フルーツバスケット 23 (23)
【フルーツバスケット 23】 高屋奈月 花とゆめCOMICS
Amazon bk1

最終巻の表紙はこの人。母ちゃんということで。最初からこの人だと考えてたんかなあ。
大まかの話は全巻で片付き、この最終巻はゴールのテープを切ったあとのウイニングランのようなもので。
カップルだらけになったな、おい(苦笑
気持ちは分からないでもない、というか凄く分かるんだけど。
個人的には羽鳥さんと先生が一番読んでて良かったなあ、と思いましたとさ。
もっとも印象的だったコマは、夾の千切れ飛んだ数珠の珠を握り締めて微笑む透のカット。ずっと微笑みばっかりのキャラだった透くんだけど、あのカットの微笑みは図抜けて、こう……透き通っているのに満ち満ちているような素晴らしいものでした。
これを見るために、フルーツバスケットを読んでたんでしょう、私は。ごちそうさまでした。

ちらりとコメントでスルメみたいな作品になって欲しい、と言ってましたけど、だったらあの最後はちょっとどうかしらねえ、と思わないでもない。まあ、私の個人的な趣向だけど。