機工魔術士-enchanter 9 (9)
【機工魔術士エンチャンター 9】 河内和泉

ちょっとこの作品を見縊ってたかもしれない。まさかこういう形でメルクーリオ編を決着させるとは思ってもみなかった。作品を見縊っていたと言うより作品の方向性を見縊っていたというべきか。なんか、なあなあで済ます気が全然無いような気がしてきた。思ってたよりずっと冷徹に話を進めてる。もっとなあなあな話だと思っていただけに油断した。
正直パンツパンツとしか喜んでなくてすまなかった。いや、いつの間にかすっごく面白いと思ってこの作品読んでる自分に今さら気がついたような気がする。