ロッテ31年ぶりV!ボビー歓喜の舞い

昨日の試合はおもしろかった。
別にどちらのファンでもないが
中継があったらファーストステージから見ていたと思う。

中にはプレーオフ反対論もあるが、私はやっぱり大賛成。
優勝にかけた想いが一球一級にに垣間見れて
野球の醍醐味というものを深く感じ取る事ができた。

確かに日本シリーズも優勝にかけた想いというのがあるとは思うが
なんとなく日本シリーズというのはエキシビジョンというか祭りというか
そんな感じが選手にもファンにも感じられてしまう。

もしもパリーグにプレーオフが無くて
ホークスが日本シリーズで負けたとして
あそこまで沈痛な表情をすることがあっただろうか?

プレーオフというのは雑に表現すると
1年間かけてやっていたものが無駄になるかもしれないという
ギリギリ感が高校野球のような緊迫感を生んでいる。

というか、高校野球で連覇した駒大苫小牧も
甲子園で優勝した時は喜びだけだったが
北海道南大会で優勝した時はみんな涙を見せていた。

あとはやるだけの試合とやらなくちゃいけない試合。

プロ野球にはやらなくちゃいけない試合が少なすぎる。
こうゆう試合がもっと増えるのであれば
プレーオフがなくなったって別にかまわない。

だから、今のところプレーオフ万歳!

日本シリーズは見るかどうか微妙。