徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  1月の漫画新刊カレンダー  1月の書籍新刊カレンダー
  2月の漫画新刊カレンダー  2月の書籍新刊カレンダー
 

転生王女と天才令嬢の魔法革命 ★★★☆   



【転生王女と天才令嬢の魔法革命】 鴉 ぴえろ/きさらぎ ゆり 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

幼い時に前世の記憶を取り戻した王女・アニスフィア。魔法が使えないため貴族からの評価は低いが、独自の魔法理論を作り、一人で研究を続けていた。彼女はある時、天才公爵令嬢・ユフィリアが次期王妃の座から外される場面に遭遇する。アニスフィアが彼女の名誉を回復するために選んだ方法は、一緒に住んで魔法の研究をすることで!?
「ユフィ、私と一緒についてきてくれる?」
「望んでくれるなら、どこまでもお供します。アニス様」
キテレツ転生王女とクール天才令嬢との出会いが国を、世界を、二人の未来を変えていく。王宮百合ファンタジー開幕!


まさかの悪役令嬢もののスタート場面ではじまるとは思わなかった百合ファンタジー。やってもいない冤罪を社交界の場で糾弾され、王子の婚約者の座から追い落とされようとした貴族令嬢を救ったのは、件の王子の姉姫様。パーティー会場から囚われのお姫様を掻っ攫っていくような勢いで連れ出していく様は、だいぶお膳立てされてただろう糾弾の場を見事に台無しにしてその場に居たものたちを置いてけぼりにしてしまったので、これはこれで痛快時でありました。
その後のアニスのユフィへの接し方がまたパーフェクトなんですよね。
次期王妃として幼い頃から両親の期待に応えて努力し続けてきた結果、その尽くそうと頑張ってきた相手からの無情な仕打ち。クール系天才少女とはいえメンタルは決して鋼として鍛え上げられたようなものではなく、むしろ今まで一心不乱に直向きに頑張ってきたからこそ、張り詰めていたものが弾けたように粉々に砕けてしまったのである。
人生を賭けていた相手からの仕打ちに傷つき、自分の存在意義を見失って途方にくれて、期待してくれていた両親や国王陛下に申し訳がなく、自罰的になり虚無に襲われ心がボロボロになってしまった少女を、アニスは労うのである。
よく頑張ったね、お疲れ様、今はゆっくりお休み。と。
その前に、ユフィのお父さんであるグランツ公がちゃんとユフィの心を家族として父親として守ってあげた上で、アニスがユフィを必要だと希ったのも大きかったのでしょう。
自分の価値や意味を見失ってしまった子にとって、必要とされることは拠り所にも成りえますし、決められた事を必死にこなして来た結果こうなってしまった彼女にとって、自分で選択して道を選ぶというのは無視できない意味を有していたのではないでしょうか。

それでも、しばらくはユフィも何をした来のかわからなくて、途方に暮れたままだったんですけどね。そんな風にゆっくり呆けていられるほど、アニスの周りは落ち着いては居られなかった、といことで。
何をしでかすかわからない暴風娘なアニスにあわあわと狼狽えているうちに、見ていられなくなって放っておくとどこに行ってしまうかわからない王女様の方へとユフィが手を伸ばしてしまうのは必然だったのでしょう。
一方のアニスも能天気に見えますが、この子はこの子で抱えているものがあり、その中でも最も大きかったのが魔法が使えないという事実。それだけなら、この子は気にもしなかったのだろうけれど、よりにも寄ってアニスが最も憧れて追い求めてしまったのが魔法そのもの。なのに、魔法の側は徹底してアニスを見捨ててしまっていたわけです。魔法を使えない、魔法に振り向いて貰えないアニスは、魔学という学問を自ら構築して魔法の正体を暴いていくことで、世界の真理を紐解いて魔道具を開発することで魔法に近づこうと夢中になっていたものの、魔法そのものにたどり着けたわけではない。
そんな中で、魔法そのものに愛された天才少女。魔法の申し子と言っていいユフィが他の魔法使いたちが拒否感を示す自分の魔学を肯定してくれて、自分と一緒の道を歩んでくれる、手を取り合って新しい魔法に近づく未来を築いてくれる、となったとき、それは憧れた魔法そのものに認めてもらったと思える事柄だったのでしょう。
お互いに、お互いの存在が支えとなり、指針となり、原動力になる。そんな比翼連理の存在として、結び合う可能性にたどり着いた、この一巻はそんな段階の話だったように思います。
そうして、この二人によって生み出された可能性に魅入られ、その真価を注視しだした人たちもいます。そうでなくても、竜殺しを成し遂げてしまったアニスは一度離脱した王位継承問題に大いに足を突っ込むはめになり、派閥争いの渦中に自業自得で踏み込んでしまうのでありました。
ってか、この爆裂娘が軍人閥、騎士閥から人気があるとはちと予想外。それだけ現地での実績を重ねてしまっているという事か。ユフィとの婚約破棄問題で大いに株を落としてしまった弟王子がちょっとこの段階で非常にやばい立ち位置に置かれてしまってるだけに、王位継承問題かなり闇の深いものになってしまうんじゃなかろうか。
何気に、父親世代からは人気ありそうでも同世代とは凄まじい断絶がありそうだもんなあ、アニスって。次世代を担う若者からの支持が怪しいというのは厳しいものがありそうだけれど、他の貴族令嬢などの評判も含めてどうなってるんでしょうね、アニスとユフィは。
下手すると、魔法革命って文字通りの革命に成りかねないワクワク感があるなあ、これ。

Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度 ★★★★☆   



【Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度】 古宮 九時/chibi 電撃の新文芸

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

世界の謎が明かされはじめる、衝撃の《書き換え》編スタート!

「私と結婚してくれるんですか!」
「しない。どうしてそうなった」
呪いの打破を願って魔法大国トゥルダールを訪れたオスカーは、城で眠っていた一人の女を連れ帰る。解呪を申し出た彼女ティナーシャは、次期女王として圧倒的な力を持ちながら、なぜか初対面のはずの彼に強い好意を抱いているようで……。
新たになった大陸の歴史、名もなき記憶の上に、再び二人が紡ぐ一年間の物語が始まる。


はぁ〜〜……正直に言うとね、めっちゃ寂しい、切ない、胸が苦しい。だって、もうあのオスカーとティナーシャはどこにも居ないんだもの。ふたりとも、歴史の彼方に遠ざかっていってしまった。
ここに居るのは違う二人。別の二人。知らない二人。ここからはじまるオスカーとティナーシャなのである。
特にティナーシャね。全然別人なんですよ。とても、彼女は子供。幼い少女そのままなのだ。
当然だ。青き月の魔女のティナーシャは四百年の刻を余すことなく生き抜いた人だった。対して、このティナーシャは四百年眠り続け、その精神はまだ十代のそれで暗黒時代を女王として潜り抜けたとはいえそれも数年のこと。経験は乏しく歴戦とは程遠い、それ以上にオスカーと別れたあの時から彼女の心は半分止まっていて、ティナーシャの心はとても幼い、幼く脆く覚束ない。
これがあのティナーシャなのかと思わず息を殺して見守ってしまうほどに、四百年の眠りから目覚めた彼女は無邪気で臆病で拙くて、子供だった。
もちろん、聡明で時として酷薄なくらい現実的で歳以上に妖艶なかおを見せることも多く、かつて暗黒時代に名を馳せた魔女殺しの女王の異名に相応しい姿もまた彼女の本身だ。だがそれも、オスカーの前では簡単に消え失せてしまう。前のオスカーが最期まで守り続けた、小さなティナーシャそのままだ。
それでいて、このティナーシャは魔女のティナーシャと同じくらい無鉄砲で自分を大事にしない、価値を見出していない。危なっかしくて仕方ない。魔女の頃とは比べ物にならないくらい劣化した能力で、かつて達人の域にあった双剣の腕もなく近接戦闘まったく出来ない典型的魔術師になってしまっている彼女が、魔女と変わらない勢いで危険の中に飛び込んでいくのだ。
やめてよね、ほんと!
オスカーの胃がキリキリしてしまうのも無理ないよ。そもそも、今のティナーシャをオスカーは色んな意味で信頼していない、信用もしていない、なのに心配せざるを得ない。なのに、目を離すとすぐに死地に頭から滑り込んでいく。個人的感情のみならず政治的な配慮も、今トゥダールの女王候補となっているティナーシャには必要で、そういうのさっぱり考えてくれない、考えてるとは思うんだけど優先順位を明らかに間違えてる彼女は、オスカーにとって頭痛の種だ。
かつての情熱はそこにはない。甘い感情も残っていないという以前に生じていない。二人の間に横たわるのは、凄まじいまでの運命とどうしようもない断絶だ。その縁は輪を描いているのに一方通行で繋がっていない。オスカーは敏感にそのことを感じ取っているから、余計に苛立ってしまっている。
そこに、かつて奔放にして自由な魔女をあるがままに受け入れていた王の姿はない。このオスカーも、あのオスカーではないのだ。大人であり魔性ですらあった青い月の魔女をひたすら夢中に追いかけるのと違い、子供のように無邪気に接してきながらその実自分を見ていないすれ違う幼い少女とでは、オスカーも年相応にならざるを得なかったのかもしれない。かつてのオスカーも、青き月の魔女のすべてを受け止める器となるのに時間と覚悟が必要だったし、それは彼自身が追い求めたものでもあった。
鏡合わせではないけれど、幼い少女に向きあう彼もまた若き青年に過ぎないのだ。こればかりは、どれだけ聡明で賢明で王としての資質に長けていても変わらない。いや、賢い分馬鹿にも成りきれず狂気にも浸れず、より大きな括りでの正解を求めてしまうという意味で、聞き分けの良い大人として振る舞おうとしてしまっているのかもしれない。
思えば、前の二人はもっとおバカである事に積極的で、魔女はずっと狂気と執着を蓄えていた。それを御していたからこそ、大人だったのだろう。今の二人は、賢明であることに振り回されている。

