2005年11月14日

あの頃のわたくし(武術編)

ここ最近、このブログでコメントにちょくちょく武道の話題に触れてますので・・・
いい機会ですから、今回はそんなお話。

私は正真正銘の運動音痴。
子供の頃から体育の時間が大嫌いで
運動会の日はどうすればズル休みができるか・・・そんな事ばかり真剣に考えていました。
小学校2年生の時の運動会、その当日に父方の祖母が亡くなり運動会は当然欠席。
人の死というモノがどんなものか分からない私は、祖母が亡くなったという事よりも、運動会にでなくていいという事がひたすらに嬉しくて喜び、両親から首が後ろに回るくらいにシバかれたのを覚えてます。

球技なんかは大の苦手、友人達と休みの日なんかは公園で野球をやったりしていたけれど、やっぱりヘタクソ。

とにかく運動音痴の私でした。いや、もちろん今もなんですが。

身体を動かすのが嫌いな私でしたが、唯一、好きなのが武術でした。
ブルース・リーに憧れ、おもちゃのヌンチャクを振り回し、倉田保明主演のテレビドラマ
「戦えドラゴン」に熱中した小学生低学年時代。

やがて高校生になった私は、当時の夢だった警察官になるべく筋トレを開始。
腕立て伏せ、腹筋、ヒンズースクワット、ジョギング・・・

そんなある日、私はある一冊の専門誌に出会いました。
知る人ぞ知る中国武術専門誌「武術(うーしゅう)」
テレビでしかみた事が無い中国拳法の動きが解説されてました。

もともとオタクっぽい私。
熱中するのに時間はかかりませんでした。

やがて幼稚園の頃からの幼馴染、K君と一緒に練習を始めました。
Kは通信教育(笑うな!!)の載拳道(ブルース・リー創始のジークンドー)と詠春拳。
私も同じく通信教育(絶対笑うな!!)のキック&マーシャルアーツだったり蟷螂拳だったり。あ!あとKはヌンチャク、私はトンファー。

今でこそ色々な武術を学ぶ環境が、福岡でも整ってますが当時は皆無。
まして私たちが住んでいたのはド田舎。
絶滅したと言われていた生物が発見されて、ニュースになった位の田舎。
本を見ながらやるしかなかった。
今なら俺でも失笑モノだが、当時は大真面目。
だから笑うな。

本を見ながら御互いの動きをチェック。
「腰をもう少し低く」
だの
「拳は縦じゃなくて横拳」
だの。

合ってるんだか合ってないんだか分からない。
だけど二人は大真面目。
それぞれの練習が終わったら、最後に結構本気のスパーリング。

場所は住んでいた町から出征し、戦死した人たちの慰霊施設。
人目につかず、下はコンクリートでかなりの広さ。
練習前と練習後には必ず、彼らに手を合わせていた。
そのおかげなのか練習中の怪我は全くなし。

そんな高校生時代でした。
今の高校生と比べると、ホント、ガキっぽい(笑)

だけど、後に少林寺拳法を始めた時に、この時の練習は無駄じゃなかった事を知りました。
あ、一応言っときますが・・・少林寺はちゃんと道院(道場)に通いましたから。
道院長は開祖の愛弟子の一人。現在でも少林寺拳法組織の中で七本の指には入る超有名な先生です。

今やってるのはブラジリアン柔術。
これももちろんちゃんと道場に行ってますよ。
名門道場「パレストラ」ですから。
ま、私自身はヘタレなんですけどねw


yamasann0940 at 00:07│Comments(10)TrackBack(0)思い出 | 武術

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ロニコー   2005年11月14日 00:41
少林寺拳法は非常に優秀だと思う。ちょっとしたコツと体作りの方法を掴めばって感じかな。どれでも、そうなんですが…。練習方法にも問題ありだと個人的に思う。大人数を教えるから仕方ないとも思う。でも技術はかなり優秀だぜ。偉そうに言ってしまったw本当にちょっとしたコツなんだ。ここには書けねぇw
2. Posted by ロビン   2005年11月14日 00:57
前のロニコーさんのコメントで
>先生の当たりハズレは宝くじなみw
と、あるのですが、これ凄くわかります!
選手は指導者でかなり影響しますよね。技術もそうなんですが、思想とか。

