山野モバイル・オケ〜イ!

ライブ情報、画像、日記、恋の相談など

(new)2015年ライブスケジュール





4月14日

町田Theplayhouse

14 tue Water Color

open 18:00 - start 18:30 / adv.\2000 - door.\2300

drink,¥600
Solana / 鈴木ケーイチ / 田宮俊彦 / 山野隆直 / NOB MARFY



Solana

鈴木ケーイチ

田宮俊彦

山野隆直

NOB MARFY



5月2日(土)

西麻布レッドシューズ

「SHOW-SKA presents 東京赤い街」

【OPEN】20:00【START】20:30
前売¥2,500- 当日¥3,000- (各ドリンク別)


FB_IMG_1427873431129





5/12(tue)

池袋手刀


[TAKASHI 3rdシングルCD『TAKASHIの漢唄』 RELEASE PARTY]
TAKASHI
NaG
酒井少年
山野隆直
利華一人(dibs)
■open 18:30 / start 19:00
■adv. ¥2,000(+1d) / door ¥2,400(+1d)
※プレミアムパイプ椅子シッティング公演です

ボケボケであった

今日私は生まれて初めての経験をした


皆さん電車で乗り過ごした事はあると思うのだが


今日、私は自分の家のある最寄り駅より

3駅手前で降りてしまった!

「乗り過ごし」の逆の言葉はなんと言うのだろうか?


まぁ、朝10時から夜10時まで仕事して

その後にスタジオに入って熱唱していたから

疲れるには疲れていたが・・


マジでボケボケだわ

rps20150412_000147



オケーイ!

キュリオ クラブキューで2デイズ(後半)

さて、明けて4月6日

キュリオのアコースティックライブ&トークショーが行われた

キュリオのアコースティックライブは初めて見たのだが

やっぱ歌が生々しくていいねぇ

バンドとはまるで歌い方が違うのだわ

歌のほんとの細か〜い表現は

やはり爆音のバンドサウンドの中でやるより

静かで息継ぎの音まではっきり聴こえるような中でやった方が断然イイ!

ただアコースティックは歌い手に技量がないとほぼ成立しない

「バンドで歌ってた方がいいじゃん」ってなってしまう

ロックバンドでどれだけカッコよく上手く歌えていても

アコースティックになると違和感しか感じる事ができないパターンはよくある

つまりロックバンドで主に活動しているボーカリストはまわりが静かになると歌が一本調子になりがちだし

また逆に言えば一本調子なのが浮き彫りになってしまうのだ

NOBはバンドと同じ曲をアコースティックで表現し切っていた

まぁ、あの声質なので強弱つけて感情たっぷりに歌われると鳥肌が立つのだわ

個人的には次のシングルとなる「フットステップ」って歌が

サイコー!

アコースティックでやるとは思わなかったので「ラッキー!」だった

rps20150407_003546

rps20150407_043650



ライブ後、インディーズ時代のレア映像の上映会を経てトークライブ↓
rps20150407_043617

このトークライブがレア話し満載で面白かった

プロになるまでの裏話しであったのだが

この話しは何か目標を持つ人全てに勇気を与える素晴らしい話しだったと思う

そして素晴らしきキュリオの2デイズはフィナーレをむかえた


で!

でだ!

実はここからが大波乱だったのだ!


実はNOBはこの日、夜の10時45分に渋谷発のバスで小松に帰る事になっていた


打合せでは「夜の10時前にはトークショーを切り上げて渋谷へ移動しましょう」

と、言う話しだったのだが

トークライブが終わったのが夜10時15分・・

「や、ヤベー!バスに間に合わん!」

NOBと俺はトークライブ終了20秒後にはサックスなどの荷物を抱えて裏の機材搬入口へ走った!

が!走り出した俺の後ろからNOBが

「山野!どこ行くんや!」と叫ぶではないか

「??」

何と私は出口と逆の方向に走り出していたのだ!


クラブキューはサイゼリアなどの大型レストランが入る大きなビルの地下二階

機材搬入の通路は迷路みたいになっていたので

私は方向感覚を失っていたのだ!


「うお!」

私は方向転換をして階段をかけ上がるNOBを追った!

しかし、キャリーケースを抱えて走っていた俺は転んでヒザを強打した!

激痛とともに俺は「コケた!」と叫んだが

NOBはどんどん階段をかけ上がって行った!


