「PS2互換さえあればPS3は売れるのに…」というのは本当か?

これを見て分かるとおり、買い換え需要なんてのはないに等しいことが分かる。

1週間で見たらそうかもしれないけどさ
1年で見たら全然変わってくるよ。

PS2はこの2008年に43万台が売れてる。
PS3が87万台なので約半分。

ちなみに2007年はPS2が80万台売れてるよ。

PS2からの買い換え需要を喚起するのであれば、互換性よりも価格面に注力すべきだ。今までPS2でゲームを楽しんでいた層の多くはどこへ行ったのか?それは言うまでもなくPS2のソフトが一本も遊べないはずのWii、DS、PSPだ。

全否定はしないけどさ。

1年前のデータで悪いけどさ2006年にミリオン突破した
ウイニングイレブンの続編で2007年末以降に出たWE2008って
PS2が55万本、PS3が21万本、PSPが13万本
Wiiが2万本、xbox360が1万本。
DSにいたっては出てもいない。

最新作のWE2009に関して
忍之閻魔帳の先月11月29日の記事にこんなの一文がある。

前作はPS2版も同時発売され、約15.5万本を販売していたのだが、
今回はPS2版が存在しないにも関わらず、どちらの機種も伸びていないのは気になる。
PS2版の抜けた穴はぽっかりそのままで、
PS3版とXbox360版が仲良く伸びて分け合うという形にはならなかったようだ。

いまの市場を見て思うのは
WiiやDSっていままでのPS2層を取り込んだんじゃなくて
新規層を多く取り込んでるんじゃないかと思う。

まあねぇ、PS3に互換性が復活したからといって
それがすぐに購買力につながるかどうかは
いまさら微妙なところではあったりするんだけど
でも、互換性が復活したら
中小メーカーがPS3で作ってくれないまでも
WiiやDSに移行する事は少なくなる気はするんだよね。

もしPS系でペルソナ5とか出なかったらどうする?
いま多分、アトラスはPS3かWiiかで悩んでると思うよ。
どっちもイバラの道だねぇw
互換性があれば素直にPS2で出せるのに・・・

ペルソナ4