それでも、彼と彼女はオスカーでありティナーシャだ。一方通行であっても縁はあり、現代で繋がってしまえばその縁は双方向だ。
オスカーとティナーシャが惹かれ合うのは、運命というのがバカバカしいほど当たり前で当然で必然のことなのだ。そうだろう? そうでしょう?
でも、今の若い二人はその事実を御しきれていない。それがどうしようもなく、もどかしい。
今の二人、なかなか触れ合わないんですよ。お互いに触らない。あんなに自然に、無自覚に、猫がするりと膝の上に乗ってくるように身を任せていた二人が、心から信頼し合っていた以心伝心だった二人が、ずっと遠い距離にいる。触れられない距離で、見つめ合っている。それが本当に、切ないのだ。
同時に、あのあまりに当然のように触れ合っていた二人が、もう歴史の向こうに消えているという事実を突きつけられるようで、彼女のことを遠巻きにしているファルサスの、オスカーの部下たちの姿がまた寂しさを助長するのである。あんなにティナーシャを慕い、魔女であった彼女を認めて受け入れて、オスカーとの結婚をあんなにも喜んでくれた皆との距離が、仄かに遠いのが辛い。
それを知っているのが、読者である自分たちの側と何も語らないナークしかいないというのが、また胸を締め付ける。
ほんと、ティナーシャに前以上に懐いて構ってくれるシルヴィアが救いだ。

オスカーの時間逆行によって消えてしまった歴史はもう戻らないのだろう。3巻まで紡がれたあの物語は、もう取り戻せないのだ。もし、取り戻せたとしても、今度は今のこの歴史が消えてしまう。四百年前に滅びず、今もなお反映する魔法王国トゥダールで平和に暮らす人々の歴史が消えてしまう。あのレナートも、この歴史では苦難の人生を歩むことなく充実した人生を送った上で今トゥダールの魔法士として活躍しているのだ。トゥダールが続いた事で前の歴史よりも迫害から救われた魔法士はずっと多いのだろう。
前の歴史を取り戻すとき、今度は今続いているこの史実を天秤の上に乗せることになる。
オスカーがすべてを掛けて、ティナーシャを守ったという事実もなくなってしまう。果たして、それがティナーシャの幸せを天秤に乗せた上でのことだったのかはもう判断できないことなのだろうけど。
今の魔女ならざるティナーシャの苦しみは、かつて彼女を救ったオスカーの決断とを天秤に乗せるものではないのだろうけど。それはもう、比べてもどうしようもないものなのだから。
新しいティナーシャとオスカーの物語は、前の歴史と関係なく、今の二人によって紡がれるべきものなのだから。
でも、だからこそその事実がもどかしい。物分りの良い、王であろうとする二人がどうしようもなく、言葉にならないもやっと感があって、ぐにゃああああっ、なんかヤダもう!
前のオスカーは、ほんと凄いやつだったよ。とんでもない奴だったよ。あんなくらいグイグイ行ける男がこの場にいてくれたら、と思ってしまうのは仕方ないことだよね? 
これは未練だ。でも手放せない感情なのだ。


……って、巻末に見過ごせない宣伝が載ってるんですけど!? 
【BABEL】、この【UN】の三百年後の話であるあれ。電撃文庫で2巻で終わってしまったあの作品、電撃の新文芸でもう一度出るの!? もしかして、文庫版では止まってしまったその先まで行けるの!? ふっ、ふわぁひゃぁぁぁ!?


古宮九時作品感想

2020年 2月 書籍新刊カレンダー  

★マーク付は要注目作品



以下に収納


続きを読む

2020年 2月 漫画新刊カレンダー  

★マーク付は要注目作品


以下に収納


続きを読む

怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女 ★★★★   



【怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女】 Leni/ハル犬 アース・スターノベル

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

前世日本男児だった私は、異世界に女児として転生した。生まれつき怪力で魔力の強かった私は、魔女の力を受け継いで不老幼女となる。
その後、自分の身長よりはるかに大きな武器を手に、怪力魔法ウォーリア系幼女として世界中を旅する冒険者となり気付けばアラサー。冒険の限りをしつくした私は安定した老後のため王城付き侍女に転職するのだが…。

「とりあえずここに居る騎士全員をこてんぱんに伸してもらうかな」
…なぜ
「私の主になって欲しいのです。剣の姫よ。そして、許されるならば未来の私の妻になっていただきたい」
はあああああ!?

あ、でも女子同士のパジャマパーティ―は楽しいかも♪
そんな最強侍女による日常系王城ファンタジー!


怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女、属性マシマシで多すぎる! と言いたい所だけれど実はまだまだ載せ足りないくらいには属性やら肩書やらがあるんですよね。魔人だったり魔女だったり姫だったりゲームマスターだったり、と。しかしてそんな属性過多な幼女先輩がここで何を繰り広げるのかというと、壮大な冒険でも陰謀渦巻く宮廷劇でもなく本当に嘘偽りなく「平和な王宮の侍女生活」なのである。もっとも、その属性に多さの原因の一つでもある幼女先輩キリンさんの多芸さは、まさに芸達者という風情で日常風景を大いに賑やかしてくれるのですが。

本作は古くは2012年頃に小説家になろうにて連載が開始された相当に古参な作品です。何気に自分が小説家になろうの作品群を読み始めたのもその頃で、自分のブックマークの中でも最初に登録した10作品の中に入っていた作品でした。それだけ思い入れもあったんですよね。
結構更新ペースは遅く、というか何年も間があくのも珍しくなく、それでもエタる事なく再開すれば変わらずあの飄々とした雰囲気でキリンさんが呑気に侍女生活を送る様子を眺める事が出来て、随分と癒やされ慰められたものです。
去年あたりに急に連載が続くようになり、喜んでいたら今度は書籍化の一報でしたから、やはり嬉しかったです。

そんなキリンさんの物語は、蛮族系の父に鍛えられ、魔女の師匠に育てられ、「庭師」と呼ばれる特殊な冒険者職として世界を飛び回り名を馳せて、30代を前に荒事中心の生活に少々疲れを覚えて、安定した穏やかな第二の人生を志し、友人である地方領主のコネで王宮侍女に転職するところからはじまります。
そう、荒事トラブルお断り、これはそんな世界から綺麗サッパリ足を洗って引退した幼女オバちゃんの穏やかな日常ものなのである。
なので本作は、日常系四コマ漫画に匹敵するくらい平和なんだよ? ホントだよ?

いや実際、派手な冒険やトラブル、深刻な事件や陰惨な陰謀劇というのは皆無で、侍女という慣れない仕事と王宮という職場に戸惑いながらも真面目に務めるキリンさんのガチな日常譚なのである、これ。
ただ、面白いのがこれ、ファンタジーに見せかけたSF世界なんですよね。決して隠された秘密というわけではなく、この世界観は一般にも概ね周知されているのですけどね。世界の住人たちはファンタジーとかSFとかの区分は知らないので、その辺を意識していないのだけれど、現代地球から転生してきたキリンさんからするとここは本当に面白い世界で、事あるごとに自分の体験談とともにこの世界の様子とか有りようを深刻さゼロで軽妙に語ってくれるので、これがまたとても興味深く楽しい話になってるんですよね。
そんなキリンさんですけれど、荒事世界から急に王宮勤めとなって価値観や常識の違いからトラブルや暴走を引き起こす、なんて事もなく。この人、凄く常識人でTPOも弁えてて庭師時代にも貴族王族とも付き合いあったので礼節なんかもしっかり弁えてるんですよね。基本、アラサーに相応しい大人の女性なのだ。
多少失敗もあるけれど、トラブルメーカーとは程遠いむしろトラブルシューター側の人間なんですよね。周りに破天荒な人間が多かったせいかしら。
しかし一方で畏まった性格ではなく、伸び伸びとした明るい性格で、脳筋とは程遠き小器用で多芸な人なので、その多彩な才能と経験を以て狭い世界しかなかなか知らない同じ侍女仲間の子たちを楽しませ、王宮を賑わせてくれるんですね。
結構、庭師時代に色々してるんですよねえ、この人。
世界観的な事情から、というかここって厳密には「宇宙船」にあてはめられる場所なので、人口爆発を誘引する社会を発展させるような技術や知識などは、道具協会というところで厳密に制限されているのだけれど、娯楽方面に関してはかなりユルユルなので、そっち方面で開発原案で活躍してるんですよね。
また庭師……なんで「庭師」という名前がつけられているかについても緻密な設定があり面白おかしく語られているのだけれど、それは本編にてご覧あれ。庭師時代の冒険譚も、後々この巻以降に開示されてくる事になると思いますし。そう、そんで世界の園丁としての庭師としても活躍著しく巷でも有名なヒーローの一人でも有り……巷で今大人気のトレーディングカードゲームwでもレアカードとして取り上げられてるので、色んな意味で人気者でもあり、王城内でもファンが多かったりするので新米侍女としては何気にわけわからん立ち位置だったりもして、そんな中で真面目に侍女やってたり、キリンさんの事知ってる人と知らない人でギャップがあったり、とそんな所が楽しかったりするんですねえ。何気にキリンさん、現国王とけっこうなマブダチだったりするし、騎士団にも知り合い多かったり、と男衆とのつながりも深いので、新米なのに騎士たちと侍女たちの橋渡し役みたいな立ち回りも見せてるんですよね。
この世界における騎士の仕事や、王城での侍女の仕事なんかも結構細部まで丁寧に描かれているので、日常の背景を見ているだけでも面白かったり。

ちなみに幼女なキリンさんですけれど、10歳で成長が止まっているので本当に永遠の幼女なんですよね。お陰で、性別としては二次性徴前でもあるので女に馴染む前に止まっちゃっているわけです。かと言って、前世が男だからと言って男性としての精神性はあんまり残ってないように見える。自分は男の側と本人は主張しているけれど、身だしなみに気をつけたり仲良しの若い侍女たちとガールズトークに勤しんだり、パジャマパーティーでキャッキャウフフしてるのをみると、立派にお姉さましてるんですよね。男に対して厳しいしw
どっちつかずのある程度女性寄り、というべきか。幼女戦記のデグレチャフ少佐と似たような様子と言えばそれなのかしら。

侍女たちには慕われ、騎士たちには懐かれ、本人はけっこう真面目に新米侍女として仕事を覚えて頑張る日々。時々騎士たちに呼ばれて教官紛いの大暴れ訓練することもあるけれど、毎日平和なキリンさんの第二の人生、日常譚。ほっこり愉快で楽しいです。

実家の魔女の塔の帰郷から王城に戻る途中で山賊からRTAで助けた貴族のご令嬢のあの人、登場は次の巻以降かー。あの人も楽しい人なので登板は楽しみ。

2020年 1月 書籍新刊カレンダー  

★マーク付は要注目作品



以下に収納


続きを読む

2020年 1月 漫画新刊カレンダー  

★マーク付は要注目作品


以下に収納


続きを読む

現実主義勇者の王国再建記 10 ★★★☆   



【現実主義勇者の王国再建記 10】 どぜう丸/冬ゆき オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「今日この日より、私はこのフリードニア王国の正式な国王となる」
東方諸国連合から帰還して一息ついたソーマに、暫定国王から真の国王になるための戴冠式が迫っていた。日を同じくしてソーマと婚約者たちの婚礼の儀が執り行われることで、王都はかつてない活気を帯び始め―!?一方でソーマは自身の婚礼を機に、臣下にも結婚式を挙げるよう勧めていた。既に結婚を決めている者、夫婦になる覚悟ができていない者、自身の恋心に気づいていない者―それぞれの事情を抱える臣下をソーマは憂慮していて…!?革新的な異世界内政ファンタジー、第10巻!

