ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い
【ネコソギラジカル 下 青色サヴァンと戯言遣い】 西尾維新

参った、崩子ちゃんが妄想かきたたせすぎる(違

まさしくこれ以上ないくらい大団円。凄いなあ、と思うのが、これだけ完全に大団円に終わっているにも関わらず、なんか騙されてる気がすること。別に裏を勘繰ったりしたくなるとか、そういうのじゃなくて。
勿論、結末がもっと違うものになると思っていた、というわけでもない。実のところ、姫ちゃんが死んだ後からのいーちゃんの在り様から、この結末はある程度想像できてたし、それでもこの筆者の捻くれ具合から恐れはあったけれどそれもネコソギラジカル(中)の宴九段の宣言から、逆に予想は補強されたんで、意外の念はなかった。
にも関わらず、この読後感。凄く満足しているにも関わらず、なんだか戯れ言遣いの戯れ言に舞わされちゃったようなフワフワとした気分。

うん、そうか。

なるほど、これこそ。
ふふ、いやはや。うん、納得。
まさに、お見事。
これ以上なく、これ以外なく、きっかりぴったりしゃっかりと、
戯れ言遣いのお話は終わりました、と言う訳だ。

読了。