

サイコマン「?」

ザ・マン「私に黙って勝手に人間界に降りていたとは……。信じ難いことだが」

サイコマン「あの堅物さんが黄泉比良坂から動くわけがないでしょう」

ザ・マン「しかしあれは、確かに奴のカレイドスコープドリラーであった」

サイコマン「まさか」



サイコマン「あの朴念仁が、人間界であのごっつい左腕を振り回してたと言うんですか!?」

ザ・マン「いや、私と同じ人間の女子高生の姿であったが…………。待て、今なんと言った」

サイコマン「……人間界であのごっつい左腕を」

ザ・マン「左腕……?」グロロロロ

サイコマン「はい」

ザ・マン「奴のカレイドスコープドリルは左腕であったか?」

サイコマン「はい」



ザ・マン「…………」

サイコマン「…………」

ザ・マン「…………」

サイコマン「…………」

ザ・マン「……幻術を使われた可能性があるな」

サイコマン「はい?」



ザ・マン「奴が得意の幻術で、人間の姿になると同時に左右を逆に映してアリバイ工作をしたのかもしれん」

サイコマン「…………はあ」

ザ・マン「……まあ、とりあえずはよい。あとでじっくり問い詰めることとしよう」

サイコマン「…………わかりました」

ザ・マン「…………案ずるな。完璧な私の判断に間違いなどない」

サイコマン「ハハーッ」

サイコマン(……ただ単に、右腕をぐるぐるさせた女子高生を見ただけという話じゃないんですかね……?)



ザ・マン「……では、気を取り直して今一度」

サイコマン「…………まだやるんですか」

ザ・マン「今のはイレギュラーな事故であったのでな。ろくに麻雀が楽しめ……ゴホン、調査が進まなかったのだ」

サイコマン「…………そうですか」

ザ・マン「もう少し南のあたりなどどうか……」


初美「はーるるー」



ザ・マン「見よ、グロロと聞こえた気がしたぞ」

サイコマン「えっ」


初美「はるるー、部活行きますよー」

春「……ちょっと待ってて」


ザ・マン「どうやらあの娘のことらしいな」グロロロロ

サイコマン「…………ええ」

ザ・マン「人間界にもグロロがいるならば、私が代わりに行ってもいいだろう」

サイコマン「…………」





――正義超人界の頭脳、知恵を絞りて曰く



    「はるるはグロロなのでは?」――





ザ・マン「では、あの娘の姿になるとしよう」グロロロロ

カッ

(滝見春の外見)

サイコマン「…………いってらっしゃいませ」



永水女子高校

ザ・マン(今度は卓を壊さぬよう注意しないとな)

初美「あっ。遅かったですよ、はるるー」

ザ・マン「うむ、グロロであるぞ」

初美「?」

ザ・マン「どうした」グロッ

初美「ううん、なんでもないですよー。部活いきましょー」

ザ・マン「うむ、参ろうか」

初美「参ろう?」



巴「みんな、揃いましたか?」

小蒔「はい!」

ザ・マン「うむ」グロッ

初美「霞ちゃんがまだですねー」

小蒔「…………あっ、来ましたよ」

霞「お待たせ、みんな」

ザ・マン「グ、グムー……。ペインマン」

霞「?」



巴「いきますよ、姫様」

小蒔「はい」

巴「えっと、今日の九面様のローテーションは……」

小蒔「…………zzzz」

巴「うんにゃかはんにゃか~~~」

小蒔「…………zzzz」

巴「降神!」

カッ

ザ・マン「グロロ……これは……」



小蒔(九面)「…………」ゴゴゴゴゴ

ザ・マン(これは確かに神々を我が身に降ろす降神術……。なぜこんな小娘どもが……!?)

巴「はい、おっけーです」

ザ・マン(超人の神々とは無関係な神のようだが……。もしや、私が潜んできたことに気付いて……!?)

初美「じゃあ、麻雀始めましょー」

ザ・マン「…………グロロロロ」

九面(……あら、元・超人の神。珍しいところでお会いいたしますわね)

ザ・マン(…………直接脳内に……。本物なのか……)

九面(どういう事情か存じませんが。麻雀なら負けませんわよ)

ザ・マン(…………)



対局中

…………

小蒔(九面)「ロン。三倍満です」

ザ・マン(…………ぬう)

…………

初美「ツモ! 裏鬼門からの四喜和ですよー」

ザ・マン(…………むむ)

…………

霞「ツモ。メンチンイーペードラ3ね」

ザ・マン(索子がまったく我が手に来なかったのだが……)

