体力ないときゃ一言感想。
のつもりだったんだけど、書いてると長くなってしまったので、いつもと同じ形式に。

いぬかみっ!〈10〉
【いぬかみっ! 10】 有沢 まみず  電撃文庫
Amazon bk1

 実はポンテンシャルはともはねが一番だったのか。
 妹キャラとしてカオルが新たな立ち位置に。そういえばこの話ってともはね以外そういうのいなかったか。ともはねは幼すぎて完全に妹という立場に落ち着いちゃっているし。
 さらにあの死神の話で登場した新堂ケイがここで再臨。これには驚いた。
 実をいうと、ここに至るまで女性キャラは沢山出ているのだが、本当に啓太に対して異性としての好意を抱いているのはようこだけだった。二人の関係はおおむね、逃げる啓太に追うようこと、よく言われるように「うる星やつら」パターンだったわけだ。
 ところが本筋での物語がクライマックスを迎えて一段落ついたところで、啓太が観念してしまい、二人の関係は恋人同士と呼んでも過言ではない程度のイイ感じになってしまったわけだ。
 面白いのは、そうなった段階で川平カオルと新堂ケイが投入されるこの展開。
 カオルの方はまだ微妙だが、新堂ケイの方はようこ以外で唯一啓太にぞっこん惚れてる女性。しかも、この【いぬかみっ】全編通しても1,2を争う秀作、なにより熱くて啓太が格好良かった対死神戦でのヒロインである。絶望の淵にあった彼女が啓太によって救い上げられ、彼に惚れてしまう一部始終を読者は余す所なく見ているわけで、その辺のポッと出の主人公にデレデレキャラとは一味違う風格がある。
 すなわち、ようこと真っ向から張り合えるポンテンシャルを持ったヒロインキャラというわけだ。

 8巻で話が纏まり、そのまま多少短編を綴ってはいおしまい、と思ったこの【いぬかみっ】だけど、どうやらまだまだ続けたい意志が、彼女らの投入から窺えると思うのは穿ちすぎだろうか。
 明らかにこの巻でキャラの再編成を行っている。カオルの参加はもとより、薫の犬神たちを、失踪した薫の探索という形で一旦退去させ、ひなぎくやたゆね、せんだんといった啓太たちに絡むことの多かった面々を遠ざける。と同時に、フラノというこれまで脇の方にいて目立たなかったやつを、自分は立ち位置を揺るがさないまま周囲を混乱に陥れるトラブルメーカー・タイプとして再配置。
そして本命、新堂ケイをラストに再投入と来た。
元いた啓太・ようこ・ともはねの三人組にフラノ・カオル・ケイの三人を加え、さらにおなじみの仮名史郎に、赤道斎と大妖狐がプラスされ周りの賑やかし要員もきっちり配置され、話を続けていく体勢はしっかり整えられた感がある。
このキャラ配置を見る限り、今までよりもラブコメ要素が増えるんでないかなあ、と期待してしまう。まあようこと啓太の関係が鉄板なので、まじな恋愛話になるとかなり拗れそうだから、本気のガチンコモードはなさそうだが。
しかし、相変わらず仮名さんは美形のクセに服着てない方が多いなあ。もはや【裸王】の冠は啓太よりも仮名さんの方が相応しいんでないだろうかw