とは。






【驕れるものは】

笹木「クククッ……お前にドラは来ねえよ松実……」

玄「えっ……」

笹木「係を買収して卓を改造したんだ……。ほぅれ、ドラは全部俺の手の中だぜ」パタッ

玄「そん……な……」

憧「わざわざ自分の手牌を晒して……。なんて嫌がらせ……!」

笹木「ほぉーら欲しいか~? このドラ、泣いて謝るなら捨ててやってもいいぜ~」

玄「ひ……ひどい……」

笹木「って、本当に捨てやしねえけどな! ぎゃーっはっは!」

玄「うう……」グスン

笹木「所詮金の力には敵わねえんだよ! そうら、リーチだ!!」

タンッ

照「ロン」




【判定付き麻雀】

宥「ツモ。2000・4000です」

柏手の安「うむッ、赤い牌をちりばめた見事な手だ!」パァン

実況「出ました柏手です!」

泉(取り返したる! 安くても速攻や!)

泉「ツモ! 300・500!」

柏手の安「む……形が悪い」

ピピーッ

審判「その和了無効です。柏手が出なかったので」

泉「えっ」




【普通の寿司漫画としての】

パシュッ

ヒュルルル…

ズガン!!

久「ツモ! 3000・6000!」

慎吾「うわ……なんだよあのツモ……」

飛男「マナー悪っ……」

将太「こ……れだ……」

飛男「将太クン?」

将太「これだ! これだよ! これこそが僕の求めた……! 小手返し一手を超える究極の寿司の握り方……!」

慎吾「えっ」




【天地創世(ビギニングオブザコスモス)もできます】

奥万倉「ロン。白単騎だ」

誠子「なっ!?」

憧「なんで!? 白はもう三枚出てるのに!」

灼「五枚目の白……どうして……」

晴絵「あれは間違いない……! ゾーリンゲン轟盲牌……!」

穏乃「知ってるんですか、赤土先生?」

晴絵「牌の表面を包丁で削って白を作ったんだ……! なんという包丁さばき……!」



和「すみません、牌の厚さが違いますよ? イカサマですね」

奥万倉「あっはいすみません」

憧「ブレないわね和……」




【吾子さん】

`○ω○´「あこちゃんだぁーー!!」

飛男「お、おう。俺は吾子ちゃんだが何か用かいお嬢ちゃん」




【赤身3、炙り3、中トロ3、ネギトロ鉄火ヅケの海苔巻き順子に大トロ2の頭】

将太「見ててくれ渡辺さん……! これが僕の……将太の和了だ!」

パシッ

将太「ツモ! 清一色三暗刻ドラ3(マグロづくし)!!」

実況「ゲェーッ、あれは麻雀牌じゃない……! 寿司です! マグロの寿司を十四貫揃えた清一色の和了です!」

解説「ちょっと何言ってるかわかんないです」

琉音「麻雀しろよ」

将太「渡辺さん!?」




【お寿司屋さんごっこ】

初美「初美寿司ですよー」

巴「フフフッ、じゃあ私は巴寿司!」

初美「ずるーい! 主人公じゃないですかー!」

霞「あらあら、初美寿司さんだって主人公に勝ったこともあるじゃない」

初美「でもー」

小蒔「それでは審査委員長、二人が争う次の課題は」

春「『黒糖の寿司』です」

初美「えっ」

巴「えっ」




【極限の対決】

怜「ロン」

百目の辰「何っ!?」

怜「リーチ一発タンヤオドラ3。親っパネは18000や」

パタパタパタッ

百目の辰(こいつ、俺の手牌が……。いや、俺が何を捨てるかまでも見えていた……?)

怜「百目の辰……いや、"百ガンの辰"さん。アンタの目利きは確かに凄いわ」

百目の辰(ぬぅ……どうして将太たちも知らないそっち界隈での異名を……)

怜「牌についた僅かな傷をも見分ける、ガン牌の達人……。アンタの目には、さぞ凡人とは違う景色が見えとるんやろな」

百目の辰「…………」

怜「……でもな。私の目ぇかて見えとるもんがある。……アンタには絶対見えへんもんが」

百目の辰「…………何?」

怜「私の目に映っとるんは……未来! 大切な仲間たちと一緒に歩む、私たちだけの未来や!」

ワァァァァーーーーー




【吾子さん2】

憧「お姉ちゃん! お母さんがタバコの葉っぱご飯にかけて食べたってどういうこと!?」

望「えっ何言ってんのよ憧」

憧「いま町中のうわさよ、あこちゃんが不良になっちゃったからーって! 冗談じゃないんだけど!!」

望「それ違うあこちゃんじゃないの」




【料理人殺しの麻雀講座】

将太(ようし……! 理想的な三面張テンパイ……いけるぞ!)

将太「リーチ!」タンッ

武藤鶴栄「この……バカ者がッ!! こんな手が和了れるものか!!」

将太「ええっ!? な、なにがおかしいんですか武藤さん!」

武藤鶴栄「自分の手しか見ておらんからそうなるのだ。……失望したぞ、関口将太」

将太「自分の手……?」

飛男「……ああっ! 将太クン、河をよく見て!」

将太「!! ……二五八筒待ちとはいえ、河にはもう二筒が1枚と五筒2枚、僕の手に五筒が1枚とドラ表示牌も五筒」

慎吾「……そして、対面の大年寺さんが二筒をポンしてる! 二五筒はもう無いよ!」

武藤鶴栄「……そうだ、そして見せてやろう。カン!」カァン

慎吾「!!」

将太「八筒を……暗槓だって……!?」

飛男「将太クンの待ちが……枯れた……」

武藤鶴栄「河をよく見ておれば、わしが残りの筒子を抱えていることなど容易に気づくはず……! 場に出るはずもない」

将太「ぐっ……。僕は……僕は……」

飛男「将太クン……」

将太「目先の手の美しさに囚われて……。それが本当に和了れるものかまで気にしていなかった……!」




【フードファイト風】

小政「へいらっしゃい! 何にぎりやしょう!?」

明華「イクラをあるだけ。他はいりません」

将太「!?」

小政「おいおいねえさん、外人さんかい? 寿司ってなぁもっといろいろ……」

明華「いいからイクラを。ないのなら数の子とトビコをお願いします」ギロッ

小政「!」ゾクッ

大政「…………お客さんのご注文通りにしろ、秀」

小政「へ、へい……。(あの目の鋭さ……! こいつぁ本物だ……!)」

佐治「あ、あれは間違いねぇ、"寿司屋殺しのみょん"……! まさかウチにも来やがるなんて……!」

将太「知ってるんですか、佐治さん?」

佐治「突然空から舞い降りるように現れ、とにかくプチプチのネタだけを食いつくして去るという魔女……実在したとは」

将太「そ、それがどうして寿司屋殺し……?」

佐治「バカ、そんな食い方されりゃイクラだけ先に終わっちまうだろが」

将太「あっ」




【狩宿巴の野望】

巴「……そっか……。巴寿司なら、主人公になれるのよね……」

初美「どうしたんですか、巴ちゃん? ひとりでブツブツつぶやいて?」

巴「いっ、いえ! ななっ、なんでもないですよ!」ビクッ

パサッ

霞「あら、何か本が落ちたわよ」

巴「あっ」

春「……『北海道グルメガイドブック・小樽でお寿司を食べよう編』」

初美「北海道に行きたかったんですかー?」

小蒔「いいですねー。私も行きたいですー」

巴「そ、そうですね……」ドキドキ







とは。







2019/01/02