…………

……



対局終了

初美「三戦連続はるるの一人負けですよー」

ザ・マン(グロロ……)

霞「ちょっと集中してなかったかしら? 私の方ばかり見てたわよ?」

ザ・マン(……貴様を警戒してエアバッグを観察していたのだペインマンよ……。すっとぼけよって)

巴「はっちゃんに東と北を鳴かせたのはちょっと迂闊でしたよ……。知らないわけじゃないでしょうに」

ザ・マン(……知る由もなし)グロロロロ

小蒔「…………zzzz」



超人墓場

サイコマン「お帰りなさい、閻魔さん」

ザ・マン「どうしたというのだこれは……」

サイコマン「はい?」

ザ・マン「ペインマンや他の神々までもが……人間界に干渉していたとは……」

サイコマン「ニャガッ!?」



ザ・マン「……まあ、神々の方はよい。超人の神でなければ私の関わる領域ではない」

サイコマン「ニャガ」

ザ・マン「だが、ミラージュマンに続きペインマンまでもが……」

サイコマン「信じられませんね」

ザ・マン「しかし、あのエアバッグは確かにペインマンであった」

サイコマン「ニャガガ……」

ザ・マン「……これはともすると、まだ他にも隠れているやもしれぬな」

サイコマン「そんな……」



ザ・マン「そういえば」

サイコマン「?」

ザ・マン「先ほど訪れた白糸台高校とやらの人間どもが着ていた服装……。お前とよく似ているな、サイコマンよ」

サイコマン「ニャガッ!?」

ザ・マン「まさかお前も」

サイコマン「ニャガニャガッ!! 滅相もないですよ!!」

ザ・マン「…………そうか。まあお前のことは信頼しておるぞ」

サイコマン「もったいないお言葉」



ザ・マン「しかしゴールドマンもシルバーマンも、少なくとも私に断ってから出て行ったというのに……」

サイコマン「どうします?」

ザ・マン「決まっておる。見過ごしておくわけにはいかん」

サイコマン「……ただの偽物という可能性もあるかと思いますが……」

ザ・マン「始祖を騙る偽物であるのなら、尚のこと許せぬだろう。いずれにせよ罪深い所業には変わらぬ」

サイコマン「では……」

ザ・マン「粛清だな。無量大数軍を出すぞ」

サイコマン「ニャガッ!! 仰せのままに!!」






――ネバァーッ モアーッ






ザ・マン「むっ」グロロロロ

サイコマン「どうなさいました」

ザ・マン「……カラスマンの鳥が鳴いている声が聞こえた気がしたが……」

サイコマン「またまた」

ザ・マン「まさかカラスマンまで……」

サイコマン「そんなまさか」

ザ・マン「……確かめてこようぞ。お前は出撃準備をしておけ」

バッ

サイコマン「あっ、閻魔さん! 武道の姿のままですよ!」





――正義超人界の頭脳、知恵熱を出して曰く



    「…………こいつは…………?」――





島根 稲村旅館

はやり「今年もみんなで集まれたねー☆」

慕「高校卒業してからも年一回、みんなで静かに打てる大切な約束の日……」

悠彗「うん、これとコミケが毎年の生き甲斐だよ」

閑無「やっぱ旅館が実家って最強だよな!」

玲奈「もう我が家のような住み心地だよねー」

杏果「こらこら。ちゃんと宿代はいただきますからね」

閑無「あったりまえだって! 心配すんなよ!」

慕「…………」ウフフッ



閑無「よし、じゃあ始めようぜ! 今年は負けねえからな!」

玲奈「それ去年も聞いたようなー?」

閑無「いっ、いいだろ! 毎年言ってんだよ!」

悠彗「返り討ちにしてやるさ!」

杏果「……このやりとりも久しぶりだ」

はやり「はや~」

慕「…………」ニコニコ


ザ・マン「…………ここか」



対局中

閑無(今年はイケイケだ……!)タンッ

悠彗(……そうはいかないよ)タンッ

はやり(……やっぱり、このメンバーで打つのが一番楽しい☆)タンッ

慕(今年も……できてよかった……)タンッ

…………

……

慕(いい感じにきた……。これで……)

ザ・マン「……あの娘だな、ネバーモアを呼んでいるのは」

慕(鳥さん……!)

