タイトルの「駒形丸事件」ですが、「第五福竜丸事件」や「対馬丸事件」は知っていても「駒形丸事件」と聞いてもピンとこない人がほとんどでしょう。それなりに日本史には詳しいと思っている自分も本書で初めて知った事件です。
 この駒形丸事件とは、日本の会社が所有する駒形丸という船が、1914年にインド人の移民を乗せてカナダのバンクーバーに向かったところ、上陸を拒否されて、結局インドに戻ることになり、さらにインドに戻った後に、乗客の多数が現地の警察と軍によって逮捕・監禁・殺害された事件です。
 著者の1人である秋田茂の『イギリス帝国の歴史』(中公新書)を読んだ人であれば、ここまででの情報で本書がイギリス帝国を通して描いたグローバルヒストリーではないかと想像するかもしれませんが、本書の内容はまさにそんな感じです。
 駒形丸事件というあまり知られていない事件を通じて、イギリスと植民地、そして植民地同士の関係、さらには「非公式帝国」の一部ともされる日本を含めた「インド太平洋世界」を描き出します。
 「あとがき」では、今度新しく始める高校の「歴史総合」の授業も意識していると書いていますが、まさに世界史と日本史の融合を試みた本と言えるかもしれません。

 目次は以下の通り。
第1章 一九‐二〇世紀転換期の世界とイギリス帝国の連鎖
第2章 インド・中国・日本―駒形丸の登場
第3章 バンクーバーでの屈辱―駒形丸事件
第4章 駒形丸事件の波紋
終章 インド太平洋世界の形成と移民

 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、イギリス帝国は世界の陸地の1/4を支配しました。さらにその影響力は中国、ラテンアメリカ、オスマン帝国にまで広がっており、これらの地域は直接支配されていたわけではありませんでしたが、経済的にはイギリスのルールに従わざるを得ない存在でした。本書ではそれらを「非公式帝国」と呼び、幕末から明治初期の日本もこうした存在だったといいます。
 公式帝国の代表的な植民地がインドであり、また同じくこの公式帝国の重要な構成要素がカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどの白人定住地域でした。これらの地域は19世紀半ば以降内政自治が認められるようになり、カナダも1848年に「責任政府」が認められ、1867年にはイギリス帝国内の自治領として「カナダ連邦」が発足しました。ただし、自治領の対外交渉権はイギリス政府が握っていました。

 19世紀後半、アジア間の貿易はインドから中国へのアヘンの輸出が中心でしたが、20世紀になると、インドの棉花の日本輸出などが増え、急速に伸びていきます。インドの棉花→日本の綿製品→中国といった流れもできて、イギリス・マンチェスターの綿糸は価格競争に敗れて脱落していきます。
 これを支えたのがイギリスの「自由貿易帝国主義」で、東南アジアの英植民地も巻き込みながら地域の結合が進みます。英領マラヤでは天然ゴムや錫がイギリスに輸出されますが、その労働力としてインドや中国から移民が流れ込み、彼らの生活を日本の雑貨が支えました。

 一方、19世紀半ばから20世紀前半は大量の移民がヨーロッパからアメリカ大陸やオーストラリアなどに向かった時代でもあり、イギリス帝国圏内だけでも1853〜1920年末までに970万人強が海外に移住したといいます(30p)。
 同じ時期、アジアからは統計上4660万人の移民があったといいます。その2/3の3000万人がインド人移民であり、中国人が1600万人を占めました(32p)。ビルマ、マラヤ、セイロンといった近い場所への移民が中心でしたが、西インド諸島、南米、東アフリカなどに向かう年季契約労働者もいました。奴隷貿易の廃止によって新たな労働力が求められていたのです。このアジア移民と貿易の増大はシンガポール、香港というイギリスのアジア拠点を大きく発展させました。

 インドからの移民は「苦力移民」とも呼ばれ、基本的に5年契約で、10年後に無料で帰国できる契約となっていたケースが多かったといいます。5年後にプランターは再契約を求める一方で、移民は小土地所有者、あるいは自由労働者になりたがったことから紛争が絶えませんでした。
 インド政庁は、現地の植民地政府に対して契約移民の保護や、契約満了後に苦力の定住を促す努力を求めていました。結果、インド移民は、モーリシャス、英領ギアナ、トリニダードなどで増加していきます。
 しかし、その1つであった南アフリカのナタール植民地では砂糖のプランテーションの労働力のためにインド人移民がいたものの、その権利は制限されていました。このために立ち上がったのが若き日のマハートマ・ガンディーです。
 ガンディーはイギリスの法廷弁護士の資格を持っており、インド人もイギリス帝国臣民であるとして、インド人に対する権利の制限が不当であると訴えます。帝国臣民が自由に移動、定住できるというおはイギリス帝国の大きな特徴であり、イギリス帝国内に住む人々の特権でもありました。
 
