山の上ナースステーション「社員のつぶやき」

東京都日野市南平にある訪問看護ステーション「山の上ナースステーション」の社員のつぶやきブログです。会社での出来事や研修参加、時には、社員のプライベートもつぶやいています。

2017年02月

こんばんは。事務・総務の浅見です。

実は、先月から車いす対応の軽自動車を導入しました。
軽自動車なのでコンパクトで、普段は4人で座席に座って乗れますが、
イメージ 1           イメージ 2


いざ、車いすの方に乗っていただく際には、後ろ座席を倒して、スロープを出せば、
安心して乗っていただけます。電動ウィンチもついているので、安全です。
イメージ 3     イメージ 4


これで、車いすの方もお気軽にサービスを受けていただけたら嬉しいです。

森の木の梶原です。



デイサービスの開設が4月1日になります!



当初は2月を目指してましたが、
なんやかんやで延長してましたが、
ようやく開設できそうです!



まだ看板はついてないですが、
張り紙をしておきましたので、
通りがかった際はみて下さい^_^

イメージ 1

イメージ 2



森の木職員一丸になって、4月openに向けて準備をしていきます!


ちなみに3/29~31は引っ越しのため休みになりますm(__)m


山の上ナースステーション

Hello!How is everyone??
え~はい。最近英語の勉強もしているケアマネの辻です。

行ってまいりました、走ってまいりました、青梅マラソン!
種目は30kmと10km。
山の上NSSTとしては、NS1名・PT2名・ST2名・CM1名が出場。Supporterが2名。(看護所長とNS)
自分はマラソン未経験ですが、30kmに出場。何とか完走は出来ましたが、体が壊れかけました。笑
最後は出場者で、銭湯に行き、焼肉を食べ(自分が行きたい行きたいと言いました)、解散となりました。

今回のマラソン大会もそうですが、山の上NSSTの雰囲気はとても溶け込みやすいな、と改めて感じました。特に一番肌に感じているのが、他職種との関わりがしやすい!ということですね。
え~、よくある変な壁?(笑) がないですね。
ちなみに自分はまだ入社して7ヶ月の新人の身であります。|゚Д゚)))

来月には、山の上NSST内で、スポーツレクも行います。このような形で仕事以外でcommunicationが図れるのは、とても良いあり方だと思ってます。
もちろん、勉強会や研修などを通して、仕事内での他職種交流も頻繁に行ってます。
安心してください・・・やってますよ!(安村風)

今回はこんな感じで以上とさせて頂きます^^
Then.....See you again. Have a nice day

イメージ 2


イメージ 1


山の上ナースステーション 市岡です

2月11日、12日と地域リハビリテーション専門人材育成研修[現任者研修]に参加いたしました。
下記の通り、(新)地域リハビリテーション活動支援事業という新しい事業に向けた人材育成を目的とした研修です。
要支援者の訪問介護、通所介護が総合事業に移行され、従来の介護事業所に限らず、民間企業やNPO、住民運営通いの場等が介護予防に参画する動きが出てきています。
イメージ 1
そのなかで地域リハビリテーション活動支援事業として、リハビリテーション専門職等が通所、訪問、地域ケア会議、住民運営の通いの場に専門職が関与していくというものです。
イメージ 2
研修を通して感じたこととしては、現在所属する組織から関与することになりますので、時間の確保と密度、質をどう考えていくか。
まだ新しい事業なので、決まった方法というのもまだなくて、模索の段階であり我々専門職と地域包括支援センターとの連携を通して、地域に対してできることを創造していくことが重要と思いました。

在宅リハビリでは、よく終了をどうすべきかという話しがあがります。
自宅の生活が安定すれば、外へ通うサービス。通所介護等への移行をすすめることが多いのではないかと思います。

では、通所介護の先はどうなのか。

我が国は周知の通り、人口減少、超高齢社会をむかえます。現在の社会保障では賄えない時期がやってきます。

それは、フォーマルサービスの限界です。

私たち専門職、我が国の行く末を見据えて、なにができるかを本気で考えていかなくてはいけません。

地域リハビリテーション活動支援事業が、その行く末の一助になるのか。まずはとにかくやってみて、失敗と成功を繰り返して、後で吟味していく。

そんなことを、あたためて考ることができた2日間でした。

イメージ 3

このページのトップヘ