ハルくん、思いっきりマリッジブルーじゃないか。フウガ・ハーンの覇者としての威風に戦士として惹かれそうになったのをまだ引きずっているのかと思ったら、既婚者諸氏から単に嫁さん貰うプレッシャーにビビってるだけ、と否定されてしまうハルくん。若いんだから仕方ないよねえ、男の子はナイーブなのさ。その辺、既にソーマはクリアしてしまっているので友とは言え同じ結婚前の男同士、肩組んで酒飲みながら不安と不満と愚痴こぼし合う、というわけには行かないのが若干寂しい。
同世代じゃなくて、既婚者のおっさんたちにアドバイスもらって回るあたりが、ハルくん何だかんだと優等生なんだと思うよ。
というわけで、ソーマの正式な国王即位と正妃側妃候補者たち五人との結婚式に合わせて、麾下のカップルたちも一斉に結婚する運びに。何だかんだと同時に結婚できるくらいに若い世代に重臣やその候補たちが揃っているというのは、国の未来の明るさを感じさせるものじゃないですか。かと言って、年嵩のベテランが払底しているのかというとちゃんとしっかりいい歳した大人どもも現役で頑張ってくれているわけですし。
とはいえ、ハルのように結婚前に不安定になってウロウロさまよいだす奴もいれば、なかなか踏ん切りつかない所もあり、そもそも自分の恋愛感情に気づかないまま傍に侍っているメイド長みたいな人も居て、結婚にこぎつけるまで紆余曲折あるのでした。
こうして一組一組丁寧に結婚に至るまでに生じているトラブルや問題の解決、感情的な行き違いの調整なんかを描いてくれるというのは良かったです。それぞれに人生があり、今その転機を迎えているというのを実感とともに描いてくれると、それだけキャラクターに愛着が湧くというもの。ただでさえ登場人物が多いのですから、雑に扱ってしまうとすぐに物語の進行の中に埋もれてしまい兼ねないですし。
その点、この作品はひとりひとりの存在感が薄れないんですよね。それだけ、細部に至るまで丁寧に描いてくれている、という事なのだと思いますよ。早速、ソーマとリーシアの間に生まれた双子の赤ちゃんも個性が出だしていますし。

そう言えばユリウスくんもしっかりティア姫と結婚して国を継いだのか。あそこも東方諸国連合の一角、しかも魔王領に隣接している北側となると、国内の統一を終了し魔王領への領土拡大政策に打って出たフウガの脅威に真っ先に晒されている、ということになるんだよなあ。一番危ないポディションだけれど、どうするんだろう。既にソーマと密接に情報のやり取りをしていて、もう完全に盟友の立ち位置だと思うんだけど、そこ。


番外編の先代王妃のエリシャの中編が、ソーマが召喚されるまでの国情の危うさを肌で感じられる内容でなかなか面白かった。エリシャ様も、またえらい能力を持っていたお陰で内実は壮絶な人生を歩んできたんですねえ。そうしてようやく手に入れた平和な日常と愛する夫。それもまた、自分以外の王族が全滅してしまったために国を継ぐはめになり、さらなる苦難の道を歩み始めることになる。
今となっては安定した大国となっているフリードニア王国だけれど、ソーマが改革するまではどれほどやばい国だったかよく分かる。というか、先代とエリシャさまはよくまあこれを維持してきたものだと思うし、ゲオルグ将軍がどうしてあんな自分を犠牲にする暴挙に打って出たのかも、彼が経験してきた内乱の酷さと親友である先代国王陛下アルベルトとの友情を思うと、わかってしまうんですよねえ。
何だかんだと、リーシアの子供の誕生と結婚を祝って、アルベルトと酒を酌み交わす事が出来る今はようやくたどり着いたハッピーエンドの向こう側なんだろうなあ……ゲオルグ将軍、娘さんの件が片手落ちではあるんだろうけど。
しかしエリシャさまの能力、死に瀕してパラレルワールドの自分に記憶を送る能力、なのかと思ったら、正確には違うのかー。記憶の様子からして大半は実際に死んじゃってるんだろうけれど、そうかー、生きてその先を続けているケースもあるというのがわかったのは、決して今のエリシャさまが自分や国の屍の上にたどり着いたわけじゃない、という意味でも救いになるのか。まあ、受け取った側のエリシャさまには関知出来ないことなだけに、なんとも言えないのだけれど。生き残ったエリシャさまは、さらに強く生きれるだろうなあ、これ。



キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 6 ★★★   



【キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 6】 細音 啓/猫鍋蒼 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

国家転覆を狙った暴力政変―王女暗殺未遂事件の混乱が広がる中、ネビュリス王宮へと急ぐイスカたち。ゾア家との繋がりを疑われている皇庁第一王女イリーティアは、第三王女シスベルの護衛が帝国軍であるという秘密を人質に、「皆さん、ルゥ家の別荘でバカンスを楽しんでくださいませ」―イスカたちを別荘という名の鳥籠に閉じ込めようとしていた。さらに、妹の身を案じたアリスもまた、姉を止めるべく別荘に向かったことで、三姉妹が一つ屋根の下に集うことになり…。疑惑の魔女が張り巡らした策略は、時計塔の鐘を高く鳴り響かせて、魔女たちの楽園を戦場へと変える―!

このアリス、ムッツリスケベすぎる! なにやってんの第2王女さま!? 
今、女王暗殺未遂事件の黒幕を暴き出すためにシスベルを連れてこないと、という大変緊迫した状況で、不自然に姉イリーティアに連れ去られてしまったミスベルを連れ戻すために急いで迎えに来たはずのアリスが何をしていたかというと。
一晩中、鼻息荒くしながらイスカのズボン脱がして下着見ようと奮闘する第2王女。しかも、両隣にはシスベルとイリーティアが寝ている状況で、である。疲れて寝てしまうまでゴソゴソと抵抗するイスカと攻防を続けていたというのだから、この王女どこへ行こうとしているのか。
完全に変態の所業である。というか、こういうのをムッツリスケベって言うんですよね!? 
かつてまだ母ミラベルが女王位を継ぐ前。王女であった頃にサリンジャーとライバルとして刃を交えあい、特別な関係を築いていたと知って、アリスは内心自分とイスカの関係を照らし合わせて、同じだ! と叫びそうになっていたけれど……。
同じ……かぁ? 違うんじゃね? 全然違うんじゃね?
少なくとも、君のお母さんはライバルであるサリンジャーのズボンを剥いてハアハアするような志向はなかったと思うぞ。もっとこう、ストイックでプラトニックな関係だったっぽいぞ。純粋にお互いの力と誇りを認めあい、高めあっていた関係だと思うぞ。

自分の秘蔵のえっちぃ下着を見られたからと言って、お互い様だから貴方の下着も見せなさいぃー、とか言って目を血走らせてハァハァするような関係とは、さすがにちょっとどころじゃなく違うぞ思うぞ。
かつての女王とサリンジャーの特別な、しかし終わってしまった関係と。敵国の人間であり誰よりも認める好敵手であるアリスとイスカの関係を、過去と現在とで照らし合わせて浮かび上がらせようという流れだったけれど、アリスリーゼのあんまりと言うにもあんまりな欲望ダダ漏れの所業に、いろいろな意味で台無しになってしまった気がする。まあ女王たちの関係には恋愛感情は挟まれる余地はなかったようだけれど、少なくとも顕在化はしないまま結晶化してしまったようだけど。
アリスは今の段階で完全に男としてのイスカにハマっちゃっているので、その意味でも母たちとの関係と同じであるわけではなさそうなのだけれど。
それにしても、それにしてもであるw
いやでも、妹のシスベルも姉のエッチィな下着を発見して、テンションあがりまくって夢中になってハァハァしていたのを見ると、もしかして血筋なのか!? という可能性も浮上してくるわけで。
実は女王もハァハァする人なのか!?