俺も武術の本いくつか持ってますよ!
ブルースリーのサイドキックをスロー再生したり、ワンインチパンチを極めたいと思い練習したり。
俺ってつえーな!みたいな。俺は世界最強の孤高な格闘家。もうオナニーですよこれは。
そんな俺は、街にでると怖そうなにいちゃんにびびりまくって端を歩くような人間ですw
3. Posted by ロニコー   2005年11月14日 01:01
補足…紙コップさんのブログにあった根幹。心意拳ブログでは龍腰?だったかな。これ等は同じ場所を意味している。他の派閥でも言い方ちがうが同じ場所。こういうのは余り書かない方がいいんじゃないかと思っている。先に書いているから書いてみたwとてもとても重要。機会が有れば教えるよ。読んだら消しといて
4. Posted by やまさん   2005年11月14日 01:20
>>ロニコーさん
あんた何者なんだ(笑)
いや、冗談抜きでホントに教えを請いたくなってきました。
補足の投稿については、ロビンさんが読んだら消しますね。
てか、ホントに消しますか?
近畿でしたよね?俺、いつか必ず行きますわ。
だから教えてください。いやホントに。

>>ロビンさん
ソレが究極の護身術ですよ。いやマジで。
火の粉がふりかかった時にだけ使えばいいんですよ。
そう思う俺はヘタレ?
5. Posted by ロニコー   2005年11月14日 22:39
まぁ一言で言うと人生の負け組w金、地位、権力、名誉、その他諸々に無縁の男wでも技はもってるよwそれだけのつまらない人wまぁ無名で地味に行くのもいいんでないかいw最近は皆が勝ち負け求めすぎ。勝つと何かとややこしい。バブルの頃の様に心に余裕がないから小さい勝ち負けで遺恨が残る世の中になった。財布が寂しくなって心も寂しくなるって何かおかしくないかい。逆だと思うんだがねぇ。俺は全部すてたら余裕が出来たww
6. Posted by やまさん   2005年11月15日 19:03
>>ロニコーさん
うん。俺も負け組ですね。技も無いけど。
ロニコーさんの言ってる事分かりますよ。
最近、昔じゃ考えられないような事件が多発するのも心が貧しくなってるせいだと思います。
7. Posted by    2005年11月15日 19:27
話を変えちゃってすいませんが・・・


私も剣道で得意技ありますよ〜『小手抜き面』!!
相手にとってはすっごい恥辱的な技なので
1本取ったら相手は2度と取られたくない技です・・・。

こぅ、わざと小手に隙を作って誘う。
打ってきたところをかわすと共に竹刀を振り上げ
一気に面に叩き込む!!!
かっこよく音が響いてしかもキマったのが丸わかりなんです


すぅごく神経使うんですけど2度は効かないこんな技・・・
相手に恥辱を与えるこんな勝ち方でいいのかとよく疑問に思います・・・


少林寺とかかっこいいですよね!!
型とか見てるだけで戦いたくないって思います☆

ロニこーさんは一体・・・w
8. Posted by 冬の大三角   2005年11月15日 19:48
関係無い話なのですが、とある劇団のゲネを見に行った時に
何か違うなぁという足運びの人が居た。
気になってコソーリ見ていたら演舞っぽいのを裏でやってた。
あれは八極拳かなぁ? 八極拳に演舞があるかは知りませんがw
そんな話でした。
9. Posted by やまさん   2005年11月15日 20:25
>>遼ちゃん
ソレ一度見てみたいなぁ。
わざと隙を作って、そこに相手を誘い込むのは武道・格闘技の常套手段なんだから無問題。

>>三角さん
演武というよりは套路(トウロ)だったのかも。
ちなみにコレは八極拳の套路の一つ「小八極」だそうです。
http://media.putfile.com/MattheisRevisted
ところで・・・ゲネってなんですか?
10. Posted by やまさん   2005年11月15日 21:08
>>遼ちゃん
補足 遼ちゃんも武道やってるからまさかとは思うんだけど・・・
中国拳法の「少林寺」(少林拳)と間違ってはいない・・・よね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