ラッキーチャンス! 2 (2) (電撃文庫 あ 13-21)

【ラッキーチャンス! 2】 有沢まみず/QP:flapper 電撃文庫


性格的に面倒くさいキャラ来たッ♪
この作品、主人公の雅人といい、ヒロインのキチといい二ノ宮さんといい、みんな純粋でまっすぐでいい子たちばっかりだったんですよね。それはそれでよかったんですけど、やっぱり中にはひとくせ歪んでる子が絡んできてほしいのがラブコメの需要というもので。
というわけで、居丈高なコンプレックスの塊、天草沙代登場の回。ただ、コンプレックスにとらわれて意固地な態度に終始してるけど、言動の端々を見てるとこの子も、すごくまっすぐで善良な子なんですよね。
もともと有沢作品って、一癖あってもみんな根っこは善良なキャラクターが多いんですけど、この【ラッキーチャンス】は変態分が抑えられている分、そちらの善性の成分が強調して感じられますかねえ。
ただ、前作【いぬかみっ】のなでしこに代表されるように、純心であるがゆえのただならぬ歪みや黒さの描写にも定評があるこの作者。沙代との対決で噴き出しかけたキチの疫病神としての本性の、一瞬とはいえかなりの凄絶さに、知らず知らず仕込みは為されている感もあり、その点でも先々かなり楽しみなんですよね。
穢れを知らぬ無垢さゆえに、キチが反転してしまった際はいったいどうなってしまうのか。今からドキドキ。
でも、主人公の雅人が生活力はのぞいて、とにかく頼もしいからなあ。ケイタもそうだったけど、何があってもなんとかしてくれる、という信頼感があるんですよね。その分、この雅人については過去も含めて未だに底知れない部分があるのですが。
その観点からみても、この雅人ってケイタよりもカオルによく似たタイプに思います、やっぱり。

あと、ちらっと仮名さんらしき人が電話越しですけど登場してましたよね(笑

変態分は、二ノ宮兄の登場で補充ですか。でも、シスコン変態化する前の有能プレイボーイ振りが凄まじすぎたので、むしろそっちの路線でもいいような(笑

それにしてもキチのかわいさは尋常じゃないなあ。尋常じゃない。きっと【ゆのはな】のゆのはからあらゆる邪まな部分を取り除くとああなるんですよ(マテ
今考えると、ゆのはの邪神ぶりは酷かったなあ。そこがまたよかったんですがw