2006年03月01日

心霊写真

d25ac749.JPGこれも心霊写真です(多分)

写真でお気づきでしょうが、ソロツーリングの際に撮影しました。
ツーリングの途中、訪れた食堂で撮影したもの。

念の為、申し上げておきますが店内で食事した時には「気配」はありませんでした。
シャッターを切った際にも正直、その「気配」には気付きませんでした。

この食堂の外でもう一枚撮影したのですが、それにもオーヴが写ってます。
しかし、その一枚は「店名」がハッキリと分かってしまい、ご迷惑をかける事にもなりかねないのでネットでの公開は自粛する事としました。

こちらの写真は「光の反射かな?」と思ったのですが、反射によって起きる現象とは少し違います。
そして同じ立ち位置で、別角度を写したその「もう一枚の写真」にもオーヴが写ってました。

実は今回、デジカメ内の写真をプリントして気付いたのですが、前回の軽井沢への旅行の際に撮影した写真にもオーヴが!!

探偵時代に、それこそ千枚を越す程写真を撮りましたがこんな事は一度も無かった。
撮れる時には撮れるモノなんですね・・・。

「心霊写真」と「探偵」のキーワードで思い出した件が一つ。

福岡調査室の調査責任者であるM主任に女の子が誕生!
お宮参りの時の記念撮影での一枚。
境内で、子供を抱く奥さんの腕の横から、顔を覗かせる女性の顔。
しかし、その顔の小ささは距離と比較して明らかにおかしい。
自分なりに探ってみたが、悪い霊ではなさそう。
赤ん坊の写真には御先祖様やら、守護霊様やらが写る事が多いらしいので、その女性も恐らくそうした存在だった。

どうしたわけかM主任はその写真を多数、焼き増しして親族に郵送すると言う。
驚く福岡調査員一同(といっても総数3人だけど)
「なんでわざわざこの写真を!!」
「この写真が一番映りがよかっさい(いいんだよ)」
他の写真を改めて見てみる。

なるほど納得。

ネガとその写真を預かり、調査室御用達の写真屋に俺が行った。
焼き増しの依頼を済ませた後、俺は念の為に写真屋さんに訊いてみた。

俺 「実はこの写真に、この世のものとは思えないものが・・・」
写 「ええっ!?」
俺 「ほら、ここに」
  と、その「顔」を指差す俺。
写 「うわッ!!」
  もう一人の店員(女性)も覗き込み「ひぃっ!!」と小さく悲鳴を挙げ飛びのいた。
写 「こんな写真、始めて見ました・・・」
俺 「現像ミスとかじゃないですよね」
写 「違います」
俺 「ですよね。顔のサイズも不自然だと思いませんか」
写 「ですね。首も無いし」

そう。この「顔」には首が無いのだ。
顔だけが、子供を抱く奥さんの腕の横にある。


そんな写真を思い出しました。
皆さんはそんな不思議な写真を撮影した事がありますか?


yamasann0940 at 22:58│Comments(8)TrackBack(0)オカルト 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぴあ   2006年03月01日 23:21
丸っこいの〜?
これが、そういう類のってのは何処で判断するのか私には分かりません(-_-;
反対にキレイ〜└(゜∀゜└)って思う私はなんでしょう?

私は全くといっていい程、不思議な写真を撮った事がないのですよ。
霊感0ですからね〜♪
いいのか、悪いのか分かりませんが。。。(=^_^=)
2. Posted by 真一   2006年03月02日 00:15
俺も霊感0だ。
霊感あって、なんか変なの見えたりしたら
怖くて確実に泣くので、とりあえず
霊感はいらない。
いるもんか!(つω・`)
3. Posted by カンスケ   2006年03月02日 13:28
最近はないです!

昔は…、しょっちゅうでした。(笑)
人魂、影が多い、赤い残像、人の顔等々…。

ある程度、耐性がつきましたよ。
4. Posted by やまさん   2006年03月02日 22:02
>>ぴあさん
いやいや、霊感なんて無い方がいい。
あっても黙ってた方がいいかも。
俺はブログのネタにもなるから公言してますが・・・
ほら、若い時は心霊スポットとか、よく行くじゃないですか。
そんな時、必ずと言っていいほど声がかかる。
でも行きたくないんです。最終的には根負けして行くんですが。
行けば霊に頼られるのは分かってるから「気」を張ってなきゃいけないし。
同行してる連中が馬鹿な事(行ってる時点で馬鹿ですが)しないように気をつけておかなきゃいけないし。
面倒くさいだけです。
5. Posted by やまさん   2006年03月02日 22:10
>>真一さん
見たことは・・・2〜3回かなぁ・・・。
俺の場合は「見える」のではなく「感じる」方。
俗に言う「霊媒体質」ではなく「霊感体質」みたいです。
最初に見たのは14歳の頃だったと思います。
既に「霊」の存在は知ってたので、あまり驚きもしませんでしたが。でもやっぱり無い方がいいですよ。
6. Posted by やまさん   2006年03月02日 22:14
>>カンスケさん
うん。耐性はつくよね。
ちょっとやそっとじゃ、あまりうろたえないし。
今回の宿泊の時も
「酔っ払って寝ちまえば関係ないか」
くらいの気持ちだったしw
7. Posted by 冬の大三角   2006年03月04日 18:27
中途半端に霊感と呼ばれるものがあると正直面倒ですねぇ
夜中に目が覚める 時計を見ると俗に言う丑三つ時
今日もかなぁと思いつつ布団に入りなおす
足元から誰かが来る気配
今日も今日とて金縛りw 解けたら数分後にまた来やがる
いつもいつもウザイ あまりのしつこさに切れた
「言いたい事があるなら言えよ! 何もしてやらねぇが話だけなら聞いてやる!!」
遠慮したのかタマにしか来なくなりましたw

あと、猫!
寝てる布団の上を歩くのはまぁ許す 
だがな、足跡だけじゃなくて姿も見せろ! 
怖ぇんだよマジで!!
8. Posted by やまさん   2006年03月05日 22:30
>>三角さん
おお!!三角さんもでしたか!!
金縛りが「来る」時は、何となく分かるし
又、確実に「当たり」ますよね。
俺も言いますよ。
「俺は何もしてあげられないから他に行ってくれ」って。

猫が出ますか!!そりゃ怖いわ・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