(続)東北の山遊び

東北の山々を中心に遊んだ記録です。

● 2014年6月以前の登山記録は→ 東北の山遊び
● You Tubeへアップした動画集は→ 東北の山遊び(動画版)
● 日々のきままな日記は→ 東北の山遊び(雑記帳)

2018.7.8 熊野岳(宮城・蔵王連峰)

西日本に甚大な豪雨被害をもたらした梅雨前線が北上中で、この週末は雨の予報だったため山は諦めていた。それでも午後10時過ぎに刈田岳山頂のライブカメラを確認すると、御釜も熊野岳も見えている。
雨に降られなければコマクサ見物でもしようと、単独で熊野岳を目指した。

【 7╱8 熊野岳(1841m) 宮城・蔵王連峰 】
刈田岳リフト駐車場~馬の背~熊野岳十字路(北側へ少し下ってコマクサ鑑賞)~御釜北地震計~丸山沢源頭~熊野十字路~熊野岳~馬の背~刈田岳リフト駐車場

霧の蔵王エコーラインを登って行く。
賽の河原の駐車場には先月26日に入山して以来、行方不明になっている若い男性の捜索のため、警察車両が駐車していた。

こまくさ平まで登ると雲の上に出て青空が広がり、車窓に南蔵王の山並みが見えてきた。
雨の予報だったため、大黒天や刈田峠の登山者用の駐車場には僅かな台数の車しか駐車していない。
今回の入山口は刈田岳リフトの駐車場。午後12時を過ぎてから登り始める。
2018070801

続きを読む

2018.7.1 燧ヶ岳(福島・尾瀬)

連日真夏のような気温30度越えの日が続いている。
7月1日の日曜日、何処の山に登ろうか天気予報が安定せず決めかねていた。
しかし関東地方で梅雨明けが発表されたため、避暑を兼ねて東北地方の最高峰である尾瀬の燧ヶ岳を日帰り登山する事にした。

【 7╱1 燧ケ岳(2356m) 福島・尾瀬 】
御池駐車場~広沢田代~熊沢田代~俎嵓~燧ケ岳(柴安嵓)~俎嵓~ミノブチ岳~浅湖湿原~長蔵小屋~大江湿原~沼山峠=シャトルバスにて御池駐車場

福島側の尾瀬入山口である御池の駐車場に朝5時半に到着。
仙台からちょうど4時間かかった。

この日は燧ヶ岳の山開きに当たっていて、桧枝岐村の方々が記念バッチとお赤飯、そしてお神酒を準備していた。既に沢山の登山者が記念バッチを目的に行列を作っていて、我々のメンバーはその最後尾に近い場所に並んだ。
2018070101


続きを読む

2018.6.24 薬師岳と早池峰山(岩手・北上山地)

山と高原地図の登山道調査で、薬師岳から小田越山荘の破線ルート区間を未調査だった。
過去に歩いた事はあるが、私が担当になってから未踏だったので、オサバグサが満開と思われる24日・日曜日に歩いてみた。ただし、それだけでは物足りないため、小田越から早池峰山の往復登山も組み入れてみた。私の山行で2週間の内に同じ山頂を2回踏むのは珍しい。

【 6╱24 薬師岳(1645m)と早池峰山(1917m) 岩手・北上山地 】
岳=(シャトルバス)小田越~薬師岳~小田越山荘~小田越~御門口~御金蔵~ハシゴ場~御田植場~早池峰山(往復)=(シャトルバス)岳

岳始発の朝6時30分のシャトルバスに乗車する。
約30分後に小田越到着。ほとんどの登山者が早池峰山を目指す。
2018062401


続きを読む

2018.6.23 羽後岐街道(宮城・栗駒山)

