こどものじかん 1 (1)
【こどものじかん 1】

こどものじかん 2 (2)
【こどものじかん 2】 私屋カヲル

 こ、これはっ…………
 正直、すまんかった。ちょっとエロっちいのを読みたいという動機で、エロい以外ろくな期待もせずに買ってしまって、すまんかった。

 面白いわ、これ。

 小学生でエロいエロいって話ばっかり聞こえてきていたんで、しかも申し訳程度というかいい訳みたいに「教育問題に『も』踏み込んだ内容で」系統の文言が添えつけられているものだから、自分に向かってそんな言い訳をしないと正気に戻れないくらいエロいのか、と勝手に思い込んでてすみません。

 めっさドキドキはしたが、欲情はせなんだぞ。

 だからどうした。
 おのれも「教育現場の現状に『も』鋭く踏み込んだ内容で」とか口ずさんで気を逸らさないと正気に戻れなかったくせにw
 まあなんですか。ロリコン上等、みたいな?
 小悪魔がいます。危険――危険。

 しかし、これは小学生だから良いのかといえば……なんとも言いがたい。ただ、この絶妙の背徳感は、本来罷り間違っても恋愛対象になんぞならない小学生を相手にドキドキしてしまう青木先生の初心さとか純情に起因しているわけで、その意味ではやはり小学生だからなんですわなあ。
 しかししかし、三年生ってのはあまりに微妙すぎる。
 ……小学三年生相手に微妙とか言ってる時点で、もう終わってる気もするが。

 結論から言って、この作品は上質なラブコメ。子どもだけれど、何歳だろうと女は女。ませた小悪魔、九重りんに振り回される、真面目で青くて真っ直ぐな純情新任教師青木先生(ちぇりー)を愛でるお話だと思われ。
 いや、ほんと面白いよ。