 1896年12月、一時帰国していたガンディーを載せた船がダーバン港に入港すると、検疫のためと称して乗客は23日間も上陸を許されず、翌年の1月にようやく上陸するものの白人暴徒に取り囲まれてからくも脱出するというダーバン港騒擾事件が起こります。
 ガンディーはこれに対しても「イギリス臣民の権利」を掲げて抗議し、その後もインド人を集めて南アフリカ戦争に協力するなど、イギリスに忠誠を示すことで「帝国臣民」としての認知を求めました。
 最終的に、南アフリカでのガンディーの活動やイギリス本国への訴えは実を結ばず、南アフリカにおけるインド人の権利は制限されていきます。そして、ガンディーは反英闘争の指導者になっていくのです。

 ここからいよいよ駒形丸事件の舞台となるカナダの話になりますが、インド移民の話をする前に、まずは中国人と日本人の移民について語る必要があります。
 カナダへの中国移民が増加するのは大陸横断鉄道であるカナダ太平洋鉄道の建設が本格化した1880年代です。彼らが多く住んだのはブリティッシュ・コロンビア州で、1891年には人口の9.1%の8910人にまで増えています。
 当時の白人からは中国移民は異質で非文明的と映ったようで、中国人街は賭博、アヘン、売春の「三悪」が巣食うところとされ、中国移民排斥の声があがります。ただし、州政府の移民規制の動きは連邦政府に阻止されました。この背景には大陸横断鉄道の完成を急ぎたい連邦政府の考えがあったといいます。
 しかし、大陸横断鉄道の完成に目処がつくと、中国人移民を制限する動きが始まります。1885年にカナダに到来する中国人に50ドルの人頭税を課す措置がなされ、1900年には100ドル、1903年には500ドルと税額が引き上げられます。1923年には中国移民排斥法が発効し、外交官、商人、留学生などを除く中国人の入国が禁止されました。

 1880年代後半からは日本人の移民も本格化します。排斥された中国人の代わりとして日本人労働者が求められたのですが、やがて日本人も排斥されます。ただし、日英同盟の関係もあり、あからさまに日本人を排斥する措置はとられませんでした。
 しかし、1907年9月7日、中国人街と日本人街が襲撃されるバンクーバー暴動が起こります。暴動後、カナダ政府は賠償金を支払いますが、同時に労働大臣を日本に送って、日本人移民を年間400人に制限するルミュー協定が結ばれます。

 次にインド移民ですが、インド移民は20世紀になってから徐々に増え始めたといいます。中国人移民に人頭税が課されるようになると、代わりにインド人(シク教徒が中心)が連れてこられたのです。しかし、ターバンを巻いたシク教徒のインド人はやはり異質な存在であり、インド人に対する排斥の動きが始まります。
 ただし、インド人が中国人や日本人と違ったのは同じイギリス帝国の臣民だったということです。先程述べたように帝国臣民には領域内の自由な移動が認められており、カナダ政府がインド人移民を拒むことは原則としてはできませんでした。

 そこでカナダ政府は1908年1月に「連続航路規定」という遠回しなやり方でインド人の入国を拒否しようとします。これはカナダに来る移民は出身国から連続航路を通り通し切符でやってこなければならないという規定です。当初はハワイからやって来る日本人移民を拒むための規定でしたが、インドからカナダへの直行便がないということから、これはインド人移民を拒否するためのものと理解されました。
 さらに08年5月にはアジア系出自の移民は200ドルの現金を所有していなければならないとの規定を設けてインド人移民を阻止しようとします。
 しかし、1913年のぱなま丸訴訟では、カナダ政府がこの規定でインド人移民の入国を阻止しようとしたものの、法の不備によって政府が敗訴します。

 こうした中で、インド人のシク教徒の実業家グルティット・シンは、日本の船・駒形丸をチャーターしてカナダへの移民を希望するインド人を募り、カナダへと向かう計画を立てました。
 駒形丸は1890年にグラスゴーで建造された船で、1914年の段階では日本の神栄汽船合資会社が所有し、船籍は関東州の大連にありました。大連は日露戦争後、日本が租借地として統治していた地域で、船に税がかからなかったため、多くの船の船籍が置かれていました(今でいうパナマ船籍みたいなもの)。
 傭船契約によれば契約期間は6ヶ月、運行する乗組員は船長の山本熊太郎(徳次郎とも)他全員が日本人でした。
 駒形丸はまず香港で移住者を募り、さらに上海と日本で乗船者を募り、376名のインド人(全員パンジャブ州出身)を乗せてバンクーバーへと向かいます。

 1914年の5月3日に横浜を出港した駒形丸は5月21日にバンクーバーに近づきます。検疫を終えた駒形丸はバンクーバーへ入港しますが、このときグルティット・シンは報道陣に「われわれはイギリス臣民である。帝国のどの場所にも行ける権利がある。これをテストケースとしたい。あなたがたの国に入るのを拒まれるのなら、それでは終わらない」(112p)と述べています。
 シンは明らかにカナダのインド人移民の規制にチャレンジするつもりだったのです。

