時代劇に出てくる「大岡越前」や「水戸黄門」、私たちは「大岡越前の本名は大岡忠相であり、水戸黄門の本名は徳川光圀である」と言いたくなります。越前は越前守、黄門は中納言の唐名で、いずれも官名を表すものだからです。
 ただ、「織田上総介信長の「上総介」も官名で本名ではないのか?」と言われると、迷いが生じてくるでしょう。戦国時代から江戸時代にかけて〜右衛門や〜左衛門といった官名風の名前が溢れているからです。
 一方、明治期の政治家を見ると、「大久保利通」と「後藤象二郎」のような2つの系統の名前が見受けられます。なぜこのようなことが起こったのでしょうか?

 本書は、まず江戸時代の名前の常識を解説した上で、融通無碍だった江戸時代の名前が、いかにして基本的に生涯変わらない(もちろん結婚すれば苗字が変わることはありますが)「氏名」というものにたどり着いたのかを教えてくれます。
 そしてそれは、決して明確な設計図に基づいて進められたものではなく、武士や庶民の常識と公家の常識の衝突の結果として生まれたものなのです。

 目次は以下の通り。
第一章 「名前」の一般常識
第二章 「名前」にあらざる「姓名」
第三章 古代を夢みる常識
第四章 揺らぐ常識
第五章 王政復古のはじまり
第六章 名を正した結末
第七章 「氏名」と国民管理

 江戸時代の「通称」とも呼ばれるいわゆる「下の名前」には、「大和守」のような正式な官名、「主膳」のような疑似官名、「平八郎」「新右衛門」のような一般通称の3つのタイプがありました。
 一般通称は、武士から庶民まで広く用いられており、だいたい〜右衛門、〜蔵、〜助のようにお尻は決まっていて、それに「名頭」と呼ばれる文字がくっついて、源右衛門、源蔵といった名前になります。 
 〜郎もそうしたお尻で、甚八、弥七などはそれが省略されたものです。一般的には太郎、次郎といった形で順番を表しますが、無頓着に付けた例も多いです(甚五郎の弟が兵次郎など)。
 
 また、代々同じ通称を使用するケースもあります。『鬼平犯科帳』で有名な長谷川平蔵の父は平蔵であり、子もまた平蔵を名乗っています。名前が襲名されていくのです。
 商人でも、鴻池善右衛門や加島屋久右衛門のように代々襲名するケースが目に付きますが、これは名前そのものが商号のようなものになっていたと考えられます。
 他にも僧侶、医者、隠居などは、法体名と呼ばれる宗春、洪庵といった名前を名乗りました。これは名前がその人の社会的地位をある程度表していたからです。

 一方、正式な官名は将軍の許可がなければ名乗れませんでした。旗本は諸大夫役と呼ばれる一定以上の官職につくことで初めて官名を名乗ることができ、官職に任じられた旗本は自ら名乗りたい官名を選んで将軍に申請しました。鬼平こと2代目長谷川平蔵の父は京都町奉行になった時に長谷川備中守に、3代目は西丸御小納戸頭取になったときに長谷川山城守に改名しています(二代目は出世できずに平蔵のまま)。
 大名は、必ず諸大夫、あるいは一段階上の「四品(しほん)」と呼ばれる格式を許されていたので、正式な官名を名前にしました。ただし、生まれながらに諸大夫ではないので、例えば盛岡城主の子南部三郎は、嗣子として将軍にお目見えを済ませた後に、南部信濃守と改名しています。

 この「信濃守」は官名なのですが、南部氏と信濃につながりはありません。井伊掃部頭は宮中行事のための設営や殿中の清掃を取り仕切るわけではありません。つまり、実際の役目とはまったく関係がなかったゆえに、これらの官名は「名前」だったのです。
 ただし、一応、正式な「官名」であることから、これらの名前は幕府を通して朝廷から位階に除された上で名乗ることを許されました。

