2018/05/15 今日のお弁当
2018/05/15




2018/05/15





 レシピが分かるかもしれないメニュー
 薄切り豚肉のたれ炒め
 スナップエンドウの炊いたん
 ポテトサラダ




🐣今日の玉子焼き🐔
05/15/刻み大葉&あごフレーク
🐥 刻み大葉&あごフレーク



 余計なワンポイントコメント 
今日のお肉はチョー簡単。
焼肉のタレで炒めただけですわ 
お豆も、ポテサラも前日に作っていたので今朝は楽チン 

火曜日は、連れ合いの出る時刻も1時間遅いので、少しゆっくりさ。

      


昨日は先週アポを取っていた関電の保安員さんが来てくれました。

実は.....

以前にも書いたけど、去年の10月の台風で高島市の雑木林の木がバタバタ倒れて、我が家の回りもでも随分倒れたんだけど、その中の倒れきらずに傾いたままの残っていた木の葉が茂り、上のほうがかなり重くなり、風を受けてさらに傾いて枝が送電線に触れ始めたのでした。
ここまで傾いちゃうと、クレーンで吊るしながらでないと伐採できなくて、素人には手がつけれないのですよ。

このままでは、強い風が吹く⇒ 木が完全に倒れる ⇒ 送電線を切る ⇒ 停電 ⇒冷蔵庫が止まる。

コレはまずいです 

で、倒れる前に関電に木を伐採してもらおうと思って、現場を見に来てもらったのですがぁ...... 

結論から言うと、今の時点では地権者の承諾がいるので勝手に伐採は出来ず、触れている枝しか切れないとのこと。

実は、この土地の地権者は、今どこに居るか分かんなくって、不動屋さんがこの土地を売ってもらおうと探した時も見つけれなかったのですよ (つまりは僕が自由に使ってるんですけどね ) 

という事は、地権者の承諾が得られない ⇒ 迂闊に関電は手が出せない(切ってしまってから原状に戻せと言われても無理なので) ⇒ 送電線に幹が触れていると法的に関電が有無も言わさず切ることが許されている ⇒ つまり木が倒れるのを待つしかない 

 これって、爆弾抱えながら暮らさなきゃいけないこと
自分で伐採頼むと 10万円くらいかかることもあるしさぁ 

途方に暮れた僕に関電の保安員さんは、
「けっこう送電線って強いもので、すごい勢いで太い木が倒れたらブチ切れますが、この程度の太さの木で、しかももう傾いているのでヤンワリ倒れるだろうから、たぶん電線は切れませんですよ」

と気休めを言ってくれたので、それを信じて暮らすしかないっす

早く倒れて切ってもらいたい気持ちと、倒れたらやっぱり送電線切るんじゃないか?という不安が 

秋の台風シーズンが山場ですなぁ 


今日も応援投票をお願いしま〜す 
読んだら「いいね!」をポチッと投票してね 
  


最近使っている調理器具
_SL1000_

アイリスオオヤマさんから頂きました 




この本に僕のお弁当を取り上げてもらいました。
絶賛?好評?発売中です  
重版決定! 
 

 写真をクリックすると売り場へ