皇国の守護者 2 (2)
【皇国の守護者 2】 漫画:伊藤悠 原作:佐藤大輔


助けてください、助けてください。
もうどうしたらいいのかわからないほど素晴らしい!!
素晴らしい!!

まだ物語の始めで大局的な動向に足をとられて動きの鈍かった一巻と違い、二巻は本格的に新城直衛が動き出す。
そう、まさに新城・新城・新城の新城尽くし。血反吐をぶちまけてしまいそうだ。この男のあまりに毒々しい魅力が漫画という表現法によって狂乱的なまでのビジュアル化を果たしている。もはや「凄まじい」と納得するほか無いこれは、ああまったく「新城直衛」である。

小説原作の漫画化は数あれど、これほど幸福でこれほど幸運なめぐり合わせは無いだろう。はたして、これほど完全に余すことなく己の筆致を、自分の作家としてのスタイルを理解し自分のものとし全く別の表現媒体に再構成してくれる漫画家に出会える小説家がどれほどいるのか。
あの佐藤節を漫画で読める日がくるとは思わなかった。まったく、これは読者としても幸せなことなのだろう。
漫画と小説、どちらか片方を読んでるからいいや、と思った人。それは悲惨な間違いである。それは大きすぎる損害である。
小説と漫画は、表現法をまったく異にするものであることを忘れてはならない。

とりあえず読め! 話はそれからだ。