流血女神伝喪の女王 5 (5)
【流血女神伝 喪の女王 5】 須賀しのぶ/船戸明里 コバルト文庫
 Amazon bk1

 この娘はまったくもう(苦笑
 いや、もう子供を二人も儲けている以上、娘なんて呼ぶのは相応しくないんだろうけど、この娘は本当にいい意味で変わらない。
 カリエを直接知らないネフィシカやその旦那。カリエが一番打ちのめされて弱っていた時期に一番密接に関わったイーダルなんかは、カリエを完全に誤解してるよなあ。特にネフィシカ新女王なんか、完璧に誤解してる。
 ネフィシカは、カリエを次々に襲い掛かってくる運命に嵐に翻弄され、為す術もなく周りの人間に利用され、流されてきた哀れでか弱い女性と思っているようだけど。
 こいつは、その運命の大嵐に流されるどころか、クロールやバタフライとかで泳ぎきってきた女だぞ(笑
 確かに結果的に流されたとしても、彼女は決して流されるままにはなろうとしなかった。
 カリエの凄味は、どんなに悲惨な目にあっても絶望しても、さっさと泣いて落ち込んで当り散らして、とっとと立ち直ってしまうところだろう。とにかくめげない挫けない。人並みに落ち込んだり悪い想像に囚われたりと、決して物事に動じないメンタリティの持ち主ではないだけに、その立ち直りの速さは際立って見える。
 今回だって、ネフィリカに身柄を確保され、娘とエドに魔手が伸びようとしている状況に冒頭は絶望し打ちひしがれていたにも関わらず、いざ肝を据えて負けるかこんにゃろー、と開き直った途端、囚われの身にも関わらず自分の出来る範囲からやれることをやろうとし、状況を組み立てていっている。
 とかく、この若い身空で並みの人間が七度生まれ変わっても経験できないような怒涛の変転を乗り越えてきたカリエである。このホオジロザメのような女を自分の同類だと舐めてると、ノド笛食いちぎられますぜ、ネフィリカ女王。

 一方、サルベーンは……自分の業に取り込まれてるよなあ。彼の迷走に関しては、エドの指摘があまりにツボをついていて、なんとも苦笑してしまった。面白い事に、この期に及んでもサルベーンと最も人間的に相性が良かったのはエドだったということなのだろう。
 エドと対面した途端、あの一番内面的にスッキリしていた頃のサルベーンに戻ってたし。ごちゃごちゃ考えすぎる面を、エドに単純明快一刀両断に切って捨ててもらうことが、複雑に考えすぎて泥沼に嵌まってしまうサルベーンにとっては一番良かったのかもしれないねえ。
 ラストの展開は衝撃的ではあったものの、あのままで終わらないと思うのでまだ気持ちとしては保留扱い。
 ドーン兄も遂に偉い事になってしまったし。
 流血女神伝も、クライマックスに至ったんだけど、これからどうなるのかがまるで想像できんのが、ハラハラドキドキである。