経済学者・川口大司との共著『法と経済で読みとく 雇用の世界』や『どこまでやったらクビになるか』(新潮新書)などの著作で知られる、労働法学者・大内伸哉による、これからの雇用関係について考察した本。
 解雇規制などの労働問題のトピックに関しては、「自由化を主張する経済学者」VS「規制の必要性を訴える労働法学者」という図式がよく見られますが、この本の著者の大内伸哉はこの図式にあてはまらない学者で、現在の日本の雇用制度の問題点についての認識は他の労働法学者と共通しているものの、その処方箋はやや違った形になっています。

 この紹介では普通に「雇用」という文字を使っていますが、この本では「雇傭」という難しい漢字が使われています。
 これは「雇われて働く」ということには実は「奴隷」と変わらない面があるということを強調したいということからこの言葉を使っているそうです(以前の民放では「雇傭」の文字が使われていた)。
 
 著者はまず、この「雇傭」という関係を「請負」との対比で見ていきます。
 「雇傭」の本質は、企業などの指揮命令に従って働き、労働時間によって報酬が支払われることで、働いた結果によって報酬を受け取る「請負」に比べると企業に「従属」する面が強いです。
 この「従属」の代わりに「安定」を得るのが「雇傭」の長所ですが、現代の社会ではさらに労働法の保護を受けられるという大きなメリットがあります。
 特に日本の「正社員」は、「いつでも」、「どこでも」、「何でも」という条件を受け入れる代わりに、解雇に対する強い規制など、さまざまな保護を受けているのです。

 しかし、近年の日本では、この「正社員」と「非正社員」の格差が問題になり、若者が「正社員」になることが難しくなっています(就活が大変になっている)。
 もちろんバブル崩壊後の長引く不景気の影響が大きいのですが、たとえ景気がある程度回復したとしても、企業が成熟してくれば管理職候補は今までのように大量に必要ではなくなるわけであり、いわゆる「正社員」の枠は今後狭まってくると予想されます。

 このあたりの認識は、例えば濱口桂一郎『新しい労働社会』『若者と労働』などと同じですが、処方箋は大きく違います。
 一言で言えば「プロになれ」というもので、専用的で汎用的なスキルを身につけることで、「転職力」を身につけることです。そして、傾向としては「雇傭」から「請負」的な働き方へとシフトさせていくことを提案しています。

 これだけ書くと何だか自己啓発書のようですが、著者はイタリアの雇用事情を紹介することで、日本とは違う働き方を紹介しています。
 イタリアでは経営者と労働者、「あっち側の人間」と「こっち側の人間」がはっきりと分かれており、労働者は基本的に契約内容の仕事だけを行います。一方で、産業別の労働組合の力が強く、同じ職務であれば大企業でも中小企業でも給与は変わりません。日本のような大企業と中小企業の間の大きな賃金格差は存在しないのです。
 ある意味で、イタリア人は企業から要求される職務を遂行する「プロ」であり、「いつでも」、「どこでも」、「何でも」という日本の「正社員」とは大きく違うのです。

 さらに、これから社会のIT化が進めば、オフィスや労働時間に縛られずに仕事をすることが可能になり、今までのような企業の指揮命令下で決まった時間働くといった形ではない労働が増えると考えられます。
 このような状況を踏まえ、著者はホワイトカラーの労働時間規制を緩和し裁量労働を認める「ホワイトカラー・エグゼンプション」にも肯定的です。また、解雇の金銭的解決にも前向きな姿勢を示すなど、「プロ同士の契約」を理想としながら、「働き方」と「雇傭」のあり方、そして労働法を変えていくべきだというのがこの本の基本的な主張になります。

 これはひとつの方向性としてありだと思いますが、疑問として残ったのがイタリアの働き方とIT化による労働環境の変化の関係。
 この本を読むと、IT化でますます「プロ」が求められるようになり、その一つのモデルがイタリアなのだというふうに読めますが、「いつでも」、「どこでも」仕事ができるIT化社会と産業別の労働組合の力が強く職務給がしっかりしているイタリア型の労働者会の相性は悪いのではないでしょうか?
 例えば、プログラミングなどは「決まった仕事を決まった時間で」というようにはなりにくい仕事だと思いますし、技術の陳腐化も早いため、「このスキルがであればいくら」といったことを労使の間で取り決めることは難しいと思います。
 イタリアの「プロ」と来るべきIT社会の「プロ」は、同じ「プロ」であってもその中身はずいぶん違うような気がします。

 著者のブログなどを見る限り、この新しい「プロ」としての労働者をつくっていくキーになるのが、自ら望む職業キャリアを主体的に開発・形成する権利である「キャリア権」なのかな?と思うのですが、この本では軽く触れられている程度なので、「プロ」としての労働者を支え、育成していくしくみについての言及が弱いと感じました。

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)
大内 伸哉
4334037798