カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~
【カーリー 二十一発の祝砲とプリンセスの休日】 高殿円

こらこらこらこらこらこらっ!
と、思わず待ったを掛けたくなるくらいに、女生徒に化けてルームメイトで親友であるという立場を利用しまくってシャーロットにちょっかいかけまくり、独りで悦に浸ってる王子さま。
この変態えろ助!!
この王子、遠征王ばりの変態入ってるぞ(w

というわけで、自分の正体が知られていないのを利用してシャーロットから好きな男性のタイプを聞き出して、背が高いのが好きと知った途端、憑かれたように牛乳・小魚・卵に執着しだしたり、ヒンドゥー語の勉強と称して、意味のわかっていないままのシャーロットに自分への愛の告白を復唱させて恍惚となったりと、なんだかどうしようもない王子様。凄まじく低レベルな王子。おまえ、キャラ変わってるぞ。完全無欠の大人びた女生徒皆の憧れのカーリーはどこへいった。英国情報部をも翻弄するキレモノのアムリーシュ王子はどこへいった。
こいつ、シャーロットの前だとただのバカだ(w

と、若干酩酊しそうなエピソードを挟みつつ、第二次世界大戦の勃発したこの時代のインド亞大陸は、欧州の戦況から徐々に情勢の不安定化が増していく。暗躍する英国諜報部、インド有数の藩王国の王女パティの少女としての想いと、王族としての誇りは、裏返しのようにシャーロットを愛するアムリーシュ王子の置かれた立場への葛藤を浮き彫りにする。
切ないなあ。

次回は作中四年後ということだけれど、シャーロットはどうなってるんだろう。どうにも運命は有無を言わさず彼女を英国情報部のエージェントへと押しやろうとしているように見える。そうなると、やっぱり悲恋だよなあ。と、それ以前にこの二人、血の繋がった兄妹だったっけ。どうなるんだろう。続き、でますよね? 打ち切り反対!

や、しかしシャーロットはカワイイなあ。