まあ家族でそんなハァハァする前に、あの怪しすぎる長女をなんとかしろ、という話なのだけれど。いやもう、どう考えても怪しいのに野放しにするの、どうなの? 最低でも、皇庁に来るようにと女王命令が出ていたはずのシスベルを、無断で別荘に連れ去ってしまった時点で怪しいを通り越してギルティなんだから、アリスを派遣して事情を尋ねるなんてしている時点で後手に回ってるどころじゃないんですよねえ。
こうしてみると、女王ミラベルって統治者としても戦士としても親としてもあらゆる方向で失敗してないかしら。アリスもよりポンコツにやらかしそうなきらいがあるしこの娘自分の考えで動くよりも誰かに使ってもらった方が適切に動けそうなだけに、どう見てもイリーティアが一番適正ありそうなんだよなあ。
そんな彼女がこれだけ皇庁のシステムに感情を拗らせてしまっているという時点で色々と破綻している気がするぞ。実際、一旦全部完全破壊してしまった方がいいんじゃなかろうか。イリーティアに、破壊後再構築するつもりがあるのか、どうも怪しいけれど。

シリーズ感想

小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録 ★★★☆   



【小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録】 高町 京/東西 GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

突然変異によって生物に異能力が発現するようになって40年。俺は幼馴染の小泉花音とコンビを組んで、異能犯罪を取り締まるフリーランスの捜査官をしている、のだが……
「さあれー君、一緒にお風呂しよう。大丈夫、なんにもしないから!」
俺はなんでこんな変態とコンビ組んじゃったんだろうなぁ……
発電能力を操る花音は当代随一の能力者。俺たちの元には面倒な事件が次々やってくる。街の平和のため、そして因縁深いとある能力者を捜すため、俺たちは今日も街を駆ける!
「だってれー君、一人じゃ何にもできないんだから!」
ウザヒロイン×異能の現代バディアクション開幕!
これ、微妙に表紙詐欺じゃない? いや、詐欺じゃないか。間違ってるわけではないものね。
事件の大筋と主人公のれー君が置かれた状況が明らかになった時には「ああ、そういう事だったのか!」と大いに頷かせてもらいました。
これ、違和感の催し方が上手いというか引っ張り上手だったんですよね。明らかに変だという違和感を突きつけながら、何に違和感を感じているのかわからないという絶妙のニュアンスで鼻面摘んで引っ張り回されてしまいました。うん、れー君に対して、周りの反応が妙なのはすぐに気づくことだったんですよね。最初は彼のことが見えてないのか、それとも居ることはわかるけれど認識できないとか人がいることはわかっていてもそちらに意識が向けられない、みたいな阻害を仕掛けられているのかとまず考えたわけですけれど、普通に花音以外の人もれー君の事そこに居るって認識してるみたいだし、話しかけてくる事もあって、ずっと「あれ? あれ? あれ〜?」と首を傾げてた始末でありました。
わりと答えは最初の方から開示されてたんですけれど、そっちの話とまったく繋げて考えられなかったのは不覚もいいところでした。
例の異能を発現させた動物の暴走事件も、単に箱か檻かに動物を収納して現場で開放してたんじゃないの? と思ってたんですよね。
うん、その発想はなかった。というか「異能」で何がどこまで出来るのか、という定義がはじまったばかりでわからなかったのもあるんでしょうね。これ、魔法なんかよりもよっぽど「なんでもあり」なんじゃなかろうか。花音の発電能力とかかなりオーソドックスの部類なんじゃないだろうか。
その上で、れー君の能力はむちゃくちゃも良い所である。こいつだけ出るマンガが違うというか世界観が違いやしませんか!?
イキってた敵役さんの能力、確かに便利だし防御能力高いけど、あの程度の能力ならダメージ与える手段なんていくらでもありそうだし、ぶっちゃけ国に一人で喧嘩売れるほどのもんじゃなかったよなあ。
ただそんな相手でも、バンバンと死んでいく公務員。ハウンド・ドッグの皆さん、ちょっとポンポン酷い死に方しすぎじゃないだろうか。あの調子で死んでたらすぐに人員不足に陥りそうで心配である。すでに管理官の琥珀さんがこのまま行くと過労死コースに順調に乗っちゃっているのを見ると、すでに手遅れなんじゃ、というゾーンに入っている気がする。有望な新人にも結果的に逃げられちゃったしw
死傷率の高そうな対異能部隊の皆さんのみならず、今回の事件はちょっと被害者多すぎてドン引きしてしまう。あの能力の犠牲者って、結局保護できた人たちも助からなかった、という事になっちゃうわけで、何気にかなり殺伐とした世界だよなあ。
そんな世界で、お互いを拠り所にして生きる花音とれー君のコンビは終わってみると尊い関係なのかも。れー君の事情になかなか気づけなかった理由の一つには、それだけ花音がれー君に対してちゃんと対等の人間として接していたから、というのも大きいと思うんですよね。彼女がもうちょっと今のれー君相応の態度に出てたら、違和感のもとにはすぐに気づいたかもしれませんし。それだけ花音の姿勢が真摯だからこそ、れー君は今のまま保たれているんじゃないでしょうか。そのあたり、彼自身も花音のお陰、と公言してはばかりませんし。でも、それを加味しても花音の態度はウザいを通り越して若干キモいのレベルに足を突っ込んでいるようなw つまり、変態美少女である。残念!

2020年1月下半期 ライトノベル注目作品ピックアップ  



前回の記事なのですよ。
今期は何気に読みたいのたくさんあるぞー。さすが新年。


1月16日
【怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女】 Leni(アース・スター ノベル) 

Amazon Kindle B☆W
小説家になろう掲載の作品の中でも古参にあたる作品がまさかの書籍化。いやー、これ自分めっちゃ性に合う作品で好きだったんですよねー。大きく物語が動いたり激しい展開が続くものとはまったく異なる、庭師と呼ばれる荒事仕事を引退して侍女に転職したTS永遠幼女の王宮での日常もの、という実に妙な味わいのある作品でして。世界観もファンタジーとSFをハイブリッドしたような独特な世界でこれが見てても飽きないんですなあ。そんな世界観の中の平和だけれど独特な風情のある日常風景の中を飄々と闊歩するTS幼女キリンさんの、何気ない日々のお話です。


1月17日
【Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度】 古宮 九時(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W
ハッピーエンドからの急転直下な第一部完から、オスカーとティナーシャ、攻守を入れ替えの第二回戦ファイッ! 
というわけで、まさかの
ティナーシャ「よし、とりあえず結婚しましょう!」
オスカー「いや、しないから」
という結婚を迫る立場が完全180度ひっくり返ってのリ・スタート。書き換えられた運命は、果たしてもう一度祝福の結末へと至るのか。激動の第二部スタートであります。


1月18日
 【転生王女と天才令嬢の魔法革命】 鴉ぴえろ(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W
試し読みして面白かったので。何気にはじまりが悪役令嬢モノの定番である王子様の婚約破棄宣言だったのにはびっくり。そんな理不尽な立場に追い詰められた令嬢を、場に乱入して掻っ攫っていったのが王子様のお姉ちゃんの奇人変人第一王女だったのにはさらにびっくり。
なんか色んな意味で盛大にぶっ壊していっちゃったぞこの王女。
出会ってしまった二人の奇才と天才、ここに二人の異才の少女による世界をひっくり返す大革命がはじまる、という下りのノリノリさは実に楽しいものがありまして、この王女様の絶対やらかす!(実績あり)感が最高。


1月25日
【異世界迷宮の最深部を目指そう 13】 割内タリサ(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W
ライナーが主人公みたいなあらすじですけれど、表紙を飾るのはこれラスティアラとカナミ、になるのでしょうか。お互いに首に剣を突きつけあいながら、まるで睦み合うように膝を付き額を合わせほほえみ合う二人。その小指に結ばれるは赤い糸。
元々美麗なイラストには定評ある鵜飼沙樹さんですけれど、このシリーズに関しては殆ど一枚絵の美術作品のように気合入った絵で仕上げてくるよなあ。


【死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く IV】 彩峰舞人(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W
破天荒にして常識知らず、明朗にして純真無垢、しかし敵にとってはさながら戦場の死神そのものである少女オリビアの英雄譚。ついに将軍位にまでつき一部隊どころか一軍を率いる事になった彼女ですが、この娘の場合はマイペースで何も変わらないと思うので、加速度的に胃を痛くして働くハメになるのは副官と参謀の相方二人でありましょう。なんだかんだと三人のドタバタトリオは大好きなので、出世しても変わらぬ姿で痛快に劣勢をすっ飛ばしてほしいものです。


【小市民シリーズ 巴里マカロンの謎】 米澤 穂信(創元推理文庫)

Amazon Kindle
米澤先生の初期作品の中でも【古典部】シリーズと並んで好評を博したのが【小市民】シリーズという小鳩さんと小山内くんという小市民を目指す互恵関係のコンビの日常ミステリー。その続編が11年ぶりに再開ということで盛り上がってまいりました。
でも、春期限定、夏季限定、秋季限定と季節限定スイーツで攻めてきていたタイトル、次はもちろん冬季限定だと思ったら、なんか今度は巴里とか地名になりましたよ? これは、さらにシリーズ続くということですかね?

現実主義勇者の王国再建記 9 ★★★☆  



【現実主義勇者の王国再建記 9】 どぜう丸/冬ゆき オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

東方諸国連合で魔浪の対処にあたるソーマは、激戦地のチマ公国へ東進を決める。チマ公国は戦功を立てた国へ優秀な六人の兄弟姉妹を家臣として供出する約束で援軍を集めていたが、戦況は膠着状態であった。チマ公国への道中、ソーマは遊牧国家マルムキタンの王フウガと出会う。フウガの目的もチマ公国の救援と知ったソーマは行動を共にするが、戦功第一位を狙うフウガにとってソーマは六人の兄弟姉妹を争奪し合う敵でもある。驚異的な武力を誇示するフウガに、ソーマはどう立ち回るのか―!?革新的な異世界内政ファンタジー、第9巻!


