バルビザンデの宝冠 王の星を戴冠せよ
【バルビザンデの宝冠 王の星を戴冠せよ】 高殿円 ビーンズ文庫

ミゼリコルドの聖杖 永遠はわが王のために
【ミゼリコルドの聖杖 永遠はわが王のために】 高殿円 ビーンズ文庫

高殿円氏のデビュー作にして、最高傑作の呼び声も高い【マグダミリア 三つの星】の大幅加筆修正版。
なにしろ、マグダミリアが絶版になってしまったものだから、どこ探しても見つからないのなんのって。ようやく見つけたのが上下巻の下巻だけ。
この中途半端さに悶々としていたのですが、この度ビーンズ文庫から再販という形になり、もう助かりました。英断。

実際、最高傑作というのも納得。完成度という意味では確かにこれが一番しっかりしてるもんな。なんとなく、高殿さんって、なんでか途中ポンと中身の展開飛ばすことが侭在るんだけど、これはすっきり書ききってるし。
銃姫なんか見てると心理描写の鋭利さはますます切れ味増してるし、そのときシリーズのあの心象と情景が絡まりあって昇華した戦慄すら覚える鮮やかな描写法なんか感服しきりなんだけど。
今の高殿氏の筆致に、この作品のようなキッチリした枠組みが合わさったら個人的には須賀しのぶ氏と歴史大河ファンタジーの二大作家に並べて崇めたいほどになるんだが。
椋本さんの始祖オリガロッドのイラストは良かった。これでグッッとオリガロッドの時代の話、読みたくなったもんな。

聖杖の方の書き下ろし短編、これは最高だった。腹抱えて爆笑。エミリオ、災難だったな。