電波的な彼女 ~幸福ゲーム~
【電波的な彼女 幸福ゲーム】
著:片山憲太郎  スーパーダッシュ文庫


個人的には【銀盤カレイドスコープ】と並んで今のスーパーダッシュじゃぶッちぎりで面白い作品だと思うのだが、如何に。
何がイイかというと、主人公の不器用で無愛想で口下手で素っ気無くて陰気でぶっきらぼうで、それでいて善良なところだよな。うん。なんちゅうか、可愛げがあるのよ。不良と自分を位置づけてるけど、不良というよりツッパリです、ツッパリ(w

舞台は現実よりもより多くの悪意が世間に蔓延るようになってしまった社会。本編の各所に、さらりとそんな暗い世情が挟まれている。猟期殺人が横行し、普通の殺人事件では三面記事にもならず、人死にがなければ話の接ぎ穂にも出てこない。犯罪の多発に警察の出動時間は遅くなる一方。あくまで、世界観としては普通の現代社会なのだが、こうした世情を背景としているために、作中の雰囲気は暗い。例えば、【ブギーポップは笑わない】を始めて読んだときも、先行きの見えない不安感を募らせられる雰囲気に酔わされたものだけど、これの場合はブギーポップで感じたような世界の不可思議さが徹底的に排され、人の悪意や他人への優しさの陰りが底辺に敷かれているため、不安感という意味では此方の方が身に染みるものがある。
だが、それゆえに、主人公の柔沢ジュウのごく平凡な善悪の受け止め方や、堕花光のすっきりとした正義感が宝石のように映るわけだ。

というか、今回は光の魅力大爆発な回だったなあ。他の娘がつきぬけまくってるだけに、彼女の常識的な健全さが眩しいのなんの。普段は投げやりな感じのジュウが、彼女に対してだけは真面目に向き合ってるのも良くわかる。ジュウの光に対しての兄貴振りは、今回の見所だと思われ。ぶっちゃけ、ここまで鮮やかなフラグの立て方は、凡百のギャルゲー主人公じゃ無理です。完璧すぎます。特にあの完膚無きまでの恋愛感情の無さは(笑 ここまで無いと、いっそ清々しい。
そりゃ、光も心傾くよな。ってか、黄金率的見事さのツンデレ・パターンじゃないか!

わりと今回ズシンと来たのが、一巻の彼女の事を、地の文でジュウが好きだったと明言してたこと。一巻じゃ結局、濁したままだったし、二巻では触れさえしなかっただけに、三巻でさらりとこの事実が混ぜられてたのは、けっこう胸にきた。
あまり表には出さないけど、やはりかなり傷ついてたんだろうなあ。