かくて流転の定めはつづく トワイライト・トパァズ 2
【トワイライト・トパァズ 2.かくて流転の定めはつづく】  佐々原史緒/湖澄遊智

 この湖澄さんという方は、今の私の中では一番好きなイラストレイターかもしれない。最近山田秀樹さんのイラスト見ないし……と思ったら、http://www.i-o.jp/game/sorairo/でゲームの原画やってはったのか。うわっ、どうしよ。原画買いするべか!? いやまあそっちはさておいて、今までイラスト買いも辞さずと思わされたのは山田さんだけだったんだけど、最近はこっちの湖澄さんも中身どうでもいいから買っちゃおうか、と思っちまうくらい好きなんですよね。去年あたりまではそこまで魅力的には思わなかったんだけど、ここしばらくのイラストはほんとに力があって大変素晴らしい。特にカラーは。
幸いなのが、今のところ近頃この人がイラスト手がけてる作品が当たりばかりなこと。「天槍の下のバシレイス」然り、そしてこの「トワイライト・トパァズ」も然り。
個人的趣向で言わせて貰うと嬉野秋彦氏の連載が終了した現在のファミ通文庫では「吉永さん家のガーゴイル」と並んで双璧と称しちゃっても構わないくらい、これ、好き。めっちゃ好き。っていうか、ガーくんより好き。ああ、最近どうも頑張る男の子より頑張るバイタリティあふれた女の子が主人公の方が好きなのかも。
全体のノリはコメディちっくに軽快に進む割に、随所に無視できない深韻さが混ざってるんですよね、この話。本当にさりげなく混ざってるだけに、押し付けがましくなくふっと胸にしみこんでくる。長生種たるアダマスや琥珀の胸に残る亡き親友の残影、明るいノリの中に垣間見えるトパァズの異人種差別への心傷。口さがなく文句や悪口を叩きながらも、時折痛々しいくらいに覗かせる育ててくれた師匠に対する一途な女の子らしい想いと恐れ。その一つ一つの描き方がまさに絶妙。
実はこの佐々原さんの作品群は第一作目の「サウザント・メイジ」の一巻できっちゃってたんですけど(金が乏しい時期でねえ)……素晴らしく上手になってます。ああもう、すっげー好きだ!