 このように正式な官名は許可がなければ名乗れないために、それに代わって増えたのが擬似官名です。弾正、図書、玄蕃、主税などの京百官、左内、数馬、頼母などの東百官と呼ばれるものがそれです。
 例えば玄蕃頭は正式な官名なので「頭」の部分をとって「玄蕃」という形にします。これならば許可なく名乗っても問題ないというわけです。
東百官は平将門がつくったとも言われていますが、実際には中世以降に生まれた「百官っぽい」名前で、基本的に語感を真似ただけです。語感重視なので、頼母から九十九、数馬から覚馬などが生まれています。

 江戸時代の、特に武士の名前に関してはさらに名乗、あるいは諱、名、実名(じつみょう)と呼ばれるものがあります。大岡越前守忠相の「忠相」に当たる部分です。
 例えば、先程もあげた初代の長谷川平蔵は平蔵から備中守になりましたが、名乗は宣雄(のぶお)で変わりません。こうなると、この「名乗」こそが「本名」のように思えてきますが、本書によればそうではありません。
 そもそも、名乗は名前としての機能を有さず、名乗で呼ばれることもありません。書状の文末に入る「名乗書判」と呼ばれるサインにのみ使われました。そのため、自分の名乗はわかっても読み方はわからない、父や祖父の名乗がわからないというようなことも度々ありました。
 私たちは、松平「定信」、田沼「意次」といった名乗で歴史上の人物を覚えているわけですが、実際にはほぼ使われていなかったのです。

 さらに大名や旗本などを中心に「本姓」なるものが設定されいました。例えば、島津氏であれば「源」が本姓になります。島津氏は由緒のある家柄ですが、成り上がりの家であれば、源や平や藤原などを適当に設定していたわけです。
 苗字は名前と、本姓は名乗に接続します。島津斉興であれば、松平大隅守(島津は幕府から松平の苗字を許されていた)、または源斉興であり、松平(島津)斉興という組み合わせはまずないのです。

 基本的に苗字が公称できたのは武士などの一部の身分で、庶民は村の名前や、百姓や大工といった身分などを付けて、○○村百姓武右衛門、大工次郎作といった形で名乗りました。商人であれば山崎屋忠兵衛のように屋号をつけて名乗りました。
 庶民が特別な許可を受けて苗字の公称を許されることもありましたが、特定の「御用」のときのみに許されたケースもあり、例えば、江戸佐柄木町の名主弥太郎は幕府の御細工頭を務めており、このときだけ「佐柄木弥太郎」と苗字付きの名前の公称を許されており、町名主としての活動は、ただの「弥太郎」を名乗っています。
 庶民にとって、苗字と名前は必ずしもセットというわけではないです。

 しかし、江戸時代にはこうした武士や庶民の常識とは違った名前に関する常識を持つ集団がいました。それが公家です。
 公家にも当然ながら官名があり、一条左大臣、久我大納言、入江駿河守といった形で呼ばれていました。ここは武士と同じです。
 ところが、その官名のあり方は武士のそれとは違います。まず、公家には家柄によって到達できる位階が決まっており、この位階が「三室戸三位(みむろどさんみ)」といった具合に名前のように使われることもありました。

 さらに、武家との一番の違いは京官の官名の定員が設定されていたという点です。武家の官位は「員外の官」として、例えば本来1人の玄蕃頭が複数いても構わなかったのですが、公家の中では名乗れるのはあくまで1人でした(一方、地方官はこの制限がなく、「大和守」が何人いても問題視されなかった)。
 公家の任官は武家に比べてはるかに頻繁で、羽林家と呼ばれる武関係の堂上(摂家に次ぐ格式の家)なら、権守や権介や侍従などを降り出しに、少将→中将→参議→中納言→大納言(大将を兼ねる)といった具合に任官していきます。
 例えば、「飛鳥井侍従」は「飛鳥井右少将」→「飛鳥井右中将」と名前を変えていくわけです。