これは運命の好敵手の出現か。東方諸国連合の中でも中堅国に過ぎないマルムキタンの若き王フウガ。元々小さな部族同士で集散しながら争っていたのを、北からの魔物の大量侵入を機に遊牧民を統一して国家となったのがマルムキタン。フウガはその統一王、というわけではなく統一したはいいもののどうやら謀殺されてしまった父王の後を継いだ若き俊英、なんですよね。よくあるパターンだとこういうケースだと主人公側が弱小国でのし上がっていく過程に、武力優れた英雄王がライバルとして立ちふさがる、みたいな展開なんだけれど、これはむしろ逆。この若き将来の覇王はまだ駆け出し始めたばかりなんですよねえ。
もし、ソーマの現実主義がもっと冷徹非情のものであれば。ただの可能性、平和を脅かすかもしれないという憶測、危機に対する予防措置を実行する事を厭わないものだったとしたら、何としてでもこの段階で手段を選ばずこの男を抹殺すべきだったのかもしれない。まあすでにこの段階ですら、どうやっても殺しきれないどころか逆に喉笛を噛みちぎってきそう、という感覚が湧いてきそうな手に負えなさが感じられるのだけれど。
もっとも、向こうの方も正攻法では太刀打ちできないんじゃないか、という感覚をソーマに抱いているようでその感性の鋭さを感じさせる。ただ武力や国力では測れない、戦争のルールそのものをちゃぶ台返ししてしまい、通常の武力を意味のなさないものにしてしまいそうな所がソーマにはある、というのを彼は感覚で把握しているようだ。尤も、そういう同じ盤上に乗らないようにしていても、食い破ってきそうな空恐ろしさがフウガにはあるわけで。これは、今後の物語の最重要人物になってきそうだ。
とはいえ、現段階では向こうはただの小国の王。お互いやるべきこと、なすべきことは山のように積み重なっていて、直接相まみえる事はなく、またお互い戦いたくない相手と認識しているわけだから、火花散らし合ったり変に警戒しあったり、という風な関係ではなく、むしろ率直に語り合える対等の関係、という風に収まっているのは面白い。自分の唯一の妹であるユリガをソーマに預ける、なんてこともしてるわけですしね。しっかり誼を通じさせてるんだよなあ。
ただ、このユリガがどうなるのか。今は兄フウガの信奉者だけれど、頑なな子ではないしソーマの義妹のトモエちゃんともあんなに仲良くなって、此方も預かることになったチマ公国のイチハくんと三人でよいトリオを形成しているのを見ると……将来どうなるのか。
そのトモエちゃんだけれど、今までは聞き分けの良い凄くいい子というイメージだったのですけれど、同じ年頃の仲の良い友達が出来るとこんな活発でヤンチャな子だったのか、という元気で結構ズケズケとした物言いをする面が見えてきて、新鮮でありました。そう言えば、周り大人の人ばっかりだもんなあ、今まで。凄くいい笑顔で楽しそうにしているのを見ると、ついついニコニコしてしまうのですが、イチハくんと今からあんなに仲良くなってお兄ちゃんなソーマとしてはその辺許せるのだろうかw
まあ今の所はリーシアとの間に生まれたばかりの双子の相手で一杯一杯だろうけど。リーシアはもう母の風格というか正妃として他の妃たちをまとめる姉貴分としての威風が出てきて、もう少女ではないよなあ。いやほんと、万が一ソーマが王様やってられない事態になっても、女王さながらの彼女が居たらあんまり心配しなくて済むだろうという貫禄が出てきましたわ。
ロロアやナゼンたちも、リーシアの事は旦那なソーマより慕ってるんじゃないか、という懐きっぷりだもんなあ。

さて、東方諸国連合を襲った魔浪もある程度一段落ついて、情勢が落ち着き出した所で他の国々の動勢も怪しくなってきました。ルナリア正教国はなにやら内部で分裂を起こしかけているみたいだし、九頭竜諸島は海軍がちょっかいかけてきているし、また北部では最奥に魔族の国か集落があるのでは、という可能性も見えてきて、傭兵国にも火種があり、とさてどこから動き出すか。
帝国とのコネクションというか、皇族の女性陣とどんどん仲良くなってきて、国同士でも密接な関係になってきているのは安心材料ですけど。



竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― ★★★★  



【竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―】 筑紫一明/ Enji GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「この杖、直してもらいます! 」
半人前の魔法杖職人であるイクスは、師の遺言により、ユーイという少女の杖を修理することになる。
魔法の杖は、持ち主に合わせて作られるため千差万別。とくに伝説の職人であった師匠が手がけたユーイの杖は特別で、見たこともない材料で作られていた。
未知の素材に悪戦苦闘するイクスだったが、ユーイや姉弟子のモルナたちの助けを借り、なんとか破損していた芯材の特定に成功する。それは、竜の心臓。しかし、この世界で、竜は1000年以上前に絶滅していた――。
定められた修理期限は夏の終わりまで。一本の杖をめぐり、失われた竜を求める物語が始まる。
今回のGA文庫の新人賞作品の中では一番好きです、これ。深く深く胸に沈み込んでいくような面白さでした。
伝説の魔法杖職人の最後の弟子であるイクス。半人前とされていますけれど、職人としての登録を済ませていないだけで腕前は未熟とは程遠いものなのですけれど、とかく職人気質の取っつきにくい偏屈者なんですよね。本人曰く、弟子の中では話が通じやすい方だ、とのことなんですが実際姉弟子の凄まじいばかりのコミュ障っぷりや、伝え聞く師匠の変人さを聞くに確かにマトモな方なのでしょう。コミュニケーション能力も人並みにはありますし。でも、物語の主人公というよりもRPGなんかで伝説の武器を作ってくれる事になる名工の親方みたいなキャラを若くしたような、もうひたすら生き様から魂まで職人に染まったような、杖のことしか頭にない男なのです。
そんな彼に壊れてしまった杖の修理を頼むことになるユーイという少女。彼女もまた複雑な背景を持つ娘でした。彼女の手にあるこの杖は、先年戦争で家族が一族ごと皆殺しにされた際に父が彼女に託したもの。その杖が壊れた理由も含めて、彼女にとってこの杖は因縁でもあるのです。
その理由は、杖を修理するための素材を手に入れる旅の中で、ユーイの心情とともに徐々に明らかになっていくのですが。これがまた色々と考えさせられるものだったんですよね。

壊れた杖を治すための芯材となる素材は、すでに千年前に絶滅してこの世界から消えてしまったという竜の心臓。この世に既に存在しないはずの素材を手に入れるために、イクスとユーイは手がかりを求めて探索をはじめるのです。
それは当て所もない旅の始まり、などではなくちょうど民俗学のフィールドワークを思わせる行動を彼らはとりはじめるのです。面白いことに、伝承や各地の伝説を訪ね歩く、みたいな悠長な真似は何しろ時間制限があるので出来ないので、ここで彼らは一次資料、それも冒険者ギルドの百年単位で塩漬けになっている(依頼が達成されないまま放置されている)依頼書や、図書館の書庫の奥に放置された古い日記という、日常生活に根ざした古い資料からかつて竜が存在したと思われる場所、大昔に竜にまつわる素材が扱われたと思しき地域を探していくんですね。このアプローチは面白かった。
そうして浮き彫りになってきたのが、積み重なっていく時間の中で不自然に消されていると思しき情報、とある村の今や誰もそんなものがあったとは知らない、覚えていない、百年以上前に途絶えた祭礼の話。
その村を訪れて、誰に訪ねて見てもそんな祭りの事は知らないのです。でも、注意深く村の様子を見ていると、不自然に思える箇所が幾つも見えてくる。これは村人たちが隠している、というわけではなく、彼らは本当に知らなくて受け継がる情報としては完全に断絶している、にも関わらず彼らはその意味を知らないまま、かつてあったものの痕跡を無意識に保持していたんですね。それも年代を重ね、世代を重ねるたびに無意識の中からもこぼれ落ちていき、今や本当の意味で消え失せようとしている。そのギリギリのところで、イクスとユーイは微かな手がかりを頼りにたどり着くのです。
新しく強力な宗教の波及によって、古くから伝わる伝統的な祭りが存在を抹消され、その痕跡すらも時間の流れにより記憶からも消えていく。古き文化風俗の風化と喪失を、歴史の澱の中から掘り起こしていく、これはそんな探索行の物語でもありました。
そして、それは戦争によって消えてしまった少数部族の僅かな生き残りであるユーイにとって、まさに彼女の話でもあったんですね。
埋もれた記録を掘り返し、遠く薄れてしまった人の記憶を訪ね歩く。そうして少しずつ少しずつ分厚く積み重なった時間の堆積を取り除き、そこから見えてきたのは壮大な人の歩んできた歴史のうねりそのもの。
その壮大さを目の当たりにしたとき、今をこうして生きている自分たちもまた、巨大な流れ行く歴史という大河を構成している一部なのだ、と実感する。今、自分たちはまさに歴史の中に居るのだと。
それは、過ぎ去ってしまえば誰からも顧みられることのない小さなものかもしれない。忘れられ、そこにあったはずの意味は喪われていくのかもしれない。
今、現在だけを見ても、人同士はわかりあえない。お互い向き合い話し合いながら、ユーイは圧倒的孤独の中にいる。親しい友人たちとの断絶を目の当たりにし、彼女は激しい失望に見舞われ、立つ力すらも失ってしまう。
でも、この旅で彼女は知ることになる。杖を治すことによって彼女が何をしようとしていたのか、それを踏まえた上で、彼女は自分の立ち位置を知ることになる。
彼女がイクスとともに訪ね、探し、調べてたどり着いた先に現れた、壮大な……壮大過ぎる歴史の生き証人が、彼女に示してくれたのだ。
それは、師匠の遺した言葉に縛られ、いや自らしがみついているのではないかと迷うイクスにとっても、未だ答えが出ないままなれども、自分の道行きを照らす出会いであった。
二人はこの壮大な歴史の流れの一部分に、自分もまた飲み込まれ、しかし確かな痕跡を残しているのだと理解したとき、彼女は自分が真の意味で決して孤独ではなかったと知る。
今はまだ分かりあえないという事実は、きっと絶望ではないのだと知ることになる。たとえ、そこから意味が喪われ、真実の姿が残らなくても、歴史の向こう側に消え去っていったとしても、それは形を変え連綿と続いていく。
続いていく限りは、孤独ではない。
それは、想いは、繋がりは、確かにあった。
それは、未来において形を変え、祝福に成り得る。

……残るものは、あるのだ。


あの探索行のゴール、終着点でイクスがたどり着いた答えの果てに、現れたものには正直息を呑みました。あの雄大な、壮大な、歴史そのものと言わんばかりのスペクタクル。そして、時を超えたかのような対話。
この胸の震えは、感動と呼ぶのがふさわしいのかもしれません。

振り返ってみても、イクスやユーイが得た自分なりの答えというのは、わかりやすく一言で言えるようなものではない、彼ら自身その具体的な姿をつかめていない難しいものなのかもしれません。思わず、深々と考え込んでしまいます。思索し、耽ってしまいます。寂寥の中に、でも期待がある。思い描く未来に、希望があるというのはこんなにも胸に沁みるのだなあ。ユーイの、トマへの最後の答えはそんな遠い未来への希望が込められているようで、憂いの取り払われた良い笑顔でした。
……でもあれ、何も知らないトマからすると、ユーイの台詞は完全に拒絶されたとしか受け取れられないかもしれないのが、トマくんちょっと可哀想かもw
まあどうしたってわかりあえない二人である以上、そのあたりの理解の断絶も加味した上でのユーイの物言いだったのかもしれませんけど。

この巻で見事に物語として完成しているようにも見えるのだけれど、次巻も可能性はあるのか。それはそれで、一体何を書くのか、何を書きたいのか、何を描き出してくれるのか楽しみで仕方ない。実に読み応えある一品でした。

城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない! ★★★☆   



【城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない!】 阿樹 翔/八葉 GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

アンタとアタシは「最高の家族」になれるんでしょ?
GA文庫大賞《奨励賞》受賞の、古城攻略ファンタジー!