23日・土曜日は大地森登山口から湯浜登山口までの羽後岐街道をメインに歩いてきた。
世界谷地原生花園のニッコウキスゲが見ごろを迎えていた。

【 6╱23 羽後岐街道(宮城・栗駒山) 】
湯浜登山口=(車で移動)=大地森登山口~世界谷地第一湿原~世界谷地第二湿原~大地森分岐~大地沢~千年クロベ分岐~千年クロベ~千年クロベ分岐~小桧沢~相ノ沢~湯浜分岐~白桧沢~湯浜温泉~湯浜登山口=(デポ車で移動)=大地森登山口

過去に何度か歩いているが、湯浜登山口から湯浜分岐までの区間が、私が山と高原地図の調査担当になってから未踏状態だった。
単独の場合、湯浜登山口から千年クロベを往復するしか術はないけど、この度は車2台で大地森登山口から湯浜登山口まで羽後岐街道を一気に歩く事が可能になった。

朝方、湯浜峠の北側から栗駒山を見る。
2018062301

続きを読む

2018.6.15 前神室山(山形・神室連峰)

水晶森から前神室山の周回。
神室連峰においてかなりマイナーなルートになるが、山と高原地図の登山道調査のため、久しぶりに単独で周回してきた。
本当は秋に予定してたけど、今年は早めに調査を完了させたい思惑があり、本業に都合がついたため急きょ平日にも関わらず行動を起こした。

【 6╱15 前神室山(1342m) 山形・神室連峰 】
有屋登山口駐車場~有屋登山口~二股~春日神~八幡神~水晶森分岐~前神室山~水晶森分岐~990m峰~1060m峰~989m峰~1030m峰~水晶森~通信反射板~有屋峠~二股~水晶森登山口~有屋登山口駐車場

このコースを周回したのは今から15年前の2003年5月18日。
時計回りに周回したが、水晶森から前神室山までの県境稜線は登山道が雪に隠れていて、地図読みしながら歩いた記憶が今でも残っている。

今回は有屋登山口の手前の駐車場に着くまで時計回りに周回するが、その逆にするか悩んでいた。
しかし思ったより寒気が入っていて、早い時間に稜線が雲に覆われてしまうと予想されたため、有屋コースを登って午前中の早い時間に主稜線の達してしまおうと決めた。

駐車場から金山川の奥に神室山が見えている。
2018061501

続きを読む

山と渓谷 2018年7月号

明日6月15日発売の山と渓谷7月号季節の山歩き
のコーナーに私が執筆したガイド記事が掲載されます。

2018061401



今回ご紹介するのは秋田と山形県境の神室山です。
キヌガサソウの大群落が楽しめる、人気の役内口からの周回コースを紹介しています。

2018061402


●特集は 「旅する北アルプス」
日本を代表する山岳エリア・北アルプス。
どれをとっても日本一のスケールを誇るとともに、日本の登山の歴史を振り返るうえでも中心的な山域です。
北アの奥深き世界を紹介しながら、『山と溪谷』誌が999号の歴史で記録してきた貴重な「北アルプスバックナンバー」も公開しています。


販売価格1028円(税込み)です。

下記の画像をクリックして購入手続きが可能です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山と渓谷 2018年 07月号 [雑誌]
価格:1028円(税込、送料無料) (2018/6/14時点)





2018.6.9 早池峰山(岩手・北上山地)

東北地方北部を前線が通過したばかりで、寒気が入り、未明まで雨が降る生憎の天気の土曜日。
高い山はガスられる事は必至と思い、山と高原地図の登山道調査はとある山域の山裾の遊歩道中心に踏査してこようと考えていた。しかしそのコースは是非とも一緒に行きたいとマスさんにお願いされたので、晴れた日の写真を必要としない早池峰山北面の平津戸コースに変更し、単独で出かけた。

【 6╱9 早池峰山(1917m) 岩手・北上山地 】
平津戸登山口~材木沢渡渉点~林道~剣ヶ峰北尾根乗越~握沢渡渉点~門馬コース合流~七合目~八合目石仏~九合目水場~門馬・平津戸分岐~早池峰山(往復)