 こうしたことあって、朝廷では武家ではほぼ使われなかった「本性+実名」こそが人の名前であるという認識が常識となっていました。
 例えば、「平信堅」(称号は西洞院(にしのとういん))は左兵衛督(さひょうえのかみ)に任官すれば、「西洞院左兵衛督」が日常使われる名前となるわけですが、あくまでも人名は「平信堅」だと認識されていました。
 また、江戸時代には「姓」「本姓」と呼ばれていたものは古代の「氏」にあたるものですが、これ以外にも姓(かばね)が存在しました。有名なのは天武天皇が制定した八色の姓で、朝臣・宿禰・忌寸・道師・臣・連・稲置がありました。例えば、藤原氏は朝臣の姓が付きました。この姓は略されるのが普通になり、江戸時代には「尸(し、かばね)」と呼ばれるようになります。

 公家でも特に高位の人物に関しては実名を忌避する文化があり、「日野中納言」のように居所+官名でその人を指し示すようになりますが、相手を実名で呼び合う文化は残りました。朝廷では「名前」ではなく「姓名」こそが人の名であるという考えだったのです。

 この武家や庶民の常識と朝廷の常識が明治維新で衝突します。明治維新は「復古」の意味合いも強く、「名を正すべきだ」という議論も生まれてくるのです。また、官名に対する厳密な取り扱いが求められるようになってきます。

 朝廷の官位には「解官」という措置がありました。罪を犯したものの官職を解くというもので、例えば、1774年に発生した御所口向役人の不正事件では100人以上が処罰されていますが、高屋遠江守は「高屋遠江」という名で処罰されています。官名を全部削除すると名前がなくなってしまうのでのその一部が削除されたのです。
 一方、武家ではこうした慣行はありませんでしたが、禁門の変の処罰に置いて長州藩の毛利氏に解官が行われました。長門宰相(松平大膳大夫、姓名は大江慶親)は、幕府から松平姓と将軍家慶から偏諱である「慶」の字を剥奪され、さらに朝廷から官位を剥奪されます。その結果、長門宰相(宰相は参議の唐名)は「毛利大膳」になりました(高位の人は苗字を呼ぶのも遠慮するので「長門」だったが、官位がなくなって「毛利」となった)。

 王政復古がなると、いよいよ官名を古代の理想の形に戻そうという動きが出てきます。
 新政府がつくられると、議定や参与といった職が登場しますが、これはあくまでも職名で官名ではありません。「細川右京大夫」が「議定職・刑法事務局輔」に任命されても、名前は相変わらず「細川右京大夫」です。
 また、新たに「官等」というものが設けられ、位階とは別にその職のランクを示すことになりました。

 しかし、位階と官等が関連していなかったため、長官が無位無官の徴士で部下が官位を持っているというケースも起こるようになってきます。新政府には西郷隆盛や後藤象二郎といった藩士が多数参加しており、多くの場合、彼らは官位を持たなかったのです。
 今まで、「広沢兵助」と「浅井伊予介」がいれば名前だけで正式な官名を持つ後者が偉いとわかりました。ところが、新政府では前者は2等官、後者は8等官ということが起こり得ました(広沢兵助とは広沢真臣のこと)。
 
 そこで徴士にそれなりの官位を授けることが考えられます。このとき官名には任ぜずに叙位だけが行われ、例えば、「三岡八郎」は「三岡四位」となりました。これで名実の不一致を解消しようとしたのです。
 ところが、この叙位を辞退する者が数多くいたのです。徴士は元来藩士であり、主君と同格の位階になってしまうのは恐れ多いことでした。例えば、「後藤象二郎」は当時「三岡四位」と同職でしたが、後藤は叙位を辞退したために、名前ではそのランクがわかりません。
 さらに政府に採用された朝廷の地下の公家たちは、官職のランクは低いものの、「大和介」などの大層な官名を名乗っていました。そこで明治元年の11月に5等官以下は在勤中は官名以外の名前を名乗るように命令が出ました。

 明治2年7月、今までの官制・官名が全廃され、新しい官制が「職員令」として発せられます。「百官廃止」とも言われるこの措置によって旧官名は一層され、新たな職名が名前のようにもちいられることになりました。例えば、民部官知事松平中納言は松平民部卿に、軍務官副知事大村四位は大村兵部大輔となりました。
 これで名と実は一致しました。しかし、今度は職が変わると名前も変わってしまう問題が起きます。

