『武士の起源を解きあかす』(ちくま新書)という野心的な著作を出した著者が、室町幕府の三代将軍・足利義満について書いた本。
 とは言っても、幕府の成立から6代将軍義教の死までを扱っており、一種の室町幕府論とも言えるような内容です。ただし、記述の中心は幕府のそのものよりも朝廷と幕府の間の関係にあり、鎌倉幕府や江戸幕府とは違って、京都に本拠を置いた足利将軍がいかに朝廷との関係を結んだか、そして義満が日本史史上類例がないような立場に立って朝廷を掌握したのかということが語られています。
 足利義満というと、今谷明の『室町の王権』(中公新書)では天皇の位を簒奪しようとした人物として描かれていました。近年この説は否定されつつありますが、本書はこの議論を少し違った形で復活させようとした本と言えるかもしれません。文体は『武士の起源を解きあかす』と同じくやや饒舌気味ですが、読みやすさはあります。

 目次は以下の通り。
プロローグ――日本史上に孤立する特異点・足利義満
第一章 室町幕府を創った男の誤算──足利直義と観応の擾乱
第二章 足利義満の右大将拝賀──新時代の告知イベント
第三章 室町第(花御所)と右大将拝賀──恐怖の廷臣総動員
第四章 〈力は正義〉の廷臣支配──昇進と所領を与奪する力
第五章 皇位を決める義満と壊れる後円融天皇
第六章 「室町殿」称号の独占と定義──「公方様」という解答
第七章 「北山殿」というゴール─―「室町殿」さえ超越する権力
第八章 虚構世界「北山」と狂言──仮想現実で造る並行世界
第九章 「太上天皇」義満と義嗣「親王」──北山殿と皇位継承
第十章 義持の「室町殿」再構成──調整役に徹する最高権威
第十一章 凶暴化する絶対正義・義教──形は義持、心は義満
第十二章 育成する義教と学ぶ後花園─室町殿と天皇の朝廷再建
エピローグ――室町殿から卒業する天皇、転落する室町殿

 室町幕府というと守護大名たちの力が強く、将軍もそれをコントロールできなかったというイメージがありますが、著者はその理由を足利尊氏の弟である直義の行動に求めています。
 尊氏は鎌倉幕府を滅ぼす引き金を引きましたが、尊氏や行動をともにした御家人にとって幕府を滅ぼすという意識はなく、あくまでも北条高時を中心とする得宗家を倒したという意識だったといいます。
 後醍醐天皇はもちろん幕府の復活を許す考えはなかったのですが、直義が相模守として鎌倉に赴任すると、直義は雑訴決断所の地方分局を設置して、「次の執権」のように振る舞い始めます(相模守は鎌倉幕府の執権が就く役職)。
 この後、中先代の乱が起きて直義が窮地に陥ると、尊氏が後醍醐天皇の許可を得ずに出兵し、結果的に尊氏は建武の新政を崩壊させて、幕府を開きます。この幕府を実際に動かしていたのは直義でしたが、直義はあくまでも兄を将軍、自分を執権と位置づけていました。

 著者は、直義が将軍、高師直が執権になっていればすべてはうまく収まったのではないかと考えていますが、直義があくまでも執権的な地位に固執したことで、観応の擾乱が起こります。
 この観応の擾乱は尊氏の勝利に終わるわけですが、幕府はあくまでも直義が中心につくったものであり、尊氏に鎌倉幕府を裏切るように進めた上杉憲房なども直義派でした。足利一門(足利市の庶子や庶流)が直義派となり、尊氏には佐々木道誉や赤松則祐といった非一門の大名がついたのが観応の擾乱の特徴で、これが南北朝の対立と相まって戦乱を長引かせました。

 しかし、南朝方についた直義派の大名は南朝に対して忠誠心を持っていたわけではありません、それなりの処遇が約束されると幕府に帰順していきました。特に1356年に斯波高経が帰順したことが大きなターニングポイントになります。
 高経は足利家の執事になるには家格が高すぎたので、息子を執事にしてそれを後見するという立場に収まります。この立場が管領と呼ばれるようになりますが、それは「「管領」するとは、制度に由来する権限を、制度的地位にない人が行使することをいう」(44p)ということから来ているといいます。

 この高経の帰順は尊氏の跡を継いだ義詮の勝利ではなく、直義派の勝利だというのが著者の見方です。「高経の幕府帰参は、政治力学上、将軍義詮が高経を許してやったのではない。話は逆で、高経が義詮に許されてやったのだ」(45p)というわけです。
 斯波高経の後、大内弘世、上杉憲顕、山名時氏なども帰参し、幕府の力は強まりますが、それは直義派が幕府の中枢を乗っ取ったことでもあります。1367年には佐々木道誉らが細川頼之と組んで高経を失脚させますが、義詮が死んで義満があとを継いだときの幕府の力というものは相変わらず不安定なものでした。