東北道では断続的に雨に降られる。
それでも区界峠を抜ける宮古街道では晴れていたが、進行方向右前に見えるはずの早池峰山は雲に隠れて見えない。

JR山田線・平津戸駅の西側に登山口へ至る林道の入り口がある。
ここから登山口まで7kmの林道走行。
排水溝の段差があり、普通車の愛車ではスピードを出しては通過できない。

途中、林道が二手に分かれる。
左が吉部沢林道。平津戸登山口は右の材木沢林道へ600mの距離。
右手に5台ほど駐車可能なスペースがある。
2018060901

続きを読む

2018.6.3 焼石岳(岩手・焼石連峰)

山と高原地図の焼石連峰の登山道で、すずこやの森コースを担当になってから歩いていなかったので、中沼登山口から焼石岳を経てすずこやの森登山口まで連峰を横断するルートで歩いてきた。

【 6╱3 焼石岳(1547m) 岩手・焼石連峰 】
中沼登山口~中沼~上沼~ツブ沼分岐~銀明水~姥石平分岐~東焼石岳~姥石平分岐~焼石岳~東成瀬コース九合目~南本内岳~東成瀬コース九合目~焼石沼~与治兵衛~釈迦ザンゲ分岐~東成瀬コース三合目分岐~すずこやの森登山口

すずこやの森登山口でモンキィさんと待ち合わせ、私の車で中沼登山口へ向かう。
そこでくまぷーさんと合流。
早朝5時半前なので、まだ駐車場は空いていた。

急坂をひと登りで中沼に着く。
晴れた早朝の中沼の写真がなかったので、その撮影も目的の一つだった。
2018060301

続きを読む

2018.6.2 権現山の大カツラ(山形・神室連峰)

禿岳に登った後、最上町の権現山東斜面にある日本一の大カツラを見に行った。
山と高原地図では、こういった遊歩道的な道も網羅しているケースが多く、それも踏査対象となっている。

【 6╱2 権現山の大カツラ(標高約550m) 山形・神室連峰 】
登山口~土石流で道消失箇所~大カツラ(往復)

昔、天狗の住処だったと言う伝説がある権現山。
登山道はなく、積雪期に稀に登山者がある寂峰となっている。

現在は東斜面に日本一の大カツラがある山として知られている。

白川右岸の林道を走行すると、御覧の看板が立っていて、約3台分の駐車スペースも完備されている。
しかし土砂崩れのため立入禁止とは?
歩けない場合は引き返してこようと入山する。
2018060250

続きを読む

2018.6.2 禿岳(山形・神室連峰)

土曜日は山と高原地図の登山道調査で、山形県最上町の前森高原の銚子登山口から禿岳をピストンしてきた。急で単調な棒尾根のイメージがあるが、巨木が随所に現れ、独特な味わいを持ったコースだった。

【 6╱2 禿岳(1261m) 山形・神室連峰 】
銚子登山口~獣返し坂~トラバース箇所~禿岳(往復)

前日に雨が降ったようで、県境を越えて最上町に入ると、急に曇り空に変わった。
随所に設置された看板に導かれて前森高原へ入る。
登山口に至る林道入口が分からず、最初通り過ぎてしまい、地図で確認して狭い林道に入った。

普通車では腹を擦りそうになる轍に注意しながら東ノ沢にかかる橋を渡って直ぐ右手に銚子登山口があった。写真は林道の奥から登山口を振り返って見たところ。
2018060201

続きを読む
プロフィール

SONE

静かな東北の山々を愛する宮城県在住の岳人です。
ほとんど毎週どこかの山に登っています。
このブログは登山記録中心にアップします。
お気軽にコメントください。




カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
画像掲示板
Picasa 山のアルバム集
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
記事検索
非公開メッセージ
QRコード
QRコード
共著
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宮城県の山 (分県登山ガイド) [ 早川輝雄 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

栗駒・早池峰(2018年版) 焼石岳・神室山 (山と高原地図)
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)


  • ライブドアブログ