召喚士マリア(4) 眼差しに切なさを、沈黙に優しさを。
【召喚士マリア 4 眼差しに切なさを、沈黙に優しさを。】 北沢慶

この人の作品は読んでて安心するなあ(ほぅ
なんか富士見が全盛だった頃のあの富士見の雰囲気をやテイストをそのままのクオリティで提供してくれるので。
で、北沢さんのモンコレシリーズは色褪せることも無く変わらず面白い。召喚士マリアになってちょっとテンション落ちたかなと思ってたんだけど、キャラが掴めたからか最初に感じた停滞感も吹っ飛んでる。
第一期のイェル、第二期のエルリクと、主人公それぞれ性格違うけど、今回のマリアは一際ポンコツな所為か、なんだかんだと凄腕だった前二作の二人と違って動かしにくそうだったんだけど、ここに来てポンコツさはそのままで伸び伸びと動き出したのを見ると、魅力としてはマリアが一番かもと思えてくる。影がないのもいいのかもしれない。明るいしね。

フレイムとの関係の変化はちょいと仰天。え? なんかいい感じじゃないの?