2006年03月24日

「独裁者」より

私は皇帝になりたくない

私は支配したくない

私は人の幸福を願いながら生きたい

貪欲が人類に憎悪をもたらし、悲劇と流血をもたらした

思想だけがあって感情が無ければ人間性は失われてしまう

必要なのは知識ではなく、思いやりである

思いやりが無ければ、残るのは暴力だけである

心に愛を知らぬ者だけが憎しみ合うのだ

人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ



  チャールズ=チャップリン  「独裁者」より


なんの脈絡もなく好きな言葉を投稿してみました。
この映画にヒトラーは激怒したそうです。

yamasann0940 at 21:31│Comments(6)TrackBack(0)閑話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 啓   2006年03月24日 23:02
理想ですよね。
歴史は理想を唱えて、理想に挫かれる。
今はどうなんでしょう。
2. Posted by やまさん   2006年03月25日 00:20
>>啓さん
理想と現実は違う。
しかしながら政治家には理想を追い求めて欲しい。
3. Posted by ペンP   2006年03月25日 01:27
チャップリンが唯一言葉を出したシーンですね。

理想は理想。現実は現実。
理想を追い求めるのも大切ですが現実を見るのもまた大切。

だけど、理想を持たないと進まないですからね♪
4. Posted by なまけもの   2006年03月25日 06:27
激怒したヒトラーに激怒したら…

やっぱ瞬殺かな…?

それとも無視かな…?
拷問はヤダな…

平和が一番ですね…^^
5. Posted by やまさん   2006年03月25日 17:20
>>なまけものさん
間違ってたらごめんなさい。
たしか激怒したヒトラーは、チャップリンの暗殺を指示したんじゃなかったかな・・・。
危うしチャップリン!!
6. Posted by なまけもの   2006年03月27日 15:24
さすが独裁者…

何でもありだったんですね…。

恐ろしや恐ろしや…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