WORKING!! 4 (4) (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 4】 高津カリノ  ヤングガンガンコミックス


前回、自分のために女装までして父親に向かって怒ってくれた小鳥遊くんに、恋してしまった伊波さん。
あのシーンは、【はちみつとクローバー】に勝るとも劣らない「人が恋に落ちる瞬間」の最高傑作で、もうニヤニヤがゲージ振り切って変態みたいな顔になってしまったものですが、待ちに待ったあの続きがついについにやってきたとでありますのよ。

というわけで、【WORKING!! 4】。
極度の男恐怖症で、近づく男を無差別に殴ってしまう(にも関わらず接客業のウェイトレスをやってる不思議)伊波さんの鉄拳が冴えわたる!!
これまでの生理的な脊髄反射鉄拳に、照れ隠しの殴打が加わって、いつもより多めに殴られております、小鳥遊くんwww
冷静に考えると、悲惨を通り越してもはや凄惨なことになってるはずなのに、なぜか自分の恋心を持て余して振り回されてる女の子の微笑ましい行状にしか見えていない時点で、読んでるこっちも相当毒されてるような気がしますw 周りのスタッフも、もう小鳥遊くんが殴られることについてはなんとも思ってないもんなあ。恐ろしいことに、殴られてる当の小鳥遊くんからして(笑

伊波さん、小鳥遊くんに告白しようとか考える前に、まず自分の男性恐怖症を直さないと小鳥遊くんとまともに向き合うこともできないと思い悩んでいるあたり、とてもまっとうでイイ子なんですよねー。ついつい殴っちまう以外はww
それでいて、自分でも自覚ないうちに順調に小鳥遊くんの家族関係あたりから外堀埋めてってるあたり、なにか運命がいい具合に転げ落ちはじめてます。これ、いざ伊波さんが仕掛けてくる段になったとき、小鳥遊くんの逃げ場って、一切なくなってるんじゃないだろうか(笑

一方で、意外だったのがなんだかわからんうちに、佐藤くんと八千代の仲がいい方に転がりはじめてる、なにこの展開!!

あれ? あれれ!?(笑

相変わらず、無自覚な八千代にザクザク片思いな心を痛めつけられてると思いきや、なぜかオチで距離が縮まってるし。
そして、そのことに二人が丸っきり気がついてないw
杏子店長しか眼中にないはずの八千代が、佐藤くんもいつかはバイト辞めるかもしれないという話に、えらい妙な反応見せてるし。

うわぁぁぁ、これはこれは(ニヤニヤ

フラグ、フラグたちはじめてるよ、佐藤ちゃん!!