(続)東北の山遊び

東北の山々を中心に遊んだ記録です。

● 2014年6月以前の登山記録は→ 東北の山遊び
● You Tubeへアップした動画集は→ 東北の山遊び(動画版)
● 日々のきままな日記は→ 東北の山遊び(雑記帳)

2016.9.24 牛形山(岩手・焼石連峰)

登山地図の調査山行で焼石連峰の牛形山に行ってきた。
本当は紅葉時期を狙っていたのだが、今年の紅葉は昨年より少し遅れている感じで、山頂付近でやっと色づき始めた状態だった。

【 9/24 牛形山(1339m) 岩手・焼石連峰 】 
夏油温泉~草付きのトラバース~八合目分岐~牛形山~八合目分岐~白っ子森~鷲ヶ森山~丸子峠~旧キャンプ場~夏油温泉

調査山行の締め切りは10月末なので、残り3座を効率よく回らねばならないが、如何せん天候不順が続いてさっぱり捗らない日々が続いている。
そんな中でやっと週末が晴れの予報になり、ようやく牛形山に行く機会が訪れた。
でもマスさんがこの日は仕事なので、一緒に行けずその点では残念だった。

今回ご一緒したのはmorinoさんとmaronnさんの二人。
よく考えてみると北八ヶ岳以来の山行となる。

 低い雲が垂れ下がっている岩手県内陸部を北上し、夏油温泉に向かって車を走らせると、入畑ダム付近から霧の層を抜け出して一気に青空が広がった。
ダム湖の奥に目指す牛形山が見えている。
2016092401
 続きを読む

2016.9.10 面白山(山形・二口山塊)

天気が良さそうな福島方面の山に登ろうと思って朝5時に起きだすと、愛猫のハナちゃんが大量に涎を流している。
また口内炎が酷くなってきたようで、餌を与えても口の中が痛いようで、直ぐに食べなくなってしまった。
この状態で土日を越せないので、福島の山は諦め、朝一で動物病院に連れていった。
口内炎に効く注射を一本打ってもらい帰宅したが、既に朝9時半近い。
これでは遠い山には行けないので、キノコ観察を兼ねてしばらくぶりに面白山に登ろうと言うことになった。

【 9/10 面白山(1264m) 山形・二口山塊 】 
天童高原~長命水~三沢山~面白山~カモシカコース変則十字路~長命水~天童高原 

朝一は晴れ上がっていた天気も、天童高原に着くと雲の割合が増えてきた。
村山盆地の西側にある月山や葉山は雲がかかっているが、面白山は見えていて、これなら山頂からの景色は楽しめるであろう。
2016091001
 続きを読む

2016.9.1 虎毛山(秋田・虎毛山地)

愛猫のハナちゃんの食欲が病気前と変わらないほどに改善したので、8月11日の薬師岳以来、久しぶりに調査山行に出かけた。
今回対象となる虎毛山には、7月から8月の初旬に歩く予定だったが、天候不順が続き伸び伸びになっていた。

【 9/1 虎毛山(1433m) 秋田・虎毛山地 】 
林道分岐駐車場~林道終点~トラの滴~崩壊地~赤倉沢渡渉点~ヒノキアスナロ林~夫婦桧~ブナ林~1234m峰~虎毛山~木道終点(往復)

 朝5時に自宅を出る。
この日、愛猫たちにご飯をあげるのはマスさんにお願いしたが、ハナちゃんへ薬を飲ませるのは私の担当なので、焼きかつおを食べさせて薬を飲ませてから出かけた。

国道108号・鬼首道路を走行して秋田県側に入ると、空が一気に晴れ渡った。
宮城県側は低層の雲がでてあまり天気が良くなかったのである。

国道から左折して虎毛山の登山口に向かうが、台風が通過して2日目の車道は舗装道路にも関わらず泥が流入してダート道を走行している感じだった。(帰る時に重機が入り、車道の泥は片付けられていたが・・・)

林道が二手に分かれる場所に登山者用の駐車場がある。
台風通過後なので、林道の様子が分からず下手に車で突っ込むのはヤバイと思い、その駐車場に車を停め、左に派生する林道を歩きだす。
2016090101



 続きを読む

山の写真集 『みちのく山想賦』

私が所属している山岳写真集団仙台の大先輩である鈴木茂さんが、
この度自費出版にて山の写真集『みちのく山想賦』を出版されました。

その写真集のパンフレットです。
2016083101

続きを読む

2016.8.28 石崎山から立石山&大森山(山形・船形連峰ほか)