 こうした中で、一種の身分を示すために実名を通称のように使用する者も現れます。実名(名乗)は庶民は必要がないので設定していないことが多いです。つまり、実名がある=それなりの身分の出であることを示せるのです。
 同じ頃、地方では、同姓の同職の者をどう呼ぶのかという問題にも直面していました。例えば、篠山藩では大参事の職に吉原前右衛門と吉原三郎右衛門がおり、「吉原大参事」では区別できなかったのです。結局、吉原の苗字に東を加えて「東吉原」などとして対応するしかありませんでした。

 新政府は職員令とともに「官位記」の書式を制定します。ここでは姓尸名が用いられ、例えば、大隈重信は「従四位菅原朝臣重信」と表記されました。
 しかし、姓尸を持たない者もいましたし、実名を持たない者は、名称を実名に流用したりしました。山尾庸三は「藤原朝臣庸三」と記しています。

 結局、混乱もここに極まる形になり、明治3年末には、「苗字+官名」という記載方法が取り下げられ、「官名+苗字+実名」という形に落ち着きます。官名を名前として利用する形があきらめられたのです。
 さらに明治4年には姓尸名の公文書での使用が廃止され、官員の名簿は「苗字+実名」になります。さらに明治5年には通称と実名を持つ者はどちらか1つにせよとの布告が出されます。ここで初めて、今まで意味合いの違った「西郷隆盛」と「後藤象二郎」というものは同じ「名前」となったのです。

 庶民に関しては、明治4年まで作成されていた宗門人別帳や戸籍には、ただ「名前」のみが登録されていました。
 明治3年には苗字公称の自由化が行われます。ただし、これは江戸時代の身分格式を整理する一環として行われたもので、特に深い理由はなかったと考えられます。そのため、地方によってその受け止め方はさまざまでした。

 こうした中、庶民に苗字を強制するきっかけとなったのが、明治6年に施行された徴兵令です。徴兵逃れが横行する中で、政府は庶民に苗字がない問題点に気が付きました。
 明治8年、陸軍卿の山県有朋は、庶民に苗字がないのは兵役事務の上で不都合だとして、苗字強制を主張し、これが政府に容れられます。そして同年に苗字を強制する太政官布告が出されるのです。
 この庶民への苗字強制は、事務手続きの必要性から生じたもののため、苗字の中身については特に問われませんでした。村人全員がほぼ同じ名字を名乗っても、加賀屋という屋号を持つものが加賀谷を名乗っても政府としてみれば特に問題はなかったのです。
 
 また、改名を制限されていきます。江戸時代には改名は当たり前でしたし、1人が複数の名前を持つこともありましたが、明治になると、個人は変わらない「本名」を持つという形になっていきます。
 明治5年、政府は華族から庶民にいたるまでの改名を禁止します。ただし、この禁止令はのちにやや緩和され、営業の都合などで解明することは許されています。実名系の名前を持つ氏族が商売をするので通称系の名前に変えたい、〜右衛門が医師になるので名前を変えたいといった願いは許されています。ただし、改名の禁止によって幼名や隠居名は姿を消していきます。
 
 最後に、エピローグで女性の名前についても少し触れています。江戸時代は「〜女房 〇〇」といった形で呼ばれていましたが、明治なって女性にも「氏+名」の組み合わせが必要になります。
 そこでこの「氏」(苗字)をどうするかという問題が起こります。明治8年の石川県からの問い合わせに対して、政府は結婚しても実家の苗字を使用するように回答しています。夫婦同姓のケースもあったようですが、すべて夫婦同姓となるのは明治31年の民法施行以後でした。

 このように、本書は私たちが持っている名前に関する常識を大きく揺さぶってくれます。「大岡越前守忠相」という名前を聞いた場合、私たちは「大岡忠相」が「本名」で「越前守」が「肩書」のように思ってしまいますが、江戸時代の常識はまったく違い、そしてそれがさまざまな混乱を経て今の「氏名」に至っているのです。
 とにかく読んで面白い、刺激的な1冊だと言えるでしょう。