トリックスターズ

【トリックスターズ】 久住四季 電撃文庫

いや、本気で不可解なんですが。スニーカーにもファミ通にも、そしてこうして電撃にもしっかりしたミステリーがあるのに、肝心の富士見ミステリーにはないんだ?
というわけで、ついに電撃文庫にもミステリー作品が登場してしまいました。これ、ファイスト系統だよね。いや、最近のファウスト系統のトンデモぶりを考えるとミステリーとしては此方の方が真っ当? もしかして新本格的といった方がいいのかしら? そこらへん、詳しくないので踏み込めないですが。
魔学と魔術師なんてそれっぽいファクターはあるものの、最後まで読みきるときちんと段階的に読者に対して判断材料を提示している事がわかる。それってありなの!? と一瞬思ったものの、確かにそうした結論を導けるだけの情報はあり、それをいちいち読み返さずとも思い当たる節として思い出せる以上、反則とは思わなかった。けっこうしつこく強調してるし。
ところが、その材料の配分が巧妙なだけに、丸わかりとは全然行かず、自分みたいなヘタレではさっぱりわかりませんでした。
いや、だってこれ、事件が起こりました。犯人は誰でしょうって安易なつくりじゃないんだもの。まず、このゲームの勝利条件から推理しなきゃなんないんだから。一応、先生が答えみたいなヒントくれてるんだけど。事件の推移からどうもよくわかんなくなってしまった。巧妙。

ただ、周に関する最後のあれはどうだろう。流行なのか?

ともかく、講談社から出してもなんら違和感のない、密度が濃くて完成度の高い作りで、なにより面白かった。最近、新人さんの作品でこうしたギュッと詰まった作品読んでなかったので、美味しくいただけました。