「僕の将来のクラン・メンバー、家族になってくれないだろうか」?
モンスターが跋扈する遺跡・古城を攻略し、所有する集団――クランの設立を夢見る少年・レオン。
彼はある日、ノーコンな自称天才魔導士の少女・リシアと出会う。
「家族って、こ、公私ともに」?
「いや、僕のクランはハーレムにしたいし」
「アンタわりかし最低ね!」
そんなノリで組みはじめた二人はしかし、大型古城を支配する竜人姉妹や、有名クランを率いる獣人王と出会い戦っていく中で、彼らだけの城、彼らだけの最高のクラン(家族)を創り上げていく――!

二人の絆でどんな強敵も討ち倒せ!
攻城戦から始める剣と魔法の英雄譚!!
いきなりハーレムしたいとか言いだすからどんな女好きな主人公かとおもったら……レオンくん、むしろ今の所そんなに女の子には興味ないんじゃないの!?
今は城主になるという夢に夢中でハーレム云々言ってるのは育ての親である義姉が逆ハーレム作ってた大城主だった影響のようで、本人今の所そんな女の子のお尻を追いかけてる暇なさそうなんですよね。その意味ではまだ子供っぽいというか童心のまま突き進む初々しい若者っぽさが前面に出ている男の子なのである。
でも誠実で直向きで結構小器用で仲間に対しても気配り上手でコミュニケーション能力や交渉力も優れている上に世話好きなところもあり、と目標に夢中である事以外にはちゃんと地に足がついているというか、人間が出来ている子なんですよね。で、親しい人の前では小狡い所やセコい所とかヘタれる弱気な一面も素直に見せてくれるので、頼もしいと同時に庇護欲を掻き立てられるタイプでもあるわけですよ。相手のメンツを立てる配慮もあり、男の子として譲れない部分は絶対に譲らない頑固さもある。この子、女の子にモテるだけじゃなくて老若男女問わず好かれるタイプなんじゃないだろうか。敵対した相手からも認められ、好かれるような人物とでも言うべきか。
彼に誘われたリシアが、あとで自分こいつの仲間で居ていいんだろうか、と引け目感じてしまったのも無理からぬ所なんですよね。リシアと来たら能力的にもアレだし、性格的にも結構歪んでる、という自覚もあっただろうし。
そんなリシアに対して親身にノーコン治す工夫を一緒に考えたり、なにくれとなく面倒見て、一方で結構遠慮なくズケズケとした物言いで彼女の欠点やらを論ったり、その性格の悪さを前提とした予防線ちゃっかり引いてみたり。と優しいだけじゃない姿勢はむしろリシアに負い目を感じさせず、凄く付き合いやすいあけっぴろげな関係を構築できてるんですよね。意図してやってるわけじゃないんだろうけど。
リシアもこれで聡明な子だから、自分の問題点と照らし合わせてレオンという今はまだ名前も売れてないミソッカスの剣士くんがどれだけ可能性を秘めた子か、どれだけ人間として出来た子か、というのはやっぱりわかるんですよね。果たしてそんな彼に自分は仲間として家族といてふさわしいか、なんて悩みを抱くのも当然でしょう。面の皮が厚い少女でも、臆面もなく寄生できるようなプライドの無さとは無縁の誇りある自称天才魔導士ですからね。
そんな心境の時に、向こうから率直に求められ、認められ、一緒に頑張っていってほしいなんて請われたら、グラグラに揺れ動くってなもんですよ。ってか、ちょっと見てればとんでもない優良物件だと丸わかりだもんなあ。
とはいえ、これを一目見て一目惚れしてしまったオリヴィアは、見る目ありまくりだったんでしょうけど。
レオンとリシアの遠慮皆無の屈託ない、でも信頼し合った関係はほんと出会ったばかりとは思えない息の合いっぷりで、相性バッチリだったんだろうなあ。レオンって、決して女慣れしてる方じゃなくて女性相手には多少なりとも緊張しちゃうっぽい所があるのに、リシアにはまったく心理的な壁なかったですもんねえ。まあそういう気後れを必要としないくらいリシアが出会いからハチャメチャだったというのもありますけど。

対抗馬となる有力城主の獣人王も、その生き様にブレのない芯の一本通ったかっこいい王様で、今はライバルよりもずっと格上ですけれど、立ちふさがる壁であり、自身が勇躍するレオンと同じ城主としての野望を滾らせる先達として、実に粋な敵役でありました。
これだけカッコいい王様なのに、初登場事の傍若無人さはむしろ男を下げる振る舞いだっただけに、ちょっと勿体なかったなあ、と。まあその後は株はあがるばかりで下がることはなかったのですけれど。仲間に対しても情熱と愛情たっぷりで、連れ添い甲斐のあるリーダーでしたし。

オリヴィアとミネットの竜人コンビやフリッツ会長もそうですけれど、この物語に登場する城主たちはそれぞれに相応しい矜持と誇りを以て城主として振る舞っていて、うん全員カッコよかったなあ。
どうやらレオンには本人も知らない、簡単に城主にはなれない秘密が隠されているようで、リシアとコンビを組みながらしばらくは城無しのまま、野良で過ごさなければならないようで、ハーレムの道は遠そう……モテ度に関してはまったく心配なさそうですが。いやだって、文句なしにイイ男だもん、この子ってば。

ひきこまり吸血姫の悶々 ★★★   



【ひきこまり吸血姫の悶々】 小林 湖底 /りいちゅ GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「……ふぇ? な、なに」?

引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、
なんと帝国の将軍に大抜擢されていた!

しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。

名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで
「運動神経ダメ」
「背が小さい」
「魔法が使えない」
と三拍子そろったコマリ。

途方に暮れる彼女に、腹心(となってくれるはず)のメイドのヴィルが言った。

「お任せください。必ずや部下どもを勘違いさせてみせましょう! 」

はったりと幸運を頼りに快進撃するコマリの姿を描いたコミカルファンタジー!

引きこもりだけど、コマリは「やればできる子」!?
コマリ隊の荒くれチンピラどもがチョロすぎる! こいつら、美少女だからもてはやしてるだけだろう!?
何にも出来ないコマリンの実力を勝手に誤解して周りがヤンヤと持ち上げる勘違いものなんだけど、特に誤解されるような奇跡的な展開、とかはないんですよね。事故で初っ端突っかかろうとしてきた部下のヨハンをドアで挟んで殺してしまいますが(生き返る仕様の世界観)、これで普通は勘違いしないよなあ。めっちゃ態度ビビってたし。あいつ雑魚だろう、と主張するヨハンの反応が普通だと思うのですが、それくらいで勘違いしてコマリン教徒になってしまう隊員たちが色んな意味で残念すぎる。
いや、もうちょっと勘違いモノにしても誤解させるに納得させてくれる要素が欲しかったような。あれだけ直前、新任の上司に一発かましてやるぜー、ぶっ殺してやるぜー、と気勢を上げていた連中がコロッとですもんねえ。アホしかいないとは言え。唯一頭が回りそうなカオステルは真性のロリコンでロリならなんでもいいという感じで手に負えないし。
わけのわからん高評価にドン引きしながら、ナチュラルに大言壮語繰り返すコマリんも大概調子ノリまくっているわけですが。なんで演説する時はそんな無茶苦茶偉そうなセリフがポンポンと出てくるのか。実は普段からそういう事妄想してたんじゃないのか、というくらいスルスルと飛び出すハッタリ。
そして実質何もしないコマリちゃん。
はったりと幸運を頼りに快進撃、とあらすじでなってるけど、部下に丸投げしてたら勝手に進撃して勝手に勝ちまくってるだけで特にコマリンてば何もしてないんですよね。偶然だよりの超展開、とかもないし。
ただこの子がマメにやっているのは、あれこれと可愛い美少女上司とコミュニケーション取ろうと接してくる部下の相手だけ。段々と相談会になっていちいち部下の相談事やお願い事を解決するために駆けずり回ってるの、コマリちゃん根が働き者で世話好きっぽいんだよなあ。サボらないで一生懸命働いてるし。これは休日とか関係なしにスケジュール埋め尽くしてくるメイドのヴィルのせい、というのもあるのですけれど、嫌だーとか言って逃げ出さないし。
彼女が引きこもりから引きずり出されたのは、将軍やらないと爆死してしまう仕様を添付されちゃったからだけど、別にそこまでマメに働かなくてもサボってもいいところまでちゃんとやってるあたり、彼女の本質が見て取れるんですね。
そもそも、彼女が引きこもってしまったのは怠惰が原因ではなく、深く負った心のキズが理由だったわけですし。
本来の彼女は小心者だ。いつもビクビク周りを気にしている。本来の彼女は弱虫だ。怖いことからいつも逃げ出したいと思っている。
でも、この子は本当は勇気を持っている子だ。弱くて怖くても、なけなしの勇気を振り絞って前に出ることの出来る子だ。大事な場面では、決して逃げることの出来ない子だったのだ。
それが、彼女を引きこもらせる傷を負う要因となり、救われた一人の少女がコマリに人生を捧げることになる。
そうして、テラコマリという少女はその優しい勇気を以て、引きこもらなくてもいい自分の居場所を作っていく、これはそんなお話だ。

まあそんな少女の敬愛が、どうしてあんな変態的変愛百合へと怪物化してしまったのかは大いに謎であるのですが。四六時中脇に侍る側近メイドから常に貞操の危機を感じながら世話を受け続けるというプレッシャー、ハゲるんじゃないかコマリン。

しかしこれ、ミリセントの方も結構かわいそうなんですよね。親からDVを受け続け、師からは偏った思想と虐待を受け続け、努力し続けても目標を達成できずに逃げ場のない所まで追い詰められた所で、他者への暴力に走ってしまった挙げ句に何もかもを喪ってしまう。これまで辛い思いをしてきて積み上げてきたもの一切を無駄にしてしまう。
ヴィルやコマリにやった事は同情の余地ないのだけれど、この子が救われる余地がどこにもなかったというのは哀れに思ってしまう。
 
