真っ向勝負の独断と偏見でお送りする我的漫画ランキング。
いや、我ながら妙なラインナップになったと思うけど、マイナーだろうとなんだろうと自信を持って今年のベストテンと掲げることのできる作品ぞろいと自負します。

というわけで、早速の一位から。



1位 【Landreaall】 おがきちか IDコミックス

Landreaall 10 (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 11 (11) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

10巻感想 11巻感想

なにか、この数年ずっと一位にあげているような気がするけど、自重しないw
どれほど周りの環境が変わろうと、飄々と自分の生き方をその言動で示してきたDXが、ついに自由奔放な在り様を折ることとなる、物語の中でも重要な転機となる巻。でも、それは信念を違えることではなく、学園で学んだものを活かした成長とも言えるんだけど、どちらにしろもう彼個人で全部事態を片付けることを諦め、立場を利用し国そのものを巻き込むその所業は、もう自由な傭兵のそれではなく、歴とした王への道を踏み出したことになるんだろうなあ。
ますます物語の熱と深みはヒートアップ。たぶん、作品自体が完結するまで年間一位の座は譲らんと思われます。




2位 【機工魔術士 enchanter】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス

機工魔術士-enchanter 13 (13) (ガンガンWINGコミックス) 機工魔術士-enchanter 14 (14) (ガンガンWINGコミックス) 機工魔術士 -enchanter- 15 (ガンガンWINGコミックス)

13巻感想 14巻感想 15巻感想

と、鉄板だと思われた【Landreaall】の牙城を揺るがす勢いで凄まじい盛り上がりを見せたのが、この【機工魔術士 enchanter】。正直、同率一位でも構わないくらいの気持ちです。
とにかく圧巻だったのは画力に裏打ちされたキャラの表情とセリフ回し。目は口ほどに物を言う、と言いますけど、鬼気迫るような筆致からは物理的な圧迫感すら感じられたほど。これほどキャラクターの感情や想いがこれほどダイレクトにたたきつけられてくる漫画は、ちょっと今年はお目にかかっておりません。
正直、緊迫した展開が頂点に達した十五巻は、鳥肌立ちっぱなしでした。
魔法や悪魔という存在を工学的な指向性から展開した世界観も、他にはあまり見られない独特なもので、とかく面白くオススメ。
あまり話題にならないのが信じられない傑作です。




3位 【かしまし ガール・ミーツ・ガール】 桂遊生丸/あかほりさとる 電撃コミックス

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 5 (5) (電撃コミックス)

5巻感想

ついに完結を迎えた少女三角形物語、かしまし。ある意味、百合とかそういうジェンダー、性別というものを超越してしまった感すらある、究極の愛の交感関係。それもついに決着。感無量、というほかなく。
いや、この桂遊生丸という漫画家の表現力がなければ、これほど凄まじい作品になったでしょうか、これ。今年、漫画読んでて鳥肌立つほど慄かされたのは上の【機工魔術士】とこれだけです。この人はもっと有名になるべき人だと思うんですけどね。
現在、桂さんはサンホラの漫画描いてるの? 単行本が出るのが今から楽しみです。




4位 【荒野に獣慟哭す】 伊藤勢/夢枕獏 マガジンZコミックス

荒野に獣慟哭す 5 (5) (マガジンZコミックス) 荒野に獣慟哭す 6 (6) (マガジンZコミックス)

6巻感想

感想での文句を引用させてもらうなら。
最初に言っておく。こいつは滅茶苦茶面白い!!
これに尽きるでしょう。古くからの伊藤勢ファンなら絶対に買い。伊藤勢一流のアクションとギャグの融合、それがこの作品において一つの極致に達していると言ってもいいからだ。この作品以前の伊藤勢と同じと思っていると、間違いなく度肝を抜かれるぞ。覚悟せよ。
目玉はやはりあのキャラだろう。伊藤勢作品では最強の師匠キャラだったグラサンキセル親父、この作品ではなんと敵として出てくるのだ。まさしく最強にして最悪の敵。身震いするような兇刃を持って襲いかかってくる敵との、ジェットコースターアクション。B級アクションファンも、万難を排して手にするべし。後悔はさせない。






5位 【真月譚月姫】 佐々木少年 電撃コミックス

真月譚月姫 5 (5) (電撃コミックス)

5巻感想

原作・月姫をプレイしたときの衝撃を彷彿とさせるような……なななな、なんだこの超絶的なアルクェイドの可愛さはーーーっ!!
なんという強制的な再認識。そうなんですよ、アルクのあのクルクルと変わる表情といい、純真な心根といい、並みいるタイプムーンヒロインズで他の追随を許さぬ人気を誇ったのは彼女だったという歴然とした事実を再び思い知らされました。
アルク可愛いよ、アルク。




6位 【白雪ぱにみくす!】 桐原いづみ BLADE COMICS

白雪ぱにみくす! 1 (1) (BLADE COMICS)

1巻感想

ネットでの評判も何も見聞きせず、完全に表紙だけで買ってしまった漫画タイトル。これがすこぶる大当たりだったのだから世の中面白い。
とにかく強烈な個性を発揮しているのが、天然マイペースな不思議少女の妹君。その本来ならはちゃめちゃな騒動を巻き起こすのは、異世界から迷い込んできた強気で世間知らずのお姫様の方、というのが定番のはずなのに、なぜか大混乱を引き起こすのは妹の方で、むしろ姫の方は泡を食いながら主人公とともに事態収拾役の方に回っているという役職転換。右も左もわからない未知の土地で火消しにかけ回らないといけない姫、ご苦労ですww そしてちょっとは自重しろ、妹w 




