ハチワンダイバー 3 (3)

【ハチワンダイバー 3】 柴田ヨクサル

ハチワンダイバーが一気にブレイクしたのは、あの乳揉みを賭けた二こ神との勝負なんだろうけど、自分が一番ガツンとこのハチワンダイバーの将棋勝負に魅せられたのが、この三巻に掲載されている漫画家氏との勝負。
クライマックスのマシンガン将棋。
凡百のバトルマンガが足元にも及ばない、読んでるこっちの魂までも削り落とすかのような、将棋の駒を使った本物の殴り合い。
思わず読んでる最中、息を止めてしまったなんて、緊迫感、迫力、切迫感に溢れた漫画、お目にかかったのはいつ以来か。それとも初めてか。
凄かった。
つまりは、それだけのこと。