1月23日
【幼女戦記 17】
東條チカ/カルロ・ゼン(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【ようこそ実力至上主義の教室へ 9】
一乃ゆゆ/衣笠彰梧(MFコミックスアライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【数字で救う! 弱小国家(1)電卓で戦争する方法を求めよ。ただし敵は剣と火薬で武装しているものとする。】
えかきびと/長田 信織(MFコミックスアライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【ガールズ&パンツァー リボンの武者 13】
野上武志/鈴木貴昭(MFコミックスフラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【幼なじみになじみたい 3】
新挑限(MFコミックスフラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【グラゼニ〜パ・リーグ編〜 7】
足立金太郎/森高夕次(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜 11】
泰三子(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【マリアージュ〜神の雫 最終章〜 21】
オキモト・シュウ/亜樹直(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【機動戦士ガンダム GROUND ZERO コロニーの落ちた地で 3】
才谷ウメタロウ(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

1月22日
【ラグナクリムゾン 6】
小林大樹(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【履いてください、鷹峰さん 2】
柊裕一(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【つぐもも 24】
浜田よしかづ(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【まんが4コマぱれっと2020年3月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊ガンガンJOKER 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【帝都異世界レジスタンス】
遠藤浅蜊(宝島社)

Amazon Kindle B☆W

【シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗】
高殿円(早川書房)

Amazon Kindle

【ウルトラマンダイナ 未来へのゼロドライブ】
長谷川圭一(早川書房)

Amazon

【Fate/Apocrypha Vol.3「聖人の凱旋」】
東出祐一郎(角川文庫)

Amazon

【鳳は北天に舞う 金椛国春秋】
篠原悠希(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

1月20日
【ティアムーン帝国物語〜断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー〜@COMIC 1】
杜乃ミズ/餅月望(コロナ・コミックス)

Amazon Kindle B☆W


1月18日
【スパイ教室 01 《花園》のリリィ】
竹町(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【転生王女と天才令嬢の魔法革命】
鴉ぴえろ(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 16】
羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ラストラウンド・アーサーズ 5.過去の王と未来の王】
羊太郎(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【甘えてくる年上教官に養ってもらうのはやり過ぎですか? 3】
神里大和(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

【ちょっぴりえっちな三姉妹でも、お嫁さんにしてくれますか? 3】
浅岡旭(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【神々に育てられしもの、最強となる 2】
羽田遼亮(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【史上最強の大魔王、村人Aに転生する 6.元・村人A】
下等妙人(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【史上最強の大魔王、村人Aに転生する異伝 村人Aの華麗なる日々】
下等妙人(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【真・三国志妹 V 俺を好きなのって妹だけかよ】
春日みかげ(富士見ファンタジア文庫)

Amazon B☆W

1月17日
【Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度】
古宮九時(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

【リビルドワールド II <下> 死後報復依頼プログラム】
ナフセ(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

【結婚が前提のラブコメ】
栗ノ原草介(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【双血の墓碑銘 2】
昏式龍也(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【むしめづる姫宮さん 2】
手代木正太郎(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【血と灰の女王 ―善悪の彼岸―】
今慈ムジナ(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【日本国召喚外伝 新世界異譚 II 孤独の戦士たち】
眈称票 覆櫃砲ゃんBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 17】
赤坂アカ(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【かぐや様は告らせたい 同人版 3】
赤坂アカ/茶菓山しん太(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【五等分の花嫁 13】
春場ねぎ(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【DAYS 36】
安田剛士(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ダイヤのA act2 20】
寺嶋裕二(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ブルーロック 7】
金城宗幸/ノ村優介(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【マコさんは死んでも自立しない 5】
千田大輔(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【SEVEN EDGE 4】
やまむらはじめ(ホーム社書籍扱コミックス)

Amazon Kindle

【SEVEN EDGE 5】
やまむらはじめ(ホーム社書籍扱コミックス)

Amazon Kindle

【トニカクカワイイ 9】
畑健二郎(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【MAO 3】
高橋留美子(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【天野めぐみはスキだらけ! 18】
ねこぐち (少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【魔王城でおやすみ 13】
熊之股鍵次(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングガンガン 2020年 2/7 号】

Amazon Kindle B☆W

1月16日
【怪力魔法ウォーリア系転生TSアラサー不老幼女新米侍女】
Leni(アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【戦国小町苦労譚 十二】
夾竹桃(アース・スター ノベル)

Amazon Kindle B☆W

【転生前は男だったので逆ハーレムはお断りしております】
森下りんご(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【最強魔王のドラゴン赤ちゃん育児戦記】
あけちともあき(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

1月15日
【叛逆のヴァロウ 〜上級貴族に謀殺された軍師は魔王の副官に転生し、復讐を誓う〜 1】
延野正行(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

【転生幼女はあきらめない 3】
カヤ(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

【京都寺町三条のホームズ 13.麗しの上海楼】
望月麻衣 (双葉文庫)

Amazon Kindle

【皇城の花は偽りを隠す 後宮の花】
天城智尋(双葉文庫)

Amazon Kindle

1月14日
【妖狐の執事はかしずかない 4】
古河樹(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【呪われ陰陽師 賀茂斎の千年越しの憂鬱】
藤崎都(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【上野の神様にこい願わくは あやかし資料館の大蛇様】
岡達英茉(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者】
椎名蓮月(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【シンデレラの宝石店】
河合ゆうみ(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

1月11日
【ひきこまり吸血姫の悶々】
小林湖底(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない!】
阿樹翔(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―】
筑紫一明(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【29とJK 8.そして社畜は今日も働く】
裕時悠示(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【育成スキルはもういらないと勇者パーティを解雇されたので、退職金がわりにもらった【領地】を強くしてみる】
黒おーじ(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【暗殺スキルで異世界最強 〜錬金術と暗殺術を極めた俺は、世界を陰から支配する〜】
進行諸島(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。4】
えぞぎんぎつね(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【失格紋の最強賢者 11 〜世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました〜】
進行諸島(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【月刊少年ガンガン 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【ゲッサン 2020年 02 月号】

Amazon Kindle B☆W

1月10日
【がっこうぐらし!12】
海法紀光(ニトロプラス)/千葉サドル(まんがタイムKRフォワードコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ゆるキャン△ 9】
あfろ(まんがタイムKRフォワードコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【千葉サドル画集After School】
千葉サドル(まんがタイムKRフォワードコミックス)

Amazon

【姉なるもの 4】
飯田ぽち。(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【からかい上手の(元)高木さん 8】
稲葉光史/山本崇一朗(ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【くノ一ツバキの胸の内 4】
山本崇一朗(ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【新九郎、奔る! 3】
ゆうきまさみ(ビッグコミックス〔スペシャル〕)

Amazon Kindle B☆W

【ヤマノススメ 18】
しろ(アース・スター コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ピーター・グリルと賢者の時間 5】
檜山大輔(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【京都寺町三条のホームズ 5】
秋月壱葉/望月麻衣(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【カワセミさんの釣りごはん 1】
匡乃下キヨマサ(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【Fate/Grand Order material VII】(TYPE-MOONBOOKS)

Amazon

【ロード・エルメロイII世の事件簿 マテリアル】(TYPE-MOONBOOKS)

Amazon

【魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 3】
佐島勤(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Fate/strange Fake 6】
成田良悟(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ストライク・ザ・ブラッド 21.十二眷獣と血の従者たち】
三雲岳斗(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【つるぎのかなた 3】
渋谷瑞也(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【マッド・バレット・アンダーグラウンドIII】
野宮有(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【乃木坂明日夏の秘密 5】
五十嵐雄策(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【女神なアパート管理人さんと始める異世界勇者計画2】
土橋真二郎(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君】
神田夏生(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【最強の冒険者だった俺、ちいさい女の子にペットとして甘やかされてます……】
泉谷一樹(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【百花宮のお掃除係 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。】
黒辺あゆみ(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢になんかなりません。私は『普通』の公爵令嬢です! 2】
明。(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【最速無双のB級魔法使い 2 一発撃たれる前に千発撃ち返す!】
CK(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【ゼロスキルの料理番 2】
延野正行(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい 2】
リュート(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【私はおとなしく消え去ることにします 3】
きりえ(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【世界最強の後衛 〜迷宮国の新人探索者〜 6】
とーわ(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする 7】
流優(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【蜘蛛ですが、なにか? 12】
馬場翁(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【悪徳女王の心得】
澪亜(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【おかしな転生XIV 空飛ぶチョコレート・パイ〜Pie in the sky〜】
古流望(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【聖女、勇者パーティーから解雇されたのでギルドを作ったらアットホームな最強ギルドに育ちました。】
白露雪音(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界に落とされた…浄化は基本!】
ほのぼのる500(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【特級ギルドへようこそ! 3~看板娘の愛されエルフはみんなの心を和ませる~】
阿井りいあ(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【白豚貴族ですが前世の記憶が生えたのでひよこな弟育てます】
やしろ(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【もふもふを知らなかったら人生の半分は無駄にしていた 3】
ひつじのはね(ツギクルブックス)

Amazon

【社畜騎士がSランク冒険者に拾われてヒモになる話 〜養われながらスローライフ〜】
岸本和葉(ツギクルブックス)

Amazon

1月9日
【トリアージX 20】
佐藤ショウジ(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【異種族レビュアーズ 4】
天原/masha(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【異種族レビュアーズコミックアンソロジー 〜ダークネス〜】
天原/mashaほか(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【異世界のんびり農家 5】
剣康之/内藤騎之介(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【黒姉インソムニア 3】
的良みらん(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【残念女幹部ブラックジェネラルさん 6】
jin(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【時間停止勇者 1】
光永康則(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【理系が恋に落ちたので証明してみた。7】
山本アリフレッド(メテオCOMICS)

Amazon Kindle B☆W

【ドラゴンエイジ 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきらら 2020年 02 月号】

Amazon

【別冊少年マガジン 2020年 02 月号】

Amazon Kindle B☆W

1月8日
【白の魔王と黒の英雄 2】
ずくなしひまたろう(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【「迷路の迷宮」はシステムバグで大盛況 1】
大紀直家(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【滴水古書堂の名状しがたき事件簿 眠れぬ人の夢】
黒崎江治(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【エクストラ・フォーリン・エールワイフ2 異世界の奥さんは日本のビールを学びたい】
阿羅本景(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【小鳥遊さんはラブコメ勉強中!】
高橋徹(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【ウィッチクラフトアカデミア 2.この世の果てを目指す魔女】
逢空万太(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【ワトソン・ザ・リッパー 〜さる名探偵助手の誰にも話せない過去〜】
SOW(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【美少女くノ一ちゃん達がせんせーのヒミツを覗いてみた結果】
鎌池和馬(LINE文庫エッジ)