愛猫のハナちゃんの体調もかなり改善したが、39度を少し越えた微熱が続いているし、下痢も未だに治っていないために、朝起きてから餌の喰いつきや体調を観察しなければならず、早朝から山に出かけることはできない。
まあ、この日は台風10号が日本列島に近づいていて、低気圧を刺激し高い山にはぶ厚い雲がかかっているので、遅い出発でも登れる低山を歩くことにした。

【 8/28 石崎山(285m)から立石山(477m)&大森山(367m) 山形・船形連峰ほか 】 
石崎山:石崎山農村公園駐車場~石崎山(往復)
立石山:石崎山農村公園駐車場~配水所~340m峰~鞍部~立石山~疱瘡神社~高谷沼~石崎山農村公園駐車場
大森山:県道276号脇駐車スペース:送電線巡視路入口~送電線鉄塔~大森山(往復)
 
日曜日なので動物病院は休診。
ハナちゃんは前日まで点滴治療を行っていたが、食欲が増したので日曜日は様子を見て欲しいと獣医師の指導があり、朝9時過ぎまで体調を観察していた。
ハナちゃんの病気に関する記事は別ブログの東北の山遊び (雑記帳)を参照していただきたいが、野良猫のハナちゃんは保護した時から猫エイズと白血病のキャリアで、免疫力がほとんどないために何かしらのウィルス感染で下痢と熱が出てしまい、8月中旬から毎日病院通いが続いていたのである。

写真は8月12日以降、餌が食べられなくなり、4kgあった体重が3.4kgまで減ってしまったハナちゃん
2016082850

でもこの日は症状もやっと和らいできて、餌をむしゃむしゃ食べるようになったので、安心して山に出かけることができた。 しかし遅い帰宅はできないので、必然的に低山にならざるを得ない。
 
続きを読む

2016.8.19 レンゲショウマ咲く山(宮城)

愛猫のハナちゃんが8月11日から酷い下痢を発症してしまい、連日病院に通院させる日々が続いている。
ハナちゃんは野良猫を保護して飼い始めたが、白血病と猫エイズのキャリアであり、最近は口内炎の治療で二週間に一度は通院しなければならない状態だった。

しかし今回は12日から飲み食いが一切できなくなってしまったので、休診日にも病院のご厚意で診療していただき、毎日の皮下点滴とステロイド&抗生剤の注射が欠かせなくなっていた。

私も毎日通院させるのはかなり大変で、自分自身もストレスを感じていたのだが、ハナちゃんの具合が少し改善した19日に、レンゲショウマの花を見たくなって宮城県の某低山を歩いてきた。

【 8/19 〇X山(宮城) 】 
*レンゲショウマは全国的にも絶滅危惧種に指定されている貴重な植物ですので、その群生地は秘密です。

レンゲショウマはキンポウゲ科の多年草で日本特産の一属一種の花である。
花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名前が付けられた。
本州(東北地方~近畿地方)の太平洋岸の温帯域に分布し、山地から深山のかけての湿り気のある林下に生える。
東北では岩手県から福島県の太平洋側に分布しているが、宮城県のみ絶滅危惧種Ⅱ類には入っていない。
県内においてその群生地が研究者の中で把握されていないために、絶滅危惧種Ⅱ類に入れられていない可能性もあると思う。


2016081913


続きを読む

2016.8.11 薬師岳(岩手・北上山地)

山と高原地図の登山道調査山行は秋までにその年の計画を完了させねばならないので、梅雨時期に動けなかった反動が今になって出ている。
秋にどうしても別な山域を登ることが必須となっているため、今年に関しては猛暑にも関わらず標高が低い登山口から多少無理しても調査山行しなければならない。
そこで山の日の祝日は早池峰山の南に聳える薬師岳に、遠野市側から周回登山を行った。
マスさんは用事があったので、この日も私一人の山行となった。

【 8/11 薬師岳(1645m) 岩手・北上山地 】 
馬留~又一滝~薬師岳~小田越~小田越山荘~薬師堂~又一滝~馬留 

この山、実は7月初旬に早池峰山もセットで登る計画を立てていたが、天候が悪く延期したのである。
登るタイミングは本来6月下旬のオサバグサが咲く頃がベストなのだろうが、他の山の調査を優先させた事もあり、猛暑のこの時期まで後ろ倒しになってしまった。

午前4時半に自宅を出発。
東北道を北上していると鶴巣PAの手前で綺麗な朝焼けになってきた。
PAに立ち寄り素晴らしく焼けた空を撮影。
私以外にも多くの方が朝焼けを写真に収めていた。
2016081142
 続きを読む

