(続)東北の山遊び

東北の山々を中心に遊んだ記録です。

● 2014年6月以前の登山記録は→ 東北の山遊び
● You Tubeへアップした動画集は→ 東北の山遊び(動画版)
● 日々のきままな日記は→ 東北の山遊び(雑記帳)

2020.6.3 八森山から火打岳(山形・神室連峰)

6月1日から山形県の山の登山に関して、5都道県(北海道・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)のお住まいの登山者以外、県域を越える往来と登山の自粛が解除された。
その情報はコチラ→
登山者の皆様へ

そこで3月29日の高館山以来、約2ヶ月ぶりに県境を越えて山形の山へ登山道調査に出かけた。
神室連峰は標高が低い山域なので、本来は涼しい5月中に調査を終えたかったが、今年はコロナ禍で調査のスタートが遅れてしまい、梅雨に入るまで短期集中して調査に仕事に当たらねばならない。

【 6/3 八森山(1098m)から火打岳(1238m) 山形・神室連峰 】
親倉見登山口~薬師原登山口~市町境稜線~八森山~一杯森分岐~烏帽子山~槍ヶ先~中先~大尺山~火打岳~大尺山~中先~槍ヶ先~四本ブナ~親倉見登山口

今年3月に提出した調査登山計画では八森山と火打岳は別々に行う予定だった。
しかし調査の出遅れを取り戻さなければならない事情から、少し無理をして2山を同時に歩く事にした。行動時間が長くなるため、朝3時半の未明に自宅を出た。

最上町に入ると朝日に照らされた八森山が望めた。
2020060301

続きを読む

2020.5.30 熊野岳(宮城・蔵王連峰)

天気に恵まれた土曜日、大黒天から刈田岳~熊野岳~名号峰~峩々温泉の縦走コースを歩いてきた。
熊野岳界隈はコロナ禍以前の賑わいを取り戻した感じだ。

【 5/30 熊野岳(1841m) 宮城・蔵王連峰 】
大黒天~刈田岳~熊野岳~名号峰~峩々温泉

5月末まで県をまたぐ移動の自粛が求められているので、近場の熊野岳を登る事にした。
不忘山ならハクサンイチゲが咲き出しているが、しばらく歩いていない大黒天から刈田岳、そして熊野岳から峩々温泉のルートを歩いてみたくなったのだ。
この場合、登山口を下山口が異なるため、車2台が必要になるが、山友のmorinoさんが大黒天から熊野岳を往復する予定なので、峩々温泉に私の車を置き、そこからmorinoさんの大黒天まで送ってもらった。

朝から快晴の絶好の登山日和。
釜房ダムに立ち寄り、南蔵王と中央蔵王の景色を眺める。
2020053001

続きを読む

2020.5.29 荒雄岳(宮城・鬼首)

前の日曜日はマスさんの実家へ、サクランボハウスのビニール掛け作業に行ってきたため山はお休み。
約2週間ぶりの登山は、山と高原地図の登山道調査で鬼首の荒雄岳へ出かけた。

【 5/29 荒雄岳(984m) 宮城・鬼首 】
八ッ森コース登山口~荒雄岳~片山コース登山口~(車道を歩いて)八ッ森コース登山口

八ッ森コース登山口へ向かう林道の入口より」、少し北側の車道の広い路肩に車を停めて歩きだす。
林道は90度右折した先で最近伐採作業が行われたようだ。
登山口までの直進路は相変わらず雨水で掘れており、普通車で登山口に乗り入れるのは難しい。

登山口上部の伐採地は植林されたスギが伸び始めていて、大柴山から花渕山の稜線は年々見えにくくなっている。
2020052901

続きを読む

2020.5.17 田束山(宮城・北上山地)

曇りで風が強い天気予報なので、高い山には行かず、ヤマツツジが満開と思われる田束山に行ってきた。
山頂直下まで車で行ける山のため、山頂周辺は混雑が予想されたので、人と接近する場所はマスクをして対処した。