Amazon Kindle B☆W

【ヒマワリ高校初恋部!】
辻堂ゆめ(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【そこから地獄がはじまった】
Наяч(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【君の涙はとても恋しい】
内田裕基(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【折り鶴の恩返し】
真鍋卓(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

【居酒屋がーる 2】
おかざき登(LINE文庫)

Amazon Kindle B☆W

1月7日
【恋愛ラボ 15】
宮原るり(まんがタイムコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【くま クマ 熊 ベアー 14】
くまなの(PASH!ブックス)

Amazon Kindle B☆W

1月4日
【SPY×FAMILY 3】
遠藤達哉(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ダーリン・イン・ザ・フランキス 7】
矢吹健太朗(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ぼくたちは勉強ができない 15】
筒井大志(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【呪術廻戦 8】
芥見下々(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【呪術廻戦 9】
 芥見下々(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【終末のハーレム 10】
LINK/宵野コタロー(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2】
Magica Quartet /富士フジノ(まんがタイムKRコミックス/フォワードシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【コミックフラッパー 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【ヤングエース 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【ヤングガンガン 2020 No.02】

Amazon Kindle B☆W

【ソード・ワールド 蛮王の烙印 2.魔域の王と黄泉帰りし英雄】
北沢慶/グループSNE(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【13番目の転移者、異世界で神を目指す スキル【アイテム増殖】を手に入れた僕は最強装備片手に異世界を満喫する】
まるせい(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【七つの鍵の物語 2 ぼっちな僕の異世界領地改革】
上野文(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

1月1日
【この素晴らしい世界に祝福を! よりみち!】
暁なつめ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ あの愚か者にも脚光を! 6.騎士の誓いをあなたに】
昼熊(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 2 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する】
タンバ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【戦闘員、派遣します!5】
暁なつめ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【魔王学園の反逆者 2 ~人類初の魔王候補、眷属少女と王座を目指して成り上がる~】
久慈マサムネ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い】
西都徹也(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで】
松尾からすけ(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました 7】
永瀬さらさ(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

12月30日
【天才少女Aと告白するノベルゲーム】
三田千恵(ファミ通文庫)

Amazon Kindle B☆W

【航宙軍士官、冒険者になる 4】
伊藤暖彦(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

12月28日
【VRMMOで僕の妹と彼女が修羅場です 1】
ファースト(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【モンスターのご主人様 15】
日暮眠都 (モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【進化の実~知らないうちに勝ち組人生~ 10】
美紅(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【レベル1の最強賢者  2 〜呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に〜】
木塚麻弥(ブレイブ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ロード・エルメロイII世の事件簿 5】
東冬/三田誠(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【であいもん 8】
浅野りん(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【魔王様、リトライ!5】
身ノ丈あまる/神埼黒音(モンスターコミックス)

Amazon Kindle B☆W

12月27日
【悪魔に選ばれた優等生の俺は、欲望解放〈エロコメ〉に夢を見る 1】
叶田キズ(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【嫌われ魔王が没落令嬢と恋に落ちて何が悪い! 4】
猫又ぬこ(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ぷちます! 12】
明音(電撃コミックスEX)

Amazon Kindle B☆W

【リビルドワールド 1】
綾村切人/ナフセ(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 1】
日鳥/支倉凍砂(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 7】
大和田秀樹(近代麻雀コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【魔術破りのリベンジ・マギア 3】
子子子子子子子/宮社惣恭(HJコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【十歳の最強魔導師 7】
天乃聖樹(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【私はサキュバスじゃありません 2】
小東のら(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【少女(やいば)は鞘に納まらない 2】
龍威ユウ(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【燦然のソウルスピナ 4】
蕗字歩(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ディメンションウェーブ 1】
アネコユサギ(ヒーロー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【異世界で上前はねて生きていく〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜 1】
岸若まみず(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【あの日地球にダンジョンが出現した 1】
笠鳴小雨(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 〜辺境開拓?よし、俺に任せとけ! 3】
佐々木さざめき(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【崖っぷち貴族の生き残り戦略】
月汰元(BKブックス)

Amazon Kindle B☆W

12月26日
【3月のライオン 15】
 羽海野チカ(ヤングアニマルコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【防御力ゼロの嫁 2】
矢野トシノリ(REXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 12】
常深アオサ/羊太郎(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【プランダラ 14】
水無月すう(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました 3】
柚アンコ/永瀬さらさ(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【破滅の魔導王とゴーレムの蛮妃 2】
いのうえひなこ/北下路来名(カドカワコミックスA)

Amazon Kindle B☆W

【東方三月精 Visionary Fairies in Shrine. 3】
比良坂真琴/ZUN(カドカワコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ゴブリンはもう十分に強い 4】
サラマンダ(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【勇者か魔王か選ばせて 1】
たかよみ(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【少年エース 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミック 電撃大王 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【コミックアライブ 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【電撃マオウ 2020年2月号】
Amazon Kindle B☆W

【コンプエース 2020年2月号】

Amazon Kindle B☆W

【コミック電撃だいおうじ VOL.76】

Amazon Kindle B☆W

【月刊少年シリウス 2020年 02 月号】

Amazon Kindle B☆W

【ドラゴンエイジ2020年1月号増刊 ヤングドラゴンエイジ VOL.1】

Amazon Kindle B☆W

【捨てられた転生賢者 〜魔物の森で最強の大魔帝国を作り上げる〜 1】
未来人A (GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【アイヲンモール異世界店、本日グランドオープン! 2】
坂東太郎(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~ 6】
一色一凛(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【聖者無双〜サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道〜7】
ブロッコリーライオン(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【魔力チートな魔女になりました~創造魔法で気ままな異世界生活~ 1】
アロハ座長(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【あの鬼教師が僕の姉になるんですか?】
猫又ぬこ(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【幼女異世界 最弱召喚士、最強幼女を召喚する】
鬱沢色素(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ヤンデレ彼女が異世界まで追ってきた 2】
草薙アキ(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

12月25日
【Return to AVALON -武内崇Fate ART WORKS】
武内崇(KADOKAWA)

Amazon

【Landreaall 34】
おがきちか(ZERO-SUMコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【Landreaall 34 特装版】
おがきちか(ZERO-SUMコミックス)

Amazon

【魔女の旅々 2】
白石定規/七緒一綺(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!9】
海空りく/山田こたろ(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【兄の嫁と暮らしています。7】
くずしろ(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【綺麗にしてもらえますか。4】
はっとりみつる(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【天下一蹴 ―今川氏真無用剣―2】
蝸牛くも/湯野由之(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ビッグガンガン 2020 Vol.01】

Amazon Kindle B☆W

【月刊アクション 2020年 2月号】 

Amazon Kindle B☆W

【魔術士オーフェンはぐれ旅 コミクロンズ・プラン】
秋田禎信(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【世界一可愛い娘が会いに来ましたよ!】
月見秋水(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【Re:ゼロから始める異世界生活Ex4 最優紀行】
長月達平(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 9】
花間燈(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ゲーマーズ・ハイ 影の王者の後継者】
五月什一(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【君死にたもう流星群 5】
松山剛(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ぼくたちのリメイク 7.ものをつくるということ】
木緒なち(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?8】
三河ごーすと(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【朝比奈若葉と○○な彼氏2】
間孝史(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 6時間目】
さがら総(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【西野 ~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 7】
ぶんころり(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【緋弾のアリアXXXII 蒼穹の密使】
赤松中学(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【学戦都市アスタリスク 15. 剣雲炎華】
三屋咲ゆう(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【灰と幻想のグリムガル level.15 強くて儚きニューゲーム】
十文字青(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ありふれた職業で世界最強 零4】
白米良(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【異世界保育園を開きました〜父性スキルで最強ロリ精霊たちはデレデレです〜3】
友橋かめつ(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【異世界帰りのおっさんは父性スキルでファザコン娘達をトロトロに 3】
高橋弘(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【暴食妃の剣 2】
猫子(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【冒険に、ついてこないでお母さん!2 〜 超過保護な最強ドラゴンに育てられた息子、母親同伴で冒険者になる〜】
茨木野(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【弱小ソシャゲ部の僕らが神ゲーを作るまで 1】
紙木織々(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【アガートラムは蒼穹(そら)を撃つ 1.三日月学園機関甲冑部の軌跡】
山口隼(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【サイコパスガール イン ヤクザランド 1】
木質(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【トラック受け止め異世界転生ッ!熱血武闘派高校生ワタルッッ!! 1】
しもっち(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【境界迷宮と異界の魔術師 12】
小野崎えいじ(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界で土地を買って農場を作ろう 5】
岡沢六十四(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

八男って、それはないでしょう! 18
Y.A(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

バフ持ち転生貴族の辺境領地開発記
すずの木くろ(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

異世界の剣豪から力と技を継承してみた
赤雪トナ(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

アラフォー賢者の異世界生活日記 11
寿安清(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【絶対城先輩の妖怪学講座 十二】
峰守ひろかず(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【フェイスゼロ とある殺人の行動心理記録】
青木杏樹(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察】
江中みのり(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【続々・ヒーローズ(株)!!!】
北川恵海(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【#誰か『いいね!』を押してくれ】
星奏なつめ(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【怪盗主夫は幸せな家庭を愛している】
つるみ犬丸(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

12月24日
【さようなら竜生、こんにちは人生 4】
くろの/永島ひろあき(アルファポリスCOMICS)

Amazon Kindle B☆W

【ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり16】
竿尾悟/柳内たくみ(アルファポリスCOMICS)

Amazon Kindle B☆W

【ロード・エルメロイII世の事件簿 7 「case.アトラスの契約(下)」】
三田誠(角川文庫)

Amazon

【文庫版 オジいサン】
京極夏彦(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【櫻子さんの足下には死体が埋まっている わたしを殺したお人形】
太田紫織(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【宮廷神官物語 九】
榎田ユウリ(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。 6】
竹村優希(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ネガレアリテの悪魔 黎明の夜想曲】
大塚已愛(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきららフォワード 2020年 02 月号】

Amazon Kindle


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索