ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!?
【ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!?】


Room No.1301 (#2) →bk1 →blogmap

【ROOM NO.1301 ♯1 おとなりさんはアーティスティック!?】
出版社/著者からの内容紹介
ほのかに哀しく、せつないセンチメンタル・ミステリー

健一は千夜子に突然の告白をされ呆然としていたところ、奇妙な鍵を見つけた。帰り道では行きだおれていた少女・綾に、自宅マンションに連れ込まれてしまうが、そこは「存在しないはず」のフロアだった――。

普通の高校生・絹川健一は学校帰りに、公園に呼び出されて、同級生の大海千夜子に告白される。恋とか、愛とかにあまり実感もわかない健一はいったん返事を保留する。しかし、その帰り道にいき倒れている女性・桑畑綾を助けたことで、健一の人生はなんでか少しおかしな方向へ進むことに。ちょっとHで、ちょっと切ない恋に悩む健一の日常を描く、ハート・ウォーミングな物語。DEARの新井輝が新世代のラブの行方を描きます!



【ROOM NO.1301 ♯2 同居人はXXXホリック?】
出版社/著者からの内容紹介
幽霊マンションの存在しないはずの部屋の鍵を手に入れた健一。芸術家だが社会適応力ゼロの綾という謎の女性と暮らしはじめたが、クラスメイトの千夜子との関係も続いていた。そんな健一の前に新たな女性が現れた……


                   著:新井輝  富士見ミステリー


 なんじゃこりゃーーっ!?

 ちょっと待て、これライトノベルか? いや、エロいから違うとかそういう事じゃなしに。まるっきりこれ恋愛小説じゃないのか? 恋愛小説なんて銘打った恋愛小説なんか読んだ事無いんでわかんないんすけど。いや、恋愛小説という銘柄で想像するものとは違う気がする。恋愛を素材に置いた私小説? 私小説もそんなに読んだ事にないから如何とも言いがたい。しかし、こういう話ってライトノベルでしか出せないの? 特に二巻なんか芥川賞とかでよく見かけるような方向にも見えるんですけど、勘違い? 庄司薫とか。そっちっぽくないですか?
 うあー、動揺してる動揺してる。

 驚いてます。だって新井輝ってこういう話書く人という認識がまるでなかったんで。適性ってあるんだなあ。正直、今まで読んだこの人の作品、印象薄いんですよ。私の中では多数に埋没していてその内買わなくなる作家。実際、富士見ミステリーから出してるこの人の作品には手を出していませんでした。でも、思い出してみると、人物描写とか喋らせ方って今まで読んだこの人の作品とあんま変わってないんですよ。こういう話を書くのが合っていた人なのか。
 ヤバいくらい面白いっすわ、これ。
 エロゲーっぽいという話をチラチラ見かけるんですけど、私は全然そういう印象はないですわ。最初に恋愛小説って書きましたけど、エロゲーで描かれているタイプの(エロゲーに限らずドラマ・映画・小説、ともかく恋愛という言葉から普通に連想する)恋愛とは違うでしょ、これ。主人公は当事者のくせにえらく恋愛を一歩退いて見てるって感じだし。自問を繰り返してるし(それも誰を好きなのか、という選択疑問ではなく、自分は恋愛というものをどう捉えているのかという文字通りの自問。誰が好きなのかとかどうでもいいんじゃないのか、こいつ?)。好きだとか愛してるという攻撃性にひどく乏しい。女性陣も同様で、みんな完全に主人公から一歩退いている。立場から、通常の恋愛を理解してないから、性癖から(?)、理由は色々だけど、恋人の千夜子を除いてなんか違うのよね、これ。ああ、これ不思議だなあ。いや、違うか、まったく不思議じゃないのか。わからないのに良く分かる不思議で不思議じゃない話。そんな感じだ。
 しかし、本当にこれはいいなあ。謎ですよ、謎。恋愛という謎。その意味ではミステリー。内的描写に力を傾ける作品は決して珍しくは無いですけど、それを真っ向から十代の恋愛ごとだけに集約した作品って実はライトノベルではかなり珍しいんじゃないでしょうか。ちょっと記憶にありません。意外とライトノベルって正面から恋愛を思索する話って無いんですよね。それ以前に、好き嫌いを曖昧のまま誤魔化して終わってしまうものも多い(スレイヤーズ以来か?)。わりとそこらへん、不満だったんですよね。欲求不満。
 その意味では富士見ミステリー文庫の、LOVEを重視しようという方策は素晴らしいと思いますし、現に需要に適った供給がなされていると思います。
 しかし……これは極北だなあ。恋愛ものは確かだけど、LOVEか? 
 面白いのでいいです。OKです。最高です。やっぱり富士見ミステリー、いいですわ。見事に切っ先の尖った作品がたくさんある。


追記:二巻冒頭のホタルに関する話は、ちょっと微妙すぎるんじゃなかろうか(汗
健一もその話題で言葉に詰まるなよ。穿っちゃうでしょうが(w