先にネタバレしてしまうがバスの発車時間には間に合いNOBは無事バスに乗車する事ができた

で、バス発車後にNOBからフェイスブックで


「お陰様でバスに乗り遅れずにすみました、ありがとう!」

と、書き込みがあったが・・


ここまで私は邪魔しかしていない

私がいなければもっと早くバス停に着いていたのは間違いないだろう


しかし!

ここでNOBも痛恨のミスを犯す


やっとNOBの背中が見えて

「さあ!タクシー拾おう!」と言うやいなや

NOBが「あれ?出口が無い!」

と、茫然と立ち尽くしているではないか?

「え!出口が無いってどういう事?」

んな、アホな!


説明しよう

出口は地上1F

我々が茫然と立ち尽くしていたのは2F


そう、NOBはかけ上がりすぎたのだ!

2Fに出口などありはしないのだ!

ここまで振り返って見るとまるでコントをやっているようなのだか

やってる本人達は大マジメ!

全く笑顔は無く顔面蒼白状態だった


過ちに気付き一気に階段をかけ下りる俺とNOB!

見えた出口からは神々しい閃光の光が見えたような気がした

全力疾走で大通りに出てタクシーを捕まえた!

この時10時20分くらい

「運転手さん!10時45分に渋谷から出る高速バスに乗りたいんですけど間に合いますかね?」

私は運転手さんが「はい間に合います」と返事をした記憶は無い

「この道を通って行きます」とだけ言うとゆっくりと走り出した


道はそこそこ混んでいたと思う

しかし、この運転手はヤリ手だった

私の記憶では4回

「ウォォーン!」とエンジンが唸っていた!

スタートはゆっくりだったが

ここぞと言う時はアクセルを踏み込んでいた!


「間に合う!」

私は確信した!

何度かタクシーで下北沢と渋谷を行ききした事が
あるが

速い人で10分ちょっとくらいで下北沢ー渋谷を走り切ってしまう

変なボッタクリ運転手だと「道が分かりません」って30分かけたヤツもいたけど


私はほっとして外を眺めていた

都会のネオンが眩しいぜ



ここでまたアクシデントが!

NOBがいきなり「おしっこしたい」と私を見つめるではないか!

ゥオオ〜NOB!

あと5分!我慢できんのか!

NOBの顔を見るとおでこにうっすらと汗をかき目からは光が失われていた

この状況でこんな事を言うという事はもはや限界か・・・

目に入ったコンビニに止めてもらうとNOBはコンビニに消えていった

1分、2分、3分、4分・・・

NOBはなかなかタクシーに帰って来ない・・

「なんか遅くね〜か?もしやう○こだったのか?一体どーしたんだ!」

時計を見ると10時30分はゆうに越えている!

ヤベー!帰ってこねー!

私は焦ってアブラ汗が吹き出してきた!

「すいませーん、お待たせしました!」

帰ってきたNOBの手には袋に入った缶ビールが数本・・・

ゥゥオオオー!ビール買うとったんかい!


再び走り出すタクシー

この時ばかりは「ゥオオーン!」とエンジンを唸らせながら加速していた!


運転手さんは「マークシティですよね?もうバスの横まで行っちゃいましょう!」

と、バスの真横につけてくれる事を提案してくれた!

結果これが項をそうして発車時間に間に合ったのだ

バス乗り場はマークシティと言うビルの屋上にあるのでビルの前で降ろされていたら確実に間に合わなかったと思う

「間に合った〜\(^o^)/」

するとNOBが何やらIphoneをいじりだした

「なんしとん?」

「んふふ」

「あ、写真かぁ」
rps20150409_020154


この時の時間は10時40分

激動の熱き2日間の終りの時だった


最後の5分間、NOBは俺に

「あれもこれもじゃなくて1つづつちゃんとやるといいと思うよ

あれもこれもやろうとするとどれも手付かずになってしまって腰が重くなると思うし!

特に山野は1人でやっとるしあれもこれも一気にやるのは難しいやろ?

でも1つ1つちゃんとやっていけば大丈夫や!」

と、言い残して去って行った

この2日間で初めてちゃんとNOBと話せた時間だった

ま、話さなくても見せてもらったからね!

どんな状況でも「やりゃあできる!」って

ドタバタだったけど楽しい意味ある時間だった


総括して皆さんお疲れ様でした!

rps20150407_045247

(ジョン・ランボー※友情出演)

















livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