 ところが、乗客の下船は許されませんでした。身体検査だけで1週間以上かかり、移民審査部による審問も非常に慎重に行われました。以前にカナダに住んでいたと申告した22人のうち20人こそ認められましたが、残りは船内に残されます。カナダの当局は引き伸ばしによってシンが駒形丸のチャーター代を払えなくなることを狙っていました。
 こうした中でぱなま丸訴訟の弁護人を務めたエドワード・バードなどがシンらの支援に動き、沿岸委員会が結成されます。カナダ在住のインド人からの支援金もあり、沿岸委員会は駒形丸のチャーター代を支払うと、法廷闘争で決着をつけることとしました。
 一方、移民局バンクーバー担当主任マルコム・リードは、バンクーバー選出の連邦下院議員でアジア移民排斥論者でもあるヘンリー・ハーバート・スティーブンスの後押しを受けて、駒形丸を強制的に退去させようと動きます。別の船で乗客を強制的に送り返すことも画策しますが、これはカナダの連邦政府に却下されました。

 カナダ政府は移民の問題を内政問題として捉え、連続航路規定や所持金の規定でもって駒形丸の乗客の上陸を拒否しようとしましたが、沿岸委員会はイギリス帝国臣民の権利を主張し、所持金規定は人種差別であるとしました。バードは、そもそもカナダ政府には上陸を拒否する権限はないと主張しています。
 しかし、裁判所はカナダ政府に移民に対する法的措置を講ずる権限があるとして移民局の対応を認めました。沿岸委員会は上告を検討しますが、長期的な費用を工面できないとしてこれを断念します。
 また、イギリス本国もこの決定に異議を唱えることはありませんでした。1918年にはすべての自治領に移民に関する政策決定を行う権限があることが認められます。第一次世界大戦の勃発とともにイギリス本国と自治領の関係は変質し、自治領の協力を得るために自治領の独自性を認めるようになっていったのです。

 この判決を背景に移民局は駒形丸の退去させようとします。ただし、駒形丸を出航させるかどうかを決める権限を持っているのは船長の山本でした。そこで、バンクーバーの日本領事堀義貴(よしあつ)が仲裁のために呼ばれます。
 そうした中で、カナダの首相ボーデンは軍艦と、バレル農相を現地に派遣して問題の解決を図ろうとします。イギリス本国もインド統治のために穏便な解決を望んだからです。結局、7月23日に駒形丸はインド人の乗客を乗せてバンクーバーを後にしました。

 こうして事件は終わったかに見えますが、そうではありませんでした。駒形丸は横浜と神戸に寄港してインドへと向かいます(ちなみに当時の日本の新聞がこの問題をとり上げていますが、シンに好意的でカナダの移民排斥の姿勢に批判的だった)。
 1914年9月29日、駒形丸はコルカタから少し離れたバッジ・バッジに到着します。インド政庁は、彼らを特別列車で故郷に送り返そうとしますが、応じたのはムスリムを中心にした62名のみで、大半のシク教徒は徒歩でコルカタに向かおうとします。そして、このバッジ・バッジからコルカタに至る道中で、シク教徒たちと警官隊が衝突し、20名の乗客が死亡し、213名が逮捕されることになるのです(シンは逃亡した)。
 
 このインド政庁の駒形丸乗客に対する強圧的な姿勢の背景には第一次世界大戦におけるインド軍の役割と兵士としてのシク教徒について考える必要があります。
 第一次世界大戦では1918年12月末までに戦闘要員として87万7068名、非戦闘要員として56万3369名のインド人が動員されました。中東地域の対オスマン帝国戦ではインド軍が主力となっています。そんな中で主力となったのがネパールのグルカ兵と「尚武の民」として知られるシク教徒でした。
 そのためインド政庁は駒形丸の乗客のシク教徒たちが反英運動を起こすことを恐れたわけですが、実際、アメリカのポートランドに拠点にガダル党とシク教徒を中心とした呼ばれる反英武装闘争を目指すグループもありましたし、1915年2月にはシンガポールで駐留インド兵が反乱を起こしています。この反乱は日本軍の軍艦音羽、対馬の陸戦隊の応援もあって素早く鎮圧されますが、インド人のイギリスに対する反発というのは存在し続けました。
 そして、これはインド政庁への批判を封じるための1919年2月のローラット法案の提出、4月に起きたパンジャーブ州でのアムリトサルの虐殺によって、インドの民族主義運動は大きく盛り上がっていくのです。
 
 本書の「おわりに」では、2016年5月にカナダのトルドー首相が「駒形丸事件」について謝罪表明を行ったことに触れています。
 かつての「ホワイト・カナダ」は多文化主義の国に生まれ変わりました。そして、その過程で再び「駒形丸事件」に光が当てられることになったのです。

 このように本書は19世紀末〜20世紀初頭のイギリス帝国の実態とその中でのダイナミックな人之動きをグローバルな視点で描き出した本になります。このまとめでは割愛しましたが、駒形丸事件をめぐる人物にも光を当てており、さまざまな人がさまざまな立場でこの事件に関わっていたこともわかります。グローバル・ヒストリーというと、抽象的な人やモノの動きを見ていくイメージがあるかもしれませんが、本書ではグローバル・ヒストリーのダイナミズムが具体的な事件や人物を通して描かれています。
 歴史好きなら面白く読める本だと思いますし、新教科の「歴史総合」に関わりそうな人には強くお薦めしたいですね。