7位 【夕日ロマンス】 カトウハルアキ Flex Comix

夕日ロマンス Flex Comix (Flex Comix)

一巻で終了してしまったのがとてつもなく惜しくて仕方のない、だだ甘姉弟漫画。とにかく実弟へのぐだぐだな愛情に悶えるお姉ちゃんの堕落した姿にこちらも悶えるべし。最愛の弟を狙う最大のライバルはといえば、こちらも腹違いの妹御。
この漫画、単純な姉萌え漫画と少し違うのは、この二つの母子家庭の複雑でちょっと温かい関係にあるんじゃないでしょうか。今は亡き夫を通じて繋がっている二人の母親。なんとなく、この二人のつながりが好きなんですよね。お母さんの旦那との馴れ初めと別れと死別、その回想をしっかり描いて今の現状を描いてるあたりが、この漫画をめちゃくちゃ気に入ってる基盤に繋がってる気がします。ちょっと妙な形だけど、しっかりと家族している姿が大好きです。
同じ作家の【ヒャッコ】もオススメ。




8位 【WORKING!!】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

WORKING!! 3 (3) WORKING!! 4 (4) (ヤングガンガンコミックス)

3巻感想 4巻感想

さあさあさあさあ、伊波さんの恋心の芽生えとともに面白くなってきました店内の恋愛事情。相変わらず、明後日のとんでもない方向にぶっ飛ぶような展開を迎えているかと思えば、なぜかオチではさりげなく関係が進展していたりする時空がどっか歪んで繋がってるんじゃないかと不思議になるくらい軽妙で愉快な顛末に爆笑しながら悶え転がるべしww



9位 【賽ドリル】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス

賽ドリル 1 (1) (ガンガンWINGコミックス)

【機工魔術士】の作者、河内和泉氏によるもう一つのシリーズ。不慮の事故からお亡くなりになり、賽ノ河原に迷い込んだ少女たちが現世に戻るため、もしくは成仏して生き返るために課せられたのは、賽ノ神による奇妙で愉快な試練の数々。
刊行ペースは随分ゆっくりみたいですけど、機工魔術士で培った独特のテンポのコメディタッチの展開に、時折挟まれるグッと奥深い事情や真実の側面、思惑が合わさって、やっぱりこの人の作品面白いですわ。



10位 【はやて×ブレード】 林家 志弦 ガンガンWINGコミックス

はやて×ブレード 6 (6) (電撃コミックス) はやて×ブレード 7 (7) (電撃コミックス)

バカの見本市である。古今東西、ありとあらゆる種類の<バカ>が揃ったバカの博覧会である。
バカばっか。
然るに、バカとは決して不快なものではない。見苦しいものでもない。愚かしいものでは決してない。
どいつもこいつもバカばかりだけど、バカも貫き通せば一つの立派で爽快な生き様になるのです。バカだけどな!
バカたちのバカたちによる馬鹿馬鹿しいまでの馬鹿騒ぎ剣劇ギャグ漫画。ちょっと死ぬほど笑いたい人にお勧め。




以下には、我的10傑からは辛くも外れたものの、遜色ない注目中の作品をばご紹介
【九月病】 シギサワカヤ ジェッツコミックス

九月病 上 (1) (ジェッツコミックス) 九月病 下 (2) (ジェッツコミックス)


【皇国の守護者】 伊藤悠/佐藤大輔 ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)


【だって愛してる】 むんこ まんがタイムコミックス

だって愛してる 2 (2) (まんがタイムコミックス)


【ユーベルブラッド】 塩野干支郎次 ヤングガンガンコミックス

ユーベルブラット 5 (5) ユーベルブラット 6 (6) (ヤングガンガンコミックス)


【よつばと!】 あずまきよひこ 電撃コミックス

よつばと! 7 (7) (電撃コミックス)


【てるてる天神通り】 児島樹 角川コミックスエース

てるてる天神通り 1 (1) (角川コミックス・エース 135-6)


【朝霧の巫女】 宇河弘樹 ヤングキングコミックス

朝霧の巫女 5 (5) (ヤングキングコミックス)


【ワールドエンブリオ】 森山大輔 ヤングキングコミックス

ワールドエンブリオ 3 (3) (ヤングキングコミックス)


【7SEEDS】 田村由美 フラワーコミックス

7SEEDS 10 (10) (フラワーコミックス) 7SEEDS 11 (11) (フラワーコミックス)


【環・翠 水惑星年代記】 大石まさる ヤングキングコミックス

環水惑星年代記 (ヤングキングコミックス) 翠水惑星年代記 (ヤングキングコミックス)


【とある科学の超電磁砲(レールガン)】 冬川基/鎌池和馬 電撃コミックス

とある科学の超電磁砲 1 (1) (電撃コミックス)


【会長はメイド様】 藤原ヒロ 花とゆめCOMICS

会長はメイド様! 2 (2) (花とゆめCOMICS) 会長はメイド様! 3 (3) (花とゆめCOMICS) 会長はメイド様! 4 (4) (花とゆめCOMICS) 



【Kiss×sis】 ぢたま某 KCコミックス

Kiss×sis 1 (1) (KCデラックス)


【王様の仕立て屋 サルト・フィニート】 大河原遁 ジャンプコミックスデラックス

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 13 (13) (ジャンプコミックスデラックス) 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 14 (14) (ジャンプコミックスデラックス) 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 15 (15) (ジャンプコミックスデラックス) 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 16 (16) (ジャンプコミックスデラックス)