2006年02月25日

旅のまとめ 3日目(2月22日)

c1b2972a.JPGこの日は私の誕生日。
お祝いコメントくれた方々、ありがとうございました。

写真はその日の朝、宿泊した1号室の前で撮影した写真。
この時点ではなかなかの好天。

管理棟に行くと、昨日一緒に酒を呑んだ管理人さんは既に本業の農作業に出た後。
代わりにいらっしゃったのは40代後半と思われる女性。
管理棟や客室の清掃を担当されている様子。
挨拶を交わし出発する。

この日の目的地は四万十川源流。
ルートを確認してR381を走る。途中道の駅「四万十大正」に寄り、トイレ休憩と2ちゃんのスレの確認。
バイクにまたがって伸びをしていると、後ろから声をかけられた。

「九州からですか?」
驚いて振り向くと50代とおぼしき男性が一人。
その格好はまさにライダー。
「はい、北九州からです。どちらからですか?」
「いや、私は地元です。宇和島からです。休みの日には出て回ってるんですよ」
「宇和島ですか。昨日松山港から上陸してこちらに来る時に通りました」
会話は続く。
「四国を回ってるんですか?」
男性が訊いて来た。
「いえ、四万十川を見に来たんです。これから源流に向かって、その後松山に戻ろうと思ってます」
「そうですか、だったらR439よりも・・・遠回りになるけどR381でR56、そして時間が有ればR321・・・サニーロードと言うんですが・・・そちらを通って足摺岬に寄っていくといいですよ。走りやすくて快適です。R439は勧めないなぁ・・・」
「そうですかぁ・・・じゃあそうしようかな・・・」
男性のバイクに驚いた。
BMWの大型バイク。1000CC越え。カーナビとアマ無線機付き。
聞けば奥様もライダー(!!)真に羨ましい御夫婦。
出来る事ならこういう年輪を、俺も積み重ねていきたい。

男性と記念写真を撮って挨拶して別れる。

朝は晴れていたが雲行きが怪しい。今にも崩れそうな天気。
レインウエアを着込み出発。

R439を北上し、源流点を目指す。
走っている間にも天候はコロコロ変わる。
雨が降ったり、晴れ間が見えたり、また降ったり。
道路状況はあまり良くない。
道は細く、何より落石が多い。
車ならさほど気にならない大きさだが、バイクだと厄介。
おのずとペースダウン。

かなり上流で好みの風景を発見。
道草決定。
12556d30.JPG
奥には沈下橋。ゴツゴツした大きな岩は大好き。

調子に乗って沈下橋の上にバイクを乗せる。
方向転換が極めて難しい事に気付くが、写真に収めたくて構わず乗せる。

案の定、バイクの後輪が橋から落ちて焦る。
10分ほどの格闘の末、やっと脱出し方向転換成功。写真を一枚。
db940e1a.JPG

思わぬ時間を喰い、先を急ぐ。
やっとの思いで源流地点付近に辿り付いた頃には、雨が本降り
「るるぶ」によれば源流地点までは「きつめのハイキングコース」とある。
登山の時の格好ならともかく、今日の俺はライダー仕様。
この雨の中?
断腸の思いで今回は断念。水を飲むつもりでマグカップ持ってきてるのに・・・。

「こうなったら足摺岬行ってやる!!」
四国にきて四万十川だけじゃ寂しすぎる。
来た道を戻り、道の駅で会った男性の教えてくれたルートを辿る。

太平洋を左側に見ながら、ひとまずは土佐清水市を目指す。
辺りがどんどん暗くなっていく。
「今日は岬は無理だな」
そう思い始めた頃から雨がまた強く降り出した。

テント泊のつもりだったが、雨の中テントは張りたくない。
土佐清水市に入った後、大岐海岸を望む民宿「大岐マリン」に転がり込む。
時間が遅かった為、素泊まり扱いになるとの事。
喫茶店も兼ねて経営しているようで、店用のメニューなら用意できるとの事。
ありがたい。
唐揚げ定食を食す。美味いじゃん!!
店内には他の宿泊客2名が食事中。後で分かったのだが二人とも「お遍路さん」
一人は50代、もう一人は明らかに10代後半〜20代前半。しかも連れではないらしい。

食事を終えて部屋に荷物を入れる。
OPENは去年で、まだ真新しくて気持ちがいい。
経営は若夫婦。どちらも腰が低く、人柄も良さそう。
いい宿に泊まれてよかった。

しかし、食事は足りない。
近くのコンビニ(片道バイクで15分w)に土砂降りの中、買出しに出る。
原付のオバちゃんライダー並みのスピードで走る。
街灯ないし、山道だし、ライトが雨に吸収されて路面やカーブの深さが読めない。
怖い!!
やっとの思いで宿に戻り、ひとまず入浴。
生き返る〜。

ビールで晩酌しつつテレビを見る。
大好きな大泉洋の「水曜どうでしょう ジャングルリベンジ」やってる!!
爆笑しつつ弁当を食し、満足したところで就寝。

以降「旅のまとめ 4日目」に続く。


yamasann0940 at 23:36│Comments(4)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひでぶ   2006年02月26日 00:55
お疲れ様です。
読んではいましたが、コメントを入れるどころではなかったので。
探し物をしようと思うと何か他のことが。

無事に帰れて何よりです。
2. Posted by やまさん   2006年02月26日 00:59
>>ひでぶさん
ありがとうございます。
源流地点を訪れる事ができなかったのが悔やまれます。
どれくらいの距離を歩けば行けたのですか?
3. Posted by ひでぶ   2006年02月26日 21:43
実測で徒歩30分でした。
写真公開しました。あわててスキャンしたので、回転が間に合っていない写真があります。
このサービスは、一旦フォーマットつくってしまうと縦横変更で変になるので、そのままです。

看板付きの写真もありますが、人物付きですので。
4. Posted by やまさん   2006年02月26日 22:45
>>ひでぶさん
30分かぁ・・・次回は必ず!

ひでぶさんのサイト御邪魔します。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