ザ・マン「…………来る…………!」グロロロロ





    ________
    |              |
    |  / ̄ ̄ ヽ,  |
    | /        ', |
    | {0}  /¨`ヽ {0}, !
    |.l   ヽ._.ノ   ', |
    リ   `ー'′   ',|
    |              |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






        //
       / /
      /  /    パカ
    /    /
   / . / ̄ ̄ ヽ
  / ./^)  ,     、',___
 / 〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},〉   /
/  ヽヽ   ヽ._.ノ  ヽ /
" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"∪



        //
       / /
      /  /
    /    /
   / . / ̄ ̄ ヽ
  / ./^)       、',___
 / 〈 〈  {0}/¨`ヽ{0} ,〉   /
/  ヽヽ  ヽ._.ノ   ヽ /
" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"∪




\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /   _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ  /     \          /
     \ / く  l   ヽ._.ノ   ', ゝ \     <  ウェイ!   >
     / /⌒  リ   `ー'′   ' ⌒\ \   /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)




ジュウシマツ住職「よっ、ごぶさた」

悠彗「…………また出た」

玲奈「昔っから相も変わらず……。これで何度目だよ?」

杏果「もう私たちみんな知ってるし、うんざりなんですが」

はやり「はや~……」

慕「…………」

閑無「まだお前は慕につきまとってんのか!! 出てけ!!」



住職「皆、元気な姿でなによりだね。私は住職です」

閑無「こっちは何も嬉しくないよ! さっさと出てけって!」

住職「はっはっは。相変わらずいい罵倒だね、いつもゾクゾクするよ」

閑無「…………キモッ」ゾクッ

はやり「はや~……」

杏果「……お泊りのお客様でないならお引き取りを。警察呼びますよ?」

悠彗「いや宿泊客でも追い払おうよ」

住職「フハハッ。また会おうぞ我が娘……ゲフンゲフン、鳥に愛された少女と仲間たちよ」

慕「えっ? 今なんて?」

住職「…………さらばだ」

スタタタタッ



旅館の外

ザ・マン「おい、待てそこの」

住職「何かね」

ザ・マン「貴様は……カラスマンなのか……?」

住職「いや、住職だが」

ザ・マン「?」



ザ・マン(外見はカラスマンとは似ても似つかぬ……。だが完璧超人にはオーバーボディがある)

住職「?」

ザ・マン(そして先刻確かに聞こえた、ネバーモアの付き従う声……。カラスマンに違いないはずなのだが……)

住職「何か用かね?」

ネバァーッ モアーッ

ザ・マン(……むっ、来たかネバーモア)

チラッ



        ノノノノ
       (゚∈゚ )  ─_____   ネバァーッ
       丿\ノ⌒\  ____ ___
      彡/\ /ヽミ __ ___
          /∨\ノ\  =_
         //.\/ヽミ ≡=-
         ミ丿 -__ ̄___________



   ノノノノ
  ( ゚∋゚)   モアーッ
  /⌒\ノヽ
 (〈  |)
  \) 〈ソ
  |\/|
  | /| ノ
  | )/
  |ノヽミ
  彡ヽ




ザ・マン(…………)

ザ・マン(…………)

ザ・マン(なんだあれは……)

ネバァーッ モアーッ

住職「うむ、今行くよ」

ザ・マン「……あれは何者だ」

住職「私の連れだが?」

ザ・マン「…………」グロロロロ

住職「?」

ザ・マン(見当違い……であったか……?)



ザ・マン(……だがこの際、もうカラスマンか否かはどうでもよい)

