オンライン書店ビーケーワン:リカってば! 2
【リカってば! 2】 長谷川 スズ  まんがタイムコミックス

片思い四角関係、スパイラルモーーーード!!

リカってばぁぁぁ! そして塚田ってばぁぁぁ! おのれらは、おのれらは(涙

帯の文句がまた実に端的に状況を解説していて素晴らしい。

素直」になれたら楽なのに――――。
「思惑」「駆け引き」「テクニック」
どれひとつ持ち合わせない不器用同士。お互いを思う気持ちがあるのに、キッカケがつかめないままズレ始め……。運命の神サマはどこにいる。


一巻は種まきだったんだなあ、と二巻の展開を読んで実感。見事に花が咲き始めましたよ。
このままズルズルとそれぞれの好意をもてあましながら展開が続いていくのかと思いきや。ここで羽鳥くんがハンドル切ってスピンターン。まさかの告白で、一気に安定という停滞にあった状況に激震が。
まさに激震。
彼氏じたいは何人かいたものの、相手から告白されたことのなかったリカの浮かれっぷりは愛いのだが、この娘はほんとに……どつぼだなあ(苦笑
本来なら状況を引っ掻き回して喜ぶキャラの中川志保が、あまりに無自覚にひどい自爆をしそうになるリカや塚田に、見ていられず趣味を放棄し主義主張を脇に置き、フォローに回ってしまう姿が……哀れというか、志保さんめげるなガンバと応援したくなるw このタイトル。ほんと珠玉だな(笑
もうこれも付け足そうよ「リカってばorz」

そして、志保のフォローにも関わらず、地雷を踏みまくった挙句にお互いへの好意に気付かぬまま、決定的なすれ違いへと至ってしまうリカと塚田。

あ、あほかぁぁぁぁぁぁ!!!


いやいや、こういう片思いラブストーリーは、誰かが行動に出だすと波は全体に波及し、一気に話が盛り上がりだしますねえ。
素晴らしきかな恋模様。
これは、かなりオススメの恋愛ストーリーです。