十三番目のアリス〈2〉
【十三番目のアリス 2】 伏見つかさ

おおおおおっ!!
これはちょっと瞠目させられたのが、ロボっこメイドとのバトル。何気にこれ、気合入りまくった素晴らしい出来栄え。
気に入った。
誰がなんといおうと、私はこれを気に入った。
エクセレント♪

冒頭の典型的性悪お嬢様を地でいってるアリスにはなんともはや。お嬢さんお嬢さん、その立ち位置は本来起承転結の承あたりで出番がなくなりフェイドアウトしてしまうその他大勢の代表みたいな立ち位置ですよ(笑
でも、本作は彼女が主人公なので、その心配はなし。最近わりとこの手の、今までなら脇にいるタイプのキャラが主人公を張ってるパターンが観られるので、なかなか面白い。
本作も、きっと三月くんが主人公だった場合、非常にイライラさせられる話になるんだろうけど、嫉妬、自責、葛藤、消沈、奮起、爆発と心情描写の一切はアリスがメインだから読んでてむしろ気持ちよく、爽快ですらある。
悩み吹っ切り胸を張る格好の良いお嬢さんの話を読むのは楽しいことです。それが、倣岸不遜なお嬢様の話ならばなおさらで。

ロボっこメイドと博士との間の抜けた、でも情の通ったコントもいい感じで。
うん、面白かった。少なくとも、一巻よりも着実に上手くリズミカルに面白くなってる。特にバトルシーンの躍動感の向上具合は、顕著。楽楽。