とらドラ2!
【とらドラ! 2】 竹宮ゆゆこ

虎だ、虎だ、虎だ。
虎が出た!

正直、前作の大河は【手乗りタイガー】などと呼ばれるには名前負けしていたように思われる。確かに凶暴で傍若無人であったが、虎と呼ぶにはイマイチ大人しすぎた。
あくまで、恋に臆病で不器用な女の子であったのだ。

が、今回と来たらどうだ。
怖ぇぇよ。
まさに虎。
猫科大形肉食獣。気紛れで気分屋で、爪に獲物をかけながらすぐには殺さずじっくり玩ぶ残虐さ。
そう、これぞ【手乗りタイガー】。全校生徒に恐れられる存在に相応しいケダモノじゃないか。

新キャラ投入の要因もあるんだろうが、二巻にして一気にキャラが立ってきた感がある。大河もそうなのだが、前作の印象から得体の知れない方向に側転しながら遠ざかって言ったのが実乃梨さん。あんた、この変な人ばっかりの中でさらにぶッ千切ってるよ!!
もしかしたら竹宮ゆゆこ作品に登場する全てのキャラクターの中で、一番エキセントリックなキャラに変身してしまったかもしれない。
ただ、エキセントリックすぎてラブコメのラブの部分に大人しく収まるようなタマじゃなくなってしまったんでないかい?
竜ちゃん、あんたホントにこの子でイイのか?
いや、彼女に限らずどいつもこいつもあまりにキャラが立ちすぎてて、こいつらでどうやって恋愛物語を築くというのか、想像が成立しませんw

ただ本当にキャラの立たせっぷりは異様なぐらい。面白い。兎角面白い。コメディとしてもう「やっちゃった」てなぐらいに面白い。
むしろ主人公の竜ちゃんの影が薄くなってるくらい、騒然と面白い。
が、コメディだけで引っ張ることはしないのだろう。あくまでこの作品はラブコメ! しかして、伏線もしっかり敷いてある模様。
このメンツでいかなり恋愛模様が描かれるのか、想像できないだけに異様なくらいに楽しみである。
そういや、前シリーズも期待値マックスだったなあ…………