【 5/17 田束山(511m) 宮城・北上山地 】
行者の道登山口~蜘蛛滝~穴滝~車道~つつじ園~田束山~三十三観音~昔の遊歩道経由・行者の道登山口

田束山は2年ぶりに登る。
以前はみちのく潮風トレイルがまだ開通していなかった時期で、その後、標識の類がどう整備されたか確認の意味もあった。

行者の道登山口には車5台ほどの駐車スペースがある。
以前はほとんど登山者を見ない道だったが、最近は少し有名になってきたようだ。
2020051701

続きを読む

2020.5.14 大東岳(宮城・二口山塊)

新型コロナウィルスによる全国一律の緊急事態宣言が、39県に限り14日に解除された。
まだ5月31日までは県をまたいだ移動は自粛を求められているので、取材とトレーニングを兼ねて大東岳に行ってきた。

【 5/14 大東岳(1365m) 宮城・二口山塊 】
大東岳登山口~立石沢~1019m標高点~鼻こすり~大東岳~弥吉ころばし~樋ノ沢避難小屋~京淵沢~雨滝~駒止~大東岳登山口

朝6時半、大東岳登山口を出発。この時点で一台も駐車車両はなかった。
2020051401
続きを読む

山と渓谷 2020年6月号

本日15日発売の山と渓谷 2020年6月号私が執筆した記事が掲載されています。

2020051501


今回の特集は
エリアとテーマで選ぶ!テント山行 ベストコース30

全国の山のエキスパートたちが、それぞれの山域がもつ魅力をテーマとして設定。
各テーマに沿って、こよなく愛するテント山行コースを紹介しています。

■第1部 日本アルプス
北アルプス 立山・黒部「歩き続ける喜び」
五色ヶ原~薬師岳/雲ノ平~鷲羽岳~黒部五郎岳/池ノ平~阿曽原~欅平
北アルプス 後立山「雲上のテント場で過ごす一夜」
白馬岳/唐松岳/爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳
北アルプス 槍・穂高「北ア核心部の縦走路」
大天井岳~槍ヶ岳/前穂高岳~奥穂高岳/双六岳~槍ヶ岳
南アルプス 北岳・鳳凰山「日本三大高峰の大展望」
白峰三山/鳳凰三山/早川尾根
南アルプス 荒川・赤石・聖「静寂の稜線歩き」
光岳~上河内岳/小河内岳~荒川三山/赤石岳~聖岳

■第2部 全国の山
北海道 「山上の花の楽園」
大雪山系トムラウシ山~化雲平/東大雪 ニペソツ山/知床半島 羅臼岳~硫黄岳
東北「山深き世界へ飛び込む」
飯豊連峰 朳差岳~北股岳
関東「麓キャンプで充実山行」
丹沢 畔ヶ丸〜檜洞丸/伊豆大島 三原山


◎第2特集 テント泊の基本と裏技
■1章 基本編
テント場の見極め(体力的な無理はないか、環境的な難度を上げていないか)
装備の取捨選択(本当に必要な装備と不要な装備、軽量化のための優先順位)
楽に背負う方法(肩や腰への負担を減らしたい、人間工学に基づくパッキング)
正しい設営方法(雨や風などに負けないテント設営・撤収術)

■2章 裏技編
テント泊の達人が教える、ちょっと差がつくテクニック


販売価格は
1200(税込)です。

少なくても5月一杯は県境を越えた不要不急の移動の自粛が要請されていて、なかなか登りたい山に行けない状態です。
そんな中、晴耕雨読ではないですが、山に行けないストレスを読書で過ごされてはいかがでしょうか。




2020.4.16 新川岳(宮城・二口山塊)