 ここで将軍となった義満は、まずは北朝の掌握に動き出します。幕府の不安定さを大名の自立性と、その大名と南朝の結合に見た義満は、まずは南北朝の統一を考えます。しかし、幕府と南朝の和平では幕府は下手に出ざるを得ません。そこで北朝と南朝の和平という形を取る必要があり、そのためには義満が北朝を掌握することが必要だったのです。
 そのために義満が最大限利用したのが右大将拝賀の儀式です。右大将は源頼朝の代名詞でもあり武家にとって重要な役職でした。義満は前摂政の二条良基をブレーンに迎えて摂家の家格に並ぶような形で儀式を行おうとします。
 また、義満は京都の室町に室町第(花御所)を造営します。尊氏や直義はできれば本拠地を鎌倉に置きたい考えていましたが、北朝を守るために京都にい続ける必要がありました。これに対し、義満は京都を幕府の本拠地に定めたのです。
 右大将拝賀は何度か延期されますが、1379年の7月に拝賀は行われました。義満は21人の公卿を扈従(こしょう)させました。その中には摂家に次ぐ清華家の公卿たちも含まれており、義満が朝廷を従えたことを満天下に印象づけました。

 義満は廷臣たちの遅刻や欠席を厳しく咎め、公卿たちを力で従わせました。義満は直接命令するよりも、「〜してくてたら本望だ」というような形で従わざるを得ない雰囲気を作り出しました。さらに「武家執奏」という幕府が持つ人事権を使い公卿たちを奉仕させ、気に入らない人物の所領を差し押さえさせ、没落させました。子の義持の代になるとこれによって餓死する人物(今出川実富)も出てきます。
 この義満の力の行使は後円融天皇にも及びました。義満の人事案に対して後円融が返事を渋ると右大将辞任をちらつかせて不満を示しました。後円融は不満をつのらせますが、皇位をめぐる争いを抱えていた後円融は義満を頼るほかなく、皇位について義満に決めてほしいとまで口にしています(119p)。
 皇位の面でも経済面でも義満に依存せざるを得なかった後円融は精神的にも変調をきたしていき、息子の後小松の即位の儀式を欠席し、義満との密通が疑われた妃の三条厳子を刀の峰で滅多打ちにするという事件を起こしています。さらに切腹未遂事件も起こし、34歳で亡くなりました。

 このような権力を持った義満は室町殿と呼ばれるようになります。建物の名前で建物の主を呼ぶ習慣は昔からあるもので、鎌倉幕府の将軍は鎌倉殿と呼ばれました。この鎌倉殿という名を尊氏も使っていましたが、義満は新しい権力を示す称号として室町殿を選びました。
 室町殿は朝廷と幕府双方を支配するポジションでしたが、朝廷の支配に関しては院(上皇)に近いポジションだったと考えられます、そして、その特異なポジションを表すために「公方(様)」という呼び名も使い始めます。公方はもともと「しかるべき公権力」といった意味でしたが、義満はそれを自分一人を指す言葉につくり変えたのです。

 朝廷を掌握した義満が次に目指したのが諸大名の自立性を削ぐことです。1389年の土岐康行の乱で土岐氏の勢力を削減すると、1391年の明徳の乱では強大な勢力を誇っていた山名氏清を討ち、かつての直義派の主力であった山名氏の勢力を削減することに成功します。
 1392年には南朝が帰順し、義満の日本統一は完成します。1394年には征夷大将軍を息子の義持に譲り、太政大臣となりました。このときの太政大臣拝賀では義満は数々の慣例を打ち破り、院(上皇)と同じような待遇で儀式に臨みました。
 この後、義満は出家し、義満の立場は「”武士の長であると同時に廷臣の長である者”から、”武士の長と廷臣の長を従える何者か”に変貌」(179p)します。義満は幕府と朝廷の外部からそれらを支配する者となったのです。

 この新しい立場にふさわしい場としてつくられたのが北山殿です。この造営のさなかに大内義弘による応永の乱も起こりますが、これを鎮圧すると北山に定住し始めます。
 北山が京都から外れていることも1つのポイントになります。義満というと明と外交関係を結んで「日本国王」に冊封されたことが知られており、これが天皇の地位を奪おうとした証拠だとみなされた時もありましたが、近年の研究では義満がこの「日本国王」の地位を国内でアピールしなかったことが注目されています。義満にとって明との関係はあくまでも貿易による実利が目的で、義満個人が明との関係を結んだという形式になっています。
 当時の日本の朝廷では外国人を警戒・蔑視する風潮が強く、後白河法皇と宋人を引き合わせた平清盛は九条兼実から「天魔の所為か」と言われています(200p)。そこで京都から離れた北山という場所で、義満は明と個人的な関係を結んだのです。著者はこの北山を「虚構世界」と名付け、明との交渉に使った源道義という名前をハンドルネームだと表現しています。また義満の中華趣味も「虚構世界」での楽しみと考えることができるといいます。

