刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)

【刀語 第十二話 炎刀・銃】 西尾維新/竹 講談社BOX


読了。
なんとなく、完走、という言葉の方がしっくりと来るような読後感。
12か月連続刊行という長丁場。最初の頃はその値段の高さと、内容の薄さに何度か放り出そうかと迷ったものですが、中盤を超えた頃にはとがめと七花のコンビにも愛着を覚え、結局最後まで二人の旅路に付き合ってしまいました。
彼らの旅の結末は、本編をご覧じてもらうとして。
うん、やはり作者にも、読者にも、主役の二人にも、完走ご苦労様でした、と云い添えるのが一番しっくりくるような語り締め。
ある種の無常観と切なさ、それでいて主人公の成長と淡い希望の光を伴った、なんとも胸に残る終わり方で。
本当に、戯言をああいう形で終えてからの西尾維新氏の作風は、厳しくも優しいものになったなあ。

とがめも好きだったんだけど、最後の七花と絡む素の顔の否定姫が意外なほど快活で可愛かったのには、不意打ちされた。やられた。
西尾維新の書く女の子って、どいつもこいつもなんだかんだでカワイイんだよなあ、悔しい。