新川岳は2010年と2012年の積雪期に2度挑戦してどちらも敗退している因縁の山だ。
標高が低い山なので安易に考え、出発時間を午前11時と、山を舐めてかかった事が失敗の原因である。
一度目はカンジキ、二度目は山スキーの装備で臨んだが、林道歩きが非常に長く、それで体力を消耗し、また登路の薮に悩まされた点もあり、意外に難しい山である認識を持つことになった。

そんな中、山仲間のMさんが数日前に南川林道をほぼ終点まで歩き、1043m峰の北側まで行ったブログ記事を見た。まだ残雪がある今の時期なら、1043m峰東側の鞍部から1069m峰を越えて新川岳まで縦走できそうな気がしてきた。そこでMさんに電話を入れ、南沢林道の状況を詳しく教えていただき、数日後に実行に移した。

【 4/16 新川岳(1013m) 宮城・二口山塊 】
ブナ集積場~1043m峰東側の鞍部~1069m峰~新川岳~南沢林道の治山ダム看板設置場所~ブナ集積場

晴れの予報に関わらず、朝方の関山街道はパラパラと極弱い雨が降る生憎の天気だった。
まあ、次第に晴れてくるだろうとポジティブに考えて、関山街道から左折し、奥新川駅へ向かう林道に入る。
北沢林道を北進すると、左にトラロープで仕切られた南沢林道が分岐する。
この林道はかなりな悪路で、途中、何度か車を停めて、道路の真ん中に散乱した石を取り除きながらブナ集積場まで乗り入れた。ここのブナ集積場は昨年伐採されたブナが積まれており、今年は作業を行っていないようだ。この先は更に悪路となるため、普通乗用車の私の車では走行は難しい。
IMGP5535


続きを読む

山と渓谷 2020年5月号

本日15日発売の山と渓谷 2020年5月号私が執筆した記事が掲載されています。

2020041501


今回の特集は
登山靴、ザック、レインウェア 最新登山用具を試す
●登山靴、ザック、レインウェアの最新トレンドを探る内容です。

■第2特集は「残雪輝く山へ」
さまざまな残雪の楽しみ方と、とっておきのコースガイドを紹介します。
ハイキング編、登山編、山スキー編に分けてコースガイドを掲載しています。
■別冊付録は読者紀行ベストセレクション」です。
小冊子ですが、30年にわたり掲載されてきた「読者紀行」約500編の中から、「単独行」と「家族の山」というテーマで珠玉の7編をセレクトしています。

販売価格は
1200(税込)です。
家で引きこもりを強いられる現在、最新の山の情報に触れ、山への誘いを感じてはいかがでしょうか?






2020.4.11 後白髪山(宮城・船形連峰)

11日・土曜日はコロナウィルス感染の三密を避けて、県内の、おそらく誰にも会わない後白髪山に登ってきた。
残雪期の山の取材を目的としているが、途中の急な雪稜がガイド記事として紹介できるか否かが課題である。

【 4/11 後白髪山(1422m) 宮城・船形連峰 】
定義林道入口~後白髪山登山口~作業道分岐~定義林道4km地点~ロボット雨量計~水茶屋~角平山~雪稜~後白髪山(往復)

根白石から県道263号を使って定義如来を目指す。
途中、泉ヶ岳が一望できる場所で車を停めた。
2020041101




続きを読む

2020.3.31 イワウチワ咲く低山

イワウチワを見たくなって、最近見つけた秘密の低山に行ってきた。

2020033101

続きを読む
プロフィール

SONE

静かな東北の山々を愛する宮城県在住の岳人です。このブログは登山記録中心にアップします。

尚,誹謗中傷、及び読者が不快になるコメントについては削除させていただく場合がございます。




カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
画像掲示板
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
記事検索
非公開メッセージ
QRコード
QRコード
調査執筆
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

栗駒・早池峰(2020年版) 焼石岳・神室山 (山と高原地図)
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/3/14時点)


共著
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宮城県の山 (分県登山ガイド) [ 早川輝雄 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)


 
  • ライブドアブログ