2016.8.5-6 経塚山から東焼石岳(岩手・焼石連峰)

2週間前に東成瀬口からツブ沼まで焼石連峰を横断したが、今度は夏油温泉から経塚山を経て東焼石岳を一泊で歩いてきた。
この区間は夏油川のトラス橋が落橋したために登山道は通行禁止の処置がなされているが、現在も登山記録も多く、登山道調査に当たって外せない 道となっていた。

【 8/5~6 経塚山(1372m)から東焼石岳(1507m) 岩手・焼石連峰 】 
5日:夏油温泉~林道出合~林道終点~夏油川渡渉点~1029m独標~水場~お坪の庭~小湿原~経塚山~崩壊地~賽の河原~1221m峰~金明水避難小屋~1277m峰~水場~六沢山~東焼石岳~姥石平三叉路~東成瀬コース九合目~焼石沼方面標高1300m付近~成瀬コース九合目~姥石平三叉路~姥石平分岐~東焼石岳~六沢山~水場~1277m峰~ 金明水避難小屋(泊)
6日: 金明水避難小屋~1221m峰~賽の河原~崩壊地~経塚山~小湿原~お坪の庭~水場~1029m独標~夏油川渡渉点~林道終点~夏油温泉分岐~夏油温泉

岩手県内陸部は気温34度の夏日が予想されているため、朝6時から歩き始めた。
夏油温泉に来るのは久しぶり。その佇まいはほとんど変わっていない。
2016080501


続きを読む

2016.7.31 蓼科山(長野・北八ヶ岳)

天狗岳に登った翌日、宿でゆっくり朝食を摂る。 
前日は暑さでバテ気味だった仲間もいたし、プール平にあるコンビニの開店時間が午前8時と遅かったために、北横岳から双子池を経て蓼科山に登る 当初の予定を大幅に変更して、七合目登山口から蓼科山に登り、大河原峠から竜源橋に下る登りが楽なルートに切り替えた。

【 7/31 蓼科山(2531m) 長野・北八ヶ岳 】 
七合目登山口~天狗の露地~将軍平~蓼科山~将軍平~佐久市最高点~大河原峠~天祥寺原~竜源橋

金曜日の天気予報ではこの日の天気はあまり芳しくなかった。
それなら北八ヶ岳の池巡りもいいかな、と考えていたが、前日夕方の天気予報を確認すると長野県のみ最高の天気に恵まれるらしい。
それなら天狗岳では展望に恵まれなかったので、日曜日は展望一本の山に絞ろうと蓼科山メインの行程に変更した。
天狗岳の登りで優美なコニーデ型の蓼科山の姿を見てしまったのも、そう考えた理由である。
2016073101
 続きを読む

2016.7.30 東天狗岳(長野・北八ヶ岳)

毎年恒例の愛知の岳友sakaさんとご一緒する登山。
今年はsakaさんご贔屓の蓼科山麓にある宿を予約していただき、私には不似合いの北八ヶ岳界隈を歩くことにした。
初日は麦草峠から天狗岳を往復するルート。
シラビソの森の林床に広がる苔の群生を終日堪能できるので楽しみにしていた。

【 7/30 東天狗岳(2640m) 長野・北八ヶ岳 】 
麦草峠無料駐車場~麦草ヒュッテ~白駒池~にゅう~中山峠~黒百合ヒュッテ~すりばち池~東天狗岳 ~中山峠~中山~高見石~丸山~麦草ヒュッテ~麦草峠無料駐車場

仙台を午前0時半に出発。市内のコンビニでその日の食料を調達し、東北道~北関東道~関越道~上信越道を経由して佐久南ICで高速を降りる。

この先日まで二転三転してはっきりしない天気予報だったが、朝方の高い山々には黒い雲がかかっていた。

高速道の長距離運転の場合、並走するとお互いに気をつかって疲れるので、morinoさんの車とは離れて走行していたが、morino車のカーナビに北関東道へ分岐する岩舟JCTの地図が入っていない古いバージョンだったようで、JCTを通り過ぎて先のICでUターンしたらしく、待ち合わせした麦草峠無料駐車場へは30分遅れてようやく到着した。

この頃からガスが飛んで、時折青空も見える天気になってきたが、峠の南にある茶臼山は雲の中だったので、当初の予定の逆コースで、白駒池に先ず立ち寄ることにした。
これなら朝の淡い斜光の中で苔の森を見られそうである。
2016073001

続きを読む
プロフィール
最新コメント
カテゴリ
画像掲示板
Picasa 山のアルバム集
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
記事検索
非公開メッセージ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