Landreaall 8 (8)

【Landreaall 8】 おがきちか

……くはっ!
あれだ。秘蔵の酒を一杯引っ掛けたみたいな最高の気分。この酩酊感、最高、最高、最高! 
ちなみにわたしゃ、下戸だがな。

今回は学園舞踏会ということもあり、何気にそれぞれの恋愛模様にも着手してるんだが、DXはホントに女ッ気ないなあ。いや、マリオンに振られたことをずっと引き摺ってるDXにとっては、今回の件は何気に吹っ切るターニングポイントになったのかもしれない。
それよりも面白いのがイオンの方か。DXの方は一応あのパラソルの人という相手らしき人がいるんだが、イオンの方の情勢はさっぱり予想がつかん。目がない、と思ってた六甲は、何気にシスコンDXが推してるようだし。私が本命だと思ってたフィルは、どうも自分で足踏みしたまま外周でギャーギャー賑やかしてるだけだし(根性なしめ)、てっきりこの二人だけかと思ってたら、今回ライナスまで絡んでくるし。こいつ、恋愛感情ないくせに前巻あたりからイオンの扱い方が異様にサマになってるので、案外すんなり収まり兼ねない節がある。リドについてはまあ置いておくとして、今回はカイルという伏兵まで再登場したから、これが驚き。しかも、カイルくん、再登場にともないランドリオールらしいキャラクター強化がなされてて、かなり面白い……もとい愉快な、一緒か。ともかくエッジの利いたキャラになってて、これがイイんだわ(笑
しかし、イオンがお子様だからこれっつう路線が見えてこない。それが逆にいいのかもしれないけど。相手の男連中も、どいつもこいつもイマイチ本気なのかわかんない絶妙な描写されてるし。カイルなんて意味深な表情見せといて、あれだもんなあ(笑

と、ドタバタ喜劇に腹を抱えて大笑いしていたところで、最後に急展開。
ラスト2ページは、泣いた。ああしたものを描けるこの人は、本当にすごいと思う。

引き続き、マイフェイバリットコミックスナンバーワンの座をぶッちぎりで更新中。