老ヴォールの惑星

【老ヴォールの惑星】 小川一水  早川文庫JA

小川一水氏はじめての短編集、ということでどんなものかと手に取ったんだが。
こりゃすごいわ。
すっげーお得感。なんせ、小川一水が一冊で四作も読める。
いや、知らんかった。このヒト、短編作品めちゃくちゃ上手いじゃない。長編作品を読んだのと同じぐらいの満足感を短編でもびっしりと味わえた。それが4編載ってるんだから4倍満足っすよ。

基本的にこれまでよりもSF色はより濃いのかしら。

『ギャルナフカの迷宮』
これが一番今までの小川作風に近いと思われ。
脱出不可能な迷宮に閉じ込められる「投宮刑」に処せられた主人公が、同じく迷宮をさまよう他の囚人たちと出会い、共同体を立ち上げ、やがては一つの社会を構築するという話。
とかく相互不信でまともな人間のやり取りが出来ない状態からコミュニティが形成されていくまでの描写が圧倒的。話の密度としてはこれが一番だった。よくもまあ短編でこれだけガッツリ書けるもんだ。

『老ヴォールの惑星』
導きの星でもそうだったけど、このヒトの描く異星生物の生態はロジカルでSF初心者の私なんかにはたいへん優しいつくりだと思われ。

『幸せになる箱庭』
ちょいプロセスが『太陽の簒奪者』に似てるかも。
現実と非現実の境目の消失。うーん、ここまで完璧だと確かにそれでもいいような気にもなるけど。
たとえば神林長平の『魂の駆動体』でも思ったんだけど、種族ごとデータ化されてしまうと、そのデータバンクが故障した場合物凄くあっさりと一つの種が消去されてしまうのですよね。PCがぶっ壊れたとき中のデータがおじゃんになるみたいな泡沫さ加減で。
そこに嫌な不安定さを感じて、私なんかは嫌悪感すら感じるんだけど。これの主人公が感じてる嫌悪感とはちょい違うんだが。


『漂った男』
これをベストに挙げるヒトも多かろう。
偵察飛行中に事故で海洋惑星に不時着してしまったパイロット。海しかない惑星で漂流するはめになった彼だが、気候は温暖で海水は飲んでると腹も空かない。なんとか死ぬことは免れた彼だったが、海ばかりで目標物がない惑星に不時着したために墜落地点がわからず救援はこない。孤独に震える彼のよすがは万能通信機Uフォンを使った本星との会話だけ。
誰も居ない何もない広大な海の真ん中で独りきり。
死にはしないが助けはこない。話は出来るがただそれだけ。
そんな状況に置かれた男の特殊な孤独の物語。
実際、これはベストに挙げてしかるべきだな。傑作です。