ムシウタbug 5th. (5)

【ムシウタbug 5th. 夢まどろむ迷子】 岩井恭平/るろお  角川スニーカー文庫

Amazon bk1

ムシウタもアニメ化かぁ。
これも、何気に変換が難しそうな作品な気がするんだけどどうアレンジするんでしょうか。

本編よりも過去にあたるbug編も既に5巻。この物語における主人公であり、薬屋大助の相棒である亜梨子は、本編においてはその存在は既にないものとされている。死んでしまったのか、欠落者になってしまったのか。それとも、何らかの要因で姿を消しているのか。いずれにしても、未来の【かっこう】薬屋大助の傍らに彼女の姿は無い。いったい、彼女に何がおこるのか。
明朗快活で暴走気味な元気少女一之黒亜梨子と、彼女の監視任務を遂行しながらも、彼女に振り回されっぱなしな薬屋大助。本編では過酷な任務と自らの信念に従って煉獄のような現実の中を寡黙に突き進む大助が、此方ではまるで普通の学生のような年頃の男の子のような顔を垣間見せることがある。この時期は、きっと大助にとっても僅かでも安らいでいた時期なんだろう。
それだけに、このbug編はある種時限爆弾のようでもある。
既に、別れは約束されているのだから。

ちなみに自分は、どう見ても大助のパートナーというか、物語のヒロインって杏本詩歌より、一之黒亜梨子の方がいいなあ、と思ってるアリス派だったりするわけですがw

この五巻でポロリと亜梨子が漏らす理想、というか夢。虫憑き同士を繋ぐ者。現実は、ここからさらに悪化を重ねて虫憑き同士の戦いは激しく救いの見えないものへと化していってしまうのですけれど。
その繋ぐ者としての役割を担うものが、詩歌なのか。それとも、今は消息の知れない亜梨子なのか。
出来れば、本編のクライマックスでも一番いい場面で亜梨子には再登場してもらいたいものなんだけど。

ところで、以前からこのムシウタという作品には不可解なものを感じていました。
この物語って……殆ど、というか皆無に近いほど【大人】が現れないんですよね。まるで、世界に大人という存在が無いかのように。例外は五郎丸柊子や土師圭吾、魅車八重子ぐらい。そのうち、土師は第一巻にして意識不明の植物人間になっちゃったし、柊子は大人というにはなんか……微妙な人だし。魅車八重子はどちらかというと、フック船長的な……。
ああ、そうか。
ふと思ったのだけれど、このムシウタの世界って、ネバーランドなのかもしれないですね。大助がピーターパンって柄じゃないですけど。