住職「どうした?」

ザ・マン「明らかに人間とかけ離れたその姿……。貴様は超人だな?」

住職「私は住職です」

ザ・マン「超人がこの私に黙って楽しく麻雀……ゴホン、人間に干渉するとは不届き千万」

住職「ふむ?」

ザ・マン「この超人閻魔が直々に粛清してくれようぞ」

住職「……私とやるというのかね」



住職「よしておきたまえ」

ザ・マン「何?」

住職「君では私に勝てんよ」

ザ・マン「貴様……誰に向かって口をきいている……」グロロロロ

住職「私は住職だが」

ザ・マン「この私を超人閻魔と知っての狼藉か……?」ギロッ

住職「すまぬが君のことは知らんな」

ザ・マン「…………」



ネバァーッ モアーッ

住職「…………む」

ザ・マン「?」

ネバァーッ モアーッ

住職「…………ゲッゲッゲッ」

ネバァーッ モアーッ ネバァーッ モアーッ

住職「……なるほど。大体把握したよ」

ザ・マン「なんだと……?」



住職「ならばひとつ、約束をしないかね」

ザ・マン「何?」

住職「君が私とやりたいのであればやるがいい。全力で技を仕掛けてきたまえ」

ザ・マン「……いい度胸だ」

住職「だが、もしも私がそれに耐えたならば」

ザ・マン「?」

住職「我が娘……ゲフンゲフン、人間界で麻雀を打つ少女達にちょっかいをかけるのは、もうこれっきりにしてもらおう」

ザ・マン「!」



住職「今聞いた話では、人間界に軍勢を引き連れて来ようとしているらしいね」

ザ・マン「!」

住職「超人同士なら好きにすればよいが、我が娘……ゲフンゲフン、人間の少女達が相手となれば話が違う」

ザ・マン「…………」

住職「超人はその活動において、決して人間に危害を加えるべからず。属性や主義主張を超えた大原則ではないのかな」

ザ・マン「…………」グロロロロ

住職「超人閻魔と言うからには、ひとかどの地位にある者だろう。何を日和っているのか」

ザ・マン「…………言うではないか」



ザ・マン「私のことも知らぬ下等超人が。死にたいらしいな」

住職「私は住職です」

ザ・マン「…………」グロロロロ

住職「どうかね?」

ザ・マン「よかろう、望み通りにしてくれるわ!」クワッ

住職「むっ」

ザ・マン「神を愚弄した罪、その体で償え!!」

住職「……来るか」

ザ・マン「タトゥーーッ!!」

ダダダッ

ザ・マン「ターゥ~~ッ! トゥーターーッ!!」

グワッ



ガシッ

ザ・マン「硬度10! ダイヤモンドパワー!!」カッ

住職「…………」

ザ・マン「グロラァーーッ!!」

ゴゴゴゴゴゴ

ザ・マン「完璧・零式奥義! 千兵殲滅落としー!!」

住職「…………硬度i(虚数)、ギャグマンガボディ」

カッ

ズッガァン



ザ・マン「……安らかに眠るがよい……」グロロロロ

住職「ほっ」クルッ シュタッ

ザ・マン「!?」

住職「どっこい生きてる住職です」

ザ・マン「なん……だと……」

住職「いやいやいや、まいったまいった」

ザ・マン「無傷……だというのか……?」

住職「いや、わりと痛かったがな?」ゴキゴキッ

ザ・マン「何を……言っておるのだ……」

住職「ギャグマンガならこの程度朝飯前だね」



ザ・マン「何故だ……。何故私の全力奥義を食らって平然としておれる……」

住職「端的に言うならば、君とは住んでいる世界が違う」

ザ・マン「住んでいる……世界……」

住職「じゃ。先程の約束、よろしく」クルッ

ザ・マン「待て! 何なのだ貴様は!!」

住職「それでは私は、先に、おしとします」

ザ・マン「待てと言っておるーーっ!!」

住職「あでゅー」

シュタタタタッ

ザ・マン「……逃げられた……」



ザ・マン「…………」

ザ・マン「…………」

ザ・マン「…………」

ザ・マン「…………」

ザ・マン「グロラァーーーッ!!!」



超人墓場

サイコマン「お帰りなさい、閻魔さん!」

ザ・マン「…………うむ」

サイコマン「ご安心ください! 閻魔さんがお留守の間に、この私めがちゃんと全員裏を取ってきましたので!」

ザ・マン「そうか」

サイコマン「始祖たち全員、超人墓場から出てなどいませんでしたよ! あの馬鹿兄弟以外に裏切り者など居やしません!」

ザ・マン「ああ」

サイコマン「ですから、閻魔さんが見たというのは真っ赤なニセモノ!」

ザ・マン「……そうだな」

サイコマン「完璧超人始祖を騙るなど言語道断ですね! いざ粛清に参りましょうか!」

ザ・マン「…………いや。もういいのだ」

サイコマン「ニャガッ?」



ザ・マン「もう人間界には手を出さぬ。麻雀を打つことも二度とするまい」

サイコマン「!」

ザ・マン「最初に私が言った通り。所詮は住んでいる世界が違う者どもだ」

サイコマン「はあ……」

ザ・マン「…………だからもうよい」

サイコマン「…………」

ザ・マン「…………」

サイコマン「…………」

ザ・マン「…………」

サイコマン「閻魔さん……まさか……」

ザ・マン「…………」グロロロロ



サイコマン「……小娘どもに麻雀で勝てなかったんですか?」

ザ・マン「…………」ギロッ

サイコマン「ヒッ」

ザ・マン「……不完全な情報を邪推するなど、完璧超人としてあるまじき振る舞いであるぞ」

サイコマン「こ、これは失礼を致しました!」

ザ・マン「…………今度だけは許そう」

サイコマン「ハハーッ」


――こうして、超人閻魔の心はまた一段とねじ曲がったんだとさ。


ザ・マン(…………もっと女子高生と麻雀打ちたかった…………)グロロロロ


カン




2017/04/23