神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック
【神曲奏界ポリフォニカ インスペクター・ブラック】 大迫純一/BUNBUN

 現在、赤・白・黒の三シリーズが出ている(今度、青も出るのか?)神曲奏界ポリフォニカ・シェアワールドノベルのブラック。
 実はブラックの筆者である大迫純一なる作家は、ハルキノベルズのゾアハンターか何かで読んだのかな。特に印象にも残っていなかったんで、ポリフォニカでもこの黒シリーズだけは回避してたんですが、何気に評判もよろしく、ポリフォニカでも黒が一番好きという人もけっこういらっしゃるのを見て、こりゃあ手をつけてみるべやぁ、とお手つきしてみたのですが。
 む、これは当たりだわ。
 確かに、面白い。人間の隣人として精霊という存在が社会に組み込まれているポリフォニカという世界を舞台に、でっかいマナガとちっちゃいマティアの刑事コンビが、著名な神曲奏者の殺人事件を追いかける。
最有力容疑者として名前があがったのは、殺されたオゾネ・クデンダルの契約精霊であるニウレキナ。だが、マナガとマティアの二人は彼女を犯人と示している事件の顛末に疑問を抱き、独自に捜査を開始する。
抑揚を抑えた落ち着いた文章が、物凄く好み。クリティカルヒットね。
犯人は最初から提示されているのは、コロンボとか古畑系列のストーリーテーリングか。でかい体躯を揺らしての惚けた言動で、徐々に犯人を追い詰めていくマナガや、その影に隠れて鋭く事件の全容を掴んでいくマティア。刑事ものとしても、これなかなか面白い。
まあそれ以上に、この二人のコンビのやり取りがいいんだわ。過去の事件で他人に対して心を開かないマティアの、マナガと二人きりの時にだけ歳相応の女の子らしい顔を見せるんですが、こうしつこくなくさり気のない描写が、すごくいい雰囲気を醸し出してるんです。
メインである二人のコンビだけじゃなく、抑制の効いた文章はこの作品に出てくるキャラの人間関係の見せ方をとてもしっとりとしたものに仕上げている。
うん、確かにポリフォニカではこれが一番好きという人が多いのは、凄く納得。
私? いやいや、ホワイトも捨てがたいのよ、自分としては(笑
でも、同じくらい好きということで。