 さらに義満は大きな野望をいだいていたと考えられます。その息子。義嗣の「親王」化です。義嗣は他の義満の庶子と同様に仏門に入る予定で梶井門跡に入室しますが、成長した義嗣に会った義満は義嗣をいたく気に入り、ここから義嗣は常軌を逸した昇進を遂げます。
 彼は元服前に童殿上(わらわてんじょう)と呼ばれる元服前に内裏の清涼殿に登るという特別待遇を受けると、15歳のときには元服して参議となります。また、義嗣の元服は後小松天皇の猶子となり「若宮」と呼ばれる形で行われました。さらに義嗣は親王宣下を受ける予定だったのです。
 この親王宣下は義満の急死によって実現しませんでした。しかし、義満は正室・日野康子を後小松天皇の准母にし、自らに太上天皇尊号宣下を行わせようとしたことなどから(この宣下は年齢が若すぎるとして通らなかった)、著者は義満はもうひとりの天皇である太上天皇になろうとしたと考えています。
 そして、義満は義嗣のことを親王将軍にしようとしていたのではないかと推測しています。鎌倉幕府における宗尊親王の将軍就任は1つの安定した形態であり、義満は義嗣を使って足利氏の血を引く親王将軍を実現させようとしたのではないかというのです。
 
 しかし、この計画はあくまで義満個人の計画として進められており、義満の死とともにそれは破綻しました。義満の死後、朝廷は太上天皇の尊号を追贈しようとしましたが、幕府はこれを拒否します。諸大名たちは朝廷にはかかわっておらず(ここが豊臣政権との違い)、義持は北山殿という地位を捨て、室町殿として幕府の長として行動していくことになります。
 一方、梯子を外された義嗣は最終的に上杉禅秀の乱のときに出奔し、最終的には殺されています。

 義持は室町殿と呼ばれましたが、実は室町には住んでおらず三条坊門殿に住み続けました。これは義持に朝廷との距離を取る意図があったからだと考えられます。
 義持は義満のような派手好きではなく、また後小松院を立て、朝廷のことに関しては基本的に院に任せました。廷臣たちにも朝廷での仕事を優先させました。
 1423年義持は息子の義量に将軍を譲り出家しますが、義量が将軍としての権限を行使した形跡はなく、義持が政務をとり続けました。2年後に義量が病死すると、将軍は空位となり、将軍不在のまま義持が室町殿として政務を行いました。
 義持は、ときに後小松院の政治に介入し、院の命令をチェックさえしましたが、義満のようにすべてをチェックしようとはせず、院の後見、つまり天皇の後見の後見のような形で君臨しようとしました。

 義持が死ぬとくじ引きによって義満の子の中から義教が6代将軍に選ばれます。ちょうどこの時期、朝廷では称光天皇が亡くなり、皇位は崇光流に移り、10歳の後花園天皇が即位します。
 義教というと気に入らない者を次々と粛清して、それが仇となって暗殺されたことが知られていますが、本読を読むと後花園の後見に関しては相当真面目に取り組んでいたことがわかります。義教は義持と違って朝廷の政治に深入りし、重要事項を決定するとともに、後花園に儒学を学ばせました。後花園は儒学と歴史を熱心に学び、典籍の収集を行いました。政治は義教の領域でしたが、後花園は学問の領域で君主としての資質を示そうとしたのです。
 永享の乱における持氏討伐の綸旨は美文調で後花園の学問の成果が生かされています。ところが、1441年の嘉吉の変で義教は暗殺されます。このとき出された赤松満祐討伐の綸旨もまた美文調で、著者はこれを「卒業論文」と評しています(336p)。

 このように足利義満の評伝というよりは室町時代前半の幕府と朝廷の関係を描いた本と言えるでしょう。幕府を京都に置いたことから、将軍と天皇の関係を新たに構築し直さなければならなくなり、そこに義満が「北山殿」という幕府と朝廷を外部から支配する地位を築き上げたというストーリーは説得的です。幕府の不安定さを直義に求める説明に関しては、そこまで割り切っていいものかという感想はありますが、あえて図式化することでわかりやすくなっている部分もあると思います。
 著者は最後に応仁の乱に関して「乱を招いた決定的な理由と乱の本質は、まだ学界で分析中で、応仁の乱についての本が最近空前の大ヒットを飛ばしたにもかかわらず、実は解明が済んでいない」(338p)と述べているので、著者の描く「応仁の乱」も読んでみたいですね。