ROOM NO.1301〈6〉お姉さまはストイック!
【Room No.1301 #6お姉さまはストイック!】 新井輝/さっち 富士見ミステリー文庫
Amazon bk1

姉貴キタァーーーーーーーーーーーーーー、てか?
前巻あたりからプロローグが謎の展開から解答編に入ってきているような。今回のプロローグでほぼ確定。いや「ほぼ」はいらんか。エピローグまで見れば完全確定と言ってもいいでしょ。何気に物凄く思い切った話だよな。ゲームにしたらソフ倫とか通らないんじゃない?
しかし、ここからどうやって千夜子は巻き返すんだろう。どう見ても着々と姉ルートを進んでいるようにしか見えないんだが。というか、健一と双方向なのってホタルとだけなんよね。一旦、両親の介入で完全に終わったように見えたけど、今回物凄い勢いで巻き返してきたし。ショート・ストーリーズでホタルに巻き返しの予兆はあったけど、まさかここまで一気に来るとは。
プロローグでの旦那との会話も意味深。ホタルって幽霊マンションの住人じゃない以上、他の面々と違って健一と逢う逢わないは彼女の意志一つみたいな感じだし。
しかし、この旦那と綾さんが遭遇不可ってのはどういうことだ? 健一は旦那と面識がないとコメントしている以上、彼が幽霊マンションの住人になる予定はないと思うんだが。どうも旦那の昔話も関係してくる気配もあるし、まだまだ見えないところで線は複雑に絡み合ってるんだろうか。